狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

辺野古協議に、目くらましの地位協定を持ち出すな!

2015-08-16 07:20:52 | 普天間移設
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
存在自体が矛盾の塊である翁長知事にとって、辺野古移設で前方に立ちふさがる日米両政府、そして後方から中止を迫る支援団のことを「前門の虎 後門の狼」と何度も書いた。
 
そんな絶体絶命の翁長知事に対し、菅官房長官から予想外の休戦を提案された。 頼みの綱の第三者委員会が「法的欠陥あり」の結論を出したが、その結論に多くの疑問が噴出しており、進むも地獄、退くも地獄の翁長知事がつかの間の休戦を断るはずはない。 渡りに船と休戦を受け入れ、現在一ヶ月間の集中的協議の第一回目が終了したとことだ。
 
早速、知事の支援団体だったはずのサヨク団体から次のようなクレームが付いた。
 
 「知事は取り消しを決断するだけなのに、なぜこの時期に政府と協議する必要があるのか・・・振興と新基地建設は全く別だ。知事には民意を受けた決断を早急にしてほしい」(沖縄平和運動センター・岸本喬事務局次長、8日付琉球新報)
 
工事中断は・・・アリバイ作りだ・・・移設を止めるには司法の場で争うしかない」(辺野古で、金物商経営・西川征夫さん、5日付毎日新聞) 
 
 
後門の狼による、「公約に反して「承認撤回・取り消し」を棚上げし、窮地の安倍政権を助けていることが重大な問題であり、県民・国民への背信行為なのです」などと翁長氏への批判が公然と行われるようになった。

翁長知事は、元々日米安保は理解するという立場をとってきた手前、今回の集中協議で日米安保、抑止力など辺野古移設の根源的問題を徹底的に協議したら己の矛盾に満ちた言動を追及され立ち往生の可能性もある。
 
そんな追い詰められた状況で、降って湧いたように起きたのが米軍ヘリの墜落事故だ。
 
早速翁知事は、ヘリ事故を強引に日米地位協定に結びつけ、協議の話題を分散化させようと目論んだ。
 
今回の米軍ヘリ事故も、翁長知事にとっては、やはり渡りに船だった。
 
従来の地位協定に関する日米両政府のスタンスは、解釈・運用で対応するので改定には応じられないというものだった。
 
ところが2013年も押し詰まった12月
17日、首相官邸で開かれた沖縄政策協議会では、沖縄県から日本政府に日米地位協定の改定の要請が出ていた。
 
当時の仲井真知事が、普天間基地の5年以内の運用停止と合わせて地位改定を要望した。
 
これに対し安倍首相は「最大限に実現していく」と応じていた。
 
これまで地位協定改定には乗り気でなかった政府の最高責任者の安倍首相が「最大限に実現する」と約束したのだ。
 

仲井真知事が2014年度の沖縄振興予算3408億円確保をはじめ、米軍普天間飛行場の5年以内運用停止、牧港補給地区の7年以内全面返還、日米地位協定の改定などを求めた。協議会で、知事は焦点となっている普天間移設について「5年以内の運用停止に取り組んでほしい」と求めたが、県外移設には言及しなかった。これに対し、安倍首相は「しっかり受け止める。沖縄県と連携を図りながら、最大限に実現していく」と述べた。

(琉球新報『知事「普天間の5年以内運用停止を」 沖縄政策協で求める』2013/12/17 )

仲井真知事は3000億円以上の一括交付金を7年間交付するとの約束と、これまで国が言及を避けてきた県民の悲願である地位協定改定に関し、「最大限の実現」の約束を取り付けたのだ。

嬉しくないはずはない。

盆と正月が同時にやってきたような喜びを「これでよい正月が迎えられる」と仲井真知事が素直な気持ちを口にしても何ら不思議ではない。

ところが仲井真知事の功績に対する沖縄2紙の悪意に満ちたバッシングは想像を超えるものだった。

仲井真弘多沖縄県知事 辺野古埋立て承認 記者会見 2013年12月27日

記者
知事もう最後にしますけども、これまでも沖縄県と国は何度も約束をしてきました。例えば稲嶺県政の頃には15年間暫定使用というのもあって、これは政府が閣議決定もしています。しかし実現しなかった。

それに比べて今回の安部総理のお約束、閣議決定もしていない、あくまで口頭での説明、こういったものになぜそれほどまでこれまでの政府の決定とは違う信用性をおけるのか。またこんども騙されるんじゃないかという気持ちは知事はないんでしょうか。そのへんいかがでしょうか。


仲井真知事
私は政府にしょっちゅう騙されてるとか、政府は騙すもんだとはゆめ思っておりません。いろんな取引とか、取引じゃない、いろんな過程でですよ、丁々発止やることはあっても政府というのは意見は仮に違っても自分たちの政府でしょう。騙される騙されないというフェーズのものではないと私は思っております。

いわんやその中で総理が自らこういう具体的な問題にちゃんと出てきてですよ、これをやりますとおっしゃてるんですから、これをあなた方は信用されないんですか。私はこれを最も重要な政府の態度であり、担保といったら変ですが保証というのも変ですが、そういう性格を持った強いものだと私は理解をいたしております。
[引用元]仲井真弘多知事が辺野古埋め立て承認で記者会見 – YouTube(琉球新報)

辺野古埋め立てを行政法に則って承認した仲井真氏に対し、沖縄2紙が「金で沖縄を売った史上最悪の県知事」との烙印を押し、激しいバッシングの連続で知事選を落選に追い込んだことは記憶に新しい。

仲井真知事が出馬を決意し、公約発表した2914年10月19日の記者会見でも「いい正月」が質問にでた。

 

知事選、仲井真氏が公約発表 会見一問一答2014年10月19日 

 -政策集に埋め立て承認は苦渋の選択だったとある。行政手続きとしての自動的承認ではなく、政治的判断だったということか。
 「公有水面埋立法上、県知事に裁量の余地、幅はないに等しい。苦渋の選択というのはいろんな面があり、普天間が動かない状況を放っておけるのかということも選択だ。基地の過重負担の中で辺野古に移るということに、もろ手を挙げて大賛成というまでにはならないだろう。久辺三区など周辺の人たちは条件付きとはいえ、大勢が受け入れを拒否はしていないが、苦労をお掛けするという気持ちは私は当然持っている」
 -昨年末の「いい正月」発言でどう誤解が生じたのか。
 「僕らの年代では12月末に事が終わるときに『いい正月をお迎えください』と言うのは当然の話だ。そして、政府の予算原案が決まった日で、内容が良かったということで『いいしょうがちでーびる』と素直に言った。しかし、その2日後の埋め立て承認と混同されてしまった観があった。政府予算への気持ちを言ったことで、いろんなことに絡めないでほしいと一度言いたかった」
 -辺野古移設か固定化かという議論を批判してきたが、今はそういう考えか。
 「誤解されるが、県外が早いとは言ったが、県外にと一つだけ言ったわけではない。そういう中で米国の政府関係者や安全保障の研究者と議論してきた経験からすると、その恐れは極めて強いという感じは持っている」


 悪意の塊のような新聞記者にいくら誠実に応えても馬耳東風、彼らの悪意に微塵の陰りも見られい。

その後の沖縄2紙の常軌を逸した報道を見れば明らかである。

今回は沖縄2紙が支援する翁長知事が政府に一括交付金3000億円の確約を求め、地位協定の話しを持ち出しても、翁長バッシングの欠片もないのは、「反戦平和は免罪符」のアリガターイご利益なのだろう。

翁長知事よ、ここまできたら「多弁だが空虚な言説」は止めにして、安全保障、中国の脅威に対する抑止力について協議し、何よりも普天間飛行場の危険性軽減について真剣に協議して頂きたい。

沖縄2紙のバッシングなど黙殺して・・・・。

 

 【おまけ】

犯罪者を正義の人に仕立て上げる沖縄2紙、との週刊新潮の報道を裏づける記事がこれ。

「安保法案と辺野古新基地断念させる」山城博治さん、9月復帰目指す
2015年8月14日 09:20
 

辺野古新基地:「アベ政治を許さない」 シュワブゲート前で

2015年8月14日 12:33
【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民ら約100人は14日午前、米軍キャンプ・シュワブ前で「アベ政治を許さない」などと書かれたプラカードを掲げデモ行進をした。その後、基地に向かって「辺野古の海を守るぞ。ボーリング再開を許さんぞ」とシュプレヒコールをした。
 
プラカードを手にデモ行進をする辺野古新基地建設に反対する市民ら=14日午前、名護市のキャンプ・シュワブゲート前
プラカードを手にデモ行進をする辺野古新基地建設に反対する市民ら=14日午前、名護市のキャンプ・シュワブゲート前
 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の金備蓄数字の奇々怪々 | トップ | 翁長知事が神学論争、中谷防... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-08-16 08:31:19
仲井真前知事は、最終的に辺野古移設しかないと思っていて、その意図を察知されまいとしたのか、タイムス、新報に潰されないようにずっと曖昧な発言をしてきた。
また、沖縄の政治家は、常として恣意的な法の運用をしてきた。
「今からでも辺野古移設をちゃぶ台返しできる」ように県民に言ってきたのは、上の二つが相まって、タイムス、新報自身、仲井真前知事が恣意的に、埋立承認をしたと信じていて、できると勘違いしていたからだと思う。

だが、段々、できないことがわかってきた。
翁長知事も、もしかして恣意的なものがあるかもしれないと、望みをかけて第三者委員会を立ち上げたが、結果は、徒労。

完全に、報告書は竹光。
竹光が威力を持つのは、相手に竹光とわからない時。
生憎、政府は竹光と知っている。
知らないのは、反対派ばかりなり~~。

沖縄には、県内移設に合意した事実がある。
合意を反故にするのか、合意前提で進めるのか。

日米政府だの、歴史的経緯だの、環境保全だの、すべて「合意がある」の前には、枝葉末節になる。


県内移設が「沖縄差別」の象徴というなら、辺野古移設反対が民意というなら、「自己決定権」を使って、合意反故にしたら良い。
反故にするかしないか、沖縄県内の問題なのである。
沖縄県民の覚悟の問題なのである。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-08-16 11:00:58

オピニオン面に一般投稿9本。

「高齢者の話題 孫と病気と薬」の南城市・前川守光さん(67)は3月23日に続き今年2回目の掲載。
「武力の行使で 戦争へと進む」の沖縄市・荷川取順市さん(75)は1月10、29日、3月23日、4月1、24日、5月3、21、28日、6月13、23、29日、7月31日に続き今年13回目の掲載。
「国保は高いが 無保険は不安」の浦添市・安東民夫さん(62)は2月27日、3月11、23、31日、4月16日、5月5、13日、6月15、25日、7月1、13、22日に続き今年13回目の掲載。
「辺野古は反対 県ぶれないで」の那覇市・比嘉寛さん(85)は1月8、15、25日、2月7、19日、3月2、15、23日、4月11、22、28日、5月15日、6月4、16日、7月12、20日、8月6日に続き今年18回目の掲載。
「政策を変更し 平和の道探れ」の豊見城市・佐藤悦晴さん(68)は4月5日、5月17日、6月14、26日、7月13日、8月2日に続き今年7回目の掲載。
「友人の手紙に 積年の気持ち」の那覇市・玉城百代さん(68)は3月17日、4月12日に続き今年3回目の掲載。
「2016年米大統領選 新基地建設変化に期待」の那覇市・金城宏幸さん(77)は今年初掲載。
「病院内の子に 多くの支援を」の那覇市・金城紀子さん(54)は今年初掲載。
「シマーグヮー」の那覇市・勝連朝昭さん(70)は2月28日、4月3日、5月1日、7月4日、8月9日に続き今年6回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

なし (なし)
2015-08-16 13:41:33
天皇陛下の発言と、安倍さんの談話。

で?

そのことブログに書かないの?

書けないの~??

早く書いてよ
Unknown (東子)
2015-08-16 14:46:47

陛下のお言葉を政治利用したい人たちがいるのよね~。
まるで、太平洋戦争前夜みたい。

Unknown (東子)
2015-08-16 17:22:57
「認識違い浮き彫りに 辺野古めぐり名護市長と防衛相会談 2015年8月16日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=128854

>中谷氏は1999年に当時の県知事や名護市長が米軍普天間飛行場の辺野古移設を受け入れて以降、国や県、市が協議を継続し、現在に至るとの経過を説明した。

8月9日のコメントに書いた通り、中谷防衛大臣は「辺野古移設は止めないから~」を言いにきましたね。


>一方、稲嶺市長は、当時は軍民共用空港や15年の使用期限などを付けており、それを2006年に現在のV字型滑走路建設の日米合意後に政府自ら廃止したとして、「それをさかのぼるのは事情が違う」と反論した。

「2006年に現在のV字型滑走路建設の日米合意後に政府自ら廃止した」のは、「名護市の強い主張で06年5月に、2本の滑走路を有するV字案に修正」と関係ありませんか?
名護市の強い要望を取り入れる代わりに15年の使用期限も廃棄ということは、なかったのか?
2006年1月の市長選で当選した島袋氏は「地元が納得する修正案なら政府との協議に応じたい」と柔軟に対応する姿勢を示していた。
地元は、どんな条件なら納得したのだろう?
V字型滑走路の新沿岸案への名護市と政府の合意が成った後、関係地区への補償は、いくら払われたのか?



【参考】

「やんばる・ヤマトだより 2006/4」
http://www.geocities.jp/yanbaru_yamato/20_diary/200604.html

>普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部移設をめぐる政府と名護市の基本合意を受け、移設先の同市辺野古区(大城康昌区長)は17日、同区公民館で、行政委員会(宮城利正委員長、18人)を開き、生活環境悪化に対する一世帯当たり1億5千万円の生活補償や地域振興策を一時金として、更に毎年200万円を国に求めることにした。


「移設経緯(1)<辺野古>使用期限15年消滅 V字滑走路に規模拡大 2009年10月25日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152447-storytopic-53.html

>L字案から修正はしないと繰り返していた日米両政府だったが、名護市の強い主張で06年5月に、2本の滑走路を有するV字案に修正する。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL