狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

防衛局が聴取を拒否!辺野古、埋め立て取り消し

2015-09-17 07:25:22 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

   お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 

安保法案きょうにも成立 参院委採決で攻防 野党不信任提出へ

2015年9月17日 05:050時間前に更新
参院の理事会室(左側)前でもみ合う与野党の議員と衛視。理事会室では断続的に協議が続いている=16日午後10時5分

参院の理事会室(左側)前でもみ合う与野党の議員と衛視。理事会室では断続的に協議が続いている=16日午後10時5分

 

 与党は安全保障関連法案を17日にも参院本会議で可決・成立させる方針を固めた。参院議院運営委員会の中川雅治委員長(自民党)が16日夜の理事会で、17日の本会議日程を職権で決めた。民主、維新、共産など野党5党は成立阻止へ内閣不信任決議案の提出などを確認。成立が18日にずれ込む可能性もある。与野党は16日夜から参院平和安全法制特別委員会での採決をにらんだ攻防を17日未明まで繰り広げた。歴代政権が禁じてきた集団的自衛権行使を解禁する安保法案審議は重大局面を迎えた。(共同通信)

                                   ☆

翁長知事の「辺野古埋め立て承認取り消し」で大発狂した沖縄タイムスだが、正気に戻る暇がないほど連日の発狂ネタ・・・・本日は安保関連法案で合計9面を使って発狂見出しの大安売り。

例によって一面トップの発狂見出しのみを紹介し、他は省略する。

■一面トップ

安保法案きょうにも成立

参院委採決で攻防

野党不信任提出へ

国会前「強行採決やめろ」

■左トップ

県、即取り消しも

 
安保関連法案を審議している参議院の特別委員会は、理事会室の前に民主党をはじめ野党の議員の妨害行為で混乱した状態が続いており、午前7時現在、依然として開かれていないが直近報道によると8時再開決定とのこと。
 
 

安保法案 参院特別委 理事会は8時50分再開決定

9月17日 3時45分
安保法案 参院特別委 理事会は8時50分再開決定
 
 
全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会の理事会は、午前3時半ごろ再開し、鴻池委員長の職権で午前8時50分から理事会を開くことが決まりました。
安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会は、鴻池委員長が、安倍総理大臣も出席して締めくくりの総括質疑を行うことを職権で決めています。
しかし、委員会の理事会室の前に野党の議員が多数詰めかけるなど、委員会が開かれない状態が16日夕方から続きました。
こうした状態を受けて、17日午前2時ごろから、鴻池委員長と、野党側の筆頭理事を務める民主党の北澤元防衛大臣、理事を務める福山・幹事長代理が、理事会室から別室に移り、対応を協議しました。
そして、午前3時半ごろから再開された理事会で、鴻池委員長の職権で午前8時50分から理事会を開くことが決まりました
 

                ☆

民主・岡田代表徹底抗戦を強調「1億人の民意を体現する」(産経新聞 9月16日)

民主党の岡田克也代表は16日午前、国会内で開かれた緊急会合で「8割の国民が今でも(安全保障関連法案について)説明不足だと言っている。1億人だ。今国会での安保法案成立に反対が6割、7000万人だ」と指摘し、「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる。民意をしっかり体現していくために一致団結して努力しよう」と述べた。

 緊急会合は党所属議員全員を対象にしたもので、安保法案の廃案を目指して徹底抗戦する方針を改めて確認した。これに先立ち、安住淳国対委員長代理は同日午前の記者会見で「国会の中でありとあらゆる手段を講じて対応する。可能な限りの抵抗をしたい」と語った。

                    ☆

民主党の岡田克也代表は・・・「8割の国民が今でも(安全保障関連法案について)説明不足だと言っている。1億人だ。今国会での安保法案成立に反対が6割、7000万人だ」と指摘し、
「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる。
 
一億の国民が民主党を支援していたら、民主党政権が瓦解することもなく、「安倍ファシズム内閣」の支持率は急落しているはず。 
 
民主党の支持率が急上昇し、再度の政権交代も夢ではなかったはず。
 
沖縄タイムスの第二社会面トップは安保法案採決に関し、こんな大見出しが・・・。
 
採決前 揺れる国民
 
沖縄タイムスさん、嘘行っちゃ行けない!
 
国民は揺れてなどいない。
 
反日メディアの狂乱報道とは裏腹に国民は安倍自民党政権を支持している。
 
直近のNHK世論調査がこれだ。
 



メディアの扇動報道に煽てられて騒げば騒ぐほど支持率が下がる。

岡田フランケン氏は、発狂したのだろうか。

「岡田 フランケン」の画像検索結果

連日行われている国会前の過激な反対デモに民主党や共産党らが共闘を呼びかけているが、政治家が国の政治を変えるのは国会の中の審議を通じてに決まっている。
 
国会外のデモに頼ってデモで国の政治を変えようとする連中は議会制民主主義を否定しており、自分たちの無能ぶりを公表しているようなもの。

法律に拠らず暴力的デモで政治を変えようと連日辺野古で違法な抗議活動を続けているジジ・ババ活動家も、野党第一党である民主党も同類項に分類されるのは情けない。

 

一方、辺野古移設問題を協議の場から法廷闘争に遷した沖縄でも、動きがあったもよう。

辺野古承認、月内にも取り消し 防衛省、県聴取に応じず

球新報 2015年9月17日 5:05 

 【東京】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、県が28日に予定している埋め立て承認取り消しに向けた沖縄防衛局への「意見聴取」について、防衛省が応じない方向で調整していることが16日、複数の省関係者の話で分かった。一方、県は防衛省が意見聴取に応じない場合、即座に埋め立て承認を取り消す構えで、今月中にも取り消しが実行される公算が大きくなっている。(7面に関連)
 防衛省内は「県の意見聴取に応じた場合でも、県が取り消すことは間違いない」(省関係者)との見方が強まっている。そのため意見聴取に応じるよりも、取り消し後の不服審査請求や訴訟などを見通した準備に入ったほうが得策だとして、意見聴取には出席しない方向で調整している。
 防衛省は県が承認取り消しに踏み切った場合、取り消しは無効だと主張する構え。政府関係者からは「県による意見聴取に応じた場合は、知事による取り消しの有効性を事実上認めることになる」との見方も出ていた。

                    ☆

行政法に従がえば、県が28日に防衛局に取り消しについての意見聴取をする予定だった。

だが、防衛局としては意見聴取に応じようが応じまいが、県の取り消しに変更はないと判断し、意見聴取など時間の無駄として、拒否するのだろう。

いずれにせよ、事個々に至ればさっさと法的に決着付けよう、というのが防衛局側の本音と見られる。

ということは翁長知事の正式な埋め立て取り消しは予定より早くなる公算が大きい。

翁長知事の臨終がますます近くなる。

お気の毒!(涙)

 

【おまけ】

 沖縄2紙が連日報道する沖縄とは概ね、こんな印象だ。

「わずか0.6%の地域に米軍の74%が集中する差別された県」

「米兵の婦女暴行魔が女を求め町を徘徊する危険な県」

「酔っ払い米兵が平気で沖縄住民を轢き逃げする県」

「米軍機の騒音で安眠を妨げられる騒音の県」

などなど・・・・

通常こんな危険な県に住みたくないはずだが、不思議なことに沖縄県の人口は戦後一貫して増え続け現在戦前の約3倍になっている。(特に米軍基地に隣接する地域の人口増加が著しい)

ところが上記の印象は捏造新聞として全国に悪名高い沖縄2紙がばら撒いた嘘であることが判明している。

その証拠がこれだ。

「老後に住みたい」沖縄1位 日本生命調査

沖縄タイムス 2015年9月17日 06:23

 

老後住んでみたい都道府県

 日本生命保険が16日発表した「敬老の日と老後・相続」についてのアンケートによると、老後に住んでみたい都道府県の1位は沖縄県だった。2位は東京都、3位は北海道、4位は大阪府。ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミストは「人気の観光地が上位となった」と説明した。

 5位以下は神奈川、愛知、兵庫、福岡、長野、静岡の各県が続いた。矢嶋氏は「医療機関や介護施設などが充実している大都市部に住みたい人が多いのかもしれない」と指摘した。都道府県ごとの回答率は公表していない。

 アンケートは8月1~20日にインターネットで実施し、男女計1万610人が回答した。(共同通信)

                   ☆

沖縄2紙の報道によると、沖縄はあたかも「悪魔の島」の印象だが、悪魔の島の人口は減りこそしても増えることはないはず。 土地の価格だって下落はしても上がることはないはずだが、沖縄の地価は上がりっぱなし。

少なくとも老後に「悪魔の島」に住みたい人はいないはずだがね・・・。

参考

「悪魔の島」沖縄は人気全国2位 「お祭り」「国際性」で1位 2015-02-12

 

 ■御知らせ■

●【石原昌家沖国大名誉教授による「援護法」についての講演会】

日時:9月19日(土) 14時~16時

開場:県立公文書館

会費:無料

*石原先生、「軍命」は捏造それとも書き換え、真実はどっちですか!

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国なら射殺!反政府デモ、... | トップ | 那覇市・住民訴訟傍聴記 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-09-17 09:43:42
老後の移住人気は一番かもしれないが、


「沖縄移住増やせ、自治体あの手この手 婚活BBQや一戸建て整備 2015年7月24日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125521

>企画部の安慶名均企画調整統括監は「沖縄はいいイメージが先行して移住者が多い印象があるが、定着しないとの調査結果もある」として、取り組み強化を呼び掛けた。


「沖縄移住者の定着はばむ壁とは? 地域の理解と教育環境がカギ 2015年9月4日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=131391

だそうで。


青い空と海に魅かれて来たものの、実際生活してみると、南国のおおらかで楽天的なイメージと違うということでしょう。
リゾートマンションに都会からの移住者だけが固まって暮らされるのは、地域としても迷惑なのでは?
だからと言って、仲間に入ろうとする移住者を仲間に入れようとする気風はあるか?ということ。
入りと出が激しい県か。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-09-17 10:42:43

オピニオン面に一般投稿7本。

「シリア難民に 日本も支援を」の那覇市・前田孝信さん(78)は1月16、28日、2月26日、3月11、25日、4月11、26日、5月15日、6月14、26日、7月19日、8月4日に続き今年13回目の掲載。
「知事の言葉に 説得力感じる」の南風原町・知念敏則さん(73)は2月8、25日、4月4、23日、5月14、31日、6月30日、7月16日、8月17、28日に続き今年11回目の掲載。
「地域の協力で 子の貧困救え」の浦添市・手登根光子さん(77)は2012年9月23日以来の掲載。
「多い墜落事故 基地集中証し」の名護市・奥平孝一さん(47)は2月3日、3月24日、4月12日、5月25日、6月25日、7月9、29日、8月22日に続き今年9回目の掲載。
「琉大病院側は 要望に回答を」の豊見城市・渡真利善朋さん(47)は1月6、12、17、24、31日、2月10、19、28日、3月7、17、27日、4月8、20日、5月3、12、17、27日、6月10、18、23、30日、7月9、16、25日、8月12、22、29日に続き今年28回目の掲載。
「『魂の飢餓感』知事に力」の垣花豊順さん(82)は2013年6月20日以来の掲載。
「健康寿命延ばしたい」の浦添市・島袋すみ子さん(67)は4月1日、6月17日に続き今年3回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べるだけでは、担当者は仕事をしたことにならない。


法的瑕疵 (ななパパ)
2015-09-17 12:45:19
沖縄の基地問題よりもごみ問題に関心を持っている内地からの移住者です。ブログに県や市町村の「法的瑕疵」に関する記事を投稿しました。時間のあるときに覗いてみてください。
http://blog.goo.ne.jp/okinawa-53
Unknown (宜野湾より)
2015-09-17 15:33:10
反対派野党や反対派マスコミの記者も実は成案止む無しで、(こちら側から見て「何をいまさら」とか「待ってましたブーメラン」いう名の)祭の花火をどう上げるかに腐心だと聞く。
そんな中で、無抵抗のヒゲ佐藤議員の首を締める陳と白はどうしてそこまで必死なのかね。
ま、それは今聞かないであげるとして、「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる」ことにしておかないと、次の「沖縄」に繋げにくいものねぇ。

国会前のデモ隊もやがて雲散霧消だろうけれど、コア層とその手羽先はシングル・イシューで動いていないので、次は東京―沖縄の往復になるだろうから、動員する方も大変そう。
日本の航空会社を、できれば正規航空運賃でたくさん使ってちょーだい。
あ、旅行の申し込みとか航空券購入・搭乗に偽名を使うと、刑法161条の2だったかな?私電磁的記録不正作出の罪に該当しちゃうことがあるよ。
2013年に那覇空港で奈良の革マル女子学生がタイーホされたよね!
とりま、辺野古移設反対運動にシフトする県外各地の皆さんは、そのまま皆さんの地元で、たとえ実現できなくても移設受け入れ運動してくれた方が有難いのだけれどね。
なぜかそれは無いんだなー。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL