ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

新作のホヤホヤのアートフラワー

2018年08月20日 16時13分41秒 | アートフラワー
 豪華なコチョウランとエヤープランツなどと異色の取り合わせ

「独身を謳歌する」

 先日NHKのラジオで独身を謳歌する番組がありました、参加者はいずれも独身の方ばかり、40歳代の独身NHKアナウンサーも参加していました

 それぞれ独身を謳歌する言葉でしたが、結婚すれば制約を受ける、子育てが大変だ、つまるところ人の世話をするとか、犠牲になるのは嫌だ、と言った主張でした

 しかし、考えてみると、その独身者は誰から生まれ、誰の世話になったか、この観点が欠落しています、自分を育てた親は如何ほど苦労し、経済的負担をしたか、ちょっとエゴが過ぎませんかとツモ爺は言いたい
コメント

ごく小さいのですが、愛嬌のある姿です

2018年08月19日 17時45分40秒 | アートフラワー製作日記
 卓上に何気なく置くとその可憐さと潤いが感じられるでしょう

{NHK思い出のメロデイ」

 昨夜はNHKテレビで「思い出のメロデイ」を見ていました、残念ながら、西条秀樹、朝岡雪路、三条正人の3人の方々が亡くなり、少しさみしい思いでした

 一方菅原都々子さんは91歳で立派に歌いあげる姿に感嘆の思い、それぞれ寿命が違うさまに、一種の感慨に打たれました

 テーマーのとおり思い出のメロデイですから、この歌がはやった時、自分はこんな境遇だったなあ、と思い出され、懐かしさもひとしおでした
コメント

多肉植物とお花の組み合わせ、アートフラワーならではの仕事

2018年08月18日 15時18分50秒 | アートフラワー
 この組み合わせこそ、アートフラワーの世界でしか出来ません

「手は第二の脳」

 手は第二の脳と言われています、それはたくさんの神経が通い、その多くは脳に繋がっています、だから、手や指を動かすと脳の働きが活発になる

 ツモ爺は仕事柄アートフラワーの枝を切り、またそれを突き刺す、しかも角度を選んで微妙な感覚的な仕事を日頃からやっています、

 ですから前述の記事に出会った時は嬉しさを感じました、そしてこれまで苦痛に感じていた作業も、それほど苦に感じなくなりました
コメント

立体感のあるアートフラワー

2018年08月17日 17時13分57秒 | アートフラワー
 カラーを立体的にあしらい高さとボリューム感を出しました

「人に優しい」

 精神科医の和田秀樹さんは、病院や施設などで高齢者と関わってきた経験から、ひとつ確実に言えることがあります、それは人に優しく出来る人ほど脳の衰えが少なく、年老いても上機嫌でいることができる、

 たとえば美味しいものを1人でなく誰かと分け合って食べる、自分だけで独占するのではなく、人にあげて喜ばれる、こうした体験は往々にして自分ひとりで欲望を満たすよりも、いっそう強烈な「快」を引き出すのです、と和田さんは言う

 ツモ爺も戦後極端な物資不足の時代、親戚の農家のお手伝いをして、夕食にウナギのごちそう、9杯もお変わりしたことは、現在でも忘れられない記憶として残っている
コメント

大きいアレンジ

2018年08月16日 15時11分59秒 | アートフラワー
 120センチ位の大きなアレンジ

「消臭剤の宣伝が凄い」

 コマーシャルを見ていると、車の中、衣服、個人臭、住居とそれぞれ違った臭気に対する消臭剤の宣伝が非常に多い、それだけ匂いに対して皆が敏感になっているのだろう

 最近では「スメハラ」という造語ができたように、中年以上の男が特に話題に上がっているようだ、気づいても面と向かって匂うとは言いにくい

 しかし、被害は甚大、誰もが顔をしかめているようだ、早く自身が気づいて対処しないとせっかく能力を持っていても周囲から浮き上がってしまう
コメント

新しいアートフラワーです

2018年08月15日 16時55分36秒 | アートフラワー製作日記
 帯状のラインが入った個性的な花器にアレンジ

「目の前の人をほったらかして遠くの人と話をする」

 スマホのことである、家族の殆どがスマホを持っている、わが家へ来てもひとしきりスマホを覗き指を動かしている

 目の前に父親のツモ爺が居て、それでもスマホに熱中、用事があって来ているのだろうと思いきゃスマホ、これは感じが悪い、親子の間でも夫婦の間でも、「ちょっと失礼」とでも言えばいいのに

 一般的に言ってスマホは確かに便利、しかし、四六時中これに支配され、自分としての意見、方針が立てられるのだろうか、はなはだ疑問だ
コメント

新作アレンジ

2018年08月14日 15時36分24秒 | アートフラワー製作日記
 少しずつ前進しています、暑い最中です、身体に無理のない程度に作っています

「今日散髪に行ってきました」

 大型の散髪店で従業員も7~8名、このような店ですから指名ができません、前回ツモ爺の思うように刈ってくれなかった従業員になるべく当たらないようにと思っていました

 縁は不思議なもので、その敬遠している従業員にまたしても刈ってもらう羽目になりました、人との出会いは思うようにいかないものです

 会いたいと思う人には会えず、合いたくない人に出会うのです、単に散髪に限りません、もっと重要な取引や長年の間、合いたいと思う人には会えず、世の中は皮肉にできています
コメント

四角の箱にアレンジ

2018年08月13日 15時16分08秒 | アートフラワー
 四角の箱状のものにアレンジしました

「脳を上手にコントロールして使う」

 こんなテーマーの書籍に出会った、脳に使われるのではなく、脳を上手にコントロールして使うことが肝心だ、そのためには固定観念を捨て去り柔軟性をもってリラックスすること、素直であることなどが大切である

 と、書いてあるがこれがなかなか難しい、モノを見ても先入観が長い人生でびっしり詰まっている、柔軟性と言われても老化から体は固いし、頭にはこれまでの経験が占めている

 そんな固定観念で一杯の人間に、それが出来るはずはない、と反感をもちながら読み進む、まあ参考意見として聞き流そう
コメント

秋の装いでアートフラワー

2018年08月12日 17時03分14秒 | アートフラワー製作日記
 この秋の特色はグリーンいや、褐色色のグリーン、繊細な草が特徴

「お盆の行事」

 昨日から妻は大童で掃除や片づけに汗を流している、今日はお寺さんのお詣り、兄弟、家族、孫たちも集まり仏壇にお参り、亡くなった両親と弟の霊を慰める

 その後お墓え行き、お詣り、既にお花はお供えを済ませておりお詣りをする、本来の意義では亡き御霊をお墓からわが家にお連れするのが盆の行事

 その後近くの場所に移り食事、つまり、これは夫々のお口に供養?でも家族の面々が揃って食事をするのはいいものだ
コメント

新しい作品です

2018年08月11日 15時34分01秒 | アートフラワー製作日記
 昨日にひき続き船底型の花器にアレンジ

「中國からベトナム、バングラデッシュへ」

 昨日、娘がフオーマル着を買うということで、イオン伊丹へ行ったフオーマルウエヤーは広い面積を占め、一流ブランドが並んでいる

 ふと、フォーマルウエヤーについているタグを見てみると、従来多かった中国製がなくなりベトナムとバングラデシュの二つの国製品ばかり

 フーマルウエヤーは冠婚葬祭の儀礼服だから生地も繊細なものばかり、それだけに縫製も難しい、てっきり中国製品ばかりと思っていたら前記の二つの国の製品ばっかり、これほど中国を敬遠してるとは思わなかった
コメント