goo

探偵根室・独り言 離婚裁判を起こす前に二つのことを覚悟

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は根室市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『離婚裁判の覚悟』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




夫は開き直り、逆ギレ。




結局、夫婦間での話し合いがつかない。




妻は悩んだ末に調停を申し立てる。




調停も不調に終わり、後は裁判をおこすのみである。




ここで妻は裁判を起こす前に二つのことを覚悟をする必要がある。




裁判はとにかく時間がかかること。




通常でも1年間は想定しておく必要があります。




浮気の慰謝料の他に財産分与や親権までもが




争点になっている場合はもっと時間がかかることも




想定しなければなりません。




また裁判において夫はありもしない嘘を言ってくるケースも多い。




「妻は家事も一切しなかった」




「妻も浮気をしていた」




「もう何年も前から婚姻関係は破たんしていた」等など、




自分の浮気の責任をごまかすために嘘を言ってくる。




ある意味、裁判は人の一番嫌な部分をみることになります。




探偵はハッキリと言います。




裁判を起こす前に2つの覚悟をして下さい。




1.裁判は時間がかかる。




2.裁判で相手はでたらめな嘘を言ってくる。






(株)アイシン探偵  根室ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵三笠・結婚は責任を持つことの約束

(株)アイシン探偵事務所 高橋です。




当社は三笠市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『恋愛の延長が結婚ではない』について。




通常、結婚をする前には恋愛期間がある。




だが逆に恋愛の延長が結婚ではないと思います。




恋愛関係の基本は自由な関係であり、




結婚は責任の関係だと探偵は思います。




一方の恋愛感情がなくなれば終わりなのが恋愛関係。




互いの人生に責任を持つ約束をすることが結婚。




そして結婚はその互いの責任のもとに子供を産む。




最近、結婚に対しての意識が希薄になっています。




小さな子供がいるにもかかわらず浮気をして




一方的に離婚を迫ってくる浮気夫。




子供に食事も与えず、浮気相手と遊び歩く浮気妻。




小さな子供を夫に預け、何日も家に帰って来ない浮気妻。




結婚という約束と責任を全く考えていない人が増えているのです。




探偵はハッキリと言います。




恋愛は自由という関係。




結婚は責任を持つことの約束。




恋愛の延長に結婚があるのではないのです。







(株)アイシン探偵  三笠ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵名寄・よもやま話 夫の浮気、だが妻は怖くて何も言えない・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は名寄市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『精神的DV関係』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




そして夫は突然、妻に離婚を要求してくる。




だが妻は夫が怖く、何も言えない。




普段から夫は常に高圧的な態度で妻に接せる。




妻もその夫の態度を長年にわたり受け入れてしまい、




自然と夫が自分にとっては怖い存在として確立してしまう。




直接的な暴力によるDVは認識しやすいが




精神的なDV関係は自分でも気づかないことすらある。




もしアナタが夫の浮気を怖くて問いただせないとしたら




それは精神的DV関係が成立しているのです。




その場合は早い段階で身内などの第三者に間に入ってもらうなり、




弁護士などを代理人にして夫との話し合いをして下さい。







(株)アイシン探偵  名寄ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵士別・よもやま話 浮気妻に怯える夫たち・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は士別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




近年、妻の浮気が夫の浮気より多いのは何度かこのブログで書いています。




また浮気妻の傾向としては「とにかく開き直る」こと。




アンタが嫌だから浮気したのよ・・・




別に私が誰と遊ぼうがアンタに関係ないじゃん・・・




じゃ離婚すればいいでしょう・・・




とにかく夫のことを「アンタ」「オマエ」「テメー」などと恫喝するのです。




そして夫はとにかく妻に怯える。




離婚になったらどうしよう・・・




自分に収入だけでは暮らせない・・・




家を出て行ったらどうしょう・・・




とにかく夫は妻を怖がり、そして怯える。




古い人間の私としては首をかしげてしまうが




これが今の若年夫婦の典型的な傾向の一つなのです。




探偵はハッキリと言います。




ガンバレ、日本の男たち・・・




ガンバレ、日本の夫たち・・・







(株)アイシン探偵  士別ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵紋別・よもやま話 密会部屋を借りる浮気・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は紋別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




最近、ラブホテル代わりに利用するため




密会部屋を借りるケースが増えている。




ラブホテルを月に5回使用すると




アパートを借りた方が費用対効果?が高いと考えるのだろう。




互いに日時を決め、その密会アパートの部屋に集合する。




布団とテレビ、カーテンくらいを用意すれば




十分にラブホテル代わりにになります。




またラブホテルに出入りするより、




浮気発覚のリスクが少ないというメリットもある。




だが、このようなケースの場合、探偵は隣の部屋を借りる。




そして浮気当事者たちの出入り状況を確実に捉える。




ラブホテルの出入りはそれだけで浮気の客観的な証拠になりますが、




やはり密会部屋での浮気は複数回の証明が必要になります。







(株)アイシン探偵  紋別ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵江別・よもやま話 昼下がりの主婦たちの会話、子供は彼の子供なの・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は江別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




先日、ランチを食べに妻とファミレスに行った時の出来事。




30代の主婦らしき女性が4人で食事をしていた。




私たち家族はその主婦たちの背中越しのボックスに案内された。




その主婦たちの会話の声が大きい。




特に聞き耳を立てていたわけではないのだが、話は全て聞こえた。




そしてその中の一人が言っていた言葉に驚いた。




「実は長男は元彼の子供なのよ」




「でも彼は売れないミュージシャンだったから、




 今の夫と知り合って即婚したのよ」




その後も彼女はどんどんしゃべりまくる。




「夫はヤドカリの貝殻よ」




「やっぱり公務員は安定しているからね」




他の主婦たちも大きくうなずいている。




私はハンバーグランチを食べ終わると急ぎその店を出てきた。




確か以前も同じような会話を聞いた。




男(夫)にとって子供が本当に自分の子供なのか?を




疑わなくてはならない時代になったのだろうか。







(株)アイシン探偵  江別ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵芦別・よもやま話 不倫関係とセックスの責任

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は芦別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『不倫の関係でなぜ、避妊しない』について。




最近、調査の結末として「妊娠」にまつわることが多い。




例えば夫の浮気が発覚する。




調査を進めると浮気相手の女性が妊娠をしていた。




また妻の浮気調査において妻が浮気相手の子供を妊娠していた。




近年、このようなケースが増えているのです。




探偵は考えてしまうのです。




なぜ、不倫関係のセックスで避妊をしないのだろうかと。




責任の持てないセックスにおいて「コンドーム」をつければよいだけ。




その程度の倫理観すら希薄になっているのだろう。




セックスをすることの責任。




妊娠をすることの責任。




これは人としての最低限の責任だと思うのですが。







(株)アイシン探偵  芦別ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵美唄・よもやま話 調停は絶対正義ではない・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は美唄市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『調停に期待しすぎない』について。




例えば妻の浮気が発覚する。




妻は逆ギレをして、開き直る。




そして妻はさっさと実家に帰ってしまう。




数週間後、夫の元に家庭裁判所から調停の通知が届く。




妻からの離婚調停の申し立てであった。




夫は妻の浮気のことや、妻の身勝手な行動を




調停員に理解してもらおうと必死に説明する。




だが調停員たちは妻の浮気のことなど取り合おうとしない。




女性調停員 「そのようなことより、離婚について話し合いましょう」




男性調停員 「ご主人は離婚には合意するのですね」




まるで妻の浮気の事実などお構いなしに離婚の話をしてくる。




また婚姻費用や養育費など夫側の責任を決めようとする。




このようなケースは実に多いのです。




基本的に調停は善悪を決める場所ではないのです。




もっと言えば民事裁判においては善悪を決めるのではなく、




所詮、慰謝料という損害賠償金額を決める場でしかない。




ですから調停において自分の悔しい思いを理解してもらい、




相手を裁いてもらうという期待をしすぎるのは間違いです。




探偵はハッキリと言います。




調停は善悪を判断してもらう場ではありません。




だからこそ、調停には気迫を持って臨んでください。







(株)アイシン探偵  美唄ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵苫小牧・よもやま話 妻に離婚され、浮気相手の女性に捨てられる・・・


(株)アイシン探偵社 代表の高橋です。




当社は苫小牧市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『さんざん浮気・妻に離婚され浮気相手に捨てられる』




例えば夫の浮気が発覚する。




妻は悩んだ末に探偵に調査を依頼し、浮気の証拠を得る。




そして夫との離婚を決断する。




その後、離婚は成立する。




夫は晴れて浮気相手と堂々と付き合える状況になる。




だがこのような展開の多くが夫はその浮気相手にも捨てられる。




無責任な関係だからこそ成立するのが不倫関係。




だが妻に離婚された男(夫)にその女性(浮気相手)は




何の魅力も感じなくなり、夫は捨てられる。




妻に離婚され、浮気相手の女性に捨てられ、




そして何もかもを失ってしまう。




このようなケースを探偵はたくさんに見るのです。




探偵はハッキリと言います。




因果応報・・・・




これは本当に人生の真理なのです。







(株)アイシン探偵  苫小牧ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵留萌・よもやま話 夫の浮気問題・悩む場所を変えてみる

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は留萌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『考える場所を変えてみる』について。




例えば夫の浮気問題が発覚する。




夫は反省もせずに開き直っている。




このような時、妻はたくさんのことを考え、決断しなければならない。




離婚しようか?




当面、別居を試みようか?




両親に相談しようか?




子供はどうしようか?




離婚後の生活はどうしようか?




そして悩み、考える日々が続く。




でも答えがでない、決断できない時に




考える場所を変えてみることをお勧めします。




深刻に部屋の片隅で考えて出す答えが正解なわけではありません。




部屋の中でジッと考えるのではなく、




缶コーヒーでも買って、公園に行ってみてはどうでしょう。




公園のベンチに座り、陽ざしを浴びて、




缶コーヒーでも飲みながら、あえて大きな決断をする。




太陽の光は自分の未来を明るく照らしてくれます。




その光の中で時には「離婚」という決断をするかもしれません。




でもアナタの未来は決して暗い日々ばかりではありません。




明るく暖かい日々が待っているのです。






(株)アイシン探偵  留萌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵北海道・よもやま話 人生、ハ・ハ・ハ 

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。




当社は北海道全域で様々な調査を承っております。




昨日、探偵の携帯電話に3年前に依頼をいただいた




女性よりお電話をいただいた。




当時、Aさんはご主人の浮気問題で悩み、当社を訪れた方。




結局、ご主人は最後まで開き直り、離婚に至った。




ご主人は離婚が成立するとすぐにその浮気相手と入籍した。




Aさんは人生に落胆し、人間不信になっていた。




でも探偵に時折、近況を知らせてくれ、




だんだんお元気にはなっていたのだが、




今回のお電話は明らかにハイテンションであった。




Aさん  『ハ・ハ・ハ 社長、お元気ですか?』




探偵   『Aさん、お久しぶりです』




Aさん  『私、8月に結婚式あげるから、ハ・ハ・ハ』




Aさん  『結婚式、来てくれるよね、ハ・ハ・ハ』




探偵   『出席せていただきますよ』




Aさん  『ハ・ハ・ハ』




探偵  『なんか、幸せそうだね』




Aさん  『ハ・ハ・ハ』




その後、Aさんは結婚相手のおのろけを話し続けた。




そしてAさんは最後にこう言っていた。




Aさん 『人生、辛いことがあってもガンバって生きていれば




     良いことがあるよね、ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ』







探偵が電話を切るときに




『Aさん、この電話のことブログに書くよ』と言うと




Aさんは「ハ・ハ・ハ・ハ・ハ』と電話を切った。




探偵は学びました。




人生、ハ・ハ・ハ なのだと・・・・・







(株)アイシン探偵  北海道ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵網走・よもやま話 妻の浮気、男(夫)は決断をしなければならない・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は網走市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻の浮気・まずは自分が決断する』について。




例えば妻の浮気が発覚する。




夫(男)は一人になることを恐れる。




だが夫(男)はその恐れを自分自身で否定してしまう。




絶対に許さない・・・




冗談じゃない、今すぐ離婚だ・・・




徹底的にやってやる・・・ 




等などと友人や身内に話してしまう。




だが本当のところでは孤独を恐れるあまりに決断ができない。




男(夫)は妻や家庭に対して執着心を捨てきれない。




だからこそ男(夫)は決断しなければなりません。




離婚はしない・・・




離婚をする・・・




子供は自分が育てる・・・




まずは自分が決断をする。




探偵はハッキリと言います。




妻の浮気を夫(男)は受け入れられない。




妻の浮気で夫(男)は孤独になることを恐れる。




妻の浮気で夫(男)は虚勢を張ってしまう。




だからこそ夫(男)は決断をしなければならないのです。







(株)アイシン探偵  網走ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵岩見沢・よもやま話 妻の浮気と財産分与

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は岩見沢市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻の浮気と財産分与』について。




例えば妻の浮気が発覚する。




妻は逆ギレと開き直り。




そして紆余曲折があり、夫は離婚を決断する。




親権、養育費などを取り決め、




妻は慰謝料も父親に借りて支払うと言ってくる。




そして財産分与については通帳を一冊、夫に見せる。




残高は○○万円。




その金額を半分に分けることで合意する。




だがここで大きな落とし穴がある。




長年、家計を妻にまかせっきりにしていた場合、




夫は夫婦の間にどれだけのお金があるのかを知らなさすぎる。




だから妻が出してきた通帳が本当にそれだけなの分からないのです。




妻に財産を隠されている可能性があるのです。




そして夫は預金の他にも保険の解約返戻金、財形貯蓄なども




全て確認しなければならない。




仮に妻の浮気で離婚。




そして妻が支払う慰謝料が妻が隠した互いの財産から




支払われたとしたら夫はたまったものではない。




探偵はハッキリと言います。




妻の浮気で離婚する場合、




まずは夫婦の財産をきっちりを確認してください。









(株)アイシン探偵  岩見沢ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵夕張・よもやま話 何のためらいもなく浮気相手に子供を合わせる妻たち・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は夕張市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『子供を浮気相手に合わせる妻たち』について。




ここ10年、妻の浮気が急増している。




探偵が依頼を受ける調査としても夫の浮気調査より妻の浮気調査が多い。




そして妻の浮気もどんどん変化をしている。




探偵も驚き、理解できない傾向として




子供を浮気相手と会わせる妻たちが多いことである。




浮気相手と自分と子供たちと遊園地に遊びに行く。




妻は「今日のことはパパには内緒よ」




「○○君(浮気相手)のことはパパには秘密よ」と




子供たちに口止めをする。




このような展開が本当に多いのです。




このような妻たちの倫理観はいったいどうなっているのだろう。




子供が大きくなった時、○○君はママの浮気相手だったと




理解する時のことを考えていないのだろうか。




このような事実を知った時、夫は愕然としてしまう。




探偵はハッキリと言います。




今、浮気をしている妻たちへ。




何のためらいもなく浮気相手に子供を合わせることは




重大な記憶を子供たちに植え付けることになるのです。




浮気にも最低限のルールはあるはずですよ。






(株)アイシン探偵  夕張ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵北見・よもやま話 夫の浮気、悩み考える時間に締め切りをつける・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は北見市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『悩んで立ち止まっている時間』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




その時、妻はたくさんのことを考えなければならない。




当然、勢いで離婚をすることは、後に問題を残してしまう。




ですがもう一方で「悩み立ち止まっている時間」も問題を困窮させてしまう。



妻が悩んで立ち止まっている時間も夫の浮気は進んでしまう。




相手に子供ができる可能性・・・




夫の相手への感情が深くなってしまう・・・




考える時間も必要だが、




立ち止まっている時間も短くしなければなりません。




探偵はハッキリと言います。




夫の浮気問題に直面している方へ。




悩み、考える時間に締め切りをつけて下さい。




そして締め切りの日が来たのなら、後は行動をするのみです。






(株)アイシン探偵  北見ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ