狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

想像力欠如の芥川賞作家目取真氏が「うらそえ文藝」を批判

2009-09-01 06:19:01 | ★集団自決

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

読者の涼太さんが、「異論は削除」で有名な「沖縄版・言論封殺魔」こと目取真俊氏へ反論を書いておられるので以下に引用します。

 2009-08-29  涼太  

目取真のブログ、読んできました。赤松さんの「命令を出していない。」とする手記をネタに、上原さんを非難し、返す刀で櫻井よしこさん、よしりんを非難しています。そんな事は上原さん、櫻井さん、よしりんも百も承知です。
赤松さんの発言は「命令は出していない。これには深い事情があるのでそれ以上は言えない。」です。
目取真は本当
に馬鹿だ。人間の心の機微が分かっていない。ここにたまに来る、罵倒しか出来ない人達が、応援するブログですから、しょうがないですが。沖縄の反日左翼団体のあまりに醜い抗議に、抵抗しつつも「援護法」には一切触れていません。そこには、赤松さんの渡嘉敷村に対する、思いやりを見ることが出来ます。反日左翼に抗議しつつも、最後まで渡嘉敷村民を守っています。
目取真は自分の発言が渡嘉敷村民を、苦しめていることに気が付かないのでしょうか
。》

この反論で必要かつ十分であり、これ以上は蛇足だとも思われるが、ブログ主も反論するとレスした手前、敢えてこれに屋上屋の説明を試みたい。
 
                      ◆

◆想像力欠如の芥川賞作家

左翼作家目取真俊氏が、「うらそえ文藝」の批判したブログはこれ。⇒元隊長たちの〈沈黙〉という嘘

表面上は「うらそいえ文藝」誌に掲載の上原正稔氏の発言を、サピオにおける小林よしのり氏や週刊新潮における櫻井よしこ氏の発言と同列にして批判しているが、

目取真氏の真意が、「うらそえ文藝」編集長星雅彦氏への言論封殺であることは、氏のこれまでの言動から容易に推測できるし、次の文章からみても明白である。

浦添市から財政支援を受けている文藝同人誌や、『SAPIO』『週刊新潮』という大手出版社が発行している雑誌で、平然と嘘を書き飛ばしているのだから、何というでたらめさだろうか。また、こういう明かな嘘をチェックもしないで載せる編集者や雑誌にも呆れる。》

編集長に圧力を加えたり、「市から財政援助云々」で出版そのものに圧力を加えるその手法は、元祖・「言論封殺魔」こと佐藤裕氏にそっくりであり、さすが「沖縄版・言論封殺魔」と感心させられる。

何よりも、零細出版物の財政事情を調べ上げて、出版そのものに圧力を加える手法は、異論を許さない氏の「言論封殺」体質が顕れ、いかにも卑劣である。

目取真氏の批判の要点はこうだ。

上原正稔氏は『うらそえ文藝』で次のような発言をしている。

〈上原 だからね、渡嘉敷村でも座間味村の人たちでも、実は赤松さんと梅澤さんには感謝しているわけですよ、というのは、彼らが黙っているお陰で、彼らを悪者にしたてあげているお陰で遺族年金がもらえているわけですから〉。

これに対し目取真氏は、同誌の上原氏の次の発言を矛盾だと言うのだ。

〈上原 一九七一年の『潮』に二〇〇人の証言(※1)が全部出てきますよ。その中に赤松さんの「自決命令は出していない」という手記もあります〉。

目取真氏は得意満面にこう批判する。

上原氏が言う『潮』一九七一年十一月号に載っている赤松氏の《私記》で赤松氏は、〈私は自決を命令していない〉という主張を行っている。それでどうして〈彼らが黙っている〉ことになるのだろうか。一方で〈彼らが黙っている〉と言い、もう一方で『潮』の赤松〈手記〉を持ち出す上原氏は、自分の発言の矛盾を自覚していないのだろうか。

また、もし上原氏が言うとおり元隊長たちが〈黙っているお陰で〉〈遺族年金〉がもらえているのなら、赤松元隊長が沈黙を破って「集団自決」の命令を否定した時点で、どうして渡嘉敷島の援護金は停止されなかったのか。上原氏はこのことをどう説明するのか。

そして最後に編集者に狙いを定め、こう決め付ける。

上原氏・小林氏・櫻井氏というそれなりに名を知られたドキュメンタリー作家・漫画家・評論家が、浦添市から財政支援を受けている文藝同人誌や、『SAPIO』『週刊新潮』という大手出版社が発行している雑誌で、平然と嘘を書き飛ばしているのだから、何というでたらめさだろうか。また、こういう明かな嘘をチェックもしないで載せる編集者や雑誌にも呆れる

上原氏の言葉尻を捉え、大上段の批判を展開しているが、これでは芥川賞作家の肩書きが泣いてしまうとんだ大見当違いである。

目取真氏の批判に対して、次の二行で反論は簡単に終結する。

赤松隊長が沈黙を守ったのは、「軍命の否定」ではなく、「援護金のため軍命を捏造した」ということである。

従って上原氏の発言にいささかの誤謬もない。

これだけでお終いでは、折角の芥川賞作家先生のご批判に対しては礼を失するので、少々しつこいと思われる解説を以下に加える。

現在、梅澤氏氏と赤松氏の実弟が、大江健三郎・岩波書店を相手どって名誉毀損の訴訟を上告中だが、その争点の核心が「自決命令の有無」であり、当然両隊長が「命令を否定している」ことは周知のことである。

だが、上原氏が言う「黙っていること」と「命令を否定していること」とは全く別の問題であることに、目取真氏は気がついていない。 

「黙っている」ことの意味は「命令していない」という単純な自己弁護を「黙っている」のではない。

涼太さんのご指摘のように、赤松氏の発言は「命令は出していない。これには深い事情があるのでそれ以上は言えない」ということであり、その事情、つまり「援護金のための軍命の濡れ衣」についての弁解を「黙っていた」のであり、上原氏の発言に微塵の齟齬もない。

目取真氏は、《赤松元隊長が沈黙を破って「集団自決」の命令を否定した時点で、どうして渡嘉敷島の援護金は停止されなかったのか。》と、まるで鬼の首を取ったように言うが、

「命令を否定したこと」と「黙っていたこと」が同じではないからこそ、援護金は停止されなかったとは、集団自決に関心のある人なら誰でも気がつくことだ。

これに気が付かないのは作家としての想像力に欠けるのではないか。

想像力欠如の作家先生のために、わかりやすく言えば、「黙っていた」こととは、「援護金のため軍命を捏造した」という秘密の暴露を行わなかったという意味である。

しつこく、さらに噛み砕いて説明を繰り返そう。

赤松氏が「黙っている」とは、厚生省援護課、村当局、そして赤松氏による「共同の秘密」を黙して語らず、墓場まで持ち込んだという意味なのだ。

1970年3月27の渡嘉敷村の慰霊祭の日、赤松元大尉は渡嘉敷島に渡るのを左翼団体に阻止されるが、部下達 は慰霊祭に参加し、地元の人々と手を取り合って往事を偲んだ。  

赤松隊の部下達が那覇から帰途につく前の晩、記者会見が開かれた。

その席で 赤松・元大尉の責任を問う記者たちに、赤松隊の部下の一人はこう言っ た。  

責任というが、もし本当のことを言ったらどうなるのか。 大変なことになるんですヨ。・・・いろいろな人に迷惑が かかるんだ。言えない。》(『沖縄戦 渡嘉敷島「集団自決」の真実』 38頁)

赤松元大尉が真相、つまり「援護金のため軍命を捏造したこと」を語らな かったのは、それによって援護を受け取った遺族たちに迷惑が かかるからだ。  

遺族たちのために、赤松大尉は、上原氏の言う「沈黙」を守って、戦後ずっと弁 明もせずに過ごし、遂には真実を墓場まで持ち込んだのだ。

上原正稔氏の『うらそえ文藝』での発言には、何の齟齬もない。

ネット上では、何も調べずに罵倒するだけのあきれ果てた芥川賞作家目取真俊氏 として夙(つと)にその名を知られる目取真氏だが、今回も調べてないのか、あるいは調べても理解できなのか、相も変わらず罵倒だけはご健在のようだ。

                    ◇

【おまけ】

援護金のための「軍命の捏造」については、石原昌家沖国大教授の検証があるので、その詳細については省略する。

政府が書き換え指導  援護法認定、「軍命」基準に

1970年3月27日付沖縄タイムスの赤松氏に対する悪意に満ちた記事については、既に「沖縄戦を歪曲した沖縄タイムスの大罪」で詳述してあり、結果的にこれが目取真氏への反論にもなっている。

同記事でも赤松氏はタイムス記者の執拗な質問の連発に対し、軍命は否定しているが、援護金のことは一切口にしていない。

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

                  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山眞順氏の本音 ミニコミ... | トップ | 渡嘉敷島の狂死する老女 昭... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-09-01 20:37:29
狼魔人様

拙文の紹介ありがとうございます。
私が沖縄問題に興味を持ったのは、沖縄勤務で沢山の友人が出来、また何より戦争の直接体験者の、オジー、オバーの話を直接聞くことが出来たのが、大きかったと思います。それから、沖縄関係の本を読み漁りました。その過程で感じたのは、原告(軍命なし)の主張は論点がハッキリし、チャント裏付けもされています。
それに比べ、被告(軍命あり)の主張は、論点が曖昧、あるいは論点逸らしが目立ちます。裏付けもありません。
挙句、「どうせ黙っているなら、黙って死んで行けクソ軍人。」とか「沖縄県民の冥福と日本軍全員の地獄行きを祈念します」とか「軍命なしなどという人間は沖縄の痛みが分かっていない。」とか、「鉄の暴風」の著者太田氏の様に「沖縄の人間の言うことは信用するが、本土の人間の言うことは信用しない。」などの、乱暴な主張、罵詈雑言が目立ちます。その仕上げが「偽11万人集会」だと思います。星さん、上原さんもそんな沖縄の社会を危惧し、あえて告発に踏み切ったと思います。目取真などは、沖縄への裏切り行為だと言いますが、私は違うと思います。しいて言えば沖縄への愛です。(ちょっとくさいですが、他に表現方法がないものですから。)
先の戦争で多くの犠牲が出たのは、悲しいことであり、今の日本の繁栄も多くの犠牲の上にあります。ただ、それは沖縄県だけの悲劇でもありません。
それと「集団自決を赤松さん、梅澤さんが命令したのか、しなかったのか。」は別問題です。
集団自決問題が、事実に基づかないで反日左翼団体の、政治道具にされているのなら、修正すべきです。私は自分では、特定の政治運動に参加している訳でもなく、嫁さんがくれる小遣いの値上げ交渉を真剣にやる、ごくごく平凡な一日本人だと思っています。
ただ、自分なりに言いたい事もあり、狼魔人様のブログをお借りしています。
Unknown (涼太)
2009-09-01 21:31:51
狼魔人様

アメリカが、早速日本にど真ん中の時速165kmの直球を投げ込んできました。牽制球などとの生易しいものではありません。
オバマ大統領は、「変わらぬ日米同盟を期待する。」と発言しケーシー報道官は「普天間移転問題で、日本と再協議はしない。」と発言しました。
今まで、外野から言いたい放題ヤジを飛ばしてきた民主党は、アメリカが投げた剛速球を打ち返さないとならない立場になりました。
剛速球は、インド洋給油、ソマリア海賊対策と続きます。
イチローは、韓国の林のカットボールを打ち返し、国民の期待に応えました。
対等の日米同盟を主張する、民主党はアメリカの投げた、剛速球を打ち返さないと期待も大きいだけに失望も大きいと思います。特に沖縄県は。
Unknown (狼魔人)
2009-09-02 08:07:47
涼太さん

>発言しケーシー報道官は「普天間移転問題で、日本と再協議はしない。」と発言しました。

沖縄は自民党系候補は全滅でした。 早速、民主党、社民党議員集団が県知事を訪問「普天間基地県外移設」を談判しています。

民主党も米国との約束をご破算にするわけにはいかず、お手並み拝見というとこでしょうか。

沖縄タイムスは社会面トップで「教科書検定」を取り上げ、「民主党政権になれば検定意見撤回も可能だ」と、またぞろ高嶋その他のゾンビ集団が叫び出し、上京して陳情すると鼻息が荒いようですが、

政権が変わった瞬間、歴史教科書記述が変わることはないと思いますが、
中国に平伏す民主党のこと、油断はなりません。

もしそうなら、中国の歴史書と同じですね。
沈黙していない (和田)
2009-09-02 14:41:37
「赤松隊長が沈黙を守ったのは、「軍命の否定」ではなく、「援護金のため軍命を捏造した」ということである。」-文章A

これには、2つの問題がある。「援護金のため軍命を捏造した」とのことだが、照屋証言のように玉井村長と照屋が赤松の承認の基に捏造したとでもいうのだろうか。 それを含めて「軍命が捏造された」ことは証明されていず、根拠もない。実際には渡嘉敷島民は(他地域出身者で渡嘉敷死亡者はそうでもないようだが)、砲撃で死んだ者も、スパイ嫌疑による斬殺その他もまとめてほとんど検証されることなく、あっさりと集団自決として援護金を受け取れている。法の運営上、未成年の大学生がほとんど飲酒・喫煙で罰せられないことと似ている。捏造など関係ないのではないか。

次に文章Aの骨子「援護金のため軍命を捏造したことについて赤松隊長が沈黙を守った」というのは事実に反する。 曽野綾子の「ある神話の背景」が後半部分に近いことを記述しているのは周知の事実。 曽野綾子は援護金のことを誰から聞いたのか。 もちろん赤松、赤松隊とりわけ皆本、渡嘉敷で赤松の耳となっている大城良平これらの人々しかありえない。言ってみれば、赤松と曽野綾子の談合により後半部分に近いことが「ある神話の背景」に書かれるようになったことは間違いない。赤松が曽野に教唆して書かせたのが実態であり、赤松隊長が沈黙を守ったとはとてもいえません。

証拠ですか。 
赤松隊と曽野の会合写真
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071226/1198608782
曽野綾子の嘘
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071223/1198338708
東京での曽野と赤松隊の会合
http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/blog-entry-35.html
第34回司法制度改革審議会議事録
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai34/34gijiroku.html
第32回司法制度改革審議会議事録
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai32/32gijiroku.html
沖縄戦集団自決をめぐる歴史教科書の虚妄
http://kyoto.cool.ne.jp/sono001/archives/jiketsu.htm

以上、雑誌「諸君」でも何度か見ましたが、曽野は赤松隊の一人一人を個別に取材したと語っているが嘘ですね。国会さえも騙していますね。  
また、曽野綾子は「ある神話の背景」で赤松隊が干潮にむかう中で泛水したと嘘を語りました。これこそ「旧約聖書」でのモーゼ出エジプト、紅海での神による海水の持ち上げ、持ち下げという伝承を真似た自己を神の位置に立たせた嘘といえましょう。

未だ、曽野が赤松隊と一人一人個別に会ったという嘘と、赤松隊が干潮にむかう中で泛水したという嘘をそれは、事実誤認だという人物に巡り会っていないのですが、あなた方は「ある神話の背景」のこの2つの記述を嘘と認めるのでしょうか、それとも何か根拠を挙げて認めないのか、どちらでしょうか。
あらしは退場です! (狼魔人)
2009-09-02 15:30:50
和田さん

品性下劣の差別主義者を追い出したら、今度は悪口ブラザースの一人が代理人として登場ですか。(笑)

スパイ容疑の斬殺だとか、曽野綾子の嘘だとか、曽野と赤松隊の会合とか、本文と関係ないことを、羅列してコメント欄を荒らすのはあなた方の常道でしょうが、迷惑至極なはなしです。

相も変らぬ論点ズラシに付き合う暇は無いので退場してください。

お仲間と例の場所で悪口言い合っているほうがお似合いですよ。

次は無条件で削除です。
Unknown (涼太)
2009-09-02 18:29:19
狼魔人様

産経新聞の石川水穂記者の質問に厚生労働省は「軍の命令で自決した。と裁定した。」と応えています。従って照屋さんの証言「援護法の申請書には、赤松隊長の命令で自決しました。と書いてある。」は疑い様のない事実だと思います。
そうでないと、厚生労働省の答弁は矛盾します。
石原昌家沖国大教授が、琉球新報に書いてあるように、援護法には軍の命令が前提です。無条件で認めるはずもありません。裁判の過程でも軍の命令は証明されていません。にも関わらず本来軍人にしか適用されない援護法が適用されたのは、照屋さんの証言が真実だと言う証明です。
蛇足ですが、集団自決の犠牲者には沖縄に援護法が適用された、昭和27年までの死亡者も含まれているそうです。
同一人物? (ヒロシ)
2009-09-02 18:39:42
早朝に書き込みしてあったキー坊のコメント内容と似てますね。
代理人とすればかなり親しい方で考え方もよっぽど近い方なんでしょうね。
ダブハンで本人の投稿???

「軍の命令があった」と叫ぶ人がいるのに「命令を聞いたと証言できる人がいないのはなぜか?」と考えていくと援護金にたどり着きます。
隊長達は懸命に「援護金に関して沈黙」していました。
隊長達に「なぜ、命令した事にしたのか?」と問いただせば、、、島民に取っては触れたくない核心に触れてしまいます。
民主党の得意なブーメラン戦法です。(爆)

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スポーツ界の日教組=玉木正之氏 (日本の狂った反日スポーツライターたち)
日本を代表する著名なスポーツライターである玉木正之氏は、 「スポーツは基本的に単なる【気晴らし】であり【遊び】なのに、 勝ち負けにこだわったり、 忍耐を要求する日本のスポーツは間違っている。 それ故に日本のスポーツ選手は世界で勝てないのだ云々」 と自著...