goo

探偵事務所・小樽市のよもやま話 俺、タバコ・・・やめるわ


(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。



下記のブログは以前に書かせていただいた内容なのですが、

「Wさんの物語が自分の励みになる」と

子供と離れて暮らされている「お父さんたち」から、

たくさんのメッセージをいただきました。

もう一度だけ、アップさせていただきます。



Wさんからご了解をいただいたので内容を書かせていただきます。

Wさんは53歳・・・・ 探偵と同じ年齢です。

Wさんは口数少なく、当時のことをお話になられる。

25年前にE子さんと結婚し、翌年、女の子(N子ちゃん)が産まれた。

3年後のある日、家に帰るとE子さんとN子ちゃんがいなくなっており、

テーブルの上に置手紙と離婚届けがあったそうだ。

内容は「私には好きな人がいます」

「これ以上、、偽りの人生を歩むことはできません」

「離婚してください」とだけ書かれていたらしい。

当時、Wさんは何がなんだか分からず、途方にくれていた。

E子さんの実家に行き、話を聞いたのだが、E子さんの両親はただ謝るばかり。

E子さんは、Wさんと結婚する前に交際していた男性がいたそうだ。

その男性とは縁がなく、E子さんは失恋したそうだ。

そしてWさんと知り合い、結婚に至る。

だが、その後もE子さんはその男性が忘れられずにいたそうだ。

そして、ある日、その男性と会ったE子さんは

自分の感情を止めることができなかったらしい。

そのような内容をE子さんのお母さんから聞いたWさん。  

そして、Wさんは離婚を承諾した。

E子さんは養育費はいらない・・・

そしてN子には大人になるまで会わせない・・・と自分勝手な要求をしてきた。

それでもWさんはその条件を受けいれた。

一人になってから、家の中を整理しているとN子さんの名前の通帳が出てきた。

N子さんが生まれて、記念に作った積み立てをするため通帳であった。

Wさんはその通帳に毎月、5万円を積み立てていた。

いつかN子さんが結婚をするときにその通帳を渡そうと思っていた。

Wさんの唯一の楽しみは一年に一度くらい届く、N子ちゃんの写真であった。

E子さんの母親がWさんに送ってくれていたそうだ。

そして、E子さんはその時の男性と結婚し、

N子さんはその男性を父親と思って成長しているそうだった。

そんな話もE子さんのお母さんから伝え聞いていた。

そして、22年の歳月が流れた。

E子さんのお母さんから手紙が届く。

9月3日 N子が結婚式を挙げます・・・と。

Wさんは嬉しかった。

あのN子が結婚する・・・・ Wさんはもういつ死んでも幸せだと思った。

でも、その前にすることがあった。

N子にこの通帳を渡さなければならない。

だが、E子さんの今の家庭に波風を立てたくない。

E子さんのお母さんに預け、渡してもらうことも考えたが・・・・・

そんな時、探偵のブログが目にとまり、

自分も探偵にお願いしようと考えたそうだ。

そしてWさんは探偵を訪ねてこられました。

ここで問題は3つ。

1つ目はN子さんの住所を調べる。

2つ目はE子さんの家庭に波風を立てず、直接N子さんに通帳を渡す。

そして3つ目はWさんの存在を言うべきか? であった。

1つ目はWさんの娘であるN子さんの住所を

確認することは探偵の調査で可能である。

2つ目の問題もE子さんに気づかれずにN子さんに接触することも可能である。

3つ目の問題が一番の悩みであった。

Wさんはできれば、自分の存在を隠して渡してほしい・・・との希望であった。

だが、WさんがN子さんに貯めていた通帳の金額は1300万以上の金額である。

毎月、25日に必ず5万円を入金していた。

探偵が見させていただくと22年間、1ヶ月も欠かさずに積み立てをされていた。

そんな通帳をWさんの存在を隠して渡すことなど不可能である。

そもそもN子さんが気味悪がるだろう。

探偵はWさんに言いました。

「Wさん、N子さんも大人です、事実を伝えましょう」・・・・と。

Wさんはシブシブ探偵の提案を受け入れてくれた。

そして、探偵はN子さんの住所を調べ、仕事のパターンも確認した。

N子さんは土曜日、日曜日、祭日が休み。

ある土曜日、当社の女性スタッフがN子さんの自宅にうかがう。

今までの経緯、Wさんから預かった通帳、

Wさんが今までずっと独身であり、N子さんへの想いを伝えた。

最初は何がなんだか分からないN子さんだった。

いろいろと話をしたが、N子さんは通帳を受け取ってくれない。

それどころか、Wさんを連れてきてほしいと探偵に強く要望された。

早速、Wさんにそのことを伝えた。

今度はWさんが困惑したのだが、探偵も説得をし、

翌日の日曜日に再度、N子さんの家に伺った。

ピンポーン・・・・・

N子さんの部屋のドアが開いた。

N子さん  「どうぞ」

Wさん   「ア・ア  ハイ」

探偵と女性探偵も一緒にあがらせえていただいた。

最初はぎこちないN子さんとWさん。

でも、N子さんが少しずつ話しを始めた。

N子さん  「遊園地に連れてってくれましたよね」

Wさん   「ウン・・・・」

N子さん  「公園によく連れてってくれていましたよね」

Wさん   「ウン・・・・・」

N子さん  「海に連れてってくれましたよね」

Wさん   「ウン・・・・・」

N子さんは少しだけWさんの記憶を思い出していた。

そして昨日、実家に立ち寄り、そっとアルバムを見てみた。

N子さんだけが切り取られた写真がたくさんあったそうだ。

おそらく切り取られた部分はWさんだったのだろう。

WさんとN子さんは泣きながら、いろいろと話をされた。

最後に通帳の件になるとN子さんは受け取ることについて

譲れない条件を突きつけてきた。

いっぺんに全部をいただくことは絶対にできません。

結婚式のお祝いとして10万円を下さい。

そして、、毎月2万円ずつください。

長生きして私に毎月のお小遣いをください。

そうでなければ、1円のお金も受け取れません。

N子さんの表情は泣きながらも、硬い表情だった。

Wさんもその気迫におもわず「ハイ」と答えてしまった。

そして、N子さんの最後の条件は「私の結婚式に出てください」とのことだった。

帰りがけ、Wさんはずっと泣いていた。

Wさん  「高橋さん、俺・・嬉しいよ」

     「生きていた良かった、嬉しいよ」

     「俺、いつ死んでもいいと思って生きてきた」

「でも、これからは毎月、N子にこづかいを送らなければならない」

「長生きしなければならない」

「俺、タバコ・・・やめるわ」

探偵ハッキリと言います。

Wさん・・・・良かったね。

長生きしましょうね。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・赤井川村のよもやま話 夫の浮気問題とセントジョーンズワート

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は赤井川村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

例えば夫の浮気問題が発覚する。

世の中で一番に信頼している夫の浮気に妻は心のバランスを崩してしまう。

不安になり、心が沈みこんでしまう。

こんなとき、セントジョーンズワートを飲んでみてはどうでしょうか。

セントジョーンズワートは薬品ではありません。

(DHC、ファンケル などで販売しています)

ハーブの一種で、野草です。

ハーブティを飲むとゆったりした気分になるのと同じ効果のようです。

薬品ではないため、副作用もほとんどないようです。

夫の浮気問題・・・

でも、不安などで心が押しつぶれされそうになる。

そんなとき、セントジョーンズワートを飲んで心を落ち着かせる。

そして、もうひとがんばりしてみましょう。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・伊達市のよもやま話 モラハラに依存する妻たち・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は伊達市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『モラハラに依存する妻たち・・・』について。


例えば、夫のモラハラ。


夫は普段から妻を支配下に置こうとする。


お前は俺がいるから生きていられるんだ・・・・


お前は一人では何もできない女なんだ・・・・


お前は俺のいうことを聞いていればいいんだ・・・・


夫は妻に対して常に支配的で高圧的な態度を取る。


気にくわないことがあると、妻に対して暴言、そして無視をする。


また、モラハラ夫の特徴として、浮気癖がある。


そうして妻たちは勇気を振り絞って離婚を決断する。


だが、中にはそんなモラハラ夫から離れられない妻たちもいます。


俺にはお前が必要なんだ・・・・


お前は俺がいてこそ、生きていられるんだ・・・・


モラハラ夫たちは、どのように妻に言えば、


妻が自分から離れないのかを知っているのです。


そして、妻たちは、再びモラハラ夫の元へ帰っていく。


そして、また夫のモラハラをうけてしまうのです。


このような展開を探偵はたくさん見てきています。


一度目は親や姉妹、友人などが助けてくれた。


でも、2度目は誰も助けてくれない。


自分が好きで戻ったんでしょう・・・・と。


探偵はハッキリと言います。


今、モラハラ夫について悩んでいる奥さんたちへ。


決断したら、後戻りをしてはダメです。


モラハラ夫が優しい夫に変わる事はありません。







(株)アイシン探偵事務所  伊達市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・豊浦町のよもやま話 頭でっかちになってしまう夫・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は豊浦町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『妻の浮気、頭でっかちになってしまう夫・・・』について。


例えば、妻の浮気・・・・


夫たちは頭でっかちになってしまい、身動きができなくなってしまう傾向があります。


まずは証拠を集めよう・・・と妻の行動の記録をとる。


1月10日 妻は女性友達とカラオケに行くといって外出。

       帰宅は午前1時10分。


1月25日 妻から離婚を要求される。

理由は性格の不一致とのこと・・・・。



3月2日  妻が突然、実家に帰ると行って外泊。

妻のバックからコンビニの買い物のレシートが出てくる。

       (ホットコーヒー 2つ、タバコ1箱・・・・ 妻はタバコを吸わない)


5月7日  妻の上着のポケットからラブホテルのレシートが出てくる。


8月9日  妻が書き置きを残して家から出て行く。


9月1日  裁判所から調停の通知が届く。 (妻からの離婚調停)


夫は「まずは証拠集め」といっている間に妻の浮気が煮詰まっている。


このようなケースが実際に多いのです。


夫たちは、妻の浮気に対して、現実を直視できず、


「まずは証拠」といって自分自身に対しての時間稼ぎをしてしまう。


探偵はハッキリと言います。


妻の浮気問題。


まずは証拠・・・といって時間ばかりをかけていてはダメです。


頭でっかちになって身動きが取れなくなります。


時間を区切って現実的な対応をしていかなくてはなりません。






(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・壮瞥町のよもやま話 辛い時こそ、幸せに気づけるものものだと・・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は壮瞥町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


S子さんは以前の依頼人で僕のブログに何度か登場していただいている方。


そのS子さんがよく探偵に言っていたのが「辛い時こそ幸せに気づける」という言葉。


S子さんはご主人の浮気とDVが原因で離婚された。


現在は2つの仕事を掛け持ちしながら、子育てに奮闘中。


S子さんは探偵にいつも言われるのです。


「幸せって当たり前と思った瞬間に幸せじゃなくなりますよね」


「子供の寝顔を見ているだけで幸せになれる」


「子どもと一緒に夕飯を食べられることが本当に幸せです」


さらにS子さんは言われる。


「確かに辛いときもありました、でも辛いときほど幸せに気づけるんです」


他人から見るとS子さんの生活は辛く映るのだろう。


でも、S子さんは日々、幸せいっぱいで生きているのです。


探偵もS子さんから学びました。


辛い時こそ、幸せに気づけるものものだと・・・・。






(株)アイシン探偵事務所 ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・むかわ町のよもやま話 部屋の蛍光管を変えてみる・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社はむかわ町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『心が暗くなったときは、部屋の蛍光管を変えてみる・・・』について。


例えば、夫の浮気問題などで悩まれている奥さんたちへ・・・・。


夫の不審な行動や言動が続く。


浮気を疑いながらも、問いただす勇気もわかない。


そんな状況が続き、心がドンドンと暗くなっていく。


そんな時は、部屋の蛍光管を取り替えてみてください。


蛍光管はハイグレートのものでなければ、意外と安いものです。


家の中の全部の蛍光管を変えても数千円ですみます。


蛍光管は知らずしらずにくすんでいます。


新しい蛍光管に変えたら、驚くくらいに部屋が明るくなります。


蛍光管の明るさは、心の暗さをおぎなってくれます。


探偵はハッキリと言います。


今、悩みを抱えている方たちへ・・・・。


部屋の蛍光管を新しいものに変えてみてください。


部屋がパッと明るくなります。


心が暗いのであれば、部屋を明るくする・・・・。


こんな単純なことも、悩みを乗り越えるひとつの方法です。








(株)アイシン探偵事務所  ホームページ 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・厚真町のよもやま話 私が悪いから殴られる・・・

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。


当社は厚真町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『私が悪いから殴られる・・・』について。


夫婦は不思議な関係です。


例えば、DVやモラハラをうけている妻たち。


お前が悪いから殴らなければならないんだ・・・・


お前は誰のおかげで生活ができていると思っているんだ・・・・


殴られなければお前は分からないんだ・・・・


文句があるのなら、今すぐ出て行け・・・・


離婚をするのなら、お前には絶対に子どもはわたさないぞ・・・・


毎日毎日、殴られ罵られている妻は、自分が悪いから殴られ、怒られるんだと思い込んでしまう。


DVやモラハラをうけていることすら、分からないでいる。


このような状況に陥っている妻たちは多い。


夫婦という関係は非常に閉鎖的な関係です。


一般的な常識が夫婦という関係においては、見えなくなってしまうことも多い。


探偵はハッキリと言います。


現在、夫に暴力をうけたり、罵られている奥さんたちへ。


今の状況を姉妹や友人、両親などに相談してください。


アナタは紛れもなく、DV、モラハラの被害者なのです。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・函館のよもやま話 夫の浮気に耐えて、耐えて心と体を壊してしまう・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は函館市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『夫の浮気に耐えて、耐えて心と体を壊してしまう・・・』について。


探偵の実感として医者の夫たちの浮気率は非常に高い。


苦労して勉強をし、医大に合格、過酷な研修医時代を経て、医者になる。


そのためか、医者の夫たちは特権意識が強く、浮気に対しても罪悪感を持たない。


また、医者を夫に持つ妻たちもそんな夫にひたすら耐える。


夫の医者としての収入や自分の夫が医者であることのステータスを捨てられずにひたすらに耐える。


当然、医者の夫の収入は高い。


妻もその収入で成り立つ高い生活水準もある。


でも、探偵はそんな妻たちが心と体を壊してしまっているケースをたくさん見てきています。


探偵はハッキリと言います。


夫が医者や高収入な仕事をしている。


そんな夫の収入やステータスで夫の浮気をひたすらに耐えている奥さんたちへ。


耐えて、耐えて自分の心と体を壊してしまってはなにもなりません。


自分の限界がくるまえに、耐える以外の方法を考えてください。







(株)アイシン探偵事務所  函館市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・北斗市のよもやま話 妻たちに浮気を認めさせようと必死になっている夫たちへ

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は北斗市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


当社に寄せられるご相談の中に「妻が浮気を認めない」との内容が多い。


妻が男とラブホテルから出てきたところを見た。


それを妻に問いただしたのだが、妻が浮気を認めない。


妻の財布に見知らぬ男とキスをしているプリクラが出てきた。


それを妻に問いただしたのだが、妻が浮気を認めない。


家の前にクルマが止まり、妻が男のクルマで送られてくる。


そして、クルマを降りる前にその男と抱き合っているのを見た。


それを妻に問いただしたのだが、妻は浮気を認めない。


妻の浮気に直面している夫たちは、とかく妻に浮気を認めさせようとする。



だが、妻たちは・・・・


ラブホテルには行ったが、浮気はしていない。


キスはしたが、浮気はしていない。


男と抱き合っていたが、浮気はしていない。


とにかく浮気を認めない。


でも、夫は妻に浮気を認めさせたい。


夫は、妻に自ら浮気を認めさせ、そして「もう二度と浮気をしません」と言わせたいのだ。


だが、そんな夫の透けた思いを見透かしたように妻は開き直る。


探偵はハッキリと言います。


妻たちに浮気を認めさせようと必死になっている夫たちへ。


妻に浮気を認めさせることより、浮気をした妻にどのように対処していくのか?を考えてください。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・福島町のよもやま話 夫の浮気と良い妻を演じること・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は福島町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『夫の浮気と良い妻を演じること・・・』について。


例えば、夫の浮気。


妻は戸惑い、悩む。


そして、妻は夫がいつか自分や家族の大切さに気づいてくれると思うようにする。


夫にうるさいことを言わず、ひたすら良い妻を演じる。


でも、良い妻を演じている間に夫の浮気が深みにはまっていきます。


昭和の時代なら、家族の大切さに気づいて家庭に戻ってくる夫・・・などがいました。


でも、平成の時代、そのパターンはほとんどありません。


妻が良い妻を演じている間、夫の浮気相手が妊娠する。


そして、夫は妻に強引に離婚を要求してくる。


今の時代、このような展開が実に多いのです。


探偵はハッキリと言います。


良い妻を演じている間に夫の浮気は更に深くなります。


夫婦の関係において、ダメなものはダメなのです。


アナタの浮気は許しません・・・と言い切ることが必要です。







(株)アイシン探偵事務所 ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・知内町のよもやま話 運気(気分)を変えるための小さな変化

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は知内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『運気(気分)を変えるための小さな変化』について。


運気と言えば大げさですが、気分を変えたいときは人生にたびたびあるはずです。


最近、仕事がうまくいかないことが多い・・・・


最近、彼(彼女)と気持ちがすれ違うことが多い・・・・


何か、気分がすぐれない・・・・


夜、孤独感に襲われる・・・・


また、秋や冬の季節は気分が落ち込むことも多い。


そんなとき、自分の日常を少し変えてみることをお勧めします。


会社からの帰り道を変えてみる・・・・


良く行くコンビニを違うコンビニに変えてみる・・・・


いつもは電話をしない友人に電話をかけてみる・・・・


いつもは見ないジャンルの映画を見てみる・・・・


いつもは読まない本を読んでみる・・・・


普段はあまり帰らない実家に行ってみる・・・・


募金をしてみる・・・・


探偵はハッキリとお勧めします。


今、いろいろなことでうまくいっていない人たちへ。


日常にほんの少し、変化をさせてみてください。


アナタの運気(気分)が変わってきますよ・・・・・。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・木古内町のよもやま話 ため息は気力も一緒に吐き出してしまう

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は木古内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『ため息は気力も一緒に吐き出してしまう』について。


探偵は日々、いろいろなご相談をお受けします。


夫の暴力・・・・


家族が失踪・・・・


妻の浮気問題・・・・


夫の浮気問題・・・・


そのような大きな問題を抱えている当事者にとって、気力でその問題と戦われておられる。


探偵にお話をされている間、ご相談者の方はつい「ため息」が出てしまう。


当然、ため息も出てしまうだろう。


でも、ため息は気力を吐き出してしまうことになります。


ですから、ため息の後は、吐き出してしまった気力を取り戻すため、大きく深呼吸をすることが大切です。


探偵はハッキリと言います。


今、いろいろな問題に直面し、悩まれている方へ。


ため息はアナタの気力も一緒に吐き出してしまいます。


つい、ため息が出てしまった場合は、大きく深呼吸をして気力を吸い戻してください。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・八雲町のよもやま話 悩んだときは小さな冒険をしてみる

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は八雲町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


探偵は日々、いろいろな問題に直面し、悩んでいる方からのご相談をいただく。


ご本人にとっては、悩み、迷い、辛い・・・そんな時間を耐えておられる。


そして、問題によっては完全なる答えがでないこともあります。


例えば、浮気をして開き直る夫。


このまま夫の浮気を耐えることも辛い。


でも、離婚することも不安だ。


そのような問題に直面している奥さんにとって、完全なる答えはない。


どちらも辛いが、どちらかに決める・・・しかないのです。


でも、答えをだせないとき、探偵は普段、降りることのないバス停で降りてみることをお勧めします。


いつも乗っているバス・・・・


通過点でしかないバス停・・・・


その普段、降りることのないバス停の付近をゆっくりと歩いてみる。


でも、そこにもいろいろな景色があることに気づきます。


そんな小さな冒険をしてみることで、ふと自分の心の答えが出ることもあります。


探偵はお勧めします。


悩み、迷い、辛い・・・とき。


普段、降りることのないバス停でおり、ぶらりと歩いてみる。


そんな小さな冒険をしてみることも、自分の答えが見えてくるかもしれません。






(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・北海道のよもやま話 ホンの少しの贅沢をしてみる・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は松前町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『悩んだときはホンの少しの贅沢をしてみる・・・』について。


先日、あるご依頼人の奥さん(A子さん)にお会いした。


A子さんはご主人の浮気調査を依頼された。


紆余曲折があり、夫は妻のA子さんに謝り、一件落着した。


探偵   「A子さん、お元気でしたか?」


A子さん 「ハイ、なんとか元気でやってますよ」


探偵   「その後、ご主人はどうですか?」


A子さん 「今のところ、反省しているようです」


探偵   「なんだかA子さん、顔のつやが良いですね」


A子さん 「エー、わかりますか・・・・」


     「やっぱりわかるんですか・・・・」


なんだか、A子さんが非常に驚きながらも喜んでおられた。


A子さん  「化粧品って値段が高い分だけ効果があるんですね」


その後もA子さんは、嬉しそうに話し続けた。


A子さんは夫の浮気問題で悩まれていた間、


化粧品をちょっとだけ高いものにして贅沢をしていたらしい。


そうして、悩んでいる自分を自分自身で励ましていたそうだ。


探偵はハッキリとお勧めします。


夫の浮気問題で悩んでいる奥さんたちへ。


悩んでいる間、ちょっとだけなにかを贅沢をしてみる。


これも悩みに対応する方法です。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・七飯町のよもやま話 小さな旅をしてみることの勧め・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。


当社は七飯町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『悩んだときは小さな旅をしてみることの勧め・・・』について。


探偵は日々、人生に迷い、悩まれている方からのご相談をお受けしています。


その悩みの中には、どちらがより良い選択?ではなく、


どちらがより傷が浅いか?の選択の問題もある。


例えば、浮気をして逆ギレをしてくる夫。


そのとき、妻は迷い、悩んでしまう。


逆ギレする夫を許すこともできない・・・でも離婚することも不安だ・・・。


そんなとき、探偵は「小さな旅をすることをお勧めします」


札幌市に住んでいる人は、江別市まで行ってみる・・・・


小樽市に住んでいる人は余市町まで行ってみる・・・・


函館市に住んでいる人は木古内町まで行ってみる・・・・


滝川市に住んでいる人は砂川市まで行ってみる・・・・


数時間の旅、一駅だけの旅でも、自分の行き詰まった考えに新しい答えが出ることもあります。


人は旅は新しい発見をすることを知っているのだが、つい大きな旅を計画してしまう。


でも、小さな旅でも大きな気づきを得ることもできます。


探偵はハッキリとお勧めします。


いろいろなことで迷い、悩んだときは、


数時間の小さな旅、一駅だけの小さな旅をしてみてください。


行き詰った問題に新しい答えが出てくることがあります。







(株)アイシン探偵事務所  ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ