狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

オスプレイが県外!狂乱する沖縄タイムス

2014-07-23 17:01:30 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞止めても、各地域の折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

 着々と進む「新基地建設」(実際は辺野古移設)に、なす術を知らない発狂2紙。

法的には県知事の「辺野古埋立て承認」を撤回できないと知った反日サヨク複合体は違法行為で妨害すると公言。

旗振り役の沖縄タイムスも、精々発狂見出しで負け犬の遠吠えで体裁を繕うしか打つ手はないようだ。(涙)

そして、沖縄タイムスが県知事候補に支援する翁長那覇市長の唯一の拠り所である「建白書」を粉々に粉砕する出来事が起きた。

そこで怒り狂う今朝の沖縄タイムスの第一面、社会面の発狂見出しを紹介する。

第一面トップ

オスプレイ暫定移転案

佐賀空港 辺野古完成まで

県外移設 事実上の可能性

社会面トップ

飛び火 佐賀騒動

政府自ら「県外」探る

沖縄から矛盾突く声

米軍移転案に衝撃

基地負担減へ気遣いも

政府は、翁長那覇市長の「オール沖縄」の根拠である「建白書」(既に崩壊しているが)に追い討ちをかけるような「基地負担減」の政策を打ち出した。

これに対し衝撃を受けた沖縄タイムス、判断力を失っ狂乱の様相。

「米軍移転案に衝撃」などの発狂見出しで自己崩壊の無様な姿を晒している。

「米軍移転」なら地元紙としては慶賀すべきだろうが。

政府が「基地負担減へ気遣」をしているというのに、「米軍移転案に衝撃」という大見出しを書いた自己矛盾に気がつかないほど沖縄タイムスは追い詰められているのだろう。(涙)

そういえば本日の社説もタイトルには負け犬の遠吠えが・・・。

社説[オスプレイ佐賀配備]負担軽減は見せかけだ

読者の東子さんの涙のコメントを引用しておく。

「防衛相、辺野古完成までオスプレイ佐賀へ 2014年7月22日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=77519

>米軍普天間飛行場に配備されているオスプレイについて「暫定的に辺野古(の代替施設)が完成するまでの間、佐賀空港を利用することも米側の理解が得られれば検討していきたい」

実現が決まったら、「建白書」の意向は意味無しになる(涙)

防衛相、辺野古完成までオスプレイ佐賀へ

2014年7月22日 11:58
 

 【東京】小野寺五典防衛相は22日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場に配備されているオスプレイについて「暫定的に辺野古(の代替施設)が完成するまでの間、佐賀空港を利用することも米側の理解が得られれば検討していきたい」と述べ、代替施設工事の進展次第で一時的に佐賀空港を使用する考えを示した。

 小野寺氏は「仮に5年以内に工事が終わらない場合、工事が進展していることを前提に佐賀空港の活用も検討したい」として、あくまでも名護市辺野古での代替施設の建設工事が進んでいることが暫定移転の条件と強調した。

 佐賀空港の利用は、陸上自衛隊が2015年度から導入するオスプレイを同空港に配備する防衛省の意向を踏まえたもの。防衛省の武田良太副大臣が同日、佐賀県の古川康知事と面会し、陸自と米海兵隊の佐賀空港の利用への協力を要請した。

                                      ☆

沖縄タイムス、琉球新報ら発狂2紙が県知事候補として熱烈支援する翁長那覇市長の身辺から数々の疑惑が浮上し、那覇市民代表による住民訴訟が提訴されている。

住民訴訟の根拠となっている「龍柱問題」について県議会で質問が有ったが、発狂2紙は当然の如くこれを黙殺。

発狂2紙が決して報じることのない住民訴訟に関わる「龍柱問題」の県議会での質問の状況を、世界日報が「沖縄のページ」で報道しているので引用する。

那覇市住民訴訟 口頭弁論のお知らせ

翁長市長と福祉団体の蜜月関係を糾弾する那覇市住民訴訟

那覇市の「龍柱」建立、県議会でも異論

「中国共産党に服従」の含意
 那覇市が那覇・福州(中国)友好都市交流シンボル事業として計画している「龍柱」の建立に市民から反対する動きが表面化している中、沖縄県議会でも異議が唱えられた。一括交付金約2億6700万円を使って中国皇帝の象徴である「龍柱」を建立することが、一括交付金事業の目的に沿うものか。「龍柱」建立は今や、那覇市から県レベルでの議論、さらには将来の「一括交付金制度の死活問題」にまで波及してきた。(那覇支局・竹林春夫、豊田 剛)

一括交付金の死活問題に
中国人街の再現許さない、市民が緊急集会

照屋守之議員の一般質問に答弁する仲井真弘多知事(左)と高良倉吉副知事(右)=
7月7日、那覇市の県議会議事堂「龍柱」建立に疑問を呈したのは、自民党県連幹事長の照屋守之議員。同議員は今月7日、県議会6月定例会の一般質問で、「若狭の通りに15㍍の龍柱が2本建つというが、一括交付金事業の目的に沿う事業なのか。那覇市民の反対が大きいにもかかわらず、建設が進んでいる」と述べた。

 照屋議員は、「那覇市議会でも問題提起された」と指摘した上で、「使い方によっては知事が頑張って獲得した一括交付金にも影響しかねない。さらに、地域住民が(建立計画を)知らないことが問題だ」と、県の対応をただした。

 これに対し、謝花喜一郎県企画部長は、「一括交付金の活用は地域の自主的判断にゆだねられている」と那覇市の立場を一応容認しつつ、「那覇市が目指す観光都市としてのまちづくり(「龍柱」建立)に対する説明を求めたい」と答弁した。

 中国皇帝のシンボルとされる龍と爪の意味合いについて、照屋議員は、「四つの爪は中国の属国・家来になるという意味となるものを、わざわざこの時期に建てる必要があるのか。中国共産党に服従していると宣言しているようなもので、誤解を与える」と訴えた。

 龍の歴史的根拠について答弁を求められた高良倉吉副知事は、「一般的認識」と前置きした上で、「明朝時代では五つの爪は皇帝権力のシンボル、四つの爪は首里城にあるように朝貢国としての意味合いがある」と説明。「琉球王朝は、18世紀中ごろには中国と冊封(さっぽう)関係にあった。現代においてはさまざまな立場があるだろうが、コメントは控える」と答弁し、現代の価値観にはそぐわないことを示唆した。

 照屋議員は続けて、「沖縄には昨年約658万人の観光客が訪れたが、中国大陸からはわずか6万8000人しかいない」と、データを示して観光振興の効果に疑問を呈した上で、「一括交付金の使い道について各市町村で会計監査が入り、(説明不十分な「龍柱」建立が)一括交付金制度の死活問題にもなりかねない」と主張。「11月に予定されている知事選では一括交付金の使い方も争点にすべきだ」と訴えた。

 龍柱について感想を聞かれた仲井真弘多(ひろかず)知事は「いろんな見方があるのだと思った。(照屋)議員の意見は強く印象に残った」と述べ、一括交付金の会計についてチェックする必要性に言及した。

 照屋議員の質問に対し、野党議員から「そんな質問は、那覇市議会でやれ!」「交付金は関係ない」などの野次が飛び、一時、騒然とした。野党議員には、「龍柱」建立の意味がほとんど理解されていない実情が浮き彫りにされた。


体裁許可済み記事の紹介…  中華街の再現は、絶対許さない…  危機を訴え那覇市でn緊急集会開催…  龍柱建設に反対する宣言文を読み上げる金城テルさん(左端)=6月27日、那覇市の沖縄県立博物館・美術館会議室   一方、那覇市民の中で龍柱建立反対運動の先頭に立つのは同市在住の金城テルさん(87)だ。「住みよい那覇市をつくる会」の代表で、「龍柱建立阻止を求める意見書」を県議会、市町村議会に提出。知人、さらには県外・国外にも郵送している。   同会は6月27日、「龍柱について考える市民集会」を那覇市で開き、龍柱の建設を憂える那覇市民ら約80人が集まった。   集会で意見発表した60代の女性は、「安里の蔡温橋に近くの舗装がはがされたかと思うと突然、龍をかたどった醜いサバニ(爬竜船)が置かれていた。総工費は2000万円というが、周りの人々は『邪魔だ』と口をそろえて言っている」と訴えた。  続けて、「国際通りの『てんぶす館』に設置された大型スクリーンの両端にも龍柱のデザインがある。観光客のためなのかもしれないが、地元市民をもっと大切にしてほしい」と主張した。   別の女性は、「沖縄には(遠い海の彼方に神の国があり、幸せがやってくるという)ニライカナイ信仰があり、その祈願の場所が若狭の波上宮にある。予定されている龍柱は、波上宮の近くに建つ予定で、ニライカナイをさえぎることになる。絶対に許されるものではない」と涙ながらに訴えた。   集会は、「『龍』は中国皇帝のシンボルで、現在は中華人民共和国・共産党のシンボル。沖縄県民は日本民族であり、那覇市に久米村(中国人街)をいまさら再現することを承諾できない」という趣旨の宣言文「『龍柱』を阻止しよう」を金城さんが読み上げ閉幕した。   金城さんは「日本政府、自民党本部、県知事、那覇市長に宣言文を手渡す。直接会えるまで頑張る」と意気込みを示した。

龍柱建設に反対する宣言文を読み上げる金城テルさん(左端)=6月27日、那覇市
の沖縄県立博物館・美術館会議室


 一方、那覇市民の中で龍柱建立反対運動の先頭に立つのは同市在住の金城テルさん(87)だ。「住みよい那覇市をつくる会」の代表で、「龍柱建立阻止を求める意見書」を県議会、市町村議会に提出。知人、さらには県外・国外にも郵送している。

 同会は6月27日、「龍柱について考える市民集会」を那覇市で開き、龍柱の建設を憂える那覇市民ら約80人が集まった。

 集会で意見発表した60代の女性は、「安里の蔡温橋に近くの舗装がはがされたかと思うと突然、龍をかたどった醜いサバニ(爬竜船)が置かれていた。総工費は2000万円というが、周りの人々は『邪魔だ』と口をそろえて言っている」と訴えた。続けて、「国際通りの『てんぶす館』に設置された大型スクリーンの両端にも龍柱のデザインがある。観光客のためなのかもしれないが、地元市民をもっと大切にしてほしい」と主張した。

 別の女性は、「沖縄には(遠い海の彼方に神の国があり、幸せがやってくるという)ニライカナイ信仰があり、その祈願の場所が若狭の波上宮にある。予定されている龍柱は、波上宮の近くに建つ予定で、ニライカナイをさえぎることになる。絶対に許されるものではない」と涙ながらに訴えた。

 集会は、「『龍』は中国皇帝のシンボルで、現在は中華人民共和国・共産党のシンボル。沖縄県民は日本民族であり、那覇市に久米村(中国人街)をいまさら再現することを承諾できない」という趣旨の宣言文「『龍柱』を阻止しよう」を金城さんが読み上げ閉幕した。

 金城さんは「日本政府、自民党本部、県知事、那覇市長に宣言文を手渡す。直接会えるまで頑張る」と意気込みを示した。

 

 

 

 

 

 
 ■御知らせ■

【第2回 口頭弁論のお知らせ】

日時:8月6日(水曜日) 午前11時45分~12時まで

場所:那覇地方裁判所(那覇市楚辺)

 

【報告会のお知らせ】

翁長市長を相手取った、福祉団体問題と久米孔子廟問題の住民訴訟について各担当弁護士を交えて行います。

日時:8月6日 開場:午後1時半より 開会:午後2時

沖縄県立博物館・美術館 実習室にて行います

会費は無料です。

 

 
 ■御知らせ■

「龍の柱建設反対!」の市民集会

日時:727日(日)13:3018:00
場所:県庁前パレット久茂地広場

スローガン:1.龍柱からニライカナイの神々を守ろう!
      2.沖縄はシ―・サー。龍柱(シナの皇帝)ではありません!

※多くの保守の個人活動家・団体の参加が必要です。
「住みよい那覇市をつくる会」「チーム沖縄」は参加します。
※暑いとは思いますが都合の良い時間帯に30分でも参加して意見発表して下さい。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイ展示で大騒動?札... | トップ | 佐賀の衝撃!は「笑劇」?「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-07-23 18:54:56
考えてもみないことだったのだろう。
佐賀空港暫定利用と、市町村にしか出せない再編交付金を県にも出せるようにすることに、よほど慌てたのがわかる。

「再編交付金拡大 県外移設に真剣に取り組め 2014年7月23日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-228927-storytopic-11.html

6月23日慰霊の日以降、辺野古移設を新基地建設と言ってきた琉球新報が、

>普天間飛行場の代替施設を辺野古ではなく
>基地移設を進め
>沖縄への県内移設はあり得ない
>3500億円以上の辺野古移設工事の費用

と「移設」のオンパレード。

移設と基地面積の縮小を隠して、新基地建設と誤誘導に必死だったのにね。
残念、無念。


>3500億円以上の辺野古移設工事の費用
>県外移設のための再編交付金に充当すべきだ。

御心配なく。
沖縄の負担が減ればその分のお金が余るからそれを他へ流用すればいいのだから。
Unknown (東子)
2014-07-23 19:04:32
野嵩ゲート@普天間基地
高江のヘリパット
与那国の自衛隊基地建設
辺野古の海上

↑だけでも人手が足りないのに、佐賀空港が加わった。

札幌はすでに不発に終わっているし……。
京都のXバンドレーダー反対だって、手を抜きたくないだろうし。
岩国基地は?


重点的に全国に派遣していたのに、同時多発では、体がいくつあっても足りない(サヨクに代わってボヤイてみた)

コメントを投稿

県知事選」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL