狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「国連勧告は危険」「撤回要求は県民侮辱」 「先住民族」で国会議員に賛否

2016-05-04 05:04:13 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 「狼」の画像検索結果

 

 

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄お悔やみ情報局

 

 「オール沖縄」で当選した国会議員は「琉球独立」「沖縄・先住民認定」に賛成である。

琉球独立に賛成の」国会議員が推薦する候補者は、「琉球独立」「先住民認定」に賛成である!

これは沖縄県民のアイデンティティに関わる重要問題である。

「琉球独立」「先住民認定」は政治家のリトマス試験紙。

県議選、参院選の投票の際は、「琉球独立」「先住民認定」の賛否に注目して投票しよう。

 

昨日の沖縄タイムス一面トップは、アンケートの結果としてこんな見出しだった。

 護憲31人 改・加憲31人

護憲カルトの亡者のような沖縄2紙が「護憲」を扇動する沖縄で、護憲と改憲が拮抗していると知り、沖縄県民もまんざら捨てたものじゃない「めでたし、めでたし」、と喜んでいたが・・・・。

今朝の紙面を見たらまるで、沖縄中に「護憲」の熱気で溢れているような印象の記事だ。

沖縄タイムスもよくやってくれるね。(笑)

■一面左トップ

「沖縄の憲法観大切に」

施工9年 高橋教授講演

■第二社会面

平和誓い1500人熱気

政治や憲法に無関心 一番の敵

民主主義追求へ宣言

「住民の結束で勝利」

■社会面トップ

憲法講演会

「声上げる」決意固く

若者交え熱い対話

反対・賛成誰もが話し会えれば

護憲vs改憲が拮抗しては困ると思った沖縄タイムス、一ヵ月後に迫った県議選のアンケートで合計3面を使って紙面を埋めている。

■一面トップ

立候補予定者本紙アンケート

新基地反対6割

オスプレイ反対8割

沖縄県議選立候補予定者 辺野古新基地反対6割

2016年5月4日 05:15

 

 沖縄タイムス社は3日までに、6月5日投開票の県議選に立候補を予定する70人に沖縄が抱える主要な政策課題についてアンケートを実施し、全員から回答を得た。米軍普天間飛行場返還を巡る名護市辺野古への新基地建設は42人が「反対」とし全体の6割となった。在沖米軍基地へのオスプレイ配備は県政与党と自民、公明を含めた56人が反対と答え、全体の8割を占めた。

» 「腐った血流れてる」辺野古排除で機動隊員が暴言か

 立候補予定者の県政への政治的立場の内訳は与党36人、野党22人、中立12人の計70人。

 辺野古に「反対」は与党の36人と中立6人の42人。狩俣信子氏=那覇、社民=は「戦後沖縄は基地が置かれ米兵の事件事故で人権を侵害されてきた。大切な海に基地は必要ない」と反対し、平良昭一氏=国頭、無所属=も「(普天間飛行場の閉鎖・返還、県内移設断念などを求める)建白書を貫くのが民意だ」と主張した。

 「容認」の7人(10%)は野党6人、中立1人で中川京貴氏=中頭、自民=は「将来の県外国外移設を前提に暫定的な県内移設で普天間の固定化を阻止する」と回答。「その他」の15人(21・4%)は野党10人、中立5人。大城憲幸氏=南城・島尻、維新=は「(辺野古反対の)民意は示された。県外・国外を含め機能分散で危険性除去を」と主張した。

 「推進」としたのは野党の2人で砂川利勝氏=石垣、自民=は「基地の整理縮小と跡地利用推進、普天間の危険性除去と早期返還のためあらゆる可能性を追求する」と説明した。

 オスプレイに「反対」する56人(80%)は与党36人、野党13人、中立7人で政治的な立場を問わず配備に反対が大勢を占める県内世論を象徴した。嘉陽宗儀氏=沖縄、共産=は「事故率の高さが構造的欠陥を示している」、仲村家治氏=那覇、自民=は「負担軽減のため県外への移駐、暫定配備、訓練移転を日米に訴える」と強調した。

 「賛成」の2人はともに自民。西銘啓史郎氏=那覇=は「危険性を危惧する声は理解するが航続距離や輸送力は評価できる部分もある」と説明した。

 どちらとも言えないとした11人(15・7%)は野党6人、中立5人で、無回答は野党の1人だった

                 ☆

県議立候補予定者へのアンケートの質問は、「県政評価」「辺野古の賛否」「オスプレイ」(自衛隊先島配備」「カジノ」「TPP」「消費税」など、いずれも発狂2紙が血眼になって反対を唱えている項目。

発狂2紙に異論を唱えようものなら、激しいバッシング報道を覚悟しなければならない保守系校舎の皆様がお気の毒である。

 

 沖縄県民の中でも、発狂2紙の扇動に乗せられて「心情的革新」に変身し、翁長知事を支持した有権者は多い。

だが、翁長知事の「自己決定権云々」には違和感を覚えるものが続出し、気配を察した自民党県連が、翁長知事が「国連演説」に出発する前、「先住民、独立などの文言は使わないよう」強く申し入れをした。

翁長知事に投票した人でも、「沖縄独立」や「先住民認定」まで、委任して投票したわけではない。

したがって自民党県連の申し入れは正しいのだが、翁長知事は「琉球独立」の代わりに、「自己決定権がないがしろにされている」などと、「琉球独立」「民族自決」とも解釈できる発言をして良識ある国民の批判を浴びた。

その後、沖縄2紙が繰り返す先住民認定キャンペーン報道に、国連が馬鹿げた勧告を行った。

 

国連の認定「沖縄の人々は先住民」 日本政府が撤回働きかけへ

 

沖縄タイムス 2016年4月28日 09:37
 
●国連人種差別撤廃委員会などは沖縄県民を「先住民」と認定している
  • 木原外務副大臣は政府の立場と違うとして撤回や修正を求める考え
  • 外務省は「政府として先住民族と認識しているのはアイヌの人だけ」

 

 

 【東京】木原誠二外務副大臣は27日の衆院内閣委員会で、国連の人種差別撤廃委員会などが過去4度にわたって、沖縄の人々を「先住民」と認定していることに関し、「政府の立場と異なり、わが国の実情を正確に反映していない意見や勧告については事実上の撤回や修正を行うよう働きかけたい」との考えを示した。宮崎政久氏(自民)の質問に答えた。政府は2011年と14年に「先住民族と認識しているのはアイヌの人々以外に存在しない」とする公式見解を同委員会などに提出している。

» 沖縄の人々、ルーツは「日本由来」 南方系説を否定

 木原氏は、委員会で一度出された勧告や最終意見の内容を正式に撤回させる手続きはないとした上で、「一連のプロセスは1回で終わるものでなく、次のプロセスがきたときに、働きかけを行いたい。どういったことができるか真剣に前向きに検討したい」と述べた。

 外務省の飯島俊郎参事官は「沖縄に住んでいる人々は長い歴史の中で、特色豊かな文化、伝統が受け継がれていると認識するが、政府として先住民族と認識しているのはアイヌの人々以外に存在しない」との従来の政府見解を説明した。

 宮崎氏は「県民のほとんどは先住民族だと思っていないし、多くの国民と同じ立場だと思う。誠に失礼な話だ」として、政府に国連への抗議と勧告撤回に向けて取り組むよう求めた。

 

                   ☆
 
>外務省の飯島俊郎参事官は「沖縄に住んでいる人々は長い歴史の中で、特色豊かな文化、伝統が受け継がれていると認識するが、政府として先住民族と認識しているのはアイヌの人々以外に存在しない」との従来の政府見解を説明した。

 宮崎氏は「県民のほとんどは先住民族だと思っていないし、多くの国民と同じ立場だと思う。誠に失礼な話だ」として、政府に国連への抗議と勧告撤回に向けて取り組むよう求めた。

 

宮崎議員のコメントの通り、「県民のほとんどは先住民族だと思っていないし、多くの国民と同じ立場だと思う」というのが民意である。

ところが、沖縄では沖縄2紙を筆頭に、「オール沖縄」の支援で当選した国会議員のほとんどが、「先住民族認定に賛成」「独立支持派」である。

革新系有権者の中にもさすがに「先住民族認定に賛成」「独立支持派」となると、違和感を覚えるものが多いと書いた。

「先住民」と「独立」は「オール沖縄」を支援する勢力のアキレス腱と言って良い。

したがって、県議選や参院選などで県選出国会議員が、総動員される重要選挙で、二つのアキレス腱を鮮明にして、有権者の民意を問う必要がある。

さもなくば、翁長知事や糸数慶子参院議員のように民族衣装でノコノコ国連まで出かけて民意と異なる「琉球独立」「先住民認定」を訴える愚か者が当選してしまう。

42a3e02baa2253c704f14f3e941e36e0

 沖縄2紙は「オール沖縄」の国会議員のアキレス腱をなるべく目立たないように細心の注意を払う。

「国連勧告は危険」「撤回要求は県民侮辱」 「先住民族」で国会議員に賛否

 【東京】木原誠二外務副大臣が、沖縄の人々を「先住民族」とする国連勧告に撤回を働き掛ける考えを示した件は、県関係国会議員の間で波紋を広げている。自民党国会議員からは「勧告は沖縄にとって危険な内容を含む」などと撤回に賛同があったが、慎重な意見もあった。一方、野党国会議員は「県民への侮辱だ」などと反発が大勢を占めた。

 西銘恒三郎衆院議員(自民)は「国会議員の質問にコメントする立場にない。41市町村の市民、町民、村民は沖縄県民である。沖縄県民は日本国民である」と主張した。
 国場幸之助衆院議員(自民)は「沖縄は言語学的にも民俗学的にも日本の源流を残す地域という特色もある。基地負担の在り方を含め、公平な国づくりの実現が不可欠だ」と指摘した。
 宮崎政久衆院議員(自民)は「国連勧告は県民の知らない中で県民を先住民族とし、沖縄にとって危険な内容を含むことを広く県民に知ってもらいたい」と勧告撤回に賛同した。
 比嘉奈津美衆院議員(自民)は「慎重かつ冷静に人権問題は議論しなければならないが、現状で県民は誇りある日本人として、政府から働き掛けていただきたい」と注文を付けた。
 赤嶺政賢衆院議員(共産)は「勧告は国内の人権や自由を尊重するよう求めたもの。民意を一顧だにせず、新基地建設を押し付ける日本政府の姿勢こそ撤回されるべきだ」と訴えた。
 下地幹郎衆院議員(おおさか維新)は「かつて『琉球』時代が長く『日本』でなかった時代があったのも間違いない。史実に基づいた学術的判断は政治家の領分ではない」とした。
 照屋寛徳衆院議員(社民)は「国際機関の共通認識を否認し、撤回、修正を働き掛けるとの答弁は非常識。琉球王国の否定と併せ、構造的差別に抗(あらが)う県民への侮辱だ」と批判した。
 玉城デニー衆院議員(生活)は「独特の文化、歴史、伝統、言語は今も県民の大切な帰属意識の源。それらを法的に保護し、差別を否定する勧告は政府も尊重すべきだ」と求めた。
 仲里利信衆院議員(無所属)は「勧告は、基地の不均衡な集中や沖縄の歴史の否定が沖縄差別や人権侵害を招いていることを明らかにし、沖縄との対話を促しており評価する」とした。
 島尻安伊子参院議員(自民)は「国連勧告への対応は外務省など関係省庁で適切に対応してもらえるだろう。沖縄振興を担当する大臣としてのコメントは控えたい」と言及を避けた。
 儀間光男参院議員(おおさか維新)は「独自の伝統文化はあるが、それで先住民族と位置付けるのは拙速過ぎる。県民自体がその意識を持っているのか甚だ疑問がある」と指摘した。
 糸数慶子参院議員(無所属)は「琉球併合は国際法違反で、本土防衛目的の沖縄戦、過重な基地負担など政府の沖縄差別は明確。政府は速やかに勧告を受け入れ是正すべきだ」とした。

                

ここでもバッシングを恐れ沖縄2紙と異なる意見を述べるとことに四苦八苦している保守系議員の苦しいコメントが目立つ。

だが、有権者にとって明確にすべき重要項目なので、以下に整理しておこう。

(A)「琉球独立」「先住民認定」に反対の議員

西銘恒三郎、国場幸之助、宮崎政久、比嘉奈津美、島尻安伊子、

 

(B)「琉球独立」「先住民族認定」に賛成の議員

赤嶺政賢、下地幹郎、玉城デニー、照屋寛徳、仲里利信、糸数慶子

 

くれぐれも、6月の県議選、7月の参院選では、(B)の「琉球独立派」の先生方が支援する候補者に投票しないように気を付けましょう。

 

参考⇒国連で先住民認定を語る愚か者、 沖国大生の2人 2010-11-17

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 護憲31人、改・加憲31人、沖... | トップ | 「オール沖縄」は琉球独立論... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-05-04 10:03:56
>くれぐれも、6月の県議選、7月の参院選では、(B)の「琉球独立派」の先生方が支援する候補者に投票しないように気を付けましょう。

まさにこれ↑。

「基地=悪」から「基地=抑止力」に変わってくることを見越して、「基地反対」の根拠を「沖縄県民は日本人でないから」に変えてきた。
だが、「基地反対」の根拠が変わってきたことを知る沖縄県民は少ないでしょうね。
基地反対=日本国民否定。
タイムス、新報は、「基地=悪」の根拠を「基地=人権侵害」とすることで、「基地反対=日本国民否定」となることを隠しているから。
Unknown (東子)
2016-05-04 10:05:09
島袋純琉大教授は、島ぐるみ会議国連部会長であり、北朝鮮のチュチェ思想の武者小路公秀氏が理事長を務めるNOP・IMADRと結託して翁長知事の2分間国連演説「自己決定権の侵害」を実現させた人。


島袋純琉球大学教授 「在沖米軍基地は重大な人権侵害 沖縄は「自己決定権」を訴え続ける 2015/12/22」
http://ictj-report.joho.or.jp/1512/topics01.html

>ポツダム宣言8項は沖縄を日本本土と切り離して扱うと書いた。
>これは沖縄が明治以降、日本政府に強奪された土地であるという理解に基づく。

日本政府に強奪された土地であるという理解に基づくかどうか。


>その後、沖縄は米軍統治下に置かれたが、その際にアメリカの信託統治領になる形はとられなかった。
>信託統治は、敗戦国によって植民地として強奪された土地を戦勝国がしばらく管理し、その地域の独立を前提としている。
>そこで沖縄の自己決定権を認めると基地を自由に使えなくなる恐れが生じてしまうからだ。

ここで言う「自己決定権」とは「民族自決権」を指していると思われる。
1945年当時、「民族自決権」の概念は定着していたか?
1980年代以降でないか?


>アメリカには沖縄を独立させる考えはなかった。
>そこでアメリカは沖縄の主権は日本政府にあるとして、沖縄の基地使用を日本政府に認めさせる形をとった。

「沖縄の主権は日本政府にある」としたのは、昭和天皇の「潜在主権方式」のご提案と関係はないのか。


「沖縄に米軍基地が残ったわけ・・・ 2013年06月26日」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1076.html

>沖縄という地理的条件により、中国・ロシアからの領土侵略と、共産化の危険が濃厚にあった
>ということです。
>終戦直後であっても、米軍からの侵略はなくなっても、中ソからの事実上の侵略の危機は絶えずあった、
>いや、むしろ、ソ連が日本が軍事放棄した途端、北方領土を武力で奪ったように、
>また、後日、軍事組織を持たない隙に韓国が竹島を奪ったように、
>以前より、軍事的にも経済的にも国力が脆弱していた日本にとって、よほど深刻な懸念であったということがわかります。

↑の事情が本当なら、「琉球独立派」が昭和天皇を悪く言い、今でも中露を非難しない理由が分かる気がする。
Unknown (東子)
2016-05-04 10:14:07
タイムス、新報や「琉球独立派」の先生方が、「沖縄を日本から切り離そう」という勢力の「先住民族なら基地を拒否できますよー」の甘言に乗っかっているのは、
  ・「基地撤廃」を願うことにだけ目が眩んでいるから「沖縄を日本から切り離そう」という勢力の真の狙いに気づかないのか?
  ・「沖縄を日本から切り離そう」という勢力そのものなのか?
Unknown (東子)
2016-05-04 10:23:07
「「公党」としての資格を問う 日本共産党「平和の党」の裏の顔は 正論6月号発売中 2016.5.3 13:17」
http://www.sankei.com/column/news/160503/clm1605030007-n1.html

>作家・ジャーナリストの山村明義氏によると、こうして自らに不都合な事実を隠蔽(いんぺい)したり、わが国の抑止力を高める安保法制を「戦争法だ」と意味を逆転させて貶(おとし)めたりする宣伝技法は、日本共産党のみならず古今東西の共産主義陣営共通のものだという。


「【テロ政党】渡邉哲也氏「『日本共産党は公安監視団体』閣議決定により、国連制裁決議や国際的なテロ規制上、準テロ団体扱いになりました」  2016年05月04日 06:00」
http://www.honmotakeshi.com/archives/48517140.html

>渡邉哲也 ?@daitojimari
>ちなみに共産党が公安監視団体であるという閣議決定がありましたが、これにより国連制裁決議や国際的なテロ規制上、準テロ団体扱いになりました。
>このため、国際ルール上、関係をもつだけで同様の扱いを受けます。 民進党大丈夫なのでしょうか

>渡邉哲也 ?@daitojimari
>で閣議決定
https://twitter.com/daitojimari/status/727306245216964608
>共産主義の理想を達成するためには プロセスとして私有財産の没収が必要になる。
>この過程で資産を奪われる人と紛争が起きる。非暴力では不可能
https://twitter.com/daitojimari/status/727305973652557824
Unknown (東子)
2016-05-04 10:25:13
「野党統一候補は民進公認ばかり… 共産・小池氏が不満 2016年5月2日21時03分」
http://www.asahi.com/articles/ASJ525DRLJ52UTFK00V.html

共産・小池氏が不満?

「野党統一候補は民進公認ばかり」なら
   共産党色を隠せる
   民進党には共産党の組織力で当選させてやったと恩を売れる
   比例区はバーターで共産党にと言える
嬉しいことずくめのくせに。

小池&朝日「野党統一候補は、共産党ではありませんから、安心して野党統一候補に投票してくださ~~い」
Unknown (東子)
2016-05-04 10:26:37
赤旗「米軍普天間基地 無条件返還の対米交渉を 志位委員長が会見 2016年5月2日」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-02/2016050201_03_1.html

>日本共産党の志位和夫委員長
>米軍普天間基地(宜野湾市)の無条件の返還を求めて対米交渉を行うことが必要だ
>東京都内で開かれたメーデー会場で記者団に答えた

でた! 普天間の無条件返還。
宜野湾市長選で志村候補が掲げて、見事否定された「普天間の無条件返還」。

志位和夫委員長に「普天間の無条件返還」なんて言われて、「オール沖縄」は歓迎かもしれないけれどね、翁長知事には有難迷惑じゃないの?
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-05-04 10:30:08

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「『基地に依存』 許せぬ政務官」の那覇市・横田等さん(68)は、1月6日、2月16、28日、4月2、11日に続き今年6回目の掲載。
「民泊引き受け 大家族を満喫」のうるま市・名嘉村肇さん(66)は、1月7日、2月7、8日、3月9日、4月9日に続き今年6回目の掲載。
「勢いある中城 全国9位感動」の中城村・大河原陽子さん(71)は、1月10、27日、2月19、29日、3月16日、4月1、18日に続き今年8回目の掲載。
「新墓前で思う 亡き母の愛情」のうるま市・比嘉順子さん(62)は、1月24日、2月14日、3月15日、4月17日に続き今年5回目の掲載。
「オスプレイ配備 森破壊」の大宜味村・吉浜覚さん(62)は、昨年3月29日以来の掲載。
「名物食堂」の那覇市・平良守男さん(65)は、昨年9月28日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べただけでは、担当者は仕事をしたことにならない。


Unknown (宜野湾より)
2016-05-04 22:15:15
で、「琉球王国」以外に自分の属性は無い!って思っている人はどれくらいいるんですの?
みんな知っている通り、「流求」「流鬼」「瑠求」「琉球國」「大琉球」どれも先祖自ら名乗ったわけでも神話にあるわけでもない他称だし、「琉球」は沖縄本島のことで離島は含まれないけれど?
先祖が本島で上等な着物を着られてきた人が「私は琉球国の人間です」って言うならまだしも。

科学では太刀打ちできないから、島袋純氏とか友知政樹氏とかは「先住民とは血筋や言語じゃなくて抑圧されている人のことだ」って言うんでそ?
それだと、南西諸島の中どうしでも、いや沖縄本島の中どうしですら、被抑と被抑圧があるわけだけれど?
そこは問題にしない国連人種差別撤廃委員会()とその意見を手放しで肯定する人々にとって、人権とは人・時・場所・場合を好きに限定できる問題であると。
あはは、なるほどねー∧( 'Θ' )∧
Unknown (宜野湾より)
2016-05-05 08:46:54
ありゃ!
起きてから読み返したら間違いが…

X→沖縄本島の中どうしですら、被抑と被抑圧が
O→沖縄本島の中どうしですら、抑圧と被抑圧が

大変失礼いたしましたm(_ _)m

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL