狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

富山眞順氏の本音 ミニコミ誌で吐露  愚者の楽園

2009-08-31 07:46:17 | ★米兵事件

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

民主主義というものは面倒なもの。

時折回り道を強いる。

民主政治と衆愚政治は背中合わせ。

民意の巨塊は賢者の知恵を示すが、時には愚者の楽園に雪崩れ込む。

逢魔が時の、逢魔が辻では、

賢者も己を失う。

                   *

保守系ブログを自認する当日記が、八月に入ってからほとんど選挙関連のエントリーをしなかった。

マスコミの異常とも思える選挙介入に、もはや正常な民意は期待できないと感じたからだ。

これを「民主党への風」が吹いたと称する人がいるが、そんな生易しいものではない。

自民党支持者の中にも、今回はお灸をすえて民主党に入れてみるか、という人が多かったと聞く。

ところが,皆でお灸をすえたら、ガソリンを撒くヤツがいた。

そこに風が吹いたらたまったものではない。

家そのものが燃えてしまった。

だが、炎上ついでに長年家に住みついたダニやシロアリも焼き尽くして欲しかった。

山崎拓は焼死したが、加藤紘一、、二階俊博、中川秀直、古賀誠などが生き残ったのが残念だ。

全焼を奇禍として腐れ縁の同居人・公明党と決別し、真正保守を目指し捲土重来を期して欲しい。

民主主義に回り道はつきものである。

 

【独り言】小泉チルドレンに代わって、今度は小沢チルドレンの時代だとマスコミは騒いでいるが、何故鳩山チルドレンではないの?

                  ◆

 前稿で、那覇空港で繰り広げられた「赤松隊長vs渡嘉敷」の憎悪、というウソの構図を、空港に出迎えに来ていた玉井喜八渡嘉敷村長が、「赤松隊長が慰霊祭に参加できなかったのは残念だった。 村民と赤松隊員との信頼関係が出来たのは良かった」といった主旨の随想を寄稿した村内のミニコミ誌を紹介した。

同時に「手榴弾証言」で有名な富山眞順氏も別のミニコミ誌に、手記を寄稿していると書いた。

複数の知人からその手記を紹介して欲しいとの要望があった。その手記は次のエントリーで紹介済みであるが、同エントリーを一部編集して再掲する。

続・強制された富山証言 もう一つの富山眞順手記

戦時中、渡嘉敷島や座間味島に駐屯していた旧軍人たちが、慰霊祭等の参加の為、島を訪れて島の人々と親しく交流する話はよく聞くが、これが地元の新聞で報じられることはない。

地元紙が報じるイメージとは、島を訪問した「残虐非道の旧軍人たち」に対して、村人たちが「人殺し!」「帰れ!」といった怒声を浴びせる憎悪のシーンであり、

このような対立構図があってこそ報道価値がある。

「住民と旧軍人の親しげな交流」など、間違っても記事になる話ではないのだ。

京都国体を見学に行った座間味の老人会グループが、ついでに旧軍人を訪ねて旧交を温めた話は以前に書いた。

「もうやめなさい!」 パニックに瀕した長老たちの悲劇

 『沖縄ノート』が伝えた住民による「赤松帰れ!」の情景の4年後の昭和59年に撮影された一枚の記念写真がある。

渡嘉敷港を背景に村民や地元の婦人たちに囲まれて、にこやかに記念撮影に収まるのは紛れも無く「憎むべき日本軍」のはずの元赤松隊一行である。

和やかに記念撮影に収まる元赤松隊の一行

旧軍人と住民の暖かい交流を示す証拠写真である。

星雅彦氏は、1970年3月27日の渡嘉敷港でおそらくはこれと同じような光景を目撃して、「軍命はなかった」という確信を持ったのだろう。

                                    ◇

富山眞順氏は、老人クラブ記念誌の他にも手記を寄稿している。

マスコミの呪縛を解かれた富山氏のミニコミに託した「本音」を読み取ってみよう。

同手記は「続・悲劇を呼ぶ濃密な人間関係で紹介したが,集団自決の翌日の富山氏と赤松隊長との関係を知る上で貴重な資料故、再度以下に引用する。

                     ◇

富山眞順手記「元鰹節加工場敷地の顛末記」
渡嘉敷漁協創立90周年記念誌(平成5年4月発行) ※(29日)等()書きは挿入

 略…元嘉豊丸組合当時の加工場は補助金により建築された建物で周囲はコンクリート流し込みで、屋根は赤瓦葺で頑丈な建物であったが今時大戦で鈴木部隊の食料米倉庫であったため白米を加工場一杯積み込んでいたのを米軍により食料と共に焼かれました。
 私は村民玉砕の翌日(29日)、故赤松隊長の命令を受けて渡嘉敷港海岸の加工場に食料、特に白米を保管してあるから敵前線を突破して兵員200名を誘導して加工場にある白米を確保してこいと命じられた。赤松隊長は更に部隊の前方50m程度を隠密に先行してうまく誘導し成功させよと命令されたので夜の9時を期して出発した。誘導案内はイシッピ川の高淵までの命令であったので、そこへ来ると加工場の2ヶ所嘉豊丸、源三丸加工場は石炭火の如くお米が真っ赤に燃えている。記念運動場も飯盒炊事の後が燃えている。(略)
 暫く休んでから、斥候長が私に「何か要望はないか」と問われたので「あります」といって、村民玉砕で乳飲み子の母親が戦死して、空腹で泣く子供達が居るので農協の倉庫に粉ミルクがあるだろうから運搬を協力してほしいと要望した。部隊の200名を呼んで粉ミルクを担ぎに行きました。ところがそこには粉ミルクどころか何一つなく、
部隊に戻ったときはすでに夜明になっていた。(30日朝)
 
赤松部隊長の壕の正前に私の壕は古波蔵(吉川)勇助君とともに掘らされていた。壕にもどると赤松部隊長が起きたので、私は斥候の状況報告と拾った煙草やお菓子等を差し上げた。敵は退却したのかと喜んだ。
 暫くすると赤松隊長に又呼ばれたので、何かまたあるのかと思った。隊長の基(下)に現役当時のようにきちんと申告して部隊編入になったのに何事かと思って伺いましたら
、「昨夜は御苦労様、君が見てのとおり部隊は食うものはなんにもないので、家族と共に生活しながら部隊と村民との連絡要員をしてくれ」と云われたので故小嶺良吉兄、故小嶺信秀兄、故座間味忠一兄にも連絡して共に家族の元に帰りましたが、私は現役満期の除隊申告より感激は大きかった。
 赤松部隊では村の先輩達が日夜奮闘しているのに自分は楽な立場でいいのかと思いました。赤松部隊長に部隊入隊編入を申告して隊員になったのに、部隊長より除隊命令された事は生涯の思い出として消えることはありません。…以下省略

                     ◇

この手記(随想)が書かれた平成5年(1993年)は、「富山証言」(1990年)の三年後であるが、「自決を命じた旧軍人への憎悪」は少しも感じ取ることは出来ない。

いや、むしろ「鬼の赤松」が手榴弾による自決命令を出し、自決が実行された日(29日)の翌日(30日)にしては、この手記でも富山氏と赤松隊長との関係はいたって良好のようである。

富山氏と赤松隊長の関係は、後に(戦後45年経って)「富山証言」(手榴弾による自決命令説)をする関係とは到底信じることは出来ない。

やはり「富山証言」は戦後45年経って、ある目的を持った勢力に強制され、心ならずも証言させられたと言わざるを得ない。

なお後に吉川に改姓した役場職員は、沖縄タイムスのインタビューに答えて「耳打ち」するのを聞いて、「それが軍命だった」と細木数子もビックリの証言するのだから、富山証言もまだカワイイ部類に入るのかも知れない。

吉川勇助証言⇒(9)防衛隊員、耳打ち「それが軍命だった」

爆音の中で、耳打ちするのを傍で目撃し、(勿論、本人は聞こえない)それを「軍命だった」と言い当てるのだから、細木先生もビックリでしょう。

なお、戦後語り部として「軍命」を主張している吉川嘉勝氏は吉川勇氏の実弟。⇒(13)母「生きよう」脳裏に鮮明

更にこの二人の証言を取材した沖縄タイムスの謝花直美記者は、元渡嘉敷中学校長の吉川嘉勝氏の教え子であるというから、「軍命あり派」の人脈は濃密に繋がっている。

 ⇒続・悲劇を呼ぶ濃密な人間関係

また、吉川勇助氏は、後に手榴弾配布の証言をする村役場職員の新城眞順氏と同じく、戦時中は防衛隊員として赤松隊長とはかなり身近な立場であった。
 
                                                 ◇

【おまけ】

原告準備書面(4)全文2006年9月1日

3 手榴弾配布=軍命令説の破綻

渡嘉敷島での《赤松命令説》について被告らが主張する軍命令の根拠は、詰まるところ、米軍上陸前の3月20日に手榴弾が配布されたという富山真順の証言に尽きるようである。

富山真順の証言が信用性に重大な疑問があり、その内容は真実であるとはいえないことは、既に原告準備書面(3)に主張したとおりである。そしてまた、仮に、それが真実だとしても、自決命令の根拠になりえないことも、そこで主張したとおりである。

被告大江健三郎と同じく、旧日本軍の残虐さを指弾し、終始沖縄の側にたつ姿勢を示してきた大江志及夫も、その著書『花栞の海辺から』(甲B36)に、手榴弾の配布があったことを前提にしながらも、「赤松隊長が『自決命令』をださなかったのはたぶん事実であろう。挺進戦隊長として出撃して死ぬつもりであった赤松隊長がくばることを命じたのかどうか、疑問がのこる。」とする。

同様に林博史もその著書『沖縄戦と民衆』(甲B37)のなかで、3月20日の手榴弾配布があったという富山証言を何の留保もなく鵜呑みしながらも、「なお、赤松隊長から自決せよという形の自決命令はだされていないと考えられる」としている。

米軍上陸前の手榴弾の配布が、仮にそれが事実であったとしても、《赤松命令説》の根拠となりえないことは、これらの著作の記述からも明らかである。


関連エントリー:

マスコミ演出の或る「情景」★本土風の名前

 悲劇を呼ぶ濃密な人間関係

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座間味にいた「うつろな目の... | トップ | 想像力欠如の芥川賞作家目取... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配 (ヒロシ)
2009-08-31 08:27:51
今回の結果は残念を通り越して心配です。
日本経済を立て直すのに甘い言葉だらけで結局次の世代に負担を負わせるだけ。

安倍さんおろし~今回の結果をみるとマスコミは「政治家を操っている」という自信を深めたでしょうね。
政権を掌握したのははマスコミかもしれません。
この冬のインフルエンザ危機等に鳩山さんが対応できるのか?村山さんの二の舞にならない事を祈ります。
Unknown (涼太)
2009-08-31 13:01:25
狼魔人様

渾身のエントリーお疲れさまです。
先の戦争がお互い武器を持って戦う戦争なら、今は武器を持たない情報工作戦争なのかも知れません。日本は先の戦争同様にマスコミの扇動により、再び戦争に負けたのかもしれません。ネズミ講などもそうですが、実際に騙されて痛い思いをして初めて、騙されたことに気が付くのかもしれません。その時また、自民党の出番が来ると思います。反省すべきは反省し次に備えて欲しいと思います。大きな痛みを伴いますが、逆に戦後レジームから脱却する良い機会かも知れません。
どうちゅい むに~ (義挙人)
2009-08-31 14:01:45
児童手当、高速道路無料、消費税は上げません
、、、「財源がある間は] 財源が底を付くと、、、消費税上げますよ、、すると 「上げない約束したのに、、」
スミマセン わが党だけでは 無理ですので、保守系の皆さん 政権を譲りますので 立て直して下さい。
そして これまでの 掛かった年数の二倍も三倍も掛かって元に戻しました。
その様子を 病室から見るのでしょうか。
Unknown (moca)
2009-08-31 15:27:46
マスコミがココまで政局に影響を及ぼすというのは恐ろしいことです。鳩山さんや小沢さんのスキャンダルには殆ど触れず(献金問題や事務所費問題)麻生さんの言葉狩りばかり・・挙句の果て「もう民主に入れてみるしか方法が無い」とコメンテーターが発言出来るワイドショー・・。
今回はマニュフェストからはずした外国人参政権や人権擁護法案、中国人を積極的に移住させる沖縄ビジョンが今後どうなるか心配です。
まあ日本がどんな状況になろうと国民が選んだんですからね。
Unknown (さか)
2009-08-31 20:24:38
 
民主がとったとなれば、平沼さんの流れに、自民の保守系の人たちが集まり、政界が再編されてゆくかもしれませんね。

できたら、麻生にもう一度やってもらいたかった。
これからが大切です (茨城県民)
2009-08-31 20:36:14
狼魔人さん、こんにちは

今回の衆院選挙はこういう結果になると予想していましたがやっぱりショックですよ。
こればかりは国民は責められません、報道がこれまでずっと偏向していたのですから、
民主党の危険な政策を国民が得られず、「サライ」の歌詞にあるように「時の流れに乗せられて」民主党に投票してしまったのですから。

私は民主党がどんなに危険な団体(日教組とか
部落開放同盟や民団)に支援されようがどんなに危険な政策を推進しようが、かまいません。ただしかし国民が「知っている」というのが前提ですが。

しかしまだまだこれからが勝負です。
民主党はどっちみち長くは続きません、
鳩山氏の故人献金による脱税疑惑に関して
東京地検が捜査に動いたようです。
同じくして超親中派である自民党の
二階氏の西松献金に関して親分の小沢氏同様
捜査が行われるそうです。

ネット世界の住人である私たちがこれから
短命で終わるとはいえ、その短命の間に民主党の売国政策と戦わなければならないと今日、
決心しました。
子供が偉そうに言うのもあれですか、狼魔人さんやコメントしている方々も一緒に戦いましょう!!!
Unknown (涼太)
2009-08-31 21:52:29
狼魔人様

集団自決裁判の判決で、曽野綾子さんの「ある神話の背景」は偏向している。と決め付けています。
その根拠が、曽野さんが富山さんの証言を取り上げていないことを、その理由にしています。
1970年代に、現地調査した曽野さんが1980年代に突然飛び出した富山証言を知る筈も在りません。
また、富山さんの証言は「当時、軍は村役場の職員と16歳以下の人を集め、手榴弾を配った。」と証言しています。ところが、当時16歳の金城武徳氏、被告側証人の金城重明氏もそんな話はなかった。とあっさり否定しています。
最近は新聞記事が、軍の指導だ。などとの珍説も飛び出しました。
争点は「集団自決を隊長が命令したのか。しなかったのか。」であります。
それ以外の、関与だ。指導だ。広義の命令。は一切関係ない。と思うのです。この件に関しては完全に決着がついています。左翼団体もちょっとした、誤記の揚足とりでしか反論できません。彼らにとっては、立小便も殺人事件も同じ感覚なんでしょう。
自信があるなら、堂々と軍命を証明すればいいだけの話です。
Unknown (ケロ)
2009-08-31 23:36:15
>何故鳩山チルドレン・・・
ホンマやぁ~。ちょっと元気が出ました。

マスゴミは政治だけじゃなく、インフルエンザや環境問題にも嘘を垂れ流し・・・。
ワクチンやタミフル問題も、裏側を知ると凄い怖いです。
マスゴミめ!!
Unknown (狼魔人)
2009-09-01 08:17:54
ヒロシさん

>政権を掌握したのははマスコミかもしれません。

ある意味その通りかもしれませんが、マッチポンプはマスコミの本性ですから、今度は民主党に火を点けるかもしれませんよ。

「約束」と「現実」のギャップに怒った国民が反発し、次の参院選では再度「捩れ国会」になる気がしますね。


涼太さん

>ネズミ講などもそうですが

今回の民主党の「約束」はネズミ講の勧誘とそっくりですね。(笑)

破綻することを承知で、甘い言葉で誘うのはネズミ講の特徴ですから。

破綻を承知で投票を勧誘したのなら組織ぐるみの詐欺ですね。


「軍命の有無」については被告側は反論できないので「枝葉のゴミ」をあげつらうしか手段がないようです。

それで芥川賞作家センセのように、上原さんの言葉尻くぉ捉え大見当違いの批判文で恥さらしをするのです。

「判決文全文を読んでなければ集団自決を論ずるな」と言論封殺するお方にしては、想像勅も論理性も貧弱ですね。


義挙人さん

>児童手当、高速道路無料、消費税は上げません
、、、「財源がある間は] 財源が底を付くと、、、消費税上げますよ、、すると 「上げない約束したのに、、」

涼太さんにも言いましたが、ネズミ講の勧誘そのものですね。

民主党政権になったらネズミ講は合法化されるのでしょうか。

そういえば山岡ネズミも当選していますね。(笑)


mocasaさん

一々例をあげるのも疲れますが、テレビコメンテーターの偏向発言はひどかったですね。

その昔、テレビの生放送中に共産党候補の当選の速報を聞いて「バンザイ!」と狂喜しテレビ会から追放されて人気司会者(前田武彦)がいましたが、今回はそれに匹敵する発言も目立ちました。


さかさん

臥薪嘗胆、捲土重来で、参院選には「再捩れ国会」にもっていきましょう。

地震もそうですが、必ず揺れ戻しは来ます。




茨城県民さん

サライは私のカラオケ持ち歌なので、開き直って「時のながれに乗る」のも時には必要かと思います。

とはいっても鳩山ー故人献金や小沢ー西松献金を忘れずにチェックしたいですね。

>子供が偉そうに言うのもあれですか

そんなことはありません。

日本の未来には、若い人の発言が必要ですよ。


ケロさん

>ワクチンやタミフル問題も、裏側を知ると凄い怖いです。

それも怖いですが、仙石文科大臣、辻元防衛大臣・・・・これも怖いですね。
旧軍人への憎悪?? (ni0615)
2009-09-02 06:44:18
狼魔人さん
おはようございます

>「富山証言」(1990年)の三年後であるが、「自決を命じた旧軍人への憎悪」は少しも感じ取ることは出来ない。

富山さんは、「旧軍人への憎悪」など抱いていないと思いますよ。なぜなら、村役場の兵事主任であり、この手記にもあるとおり、意識も行動も軍(渡嘉敷島では赤松隊)に最も近い民間人の一人だったのですから。

したがって、赤松隊戦友会の人たちとも仲が良かったかも知れませんね。

富山さんは、軍の命令で自分が非常呼集をかけ兵器軍曹が手榴弾を配った、という事実を述べただけです。

「軍国少女だった私に対し、決戦を前に手榴弾が配られたら・・・」と述べる曽野綾子さんは、1個は敵に投げ1個は自決の用いよとして軍が島民に手榴弾配布したことを、作品「切り取られた時間」では主要なモチーフとして用いています。富山真順さんから取材したか沖縄戦の常識として曽野さんはとうにご存知だったと思われます。

「旧軍人への憎悪」がなければ、「手榴弾配布の話」はあり得ないというのでしょうか? それとも、手榴弾配布は事実だけども、それを語ることは反軍的だという意味なのでしょうか? 「旧軍人への憎悪」と結びつく感覚が理解できません。 

Unknown (涼太)
2009-09-02 18:59:29
狼魔人様

手榴弾が住民に渡ったいきさつは「集団自決の真実」にも書いてあります。

今、本は部屋のどこかにありますが探すのも面倒なので、私の記憶の範囲で書きます。
曽野さんと赤松さんのやり取りですが、
曽野さん
「住民に手榴弾を配ったら、それで死ねととられても仕方ないですね。」
赤松さん
「住民に手榴弾は配っていない。ただ防衛隊は軍属ですから、武器として配った。防衛隊員が家族の元に帰り、配った手榴弾が集団自決に使用された。今思うと残念だ。防衛隊に手榴弾を配ったのは後悔している。」
曽野さんが、手榴弾配布の話をしているのなら、それは住民にではなく、防衛隊への話でしょう。民間人には手榴弾は配られていません。当時16歳の金城武徳さんも、「何処から持ってきたのか、防衛隊はいつも手榴弾を持っていた。」と証言しています。富山さんの証言は「当時村役場の職員と16歳以下の人を集め軍が手榴弾を配った。」です。それが真実なら、当時16歳の金城武徳さんなどがその話を知らないはずがありません。

Unknown (涼太)
2009-09-02 21:06:46
狼魔人様ブログお借りします。

義挙人様

民主党の政策は、社会主義的政策です。
そのことは、「依存症の独り言」さんが書いています。それに私が理解した範囲で書きます。間違っているかも知れません。

社会主義的政策は、ホテルのバイキングの様に客の必要とする料理を必要な分だけ並べる。客はその中から食べたいものを食べたい分だけとる。ところが客が必要とする、料理の種類も、量も個人差がある。ホテル側は客の要求に応じ、沢山の種類と沢山の量の料理を用意する。ホテル側が、客の要求に応じ無限に料理を用意できるうちは、バイキング方式も維持できますが、客の要求どおり料理を準備できなくなった時点でバイキングは終わりです。
民主党が、いろんな料理を用意できるか今の時点では、まったく分かりません。
それよりも、自分の必要なものは、自分が努力して得る。私個人的にはそう思います。
金城武徳さんの年齢 (ni0615)
2009-09-03 03:26:47
涼太さん

富山さんが呼集をかけたのは、渡嘉敷部落にあった役場の近くの勤務者が対象だったのでしょう。富山さんの証言に拠れば、3月20日頃の午前十時ごろ、正式に防衛隊として軍に配属される17歳に達していない、<少年義勇隊>年齢の15歳から16歳の少年達。

金城武徳さんがもし16歳だったとしたら、年齢的には手榴弾配布対象者だったでしょう。金城さんはその3月20日頃、どこに動員されていたのでしょうか? 阿波連や渡嘉志久で、舟艇壕掘削に従事していたのであれば、手榴弾は担当指揮部隊を通して配布されるのが筋だったでしょう。富山さんの呼集対象者ではなかったかもしれません。

金城武徳さん自身は、米軍上陸の1週間から10日前は何をしていたと言ってるのですか?

なお金城武徳さんは、手記を拝読すれば、終始母親と行動をともにされていたようですね。年齢も小学校高等科二年生だったと確か書いています。これは通常では、16歳ではなく14歳となります。だとしたら、手榴弾配布対象年齢ではありません。 

ご確認ください。
Unknown (狼魔人)
2009-09-03 07:48:57
涼太さん

上のお方は、粘着性を発揮してどうしても校正したいようですが、「記憶の範囲内」と但し書きをしてあるので、わざわざ訂正には及びません。

又しても不毛な議論を吹っかけていますが、金城重栄、重明兄弟も手榴弾を配布されておらず、手榴弾配布の話さえ聞いていません。

ほっておきましょう。
ウークイ のハエは、、 (義挙人)
2009-09-03 12:19:16
今日は 旧盆のウークイです。
ウークイの時 ご先祖さまは、子孫からたくさんの土産品をあの世にお持ち帰りになります。
そのウークイの時「ミンヌク」と言って
食わず芋、その他 地域によっていろいろな品物がありますが それは 人間が嫌いなものを入れて、門に供えます。これは、子孫のない 不幽霊や極楽往生してない霊(呪縛霊等)が奪い合って持って帰ると言われています。
ですから、粘着性の煩いハエには、この「ミンヌク」がお似合いと思いますが、、、、、
 ふっと、、ウークイの日なので思いつきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL