狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

[生き証人として抗議」 元慰安婦が知事訪問

2007-03-04 08:56:12 | 従軍慰安婦

「生き証人として抗議」 元慰安婦が知事訪問

 昨年6月の県議会で上田清司知事が「慰安婦はいても従軍慰安婦はいない」と答弁したことを受け、来日中の韓国人元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(78)が1日、上田清司知事と県庁で会談した。

 会談は約20分間、非公開で行われた。終了後、李さんは会見を開き、「私は(日本)軍に強制的に連れ去られた。生き証人として抗議しに来た」と説明。「慰安婦と従軍慰安婦で何が違う」と声を荒らげて「本当は慰安婦の話なんかしたくない。でも私はここにいる」と涙ながらに訴えた。

 一方、上田知事は「李さんは私が慰安婦はいないと言ったと思われていたようだ」と話し、「慰安婦はいた。異常な戦争状態では強制連行もあったと思う」と説明。「『従軍』というのは、ぞろぞろと行軍することを指し、証拠もないのに安易に『従軍』という言葉を使うのは英霊に対して失礼だ」と強調し、争点がかみ合わないままに終わった。

 上田知事の答弁をめぐっては、昨年7月に上田知事が「いわゆる従軍慰安婦問題に関する私の考えについて」と題した説明文を発表。10月に李さんと市民団体が知事に面会を申し込んだが、議会を理由に断られていた。李さんは15日に米下院外交委員会で被害を証言後、帰国途中に立ち寄った

(2007/03/02 11:15)

 

 ◆「上田知事の「従軍慰安婦はいなかった発言」(従軍慰安婦」という虚構にしがみつく朝日新聞)http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/7925b64
97f36976a730a78fc24ec2ba0

≪上田知事の発言は、非常に明快で判りやすい。

「古今東西、慰安婦はいても、従軍慰安婦はいない。民間の業者が連れて行ったりするのであって、軍そのものが連れて行ったりするわけは絶対にない。

更に判りやすく言うと、従軍慰安婦の存在を信じる人達が言う『日本軍が人狩りをして従軍慰安婦に仕立てあげた』という説は『虚構だ』と言っただけ。

慰安婦の存在を否定したわけではない。

サンスポの記事はもっと判りやすい。

『軍が連れて行ったわけは絶対にない・古今東西、慰安婦はいても従軍慰安婦というものはいない。兵のいるところに集まってきたり、兵を追っかけて民間の業者が連れて行ったりする(サンスポ)』

「慰安婦」なんてわかり難い言葉を使うから混乱するわけで、判りやすく言えば「売春婦」が「需要」を求めて軍の追っかけをしていたと言う話。

軍に於いても「需要と供給の均衡」と言う経済法則がはたらいていたという話。

当時は日本にも生活苦で「娘の身売り」があった時代。

本人の意志に反して慰安婦にならざるを得なかった場合もあっただろう。

気の毒には思うが、だからといって『軍が人狩りした』などという虚構とは全く別問題。

「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたもので、旧日本軍が直接または間接に関与した」「業者が募集した場合も本人の意思に反して集められた事例が多い」と朝日新聞は軍の関与を強調するが、売春業というビジネスが発生し「需要と供給の均衡」が取れていた訳だし軍の「関与」があったの当然でしょう。≫

それにしてもこの李容洙と言うお方、アメリカの国会で「証言」をしたり、今度は日本に現れて上田知事に「生き証人」だと迫る。

まさに神出鬼没の大活躍で日本では登場以来「デタラメ証言ばーさん」としてすっかり有名になっている。

各サイトでその「証言」のデタラメは論破されつくしているが、次のサイトを紹介するに留めたい。

◆従軍慰安婦証言の嘘(李容洙ーイ・ヨンス氏)http://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/ianhu.
htm

※李容洙のコロコロ変る「証言」を予備校並みに赤ペンで指摘している親切なサイト↓

◆棒太郎の保管庫 (証言2が李容洙の「証言」)(http://blog.livedoor.jp/baiding/archives/cat_
50027537.html

反日勢力にとって「日本軍が人狩りをして慰安婦にした」という『構図』は、とても衝撃的で日本を糾弾するには簡単には諦められない材料。

反日議員たちがこの「生き証人」を囲んで、事もあろう国民の税金を使った「議員会館」で反日集会を開いたと言う。

この反日集会に参加した売国議員の名を列挙する。

民主党:郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義(参)、以上民主党)、

社民党:福島みずほ(参)吉川春子(参)

共産党:吉川春子(参)

各議員の発言。

円議員 
「(被害者の証言は)日本の国会がすべきこと。米国で先に実現し恥ずかしく思う。日本がアジアで尊敬される国になるには戦争加害責任をきちんととって周辺の国々と友好を深めていかなければならない」

那谷屋議員
「自国の問題であるのに、自身で解決できずに米国に頼っている。謝罪というのは人と人が真剣に心から過ちを認め、相手とわかりあうことで成立する。現在、そうなっていないことに憤りを感じる」。

岡崎議員
「現在、『促進法案』が(審議されず)吊るしっぱなしになっている。法案を通過させ被害者の名誉を回復したい。そのために通常国会で審議されるよう努力していく」

吉川、千葉、福島議員
「米下院に提出された決議案の通過阻止を目的に日本当局がロビイストを雇いロビー活動を行っていること」を非難した。

日本の名誉を護る為のロビー活動には非難をし、日本を貶める中国・韓国のロビー活動には黙して語らない。

矢張りこの連中は工作員だ。

 

国会議員、市民団体ら 参院議員会館で集会 「慰安婦」解決促進法、早期制定を http://www.korea-np.co.jp/sinboj/

「事実明らかにし真実伝えて」 米議会公聴会で証言した被害者参加

 (前略) 米議会での公聴会で証言した李容洙さん(78)は2月21日、参院議員会館で行われた「米国下院で証言された被害者とともに『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を求める緊急集会」(呼びかけ=「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」(以下「促進法案」)の立法を求める連絡会議、「慰安婦」問題の立法解決を求める会)に参加し米下院で行った証言についての報告を行った。

 李さんは1944年、15歳のときに日本軍によって連行され、「慰安婦」を強要された。92年、「慰安婦」被害者であることを南朝鮮当局に申告した。その後、日本をはじめとする各国で証言活動をしている。

 集会には、李さんをはじめ、郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義(参、以上民主党)、福島みずほ(参、社会民主党)、吉川春子(参、日本共産党)議員などの国会議員と、「慰安婦」問題の立法解決を求める会の土屋公献会長をはじめとする日本の市民団体メンバーらが参加した。(略)  [朝鮮新報 2007.3.2]
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「南京大虐殺」 TIME誌... | トップ | 東京のど真ん中の「反日集会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL