狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

中国なら射殺!反政府デモ、次世代の党・和田氏

2015-09-16 06:41:54 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

   お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 
■本日の催し物■
 

●≪那覇市住民訴訟(福祉団体訴訟)証人尋問と報告会≫

皆様のご協力のもと進めて参りました福祉団体に対する那覇市を相手取った住民訴訟は、いよいよこの裁判の天王山となる証人尋問がわれることとなりました。

傍聴可能な方は参加下さいます様に宜しくお願い申しあげます。

尚、その後担当弁護士による報告会も行いますので合わせてご案内申し上げます。

■ 【証人尋問】日時:9月16日 14時30分から

法廷: 那覇地裁 101号法廷

 

■【報告会】 日時:9月16日 開場:17時00 開会:17時30分

開場: 県立博物館 1階講座室

会費:協力金として500円

主催:住みよい那覇市をつくる会

 
 
わが国が法治国家なら今日明日中にも安保関連法案は採決される。
 
慶賀すべきことだ。
 
中国なら、国会近辺の反政府抗議団は射殺されるだろう。
 

安保法案 今夜にも採決 与党、審議打ち切る

沖縄タイムス 2015年9月16日
 参院平和安全法制特別委員会の鴻池祥肇委員長(自民党)は15日夜の理事会で、16日に安倍晋三首相が出席して安全保障関連法案の締めくくり質疑を行い、審議を打ち切る日程を職権で決定した。野党は「徹底審議すべきだ」と反対した。与党は早ければ16日夜にも採決する考え。17日とする余地を残すが、18日までの参院本会議での成立を目指し、強行も辞さない構えだ。与野党攻防が激しさを増した。(共同通信

 本日の沖縄タイムス一面トップの見出しの紹介。

安保法案 今夜にも採決

与党、審議打ち切る

強行採決辞さず

国会前1万人 「暴走止めろ」

翁長知事と政府の集中協議のときと同様だが、安保法制の国会審議で、相手がまともに議論する気も知識もない場合、いたずらに審議を引き延ばすは税金の無駄。

一定の議論の後採決に持ち込むのは適法であり民主主義の基本でもある。

国会前で「暴走止めろ」などと騒いでも法に則って採決したのをデモで覆すことは出来ない。

国会前で騒ぐデモ隊に関し、沖縄タイムスの政治面最下部にこんな興味深いベタ記事が・・・。

反政府抗議活動

中国なら射殺」

次世代の党・和田氏

次世代の党の和田政宗参院議員は15日、参院平和安保法制特別委員会の中央公聴会で、安全保障関連法案に反対あする市民らの集会について、日本で自由に意見が言えるのは民主主義がしっかりしているからだ。 中国ならウイグルやチベットで抗議活動をすると銃で射殺される」と述べた。  同時に「抗議活動は憲法上、認められた権利で大いに遣ってもらって構わないが、(国会がある東京の永)田町近辺にも住居がある。 平穏なデモや抗議活動は出来ないものか」と苦言を呈した

和田氏はごく当たり前のことを言っているので、反日メディアも「中国に対する暴言」などと批判することも出来ず、ベタ記事でお茶を濁したのだろう。(笑)

国会近辺でバカ騒ぎをする平和ボケ集団には、尖閣近海を連日のように領海侵犯をしている中国のことなど頭の片隅にもないのだろう。

尖閣を抱える石垣市議会が安保関連法案の成立を求める意見書を可決した。

だが、安保関連法案の必要性を認める石垣市議会の意見書をまともに報じるメディアはほとんどない。

本日の沖縄タイムスなどを見ると全沖縄が「戦争法案反対」と叫んでいるような印象さえ受ける。

そこで安倍首相が国境の島の生の声を再度国会で紹介した。

八重山日報 9月16日

市議会意見書に再び言及 安保法案 首相「抑止力高まる」

安倍晋三首相は14日の参院平和安全法制特別委員会で、石垣市議会が可決した安全保障関連法案の今国会成立を求める意見書に再び言及した。「最前線にいる地元の方々の危機感は真摯に受け止める必要がある。安全保障環境が大きく変わっている中で、政府には、あらゆる事態を想定し、切れ目のない備えを行う責任がある」と述べた。
 佐藤正久参院議員は、中国サンゴ船が出没する海域を抱える小笠原村議会が、同法案の今国会成立を求める意見書を可決したことを紹介。首相の見解を求めた。安倍首相は小笠原村議会とともに、尖閣諸島を抱える石垣市議会の意見書にも触れた

安倍首相は、国会周辺でバカ騒ぎする平和ボケ集団の声より、中国の領海侵犯に怯える石垣市議会の声に耳を傾けるべきだ。

 

14日に辺野古埋め立て取り消しという愚行を(やらかして、県政史上歴史的汚点を刻んでしまった翁長知事。

政府相手の一ヶ月の協議が決裂し、戦いの場を会議室から法廷へと変えて目下法廷闘争の準備中だという。

法廷闘争の論点は、「埋め立て承認に瑕疵があるか、ないか」の一点に絞られる。

埋め立て承認については仲井真前知事時代、1年の時間をかけて当時の県土木課職員が検証して行政法上、適法と判断し、仲井真知事が承認したもの。

その後も県議会で百条委員会を設置し、「瑕疵の有無」は徹底的に議論されたが瑕疵は発見できなかった。

県の組織体はそのままで、トップの知事が翁長氏に変わっただけで県が下した決済事項がくるくる変わるようでは法治国家とはいえない。

仲井真前知事の埋め立て承認を百条委員会は、「瑕疵はない」と無罪放免にした。

これに対抗し、翁長知事は私的諮問機関の第三者委員会を設け、再度「瑕疵の有無」を検証させた。

ところが翁長知事の顔色を読む以外に能のない委員の先生方にまともな検証ができるはずはない。

 産経新聞によると、先生方の最初から結論ありきの「法的瑕疵あり」に対し、県職員が反論し、先生方は言い返すことも出来なかった模様。

そんな体たらくで出した結論が「法的瑕疵あり」というから、大笑いである。

第三者委員会の結論を切り札と考えていた翁長知事が、「瑕疵の有無」を争う法廷で、勝訴できる可能性はゼロに近い。

したがって、法廷外の場外乱闘に持ち込む魂胆だ。

つまり内外の世論に訴えるという世論戦だ。

世論戦の一環として翁長知事は22日国連で演説をするという。

そこで国境の島の石垣市議会が翁長知事にこんな註文を付けた。

八重山日報 9月16日

「知事は尖閣に言及を」 市議会決議、野党反発 国連演説で意見書

 
翁長知事に対し、国連演説で尖閣に言及するよう求める意見書の採決で起立して賛成する与党=15日午前、市議会翁長知事に対し、国連演説で尖閣に言及するよう求める意見書の採決で起立して賛成する与党=15日午前、市議会

 石垣市議会は15日、国連人権理事会で演説する翁長雄志知事に対し、市の行政区域である尖閣諸島が日本固有の領土であることを取り上げるよう求める意見書を与党の賛成多数で可決した。野党は反発し、意見書に対する質疑では与野党の怒号が議場に響いた。

 翁長知事は21、22日にスイスのジュネーブで開かれる国連人権理事会で、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画を沖縄の自己決定権に反する人権問題として取り上げる予定。

 意見書では知事に対し、国連演説の際、尖閣に対する中国の一方的な領有権主張と力による現状変更の試みが「沖縄県民の人権を侵害している事実を沖縄県民の代表として主張しなければならない」と指摘している

「中国には言わず、米には主張する」石垣市長が沖縄知事批判 ...

NHK世論調査 各党の支持率(NHK NEWS 9月14日)

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、自民党が34.7%、民主党が9.8%、公明党が3.7%、維新の党が1.3%、共産党が4%、次世代の党が0.1%、社民党が0.6%、生活の党と山本太郎となかまたちが0.2%、「特に支持している政党はない」が36.2%でした。



沖縄2紙やテレビ報道を見る限り、安保法案に反対の声が多い印象を受ける。

だが、なぜ野党の支持率は下がるかというと、反対しているのはごく一部で、それ以外はメディアなどの誇大報道か、空気に流された「とりあえず反対」ばかりだから。

これは辺野古で連日バカ騒ぎしているジジ・ババ活動家たちにも同じことが言える。

安倍内閣が国民の生命と財産を守るため、不退転の決意で望む「辺野古移設」と「安保関連法案の採決」は断行される予定。

国民にとって、慶賀すべきことである。

【追記】
 

お知らせ

 上原正稔は秋の恒例の那覇大綱のとんでもない誤字を直すべく、那覇市長、那覇市議会全議員、大綱実行委員会、社団法人大綱保存会に対し、誤字を是正するよう求めた。
 社団法人大綱挽保存会の照屋事務局長は「上の人たちがでいいと言っているんだ」と不満タラタラ。
 ぼくは指摘した。「綱の誤字は君たちの物だろうか、綱は那覇市民、いや全県民のものだ。これ以上市民、県民に恥ずかしい思いをさせるな」

那覇市長、市観光課(実行委員会代表)、大綱保存会など関係機関に電話攻勢しよう。
提出した資料

拡散希望。



 ■御知らせ■

青山繁晴 講演会

 

島尻青年会議所『祖国は甦る~奇跡の島、硫黄島の真実~』基調講演会開催

 

※画像をクリックすると拡大します

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日時 2015年09月19日(土) 2:00~4:00

開催地 ユインチホテル 南城

住所 沖縄県南城市佐敷字新里1688

URL 関連ページを見る

問合せ 公益社団法人 島尻青年会議所・ 電話:098-888-4888・ 平日(水曜日除く)10:00~16:00

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翁長知事、地方の乱!国との... | トップ | 防衛局が聴取を拒否!辺野古... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-09-16 08:25:07

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「不動産に投資 需要を考えて」のうるま市・長濱清信さん(77)は1月13日、2月2、15日、3月29日、4月18日、5月4、17日、6月6日8月8、27日に続き今年11回目の掲載。
「病抱え行けず 心は辺野古に」の南城市・知念敏子さん(65)は3月10日、4月5日、5月31日、7月24日に続き今年5回目の掲載。
「健康の秘訣は 野菜とクルチ」の糸満市・金城ヒデさん(72)は1月19日、2月27日、6月24日に続き今年4回目の掲載。
「尊敬する人物 考え方超えて」の伊江村・名嘉元新精さん(66)は5月6日、6月14日、7月1日に続き今年4回目の掲載。
「サクラサイトに要警戒」の那覇市・松本啓太さん(34)は今年初掲載。
「義母の笑顔」の西原町・小波蔵えつ子さん(62)は今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2015-09-16 08:53:36
「翁長沖縄知事の記者会見全文辺野古埋め立てを承認した前沖縄知事の反応は? 県の元幹部「瑕疵はない」 2015年9月15日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=132915

>元幹部の一人は「瑕疵ではなく見解の違いにすぎない」と強気の姿勢。

タイムスの記者は公表されている報告書を読んでも、「瑕疵ではなく見解の違いにすぎない」と理解できないのか、「強気の姿勢」と去勢を張っているような書き方だが、そういう事実を見ないようにしようとする姿勢こそ、「強気の姿勢」だ。


>当時の別の幹部も「法治国家なので、法に基づき司法の場で判断される」と同様の認識。
>翁長知事が、沖縄の歩んだ戦後70年の歴史をめぐる政府とのすれ違いを、取り消し表明に至った背景に挙げていることに関し「行政案件を議論する時に歴史認識はなじまない」と疑問を示した。

裁判所に判断を委ねる怖さは、「法に基づき」判断されること。
刑事事件なら情状酌量(犯人のかわいそうな生い立ちとか)はあるが、民事訴訟は善悪でなく、双方の利害関係の確認だからね。
歴史に鑑みて~なんて、無力。
Unknown (東子)
2015-09-16 08:54:14
「辺野古承認取り消し記事にツイート1870件 賛否分かれる 2015年9月15日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=132910

どの記事か、確認していないが。
「賛否分かれる」と書かざるを得ないほど、否が多かったのね。
ツイートは、モロに意見が拡散されるものね。
「隠蔽」「捏造」がしにくい。
かといって、ツィートを止めるのは、ITに遅れた新聞社と見られるし。
苦しいね、新聞社。
Unknown (東子)
2015-09-16 08:54:56
今朝、辺野古に機動隊続々。
名護市警も多数到着。
今夜、安保法案が成立したら、いよいよテント排除して無法地帯解消か。
訂正 (東子)
2015-09-16 08:57:40
× 「翁長沖縄知事の記者会見全文辺野古埋め立てを承認した前沖縄知事の反応は? 県の元幹部「瑕疵はない」 2015年9月15日」
○ 「辺野古埋め立てを承認した前沖縄知事の反応は? 県の元幹部「瑕疵はない」 2015年9月15日」
承認取消し (沖縄県民)
2015-09-16 09:49:03
 元県幹部の「瑕疵はない。」は説得力がある。日本の行政担当者が「違法だ」と批判されることを極度に恐れることは衆知の事実である。それは行政の基盤が「適法性」にあることを徹底的に叩き込まれているからである。時折見かける不祥事に対するバッシングが強くなるのは其の裏返しである。

 今回の取消しは左翼陣営の組織維持が最大の要因ではないかと考える。左翼の近親憎悪と分裂はお家芸だそうだから。
Unknown (宜野湾より)
2015-09-16 13:14:52
和田政宗議員は自身のツイッターで、質問に関する記事で毎日新聞が切り貼り、日刊スポーツが正確だから比較してくれと。
https://mobile.twitter.com/wadamasamune

なお、500円さんの国会実況によれば
https://twitter.com/_500yen

和田政宗議員の「チベットやウイグルで抗議デモをすると」発言の時に、大野元裕、小西洋之、広田一、川田龍平がヤジを飛ばしながら笑ったという。
これは記録しておくといいかも。
Unknown (東子)
2015-09-16 14:10:57
「辺野古本体工事、月内着手も 国、既成事実化狙う 2015年9月16日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-248965-storytopic-3.html

>防衛省は28日の県の意見聴取に応じるかどうかも含めて検討を進めている。

「取り消し」を取り消しさせないために、意見聴取に応じないのは、良い案。
Unknown (東子)
2015-09-16 14:11:29
「承認取り消し支持71%、工事中止すべき73% 本紙調査 2015年9月16日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-248966-storytopic-3.html

>承認取り消しについて71%が「支持する」と回答
>「あらゆる手段を駆使して辺野古に新基地は造らせない」と宣言した翁長知事の決断を多くの県民が支持している

国は民意を無視している非難する翁長知事は民意を無視しない人に違いない。
翁長知事に「取り消し」を躊躇させないように、タイムス、新報は民意を盛り上げ、圧してくれ~。
Unknown (東子)
2015-09-16 14:37:18
「米国東西から首都へ 島ぐるみ会議、11月に訪米行動 2015年9月16日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-248976-storytopic-3.html

>訪米日程について11月15~22日と発表
>西海岸のサンフランシスコ、東海岸のニューヨーク経由の2組に分かれ、それぞれの都市で3日を過ごした後、首都ワシントンで合流する。

11月16日(月)に4月に第9巡回区控訴裁判所に上告したジュゴン裁判の判決が出るのか?
訂正 (東子)
2015-09-16 14:39:20
× 4月に
○ 4月にサンフランシスコの

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL