goo

探偵事務所北海道・よもやま話 妻の浮気、「浮気をしたのを認めろ」

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は北海道全域で 様々な調査を承っております。


今回は『浮気をしたことを認めろ』について。


例えば妻の不審な行動。


夫は妻に不審な行動を問いただすが


妻は開き直り、逆ギレを繰り返す。


夫は探偵に妻の浮気調査を依頼した。


調査の結果、妻の浮気が確認された。


浮気相手の男性とホテルから出てきたところの証拠を得る。


だが夫はとにかく妻に浮気を認めさせようとする。


ホテルに行って何をしていたんだ・・・


セックスをしたんだろう・・・


いつから浮気をしていたんだ・・・


妻は相変わらず逆ギレ。


ホテルには行ったがカラオケをしていただけ・・・


このような展開は実に多い。


夫は妻に浮気を認めさせようと必死になる傾向がある。


夫は妻の浮気の現実が受け入れらないからだろう。


だか妻に浮気を認めさせようとすることじたい、


相手の言い訳を言わせるだけです。


探偵はハッキリと言います。


客観的な証拠がある場合、


浮気を認めさせる意味などありません。


まずは妻の浮気の現実を受け入れることです。







(株)アイシン探偵事務所 北海道ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

北海道興信所・よもやま話 家出人と警察の対応

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。




当社は北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『警察の家出人・失踪人の対応』について。




年間の家出人・失踪人の総数は8万人前後。

(警察への届け出人数)




まず成人の家出人・失踪人を警察は探しません。




自らの意思において家出、失踪することは「犯罪ではない」からです。




仮に警察官が職務質問で家出人・失踪人と接した場合も




その場で拘束することは人権上、できません。




以前、当社でお受けした案件において




当事者がスピート違反で警察に捕まった。




当然、その場で失踪人届けが出されているのを




警察官は確認した。




だが警察官は「家族の方が心配している」と伝えただけであった。




では警察に失踪人届けを出す意味は何なのか?




変死体の発見時の照合確認をするため。




テレビドラマなどで刑事が失踪人を




探すシーンなどがあるが現実にはないのです。




例外的に自給無能力者(痴ほう・高齢者など)においては




警察の捜査が行われる場合もある。




また仮に妻が小さな子供を連れて浮気相手の男性のところに家出する。




夫は警察に妻と子供の家出人届を出す。




警察が何らかの過程でその妻と子供の状況(住所など)を




掴んだとしても警察は夫にその状況を教えてくれない。




このようなことも踏まえておく必要がある。






(株)アイシン興信所 北海道ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

興信所北海道・よもやま話 夫婦間においては逆差別状態

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻の浮気と男(夫)女(妻)不平等』について。




戦後、日本においては男女平等が定着してきた。




だが逆に夫婦間においては逆差別状態になっていると思う。




近年、探偵の実感としては夫の浮気より




妻の浮気が圧倒的に多いと感じている。




だが、法律的にも社会的にも夫(男)は不平等な扱いである。




妻の浮気が原因で離婚になる場合でも




裁判になれば子供が小さいうちは




「親権は母親」との決定が出される。




また浮気がバレタ妻が夫のありもしないDVをでっちあげ、




公的避難施設(シェルター)に逃げ込んでしまえば




話し合いすらできなくなる。




公的支援も母子家庭は申請を受理されやすいが




父子家庭には非常に冷たい対応になる。




弁護士なども妻の浮気が原因での離婚でも




「弱者救済」と人権を声高に叫ぶ。




妻の浮気が原因で離婚裁判になる。




妻側の浮気の慰謝料は妻に支払い能力がないとうやむやにされる。




親権は妻に決定される。




そして「養育費」が夫の肩にのしかかってくる。




不条理ではあるがこれが今の日本の現実なのです。




探偵はハッキリと言います。




妻の浮気で離婚問題に直面している夫たちへ。




アナタに対して現実は厳しいのです。




だからこそ、その厳しさを踏まえて立ち向かってください。






(株)アイシン興信所 北海道ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

北海道探偵・よもやま話 ネット系詐欺はまだ増え続けている・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『ネット系詐欺の急増』について。




近年、出会い系サイトでの詐欺、




オンラインゲームでの詐欺などがテレビなどで報道されているが




それでもネット系の詐欺は増えている。




出会い系サイトで知り合った女性(?)が病気になった。




それを知った男性が数百万のお金を振り込んでしまう。




そしてその後、その女性との連絡が取れなくなる。




本人は騙されたという思いではなく、




もしや彼女の病気が悪化したのではないかと探偵に相談に来られる。




当然、その男性は騙されていた。




ある女性がオンラインゲームで男性と知り合った。




何度がデートを重ね、お金も貸していたらしい。




ある日、突然にその男性との連絡が取れなくなった。




その女性はその男性に何かあったのではないかと探偵に相談に来られる。




探偵が調べてみると名前、年齢、仕事など全て嘘。




そしてその男性は既婚者であった。





やはり騙されていたのだ。





このようケースが実に多いのです。






探偵はハッキリと言います。




ネット系の出会いも一つの出会いです。




それで結婚して幸せになっている人もいます。




でも一つだけ注意してください。




安易なお金の貸し借りだけはしてはなりません。






(株)アイシン探偵  北海道ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌市探偵社・よもやま話 浮気がバレルとシェルターに逃げ込む浮気妻たち・・・

(株)アイシン探偵社 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻の浮気とシェルター』について。




例えば妻の浮気が発覚する。




夫は妻にその浮気を問いただす。




だが妻は逆ギレと開き直り。




その態度に夫は離婚を決断する。




妻に対して親権と慰謝料、財産分与の




取り決めをしようと調停の準備をする。




だが妻は数日後、子供を連れていなくなる。




家のお金も通帳も全て持って家を出る。




夫は妻と全く連絡が取れなくなってしまう。




後々、分かってくるのだが妻は夫からのDVをでっちあげ、




行政が斡旋する保護施設(シェルター)に逃げ込む。




夫は妻に浮気をされ、子供、家のお金、通帳も




持っていかれ途方に暮れる。




そして妻との話し合いの調停も進められない。




このようなケースは実に多いのです。




DV被害はとりあえず妻の自己申告で




警察も行政も対応します。




それが事実ではなく、全くのでっちあげでも




とりあえずアナタはDV加害者になってしまうのです。




もしアナタがこのような状況に陥ったのなら




速やかに弁護士に委任し、対応してください。




中には「浮気がバレたらDVをでっちあげて、




シェルターに逃げ込んだらセーフ」等と




うそぶく浮気妻もいる。




探偵はハッキリと言います。




浮気してDVをでっちあげ、シェルターに逃げ込む。




このようなことも夫たちは想定しなければなりません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵社札幌市・よもやま話 夫の浮気と夫婦の思いで・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『楽しい思い出が襲ってくる』




例えば夫の浮気が発覚する。




夫は逆ギレ、そして開き直る。




その後も夫は暴言を妻にぶつけてくる。




お前の何もかもが嫌だ・・・・




結婚してから何キロ太れば気がすむんだ・・・・




お前と歩いていると恥ずかしいんだ・・・・




妻の尊厳を踏みにじるような言葉を言ってくる。




妻は悩んだ末に離婚を決断する。




離婚の準備を始めた妻に襲ってくるものがある。




「楽しかったころの夫との思い出」である。




今、目の前にいる夫がどんなにヒドイ夫であっても




昔の楽しかった思い出はたくさんあるはず。




知合ってはじめてデートをした時・・・




思い出のドライブ・・・




子供が産まれて喜んだ日々・・・




風邪をひいて看病してくれたこと・・・




たくさんの楽しかった思い出が妻を毎日、襲ってくる。




変わり果てた今の夫が本来の夫なのか?




それとも浮気という病気にかかり、変貌したのか?




いづれにしても向き合わなくてはならないのは




昔の思いでではなく、今の現実です。




探偵はハッキリと言います。




夫の浮気・・・・




妻が最初に戦わなくてはならないのは「夫との楽しい思い出」なのです。







(株)アイシン探偵社 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌探偵社・よもやま話 浮気のチェックとボイスレコーダーの活用

(株)アイシン探偵社 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『まずはボイスレコーダーを活用する』




今、配偶者の浮気疑惑で悩まれている方へ。




配偶者に浮気を詰め寄る証拠もない。




また探偵社に浮気調査を依頼する決断もできない。




そのような時、まずはボイスレコーダーを活用してみてはどうでしょう。




夫の浮気疑惑・・・・




仮に通勤で夫がクルマを使用している場合、




夫のクルマにボイスレコーダーを設置してみる。




場所は助手席のシートの裏側に両面テープを使って貼り付ける。




もし夫がそのクルマに浮気相手を乗せた場合の車内の会話が録音できる。




また車内で電話をかけた場合の音声(夫の声だけ)が録音できる。




妻の浮気疑惑・・・・




妻が専業主婦の場合、居間のソファー下などに




ボイスレコーダーを置いておく。




当然、妻の日中、電話を会話が録音できる。




また妻の外出状況なども生活音の有無で分かってくる。










配偶者の浮気疑惑。




まずはボイスレコーダーを活用してみましょう。






(株)アイシン探偵社 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵社札幌・よもやま話 結婚はゲームではない・・・ 

(株)アイシン探偵社 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




最近、不倫を推奨するかのような




携帯ゲームのCMがテレビで流れている。




「結婚したのか…俺以外の奴と・・・・・」というフレーズ。




探偵は仕事を通じ、不倫で傷つく人たちと接する。




妻の浮気で挫折感に押しつぶされそうな夫・・・




夫の浮気でこれからの人生に苦悩する妻・・・




このような現実と戦う人たちをみている探偵にとってはこのCM自体に憤りを感じる。




最近、若年夫婦の結婚観の変化を非常に感じる。




それこそゲーム感覚で結婚して、ゲームをリセットするように離婚をする。




探偵一人が声高に叫んでも若い人たちの考えを変えることなどできない。




でもゲーム感覚での結婚で子供をつくらないでほしい。




親のゲーム感覚での結婚・・・




そして、離婚・・・




だがその後も子供は生きていかなければならないのです。







(株)アイシン探偵社 札幌ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所札幌市のよもやま話 夫が浮気をして家に帰って来なくなる・・・

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『夫が浮気が原因で家に帰って来なくなる』




例えば夫の不審な行動。




妻が夫に問いただす。




「アナタ、浮気でもしているの」




「急にどうしてこんなに遅くなるの」




「今日も飲み会って本当なの?」




数日後、夫が家に帰って来なくなる。




携帯電話には出るのだが「しばらくは友達のところに泊めてもらう」と。




だが夫はその後も会社には行っているようだが、家には帰って来ない。




給料も振込口座も変えられて妻の管理する通帳に振り込まれない。




このようなケースにおいて




妻が一番にしなければならないことは




夫の浮気調査ではありません。




まずは婚姻費用の申し立ての調停です。




生活費の不安は浮気問題の解決に




最も高いハードルになります。




浮気調査はその次に検討すれば良いのです。




探偵はハッキリと言います。




夫の浮気、そして夫が家に帰って来なくなった時、




まずは婚姻費用の調停を申し立てて下さい。







(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌探偵事務所のよもやま話 夫の浮気、まずは婚姻費用を決める・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『婚姻費用』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




夫が家を出て行った場合や妻が実家に戻った場合など




婚姻費用の取り決めをすることになる。




妻が専業主婦、仕事を持っている等によって金額は変わるが




夫婦の合算収入に対して分配金額を決める。




一般的な場合、妻も仕事をしていたとしても収入は夫の方が多い。




そして何らかの理由で別居をする場合、




夫から毎月の生活費を妻が受け取ることができる。




まず、妻は婚姻費用の金額を調停などで確定しておいて




その後にじっくりと夫に対しての




慰謝料などの離婚協議に臨めば良いのです。




当然、離婚が成立するまでは婚姻費用を受け取ることができる。




婚姻費用を夫が滞らせたら給料の差し押さえも可能です。




探偵はハッキリと言います。




夫の浮気問題に直面し、離婚も考えているのなら




まずは婚姻費用を決めておいてください。







(株)アイシン探偵事務所 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所札幌のよもやま話 夫の浮気と妻の3つの覚悟

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『離婚裁判は3つの覚悟』




例えば夫の浮気が発覚。




夫は逆ギレと開き直り。




妻は悩んだ末に離婚を決断する。




このような展開は多い。




問題はこの後の展開がどうなるのか?です。




夫婦間の話し合いや調停で離婚の決着がつけば良いが




裁判にまでいく場合、妻は覚悟が必要になる。







妻が離婚裁判に向けての覚悟は3つ。







1. 離婚裁判はとにかく時間がかかる。




   最短で終わったとしても1年、場合によっては2年







2. 裁判で夫はありったけの嘘を言ってくる。




   ・ラブホテルには行ったがSEXはしていない・・・




   ・既に婚姻関係は破たんしていた・・・




   ・妻の方が浮気をしていた・・・




    相手の嘘にいちいち腹を立てていたら長い裁判の間に

    

    アナタの心が壊れてしまう。







3. 最後まで投げやりにならない




   ・時間がかかり、その間も相手の嘘を聞き続ける。

   

    だんだんとどうでもよくなってくる。

   

    また怒りが収まることによってモチベーションが下がってくる。







探偵はハッキリと言います。




夫の浮気、そして離婚裁判においての3つの覚悟。




裁判は時間がかかるという「覚悟」




裁判で相手の嘘に腹を立てない「覚悟」




裁判の途中で投げやりにならない「覚悟」







(株)アイシン探偵事務所 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵札幌市のよもやま話 夫の浮気と安易な決着

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『配偶者の浮気と安易な決着』について。




夫の浮気が発覚する。




その時、妻は様々な選択をしなければならない。




離婚するのか・・・・




別居をするのか・・・・




このままにするのか・・・・




やはり離婚を決断するには簡単なことではない。




だが安易な決着はやはり避けるべきです。




もう別れることにした・・・




もう彼女とは会わないよ・・・




それでいいだろう・・・




夫は「もう会わない」と浮気問題の収束を急ぐ。




その時に妻が夫の真意を見ようとせずに




話し合いを中断し、安易に決着をつけるのはダメです。




これ以上、夫を責めたら・・・




きっと別れてくれるはず・・・




もう彼女とは会わないと言ってくれている・・・




だが夫は別れると言いながら、パターンを変えての密会。




浮気問題は夫婦の一大事です。




やはり徹底的に話し合う必要があります。




少なくとも夫の浮気相手を交えての約束事も必要です。




探偵はハッキリと言います。




配偶者の浮気という裏切り。




一度目の裏切りも辛いが、二度目の裏切りはもっと辛いのです。







(株)アイシン探偵 札幌市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌市探偵のよもやま話 どんなに夫が怖くとも浮気を容認してはダメ

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『相手を恐れていては何もできない』について。




夫婦というものは極めて閉鎖的な関係です。




例えば長年、夫に支配的な関係を強いられてきた妻。




とにかく妻は夫の顔色をみてしまう。




そして夫は妻は自分に従う存在だと思う。




このような夫婦関係において夫が浮気をしている場合、




妻はどうしたら良いのか?




夫婦の関係はダメなものはダメ・・・・




どんなに夫が怖くとも浮気を容認してしまうことは




夫婦関係の意味が無くなってしまいます。




相手を恐れていては何もできません。




どんなに夫が怖くても、恐ろしくても




妻は浮気はダメと言わなければならないのです。




探偵はハッキリと言います。




今、夫の配偶者で悩まれている方へ。




アナタが恐れている夫への恐怖心は




やはりアナタ自身で克服するほかありません。




人生、どんなに怖くても戦わなくてはならないのです。




怖さに負けないで下さい。




自分が思っているより、アナタは強い人なのです。







(株)アイシン探偵 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌探偵のよもやま話 勇気スイッチが入った妻(女性)は・・・

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




今回は『妻(女性)には勇気スイッチがある』について。




例えば夫の浮気が発覚する。




だが妻は夫を恐れ、何も言えない。




夫は日常的にDV、モラハラなどで妻を支配している。




お前は俺がいなければ生きていけないんだ・・・




浮気ぐらいで文句を言うなら家を出て行け・・・




誰のおかけで飯を食えていると思っているんだ・・・等と




常に妻を支配下に置こうと恫喝をしている。




妻も長年、そのような関係になれてしまい、




夫を恐怖の存在と思い込んでしまう。




このような関係は多いのです。




だが同時にこのような時、妻の勇気スイッチが入るのもたくさん見る。




本の一行の言葉・・・




友人の励ましの言葉・・・




「ダメなら実家に戻っておいで」との父親の不器用な言葉・・・




子供の可愛い寝顔・・・




妻に些細なきっかけで勇気スイッチが入る。




勇気スイッチが入った妻は




あれほど怖いと思っていた夫が怖くなくなる。




浮気もしかたないと思って諦めていたが、




「冗談じゃない」と怒りがわいてくる。




とにかく勇気スイッチが入った妻は




夫がたじろぐほど強いのです。




探偵はハッキリと言います。




配偶者の浮気問題で悩まれている妻たちへ。




今こそアナタの勇気スイッチを入れる時です。







(株)アイシン探偵 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

札幌市興信所のよもやま話 今、掴んでいる不幸を手放してみる・・・

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。




当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




探偵はたくさんの依頼人の人生から様々なことを学ばせていただく。




そして学んだことの一つ。




『幸せをつかむには今、手で握っている不幸を手放すこと』




例えば妻の浮気。




妻は逆ギレと開き直り。




夫は何度も妻に「浮気を止めなさい」と問いただすが




妻は更なる逆ギレを繰り返す。




実際にこのようなケースは多い。




だが夫は悩んでしまう。




離婚して子供とも別れなければならない・・・




今がどんなに不幸でも孤独になるのは怖い・・・




だが心の通じ合わない夫婦が一緒に暮らすことは




やはり不幸なことです。




また子供にとっても不幸な親をみて育つことになってしまう。




当然、離婚は簡単なことではない。




また親としての責任のため、簡単に離婚などできない。




だが人生は幸せを探す自分自身の旅です。




不幸の中で我慢しながら生きるのが




人生ではないと思うのです。




だからこそ今、握りしめている不幸を手放してみてはどうでしょうか。




そして何も握っていないその手に




次は幸せを握りしめてほしいと思うのです。




人生、責任も義務も背負って生きなければなりません。




でもやっぱり人生は幸せを探す旅でありたい。




そんなふうに探偵は人生を考えています。







(株)アイシン興信所 札幌ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ