狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

上告は却下の可能性大!憲法違反、地方自治法違反で

2016-09-17 07:51:32 | 辺野古訴訟

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

【号外】辺野古裁判 沖縄県が敗訴

沖縄タイムス 2016年9月16日 14:10

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相が沖縄県の翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、国側の請求を認め、県側敗訴の判決を言い渡した。埋め立て承認取り消しが違法と認定された。知事の「提訴は地方自治の軽視で、民主主義に禍根を残す」との訴えは届かなかった

 県側は判決を不服として、23日までに最高裁へ上告する方針。訴訟では知事が公有水面埋立法に基づいて、適法に埋め立て承認を取り消したかや、国が都道府県の事務に関与できる範囲などが争点となった。

 国側は「翁長知事は瑕疵(かし)のない承認処分を違法に取り消し、裁量権を逸脱した。是正せずに違法状態を放置し、普天間飛行場の移設計画や日米関係、国の安全保障に不利益を与えている」と主張。

 これに対し県側は「知事の取り消し処分は適法で、裁量の逸脱・乱用はない。違法な放置もしておらず、国交相は安全保障の国益を主張できる行政庁ではない」と反論。訴えを退けるよう求めた。

 第1回口頭弁論は8月5日で、同月19日の第2回弁論で結審した。県側が求めていた稲嶺進名護市長や環境・安全保障の専門家8人の証人申請は却下され、翁長知事の本人尋問のみが認められた。

 国と県は、3月の代執行訴訟の和解で、辺野古の埋め立て工事を中止し、「円満解決に向けた協議」を続けた。しかし、普天間飛行場の移設先を「辺野古が唯一」とする国と、「辺野古移設阻止」を掲げる県の溝は埋まらず、国が7月、再度の提訴に踏み切った。

 国が都道府県知事を相手にした、違法確認訴訟の提起は初めて。

 
                        ☆
国側の全面勝訴である。
 
当日記の読者や大方の良識ある県民、国民に取っては予想通りの結果。
 
取り立てて驚く出来事ではない。 粛々と判決を受け入れればよい。
 
当然、翁長知事も法廷で約束したとおり判決に従がうべきだ。
 
「和解条項9」にそう明記されているからだ。

「9 原告及び利害関係人と被告は、是正の指示の取消訴訟判決確定後は、直ちに、同判決に従い、同主文及びそれを導く理由の趣旨に沿った手続を実施するとともに、その後も同趣旨に従って互いに協力して誠実に対応することを相互に確約する。」

 
報道によると、翁長知事は、判決後も「長い長い闘い」を決意しているようだが、判決に従がわないのなら地辞職を返上してからにして欲しい。
 
さらに判決に納得できないのが「特定組織のコマーシャルペーパー」(仲井真前知事談)に成り果てた沖縄2紙。
 
そして紙面に寄生すエセ非識者の面々だ。
 
沖縄タイムスは「県の全面敗訴」を号外で報じるだけでは飽き足りず、今朝の紙面は合計10面を使って大発狂中。
 
まさに気乱舞、百繚乱の様相。
 
判決に対する呪詛の怨念を吐き散らしている。
 
「不当判決」「政府より司法に恐怖」などと発狂してみせなければ、「県勝訴」と誤誘導してきた読者に申し訳が立たないのだろう。(笑)
 
すべての見出しを拾うのは面倒なので、一部抜粋して紹介する。
 
■一面トップ
 
辺野古訴訟 県が敗訴
 
「承認取り消しは違法」
 
高裁那覇 国の主張 全面的容認
 
新基地 初の司法判断
 
知事上告の方針
 
判決は政府の主張追認
 
「不当判決だ」
 
「オール沖縄」集会
 
■二面トップ
 
きしむ 司法の信頼
 
「辺野古ありき」
 
基地問題の本質無視
 
県に立証機会与えず
 
沖縄は三権一体
 
一貫性欠く訴訟指揮
 
透けて見える国の優位
 
「国の主張通り」 国側代理人
 
■三面トップ
 
審理半ば 冷淡判決
 
県反発「一方的認定」
 
国、最高裁判決へ自信
 
【識者評論】照屋寛之氏 沖国大教授
 
使い古した理論 司法の堕落
 
【今後の展開】
 
県 知事権限で工事阻止
 
国 陸上部から再開急ぐ
 
■第二社会面トップ
 
上告へ ぶれぬ民意
 
高裁前で市民集会
 
敗訴に怒りの拳
 
【傍聴記】 新城和博さん
 
政府寄り司法に恐怖
 
 
■社会面トップ
 
知事、司法に失望感
 
苦難省みぬ判決 批判
 
「長い長い闘い」決意
 
「論理の矛盾」糾弾
 
県弁護団、裁量逸脱も指摘
 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 違法確認訴訟の判決後、敗訴した沖縄県側は7日以内の23日までに最高裁に上告することができる。仲井真弘多前知事が下した承認処分の適法性を訴え、辺野古新基地建設の工事を進めたい国と、承認の瑕疵(かし)を訴える県が、高裁判決後、互いに主張を取り下げる気配はない。紛争が最高裁に持ち込まれるのは必至の情勢だ。

 同訴訟では、地方に権限のある法定受託事務に対し、国がどのような場合に介入(関与)できるかが問われている。憲法が保障する地方自治のあり方や、国と地方の「対等・協力」関係をうたった改正地方自治法の趣旨も問われている。

 上告された場合、自治法が定める国の「是正指示」や、知事の裁量による行政処分の取り消しの基準について、最高裁が初の判断を下す可能性がある。

 最高裁への上告に当たっては、高裁の判決に(1)憲法解釈の誤りがあること(2)法律に定められた重大な訴訟手続きの違反があること-が理由となる。最高裁は高裁判決の中に判例に反する判断や、重要な法令解釈に関わる事項を含んでいるときは、上告の申し立てを受理する。

 最高裁の審理は、通常5人の判事で構成される小法廷で開かれる。憲法問題を含むような事件については、15人全員の判事がそろう大法廷で審理される。上告に理由がない場合は、口頭弁論を開かずに却下や棄却の決定が出せる。

 一方で、高裁判決を破棄する場合は、必ず口頭弁論を開かなければならない。最高裁は(1)、(2)の場合や、高裁判決に明らかな法令解釈の違反があるときは、判決を破棄できる。

                       ☆

翁長知事は、ここで振り上げた拳を下ろすわけには行かず、23日までに上告が必至のもよう。

ただ、最高裁では事実認定は行わない。 したがって高裁で県側が要請した証人尋問などは行わず、翁長知事の「民主主義とは何ぞや」などの長演説も認められない。

最高裁への上告に当たっては、高裁の判決に(1)憲法解釈の誤りがあること(2)法律に定められた重大な訴訟手続きの違反があること-が理由となる。最高裁は高裁判決の中に判例に反する判断や、重要な法令解釈に関わる事項を含んでいるときは、上告の申し立てを受理する。

 

■県の上告は門前払いの可能性が大きい

新聞報道によると最高裁で確定されるのは年末か年明けと予測している。

だが、筆者の予測では12月早々に結論が出るのではないか。

県側の主張は「国の専管事項」に関する地方自治法違反の可能性が高いので門前払いの可能性があるからだ。

どの部分が違反かというと、沖縄タイムスが列挙した争点の中で、紙面には掲載されているが、何故かウェブ記事には載っていない争点だ。

判決前の16日付沖縄タイムスウェブ記事から削除された部分はこれ。

 ■三面下段

「国家存立事務」認識に差

地方自治法は、国が担うべき事務の一つとして「国際社会における国家としての存立にかかわる事務(1条の二)を挙げる。この条項は一般的に「外交・安全保障は国の専管事項」とされる根拠となっている。 国は昨年、代執行訴訟の訴状で「国防や外交に関する国政にとって極めて重大な事項の適否を審査したり、判断する権限は(知事に)ない」と指摘。 名護市辺野古への新基地建設が「国家存立事務」であるとの前提に立ち、翁長知事は建設のの是非を言及する立場にないとの考えを示した。

当日記が何度も繰り返してきた「国防・外交事案は国の専管事項」である。翁長知事が繰り返す「民意を踏みにじる」「自己決定権の侵害」などが如何に的外れな主張であるかが理解できるだろう。

外交・安全保障事案が国の専管事項と規定しているのは、上記の地方自治法だけではない。

憲法第73条二項には、内閣の職務として次の記述がある。

 第七十三条 内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。

一 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
二 外交関係を処理すること
 最高裁が上告に際し、「(1)憲法解釈の誤りがあること(2)法律に定められた重大な訴訟手続きの違反があること-が理由となる」とするなら、県側の「埋め立て承認取り消し」は、地方自治法、憲法憲法の観点から見て明らかに違法である。
 
したがって最高裁が県の上告を門前払いで却下される可能性があり、最高裁確定は予想以上に早いと見る。
 
 

沖縄2紙や翁長知事がいくら法律オンチだとしても、法廷の場で「民主主義は何ぞや」「沖縄の民意は」などの妄言を審議してもらい、前知事が判断した「埋め立て承認」を「取り消す」ことが法的に可能、と本気で考えていたとは思えない。

すっかり翁長知事のコマーシャルペーパーと成り果てた沖縄二紙の支援報道を追い風に、場外乱闘で政府を屈服させることを期待していたのではないか。

つまり翁長知事と知事の広報紙となった沖縄2紙は法廷闘争では負けるのを承知で、「大衆運動」に火を付けて、「市民」と称する暴徒を扇動し、最終的には政府を屈服させる魂胆なのではないか。

つまり沖縄の「治外法権化」「無法地帯化」である。

それを示す証拠を過去ブログから拾ってみた。

 以下、引用。

翁長知事、訴訟乱発!大衆運動で勝訴

2015-12-26 07:50:41 
だが、今の翁長知事に法廷闘争の勝ち負けは関係ない。
 
では、何故あえて勝ち目のない法廷闘争を乱発するのか。
 
その答えは、12月14日「オール沖縄会議」設立集会で、稲嶺名護市長が、翁長知事を支えるために言った発言にある。

稲嶺氏はこう発言した。

「県と国の法廷闘争もあるが、私は大衆運動こそが1番大きな力だと思っている。オール沖縄会議がそのまとめ役となる」と。(オール沖縄会議発足 辺野古新基地阻止へ結束 1300人が気勢沖縄タイムス2015年12月15日)

つまり翁長知事は「いばら道を覚悟」で巨大権力で県を押しつぶす政府に「不退転の決意」で立ち向かう「戦う知事」の印象操作を目論んでいるのだ。

そして稲嶺氏が主張するように法廷闘争で負けても大衆運動で「民意のごり押し」を目論んでいるのだ。

 

 

わが国は法治国家なのだから、裁判の成り行きを見守ればよぴはずだが、県の応援団は法廷闘争で勝ち目がないのは先刻承知のこと。 座して死を待つより、場外乱闘で世論に訴えるというのが「オール沖縄会議」の」目的。

その動かぬ証拠を稲嶺名護知事と翁長知事が暴露しているのは、語るに落ちるということだろう。

稲嶺氏は「県と国の法廷闘争もあるが、私は大衆運動こそが1番大きな力だと思っている

翁長知事も登壇し「(土地や海を)私たちが頑張って守る背中を子や孫に見せることで、彼らが世界との懸け橋であり平和の緩衝地帯となる沖縄を築いてくれるはずだ」と新基地阻止に向けた行政と大衆運動の連携を誓った。

公職の身である市長と知事は場外乱闘を遠慮がちに「大衆運動」としか表現していない。

だが、これを聞いた反日サヨクの活動家たちは、目的のためには手段を選ばぬ暴徒と化す。

暴徒の法令違反を英雄のように報道する沖縄2紙の援護があるからだ。

翁長知事の応援団を自認する稲嶺進名護市長の扇動に乗って暴徒と化した反日サヨク活動家の乱暴狼藉の【動画】↓。

【動画】Henoko Protestter Vol.01

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【速報】国が勝訴! 違法確... | トップ | 沖縄2紙、ネットの物笑いに »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (坂田)
2016-09-17 09:49:55
>知事「提訴は地方自治軽視、民主主義に禍根残す」

ここまで来ると、たぶん今度の10月体育の日連休は奥武山運動公園でオール沖縄決起集会が二日間開催されても不思議では在りません。なぜなら理由と目的が在るさ。何かに誘導したい勢力の台頭です。

翁長知事の「自治、民主」と訴訟事件の争点は何も関係がなく、仲井眞氏と翁長氏のどちらが嘘を吐いたのかで、判決は嘘吐いたのは翁長知事でした。

然し、予想通りに争点を隠した侭「自治、民主」と言う無関係の大義=沖縄県民の愛郷心を擽る為の被害妄想を感情込めて声を荒げて来ました。その目的は、翁長知事はどうやら「内地と沖縄の対立・利益相反構図」
に持ち込みたい或る特定の反社会政治勢力思想家層に、沖縄の将来を託そうとしてるのかも知れません。

その勢力と目的とは、実現不可能な沖縄独立を掲げる
似非学者と在り得ない先住民族主義標榜者が合体した反日集団の存在です。実に愛郷心と島の自尊心をくすぐるのが上手な勢力です、つまり感情を煽って自分の主張に支持を求めてるだけの勢力ですから、始めから科学的な思考は全く在りません。

糸数慶子国会議員の昨年11月9日のBSフジプライムニュース辺野古特番生番組の発言を再度示します。
小野寺氏「政府が還すと言ってるのに何故反対するのですか、高江で反対してるのは貴方のお仲間さんでし
ょ」、糸数氏「そんなに(ヘリパッドを)押付けるなら、もぅ
独立しかない、沖縄には(独立の)動きが在る」と声を荒げた件です。更に、〆は「八重山では中國の漁民と八重山の漁民が仲良く漁をしています」を繰り返した。

そして「八重山(の尖閣の海)には中國の脅威は在りません」でしたが、同じ言葉を並べてるのが、与那国島の自衛隊出てけ勢力HPで「中國が攻めて来る訳が在りません、中國とは仲良くしましょうよ」「中國は爆買いしても爆弾は落としません」のお茶目振りを披露してる
この勢力は辺野古・高江米軍出てけ勢力の分派で、不定期的に活動家が交友・指導し合っている。

さらに、与那国島の住民投票で敗北した活動家が既に
昨年5~6月頃、次の標的の島の陸自配備宮古島へ
上陸を果たしており、昨今宮古島の陸自配備計画反対を阻止する若いママさん集団の政治活動が度々記事に成っています、この宮古島と与那国島の陸自阻止
勢力は女を活動やHPの前面に出して微笑んでいるが
黒幕は表の顔が公的政治活動に勤しむ男です。

その男たちのHPでは、「日本は原発に5~6発のミサイルで終える」です、いろんな動画に沖縄の議員も登場していますので返信しました。①中國のミサイルは大洋超えて精密着弾が出来るのか、②中國は未だに
東シナ海は防空レーダーひとつカバーが出来ていないが、どんな種類のミサイルで原発を攻撃出来るのか。回答は、「別に中國とはいってません」「(あなたの指す○○ミサイルとか知りません」で、「君は、何も分らず攻めて来たら日本は終えると言ってるのか」に無言です。

そして、宮古島の勢力HP側は段々自分で感情が高ぶって、止めは「軍隊と基地が在る島は攻められ戦争に成る、軍隊と基地がない島は国際法上は攻める事が出来ないから平和が得られる」とのどっかの公党の
18番謳い文句でした。なので、「昔から、軍隊と基地がない南シナ海を、常任理事国の中國が国連議決の海洋法条約を踏み躙って侵奪し、南沙西沙を軍事基地化した事実と矛盾してる」の返信で、爾来HPの投稿欄は削除に成りました。

この手の勢力のHPは自分が批判されると必ず逃亡します。しょせんその程度の俄か知識層ですが、肝心の
軍事知識や関心は全く在りません。その削除や拒絶する点は沖縄の国県市会議員や市民のHPの共通点です。

翁長知事は、そう言う分け解らん勢力に汲みする分けには行けません。辺野古基地の有様を正す時は本来の抑止力効果の一点で議論しないといけません。そうしないと、知事の支持者には何かに利用を図る良からぬ魂胆の持主=北上田毅氏の様な人間が微笑んでることを肝に銘じないといけません。


Unknown (Unknown)
2016-09-17 09:58:21
>判決は、争点だった審理の対象に関し、仲井真氏の承認と位置づけた。県は翁長氏の承認取り消しを審理対象にするよう訴えていたが、県の再審査が誤っていても「有効に取り消せる不条理を招く」と却下。埋め立て承認という行政処分の安定性確保を重視した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000065-san-pol

これはもっともだ。
取り消しをした翁長の再審査自体に瑕疵があるということもできる。
こんなものがまかり通れば、取り消し合戦になって埋め立てても、埋め立てなくても費用は膨大になる。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:11:32
県側の淡い期待とは、高裁は政治判断をしないという期待だったようだ。
だが、高裁は判断した。

というか、「違法確認訴訟」だから、違法かそうでないか、きっぱり判断するでしょ。
含みを持たせた判決を出したら、「違法かそうでないか」グダグダになる。

最高裁は、違法確認を再度判断するのはなく、下級審の違法確認に至る手続きに瑕疵がないか、それを判断する。
これは、行政裁判に限らず、上級審は、みな同じ。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:12:14
IWJ_okinawa1(IWJ_okinawa1)
【ツイキャス・IWJ_OKINAWA1】ただいま「政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会」を中継中です。【#IWJ #沖縄 #高江】
2016/9/17 7:42:46

山城ヒロジ
(78歳老婆が拘留中)
(今日地検は、証拠隠滅の恐れがあるとして拘留延長申請出す)
(「往来妨害罪」は、刑法。道交法でない)
(証拠調べが、必要)
高齢者と女性には、手をださないは、破られた。
常識では考えられない。
(と、考えていたから、老人と女性を前面に出していたのね)


ミズポ参加
自衛隊が重機を吊ったのは、航空法違反
(基地の上って、航空法効いた?)
(効かないから、凧上げできたのと違う?)
(弁護士が違法だと言えば、素人は信じて、当然)


県議6名参加(共産党県議3名を含む)
石原理絵ママの「県議は高江を見に来ない」の批判に応えたのか
ここに来るのは、勇気が要った

埋立しなければ普天間の危険性除去はできない、裁判長
普天間の即時閉鎖で危険性除去できる、共産党県議
法を扱うのには、未熟な国家
沖縄は民度をもっている
正しい判断ができる


山城ヒロジ
192名という数が報告されました。
おそらく200名を超えているでしょう。
220名。
もうすぐ300名を超えるでしょう。
(目標の?)300名を超えたら、止められます。
大集会になります。
(「何名にしておきましょ?」は潜めて、「報告があった」に変わった?)


(元?)弁護士らしきじぃ。
判決理由に批判力はないから、主文だけ批判力あるっと。
(傍論でさえ引用するサヨクが)
主文は、「埋め立て承認取り消しの撤回を求めた是正指示に従わないのは違法だ」。
(違法ですよ、違法。違法と確認されたのですよ)
(で、和解条項の9が、気になるらしい)
(9 原告及び利害関係人と被告は、是正の指示の取消訴訟判決確定後は、直ちに、同判決に従い、同主文及びそれを導く理由の趣旨に沿った手続を実施するとともに、その後も同趣旨に従って互いに協力して誠実に対応することを相互に確約する)
唯々諾々と和解に誘い込まれてしまった。
(中略)
違法確認訴訟と和解条項の9は関係ないっと。


(「県側が判決に従う」という言質と和解条項は、反対派にとって相当なダメージのようだ)


山城ヒロジ
今日は、まだダンプがまだ入ってきていません。
ほら、こうやって人数が集まれば、阻止できます。
(16日中にいつもの倍、20台のダンプが)
(水、土の動員強化日は、休工日にしたんじゃない?)
山城ヒロジは成果があったように見せる言葉が上手い。
「ダンプは来ない」「政府が焦っている」等。
少し距離を置くと、「本当?」と思えてくるが、運動にのめり込んでいると、そして、運動を支援しようと集まってくると、容易に山城ヒロジの言葉の魔法にかかる。



【参考】
沖縄タイムス辺野古・高江取材班@times_henoko
9月16日午前9時半〜10時40分ごろまで、警察は東村高江の米軍北部訓練場ゲート前を取る県道70号を一部封鎖。その間に大型ダンプカーを含む工事車両約20台がN1ゲートに入る様子が確認されました。#高江 #沖縄
Unknown (東子)
2016-09-17 10:12:31
「辺野古 違法確認訴訟 県側敗訴の判決 2016年9月16日 18時32分」
http://www.qab.co.jp/news/2016091683575.html

>久田記者「判決を言い渡したあとに、裁判所はさらに、県側に対し、県側が判決に従わなければ「裁判所の権威を失墜させ、日本の国全体に大きなダメージを与える」と述べ、判決に従うよう念を押しました。
>裁判長は、翁長知事が判決に従うと明言したことに対し「ありがとうございました」と述べて県側に一礼する異様な場面もありました。県側は、不服として上告することを決めています。」

首長に「県側が判決に従わなければ『裁判所の権威を失墜させ、日本の国全体に大きなダメージを与える』」と説かなければならない異常さ。
それほど、県側の法解釈が異常だということ。
裁判結果は全国から注目されていたから、県の「異常さ」が、流れた。
「中立であるべき司法が県を説得しようとする異常」と解釈する異常さも流れた。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:12:51
「がっかりなんかしない。するもんか 辺野古裁判傍聴記 2016/9/17 05:00」
http://this.kiji.is/149608380824158216?c=75768590128873475

>例の「判決が出たらそれに従いますね」と念押しした件である。
>ざっくりいうと、判決が出ても、それに従わないのなら裁判の意味がない、そうなったら裁判所のダメージが大きく、面目が立たないのだが、前回、翁長雄志知事が裁判の結果には従うと言ったので、リスクを回避することができた。
>多見谷裁判長は、その事に対して県側の弁護団にお礼を言ったのである。
>「ありがとうございました」。
>これはよく聞き取れた。
>要するに言い訳であり、嫌味(いやみ)にも取れる。
>薄笑いしているように見えたのは、僕が偏向しているせいかしら。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:13:09
IWJ_okinawa1(IWJ_okinawa1)
【ツイキャス・IWJ_OKINAWA1】ただいま「政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会」を中継中です。【#IWJ #沖縄 #高江】
2016/9/17 7:42:46

山城ヒロジ。
高江に集まる募金で食事を提供する。
新鮮な野菜や魚も名護まで行って買ってくる。
3度の食事を出します。
安心して、泊まってください。
募金に感謝しています。
(5万円だけ貰ってやってきた連中は、宿代を節約したいから、3度の食事付き泊まり込みは魅力的だろうなぁ)
(G20でテロを止めるのに、資金を止めると言う訳だ)

逮捕者が続出すると、いつ自分も逮捕されるかも知れないと心配になるが、弁護士がすぐ駆けつけますから、心配しないで。
これまで、1晩で返してもらえてます。
(これまでと違ってきたから、不安感が覆っているんでしょーに)
Unknown (東子)
2016-09-17 10:13:26
取消が駄目なら、撤回があるさー。

嘉手納爆音訴訟などを手掛けてきた池宮城紀夫弁護士(沖縄弁護士会)によれば、「県民の総意」で撤回できる。

「沖縄知事選:保守分裂招いた辺野古移設対応 2014年09月21日」
http://mainichi.jp/select/news/20140921k0000e010157000c.html

>知事が承認した政府の埋め立て申請を、後で撤回したり取り消したりすることは可能なのだろうか。
>嘉手納爆音訴訟などを手掛けてきた池宮城紀夫弁護士(沖縄弁護士会)は「重大な瑕疵を理由に行政行為の効力を失わせるのが『取り消し』で、瑕疵はないが効力を持続させることが適当ではない理由が発生した場合に失効させるのが『撤回』だ」と説明する。
>その上で「撤回の理由を『県民の総意』とできるし、知事の裁量の範囲内として法的にも認められる可能性がある」と主張する。 

こういうのを、真に受けて良いものなの?


「要件充足性」が失われた場合にも、撤回ができる。

「沖縄知事選 埋め立て承認撤回は実効性なし 現実路線の仲井真氏、ルビコン渡った翁長氏 2014.8.8」
http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080004-n2.html

>政府高官や県幹部によると、行政法の解釈では埋め立て承認という行政処分を撤回できるのは、米政府が辺野古移設を中止するなどの状況の変化があり、「要件充足性」が失われた場合だけだ。
>現状ではそうした変化はないため撤回は不可能であり、仮に撤回をすれば県は多額の損害賠償も求められ、非現実的な方策だといえる。
>翁長氏が「撤回」を公約に掲げることを拒否したのはこのためとみられる。

「要件充足性」が失われた場合とは、
  (1)米政府が、辺野古移設を嫌だと言う
  (2)アメリカの司法が米政府に基地建設を止めよと判決をだす
である。

(1)は、米政府内の行政手続き、日米の合意文書からいって、無理だろう。
   トランプ氏になったら、可能?
(2)は、いわゆるジュゴン訴訟だ。
   最近、ジュゴン訴訟聞かないわねぇ。日本の高裁にあたる裁判所に上告しているはずだけど……。


「辺野古埋め立て承認撤回は可能 弁護士、研究者らが意見書 2015年5月1日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242480-storytopic-3.html

>県内の弁護士や行政法研究者らでつくる「撤回問題法的検討会」が1日、県海岸防災課を訪れ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題に関し、仲井真弘多前知事による埋め立て承認は法的に撤回可能だとの見解をまとめた意見書を提出した。
>提出後、県庁内で記者会見した新垣勉弁護士は「埋め立て承認は法定受託事務であり、知事には撤回権限も付与されている」と説明した上で、「(前知事の承認を検証している県の)第三者委員会の検証結果が出る前に撤回することも可能だ」と主張した。

第三者委員会は、発足時の会見で委員長が、「取り消しの根拠となる瑕疵は探すが、撤回には関わらない」と言っている。
皆、逃げて、撤回は、翁長知事の責任においてなされるものらしい。
それだけ「撤回」はヤバァイものなんでしょう。

さて、ここで、「和解条項の9」が効いてくるのかな。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:13:56
翁長知事は「県政の9割を基地問題に割いている」と言っている。
基地以外の県政の部分で、そろそろ停滞が出てきていないか?
県民は、怒っていいところに来ていないか?
リコールを現実的に考えた方が良くないか?
Unknown (東子)
2016-09-17 10:14:17
あれ? おかしいな。
あれだけ、仲井真前知事、島尻議員を公約破り、「辺野古反対→賛成」と変えたと攻撃し批判したのに、蓮舫代表には、変えよと??

「<社説>民進代表に蓮舫氏 新基地ノーの選択肢示せ 2016年9月16日 06:01」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-357880.html

>辺野古新基地の見直しを含む在沖米軍基地の負担軽減、安全保障政策で新たな選択肢を示してほしい。


「蓮舫氏「辺野古移設堅持を」=普天間めぐり討論-民進代表選 2016/09/11-17:37」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091100148&g=pol

>米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古沿岸部に移設する現行計画について、蓮舫代表代行が堅持する立場を示したのに対し、前原誠司元外相と玉木雄一郎国対副委員長は見直しを主張した。
>選挙戦を優位に進める蓮舫氏は討論会で、現行の移設計画は旧民主党政権が米側と確認した内容であることを踏まえ、「結論は基本として守るべきだ。どんなに米国と話をしても選択肢は限られてくる。基軸はぶれるものではない。それが外交の基本戦術だ」と訴えた。

代表選で掲げたことは、党員、サポーターへの公約だ。
新報が「公約破りの勧め」をするとは、思いもよらなかった(驚


辺野古反対→賛成は、裏切者。
辺野古賛成→反対は、英雄。

そう、公約破りが悪なのではなく、辺野古賛成を悪と言っているだけ。
これを偏向と言わずして、何を偏向というのか。
Unknown (東子)
2016-09-17 10:14:54
「街歌う「アップルタウンブルース」 辺野古、音楽で活性化 2015年10月18日 05:00」
辺野古
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-156028.html

>仕掛け人は、辺野古で生まれ育った嘉陽宗司さん(32)。
>「基地問題だけじゃない、辺野古を知ってほしい」と思いを語った。
>辺野古社交街は、米軍キャンプ・シュワブ建設時に現在社交街のある丘陵地の宅地造成に携わったアップル中佐の名を取り、「アップルタウン」と呼ばれてきた。
>ベトナム戦争時にはシュワブの米兵らでにぎわった社交街。
>オキナワンロックの巨匠であるコンディショングリーンなどが社交街のライブハウスで歌っていたこともあるという。
>しかし今では、客足が途絶え、多くが店じまいした。

ベトナム戦争時、賑わった=戦争(人殺し)を送り出す場所になった。
だから、もう、辺野古移設はさせないと、辺野古移設反対派は言う。


「辺野古を占拠する外部の反対派「お前らのためにやってるんだぞ!」 地元男性から見た反対運動とは 2016.7.22 20:38」
http://www.sankei.com/west/news/160722/wst1607220072-n1.html

>24歳で沖縄を離れ、平成27年2月に7年ぶりに帰郷した宗司さん。
>久しぶりの故郷で目にしたのは、歩道を「テント村」と称して占拠し、地元への配慮なしに抗議活動を行う反対派の姿だった。
>参加者は大半が市外、県外の人で、地元住民はいない。
>宗司さんらが占拠をやめるよう諭しても「何で反対するんだ」と言い返され、終いには「お前らのためにやってるんだぞ」と怒鳴られた。
>辺野古の住民らはこれまで、テント村の撤去を求める署名を名護市長に提出したが取り合ってもらえなかったという。
>宗司さんは「基地問題ばかりが取りざたされ、良くないイメージが定着してしまった。
>「自分の生まれ育った辺野古は基地問題に揺れる街ではない」と宗司さん。
>「今後も地元の魅力を発信し、自分たちの力で辺野古に活気を取り戻したい」と意気込んでいる。


「【リポート】辺野古から 街の動画公開「基地だけじゃない」 2016/9/14 17:07」
http://this.kiji.is/148685033879422453

>「アップルタウン」と呼ばれる「社交街」の街並み。祭りやハーレー、相撲大会といった伝統行事。陽気に歌い踊る住民。沖縄県名護市辺野古のプロモーションビデオ(PV)が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。
>出演する200人以上の住民には笑顔があふれ「基地だけじゃない辺野古」を伝えている。
>PVを作ったのは、辺野古の活性化に取り組む会社員の嘉陽宗司(かよう・むねつか)さん(33)ら。
>基地問題ばかりが注目される街の本来の魅力を伝え、地元を盛り上げたい―。
>そういう思いが込められている。
>嘉陽さんには「基地問題ばかりが取り上げられるけど、僕らの日常も見てほしい」という強い思いがある。
>街の情報を伝えるホームページも作り、魅力を発信してきた。その成果か、多くのメディアで取り上げられ、最近は大学生が行事や生活に触れようと訪れることもある。
>確実に「基地だけじゃない辺野古」は広がりを見せている。
>嘉陽さんは「米兵を受け入れてきた歴史からか、住民は寛容で懐が深い。面白い人もたくさんいて、知らない人でもすぐ仲良くなれるので遊びに来てほしい」と願っている。
>(共同通信=那覇支局・沢田和樹)


「辺野古アップルタウンブルースで辺野古社交街を再活性化! 2015/10/21」
https://www.youtube.com/watch?v=tTChd8eZ7yU
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-09-17 10:45:56
 
オピニオン面に一般投稿7本。

「基地撤去信じ 抗議し続ける」のうるま市・東智子さん(62)は、1月13日、3月11日、4月7、17日、5月25日、6月30日、7月30日、8月18日に続き今年9回目の掲載。
「民進党に失望 沖縄基地政策」の千葉市・堀世紀子さん(78)は、1月8日、4月18日、7月23日、8月6日に続き今年5回目の掲載。
「孫との交流会 楽しい一日に」の南城市・前川守光さん(68)は、7月23日に続き今年2回目の掲載。
「自衛隊の配備 政府は断念を」の浦添市・大里裕一さん(86)は、1月31日、2月18日、3月31日、4月15日、5月5、21日、6月4、20日、7月24日、8月11日に続き今年11回目の掲載。
「沖縄市の道路 効率性考えて」のうるま市・田中直次さん(63)は、1月21日、2月22日、6月12日、7月14日、8月28日に続き今年6回目の掲載。
「大石公園のクヮンソウ活動 各機関連携し広めよう」の沖縄市・宮里大八さん(42)は、今年初掲載。
「竜宮城の復活」の那覇市・知念徳彦さん(67)は、1月12日、2月3、21日、3月1、23日、5月2、19日、6月1、20日、7月10、30日、8月20日に続き今年13回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (東子)
2016-09-17 12:24:26
「【辺野古移設訴訟】国側全面勝訴、沖縄県側は和解条項逃れに躍起 2016.9.16 23:41」
http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160044-n1.html

「和解」、「違法確認訴訟→取り消し訴訟に変更」「係争委が判断しなかったという理由で提訴せず」。
翁長知事は、当然、すべて県が雇っている県弁護団長の竹下勇夫弁護士らのアドバイスに従う。

県弁護団長の竹下勇夫弁護士らが本格的な法解釈で争ったのは、今回が初めてかもしれない。
県弁護団長の竹下勇夫弁護士らの法の専門家としての技量が試されている。


「【辺野古移設訴訟】沖縄県の仲井真弘多前知事がコメント 「敬意を表すべき判決」「翁長知事は政治的なけじめを」 2016.9.16 23:49」
http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160047-n1.html

>■沖縄県の仲井真弘多前知事の話
>「普天間問題は歴史的な経緯があり、いろいろな考え方もあるが、高裁は全体を精査した上で踏み込んだ見解も示しており、敬意を表すべき判決だ。埋め立て申請は9カ月にわたり慎重かつ厳格な審査を行って承認したもので違法であるはずがない。(翁長雄志知事は)選挙で当選したからといって、法律に基づいた承認を取り消す行為は無謀かつ違法であり、極めて遺憾だ。初めて司法判断が示された以上、翁長氏は違法状態を是正するため、ただちに承認取り消しの取り消しを行うべきで法治国家の行政の長として当然の義務だ。翁長氏は承認取り消しは適法と繰り返し県民をミスリードしてきたことについて、政治的なけじめをつける必要もある。普天間飛行場の危険性除去は喫緊の課題で、早期の移設、返還に向け国と県は協力すべきだ」

民意を取り消しの根拠に県(翁長知事)は掲げるが、法が先にある。
民意を法に転化させることが翁長知事の仕事。
民意は、法vs法には、無関係。
Unknown (東子)
2016-09-17 12:25:10
「取消」でなく「撤回」は嘉手納爆音訴訟などを手掛けてきた池宮城紀夫弁護士(沖縄弁護士会)は「「撤回の理由を『県民の総意』とできる」と。
ただし「知事の裁量の範囲内として法的にも認められる可能性がある」。
可能性ですよ、可能性。
認められているでは、ないですからね。
法vs法になったら、支えられるかどうか、怪しい。
その前に、仲井真前知事のような声が、保守の市長9名(チーム沖縄)から出たら、オール沖縄じゃないから、「オール沖縄」が「県民の総意」だと叫んでも、どこが?となる。


ところで、名護署に「往来妨害罪」留置されているで男性の弁護は、嘉手納爆音訴訟などを手掛けてきた池宮城紀夫弁護士だそうで。
本格的な刑事事件を手掛けたこと、あるのかしら?
爆音問題みたいな民事じゃないのよね~。
Unknown (坂田)
2016-09-17 13:39:29
>「10月体育日連休は奥武山運動公園で、オール沖縄決起集会開催されても不思議では在りません」

と想ったら、案の定   ⇒  21日午後6時半那覇市県民広場で 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は「不当判決に抗議する!翁長知事を支え!辺野古新基地建設反対県民集会」開催でした。平日開催は何時もの老人集団と、内地のお仲間さん同士で、思想強化と粛清引き締めが一足早く始まりました。

「不当判決」とは、今朝の赤旗の見出しで他の新聞には見当たらない自由民主主義社会を否定する共産主義者の常套句です。共産主義者は資本主義を否定する訳ですから、思想はISと全く同じに成っています。

21日県民広場決起集会は、高江は不当弾圧とし「なりふり構わぬ日本政府の姿勢は糾弾されなければ」と内外に発信してる鳩山由紀夫氏が布教でやって来ます。
鳩山由紀夫氏にとっては、この様な善行を重ねる事で
ノーベル平和賞に一歩づつ歩み寄りが出来ると信じ込んでいるのでしょう。

「翁長知事を支え!」との謳い文句は、日本共産党と社民党と高江のヘリ伯父さんと山城伯父さんだけが使用を許された地域限定言葉で、翁長知事への威迫にも成っています。集会は、たぶん「民意を踏み躙られた
沖縄県民」とあらぬ気勢で、最期はガンバロー節です。

Unknown (Unknown)
2016-09-17 14:48:11
>ただし「知事の裁量の範囲内として法的にも認められる可能性

東子氏はこんなもん信じてるの?
外交、安全保障は県の所管事項ではないという判決が出ている。
Unknown (狢)
2016-09-17 15:21:35
Unknown (Unknown)2016-09-17 14:48:11s


横から失礼ですが読み違いですよ。

東子さんは池宮城弁護士のコメントを引用して皮肉っているのでは?

>取消」でなく「撤回」は嘉手納爆音訴訟などを手掛けてきた池宮城紀夫弁護士(沖縄弁護士会)は「「撤回の理由を『県民の総意』とできる」と。

>ただし「知事の裁量の範囲内として法的にも認められる可能性がある」。
可能性ですよ、可能性。
認められているでは、ないですからね。
Unknown (坂田)
2016-09-17 16:21:01
>Unknownさん 狢さん  「撤回」

なんだか、今回の「取消」と別の処分である「撤回」とごっちゃにしてないかい。記事の書き様が良くないが、第三委弁護士達は、承認手続きには瑕疵が在るとして翁長知事に「取消」させたが、判決は逆に翁長知事の取消処分に瑕疵が在り違法だったとしている。記事の弁護士の「撤回」趣意は、瑕疵が無くても後から生じた現場等の想定外の変化や発見次第では、承認済を知事が無効に出来る処分(=裁量権)を指している。翁長知事は始めから「取消」ではなく「撤回」で行く手が在ったのさ、結果論だがそうすべきだった。

然し、第三委弁護士達と翁長知事は二つの処分方法を天秤に掛けて「取消」を選んで、結果は敗訴した。詰り覆水盆に返らずで、第三委弁護士達の作戦負けだ。

では、最高裁判決は当然に高裁判決支持(=既に判決が出てる)だから、後でこそーっと隠し玉の「撤回」を
忍ばせて来たら良いじゃないかと平和センター山城氏
は唆すかも知らんが、それをやったら沖縄の地方自治は朝令暮改の非民主主義行政なのかに成っちまうさ。
ゆえに、踏み外したら「翁長無頼漢知事」に昇格する。

沖縄本島二紙は、敗訴の真の原因を記事にしないが
始めから翁長知事の私的諮問機関第三委弁護士達の判断ミスだったのさ。何故なら、第三委弁護士達は「撤回」の経験者である池宮城紀夫弁護士の意見に聞く耳が無かったって話だ、今更の話だが。

只、隠し玉の変化球「撤回」の投球が在り得るとするならば「後から生じた想定外の変化=移設反対民意が圧倒的に成っている」現状のサインを踏まえて投げる可能性(=18歳以上の県民投票に諮る蓋然性)は在るし、若しかしたら踏み込んで来るかも知れないさ。
未だ判らないが、選択肢は確たるものとして在るさ。

Unknown (東子)
2016-09-17 16:52:31
狢さま

ありがとうございます。

狢さまご推察通り「池宮城弁護士のコメントを引用して皮肉った」のです。
Unknown (Unknown)2016-09-17 14:48:11さまの誤読は、悪意あってのものではないと思いたいです。
Unknown (あんのうん)
2016-09-18 00:57:33
東子様のリンクより
しばらくソースはhttp://www.qab.co.jp/news/2016091683575.html

①>また裁判所に駆け付けた女性は「沖縄の闘いを進める以外にない」と話したほか、男性は「決して落胆はしません。判決には屈しない。最後まで新基地建設反対で頑張って行こうと思っています。」と話しました。

「判決には屈しない」
→司法制度をなんだと心得る!最高裁の判決待ちだとしても、この発言は「アレ」だなぁ、と思いますよ。

②>国のいうことを聞かない地方は法廷に引きずり出してでも従わせようという姿勢が色濃く見えた裁判。国と地方が掲げる対等な関係は、風前の灯ではないのか、そんな疑問すら浮かびます。

国が法に抵触することなく、進めていたことに対して、非論理的な「『痴呆』 もとい 『地方』」が「法に抵触することをした」からこその判決かと思います。
(具体的に、ロジカルに、瑕疵を提示できなかった県政の責任もあるのかな?)


>国と地方が掲げる対等な関係

何をもって「対等」とするのですか?
アホクサくて論拠するまでもないかな?

>大城准教授望んだ警察活動「現在の高江での警察活動と言うのは、県民がなのか、まったく県民の意思とはかけ離れたものになっています。辺野古の新基地建設は妥当なのか、高江のヘリパッド建設は妥当なのか、市民と沖縄防衛局の対立の間に警察が介入しても、何ら事態の解決、収拾には結びつきません。実際介入しても、事態が緊張するだけになっているかと思います」

>まったく県民の意思とはかけ離れたものになっています。
その通りだと思います。市民にとっても、
              「市民」にとっても...

http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160047-n1.html
>■沖縄県の仲井真弘多前知事の話
>「普天間問題は歴史的な経緯があり、いろいろな考え方もあるが、高裁は全体を精査した上で踏み込んだ見解も示しており、敬意を表すべき判決だ。埋め立て申請は9カ月にわたり慎重かつ厳格な審査を行って承認したもので違法であるはずがない。(翁長雄志知事は)選挙で当選したからといって、法律に基づいた承認を取り消す行為は無謀かつ違法であり、極めて遺憾だ。初めて司法判断が示された以上、翁長氏は違法状態を是正するため、ただちに承認取り消しの取り消しを行うべきで法治国家の行政の長として当然の義務だ。翁長氏は承認取り消しは適法と繰り返し県民をミスリードしてきたことについて、政治的なけじめをつける必要もある。普天間飛行場の危険性除去は喫緊の課題で、早期の移設、返還に向け国と県は協力すべきだ」

非常にごもっともだと思います。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL