goo

登別市・探偵事務所のつぶやき話 ある日、怪文書が届く・・・


(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。


当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


今回は『ある日、怪文書が届く・・・』について。


ある日、差出人の名前が書いていない封書が届けられる。


妻がその封書を開封する。


アナタの夫は○○子という性悪女と浮気をしています。


○○子は次から次ぎへの男を変える悪い女です。


早めに対処しないと大変なことになりまよ。


手紙の内容は夫が悪い女と浮気をしているということが書かれていた。


妻は夫が帰宅すると烈火のごとく攻め立てる。


紆余曲折があり、妻は離婚を決断する。


結局はその怪文書が離婚のきっかけとなった。


このようなケースは少なくない。


さて、あの怪文書を送った人物は誰か?


多くの場合、その多くは夫の浮気相手の女性、○○子です。


自分のことをどうしようもない性悪女とあえて書き、自身が疑われないようにする。


なかなか妻と離婚を決断しない相手の家庭を破壊するためです。


場合によっては自分が妻に訴えられる覚悟で自爆攻撃をしているのです。


探偵はハッキリと言います。


ある日、怪文書が届く。


その送り主は、夫の浮気相手の女性の可能性が高いのです。






(株)アイシン探偵事務所 登別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

登別市・興信所(探偵)のつぶやき話 自分がもっと良い妻になれば・・・

(株)アイシン興信所(探偵)  代表の高橋です。



当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。



今回は『夫の浮気・自分がもっと良い妻になれば・・・』について。



例えば、夫の浮気問題が発覚する。



夫は逆ギレをして、ひらきなおる。



このとき、自分を責めてしまう奥さんも多い。



きっと自分が至らないから、夫は浮気をしたんだわ・・・



私に魅力がないから、夫は浮気をしたんだわ・・・



私が子供にばかり気が向いていたから、夫が浮気をしたんだわ・・・



夫の浮気という直面しがたい現実が襲ってきたとき、



奥さんたちは自分の「せい」にしようとする。



自分のせいにした方が、今の現実(夫の浮気)から逃れられる気がする。



でも、夫の浮気問題を自分のせいにしていても、浮気問題は解決しません。



結婚はお互いの人生に責任を持つことの約束です。



そして、当然のことながら、浮気はダメ・・・なのです。





探偵はハッキリと言います。



夫の浮気問題を自分のせいにしていても、浮気問題は解決しません。



「アナタの浮気・・・許しません」と言える自分になることが大切です。







(株)アイシン興信所(探偵)  登別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵事務所・登別市のよもやま話 浮気問題、DV、モラハラ・・・実は夫が被害者

(株)アイシン探偵社  代表の高橋です。


当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。


浮気問題、DV、モラハラと言えば夫が加害者であるイメージが強いと思います。


ですが、探偵は、夫が被害者であることの方が多いと実感しています。


男とラブホテルに行ったくらいでガタガタ言うな・・・という浮気妻。


元彼と旅行に行って何が悪い・・・と開き直る浮気妻。


夫が単身赴任、子どもを実家に預けっぱなしにしてホスト遊びの妻。


自分の機嫌が悪いと灰皿を夫に投げつけるDV妻。


口ごたえをするな・・・と無抵抗の夫を殴りつけるDV妻。


こんな給料しか稼げないくせに・・・と夫を日々、夫をなじるモラハラ妻。


お前の顔を見ると具合が悪くなる・・・と夫をなじるモラハラ妻。


息が臭いから息をするな・・・と夫に罵声をあびせるモラハラ妻。


探偵はハッキリと言います。


時代は変わってきています。


浮気問題、DV、モラハラ・・・実は夫が被害者であることが多いのです。







(株)アイシン探偵事務所  登別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

登別市・興信所のよもやま話 体重が5キロ以上、減った時は体も限界

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

探偵は、配偶者の浮気問題に悩まれている方々のご相談をお受けします。

そして、どの方も疲れきった顔をされ、

食事ものどを通らずに痩せてしまった姿をされています。

中には「夫の浮気で食欲がわかず、痩せてしまいました」

「でも、ちょうどダイエットしようと思っていたので・・・」と言われる奥さんもいます。

前向きに考えることは決して悪いことではありませんが、

でも、体重が急激に減ることは体が悲鳴をあげていることです。

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

このような時、妻は自分の心がどんどん疲弊していくのが分かる。

でも、体の悲鳴には意外と気づかないことが多い。

体が悲鳴をあげてしまうと免疫力が低下し、

大きな病気を患ってしまうのです。

体重が5キロ以上、減った時は体も限界だと思って下さい。



探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題が発覚する。

体重が5キロ減ったら、もう限界です。

我慢することをやめ、次の決断をしてください。





(株)アイシン興信所  登別市ホームページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

登別市・探偵事務所のよもやま話 家族が家出・失踪した時に考えるべきこと

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。




当社は登別市を含め、北海道全域に様々な調査を承っております。




今回は『家族が家出・失踪した時に考えるべきこと』について。




家族が突然、家出、失踪をしてしまった場合、第一に考えるべきことは、




自殺の可能性が予見されるのか? そうでないのか?  です。




例えば、対象者が鬱病などの場合、至急の対応が必要です。




速やかに警察に家出人届けを出し、本人の病気の症状を強く訴えてください。




場合によって警察が「特異家出人」として



家出人届けを受理してくれる場合があります。




その場合、警察の積極的な捜査が期待できます。




一般家出人の場合、警察は関与をしません。




※ 特異家出人


   誘拐などの事件性がある場合


   痴呆、精神疾患などによる自給無能力者







※ 一般家出人



   事件性のない場合



   自らの意思で家出、失踪した場合




また、自殺の可能性がない場合(極端にその可能性が低い場合)は




まずは対象者の友人、知人などからの情報収集をする。




その場合、できるだけ電話ではなく、直接訪ねて行き、話を聞いてください。




友人、知人は対象者から口止めをされ、嘘を言っている場合もあります。




その場合、電話ではその嘘が見破れません。




また直接、友人、知人に会うことで、より細かな情報が得られます。






(株)アイシン探偵事務所  登別市ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵・登別市のよもやま話 悩んだときはお墓参りに行く

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。




当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




探偵もいろいろな悩みがあるとき、また元気がないときにすることがあります。




それは「お墓参り」です。




墓には探偵の父親が眠っています。




酒癖が悪く、博打も好きな父親でした。




母親は苦労したようです。




でも、僕も含め、子供たちには良き父親でした。




探偵はそんな親父の墓で手を合わせ、悩み事を考えてきます。




なぜか、墓参りをすると、抱えていた悩みが解決していくのを




何度も経験しています。




探偵はお勧めします。




今、様々な悩みを抱えている方へ。




お墓参りにいってみてください。




先祖に感謝をしながら、手を合わせると、




アナタの悩みの答えが見えてくるかもしれません。






(株)アイシン探偵事務所  登別市ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

探偵・登別市のよもやま話 悩んだときはお墓参りに行く

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。




当社は登別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。




探偵もいろいろな悩みがあるとき、また元気がないときにすることがあります。




それは「お墓参り」です。




墓には探偵の父親が眠っています。




酒癖が悪く、博打も好きな父親でした。




母親は苦労したようです。




でも、僕も含め、子供たちには良き父親でした。




探偵はそんな親父の墓で手を合わせ、悩み事を考えてきます。




なぜか、墓参りをすると、抱えていた悩みが解決していくのを




何度も経験しています。




探偵はお勧めします。




今、様々な悩みを抱えている方へ。




お墓参りにいってみてください。




先祖に感謝をしながら、手を合わせると、




アナタの悩みの答えが見えてくるかもしれません。






(株)アイシン探偵事務所  登別市ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )