ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

日曜の夜は篤姫

2008年11月30日 20時19分17秒 | ツモ爺のひとり言
 今夜は篤姫の独壇場、大活躍の場面でしたね、次々と重なる難問をあらん限りの力をふりしぼつて、将軍慶喜の助命を乞い、江戸を戦火から守る役割を演じきった篤姫でした。一方の薩長をはじめ朝廷は錦の御旗を押し進め何が何でも江戸城を攻め将軍の首級をとって、天下に官軍の勢威を見せつけなければ天下が治まらないと考えるのは当然のことです。
 
 しかし、西郷と勝の会談、側面から篤姫の助けで、慶喜は助命、江戸の街は戦火から免れましたが、これを決断した西郷もあっぱれな人物でした。普通の人物では周囲への配慮から、江戸城攻撃を断念することは出来なかったでしょう。現に画面に現れる薩摩の大久保も最後まで江戸城攻撃論者でした。

 ともあれ、幕末から維新にかけて江戸が戦火に見舞われず、徳川家の命脈を保つことが出来たのはまさに奇跡的なことでした。さて、来週の篤姫はかっての恋人小松と再会を果たします、薩摩を出てから13年篤姫と小松の間にどんな感情が交流するのでしょうか?
コメント

妻に助けられながら仕入れに行ってきました

2008年11月29日 18時42分52秒 | アートフラワー
 今日は別注品の花器と葉っぱの仕入れに大阪市内にでかけました。ツモ爺が車を運転し仕入先では妻に支えられ腰の苦痛を我慢しながらの仕入れです、仕入先には腰をかけるような所が一つも無く、ちょっと腰掛ければ苦痛は軽減するのですが、そんな配慮のある店はありません。やっとのおもいで車に戻り座席に座るとほっとします。

 幸い、それでも頭の中に描いていた材料が手に入り、こちらもほっとしました。花の材料はアレンジをしていて途中で足りなくなり中断することは避けなくてはなりません、ですからどうしても多い目に仕入れをしてしまいます、今日は葉っぱに重点をおいた仕入れですから葉っぱはこれからあらゆるシーンで使用しますから多い目に仕入れても問題ありません。

 今日は妻に助けられながら仕入先をまわってきました。
コメント

仕入れが大幅に変わりそうです

2008年11月28日 19時53分54秒 | アートフラワー
 昨日もシンプルモダンのアレンジの別注を受けていることを書きました。今日その材料を発注していて気づいたのですが大部分は観葉植物の葉っぱです。背の高いもの大きい葉っぱ、中ぐらいの葉っぱなど、葉っぱに主力がうつります。葉っぱといえどもかなり高価なものになります。花のほうといえばこれも高価なアマリリスを使う予定です。いずれ出来上がりの写真をお目にかけます。

 これらを発注していて思ったことは、従来の仕入れとかなり違ってきたことです、まず花材も先ほども申し上げたように花から葉っぱに重点が移り、花器も従来使っていたヨーロッパの花器が要らなくなります、お世話になっている仕入先とも疎遠になりそうです、また花も同じことが言えます、仕入先のシフトが大幅に変わりそうです。

 こうしてみると、花の材料も同じものを作っていては先行きが難しくなってきます、これはどの商売にも言えることで流行で廃れる店もあれば逆に脚光を浴びる店もできます、つねに今売れている商品を扱いつつ先行する品の開発を行っていかねばならないのが商売の宿命といえます。
コメント

ぴったり似合いました

2008年11月27日 18時03分16秒 | ツモ爺のひとり言
 写真のアートフラワーは昨日お納めした作品ですこげ茶色の棚に置いたところぴったりバックの色にマッチしてほっと胸をなぜおろしました。別注品は相手様のロケーション(背景の色や雰囲気)に合わせて作りませんといくら出来栄えがよくても先方様に満足して頂かなければ意味がありません。

 それだけに神経を使います、ツモ爺の好みは主張できません、あくまでも相手本位に考えて作ります。ですから花の材料や花器を集めるのが一苦労です、お納めしたアートフラワーはオレンジ色と観葉植物のコーデネィトです。

 この後、大きいものを含めて6点ご注文をを聞いています、特に玄関に飾るアートフラワーは、今日もプランを作りながら頭をひねっています、どうも決心がつかず明日に順延です、このように別注品はお納めすればお金を頂戴できる利点はありますが相手様のお気に召すように考えると、簡単に進めることが出来ません。

 ツモ爺の心の中で試行錯誤しながら、また、腰の痛みに堪えながらの作業です。
コメント

新邸へアートフラワーを納品してきました

2008年11月26日 19時17分00秒 | アートフラワー
 先日豪邸へ行ってきました、と書きましたがその時に頂いた注文品とその時各部屋を見せてもらった印象に合うアートフラワーを数点持参したところ、いずれもピシャリと適合して9点お買い上げ頂きました。もちろん今日も足腰は勝れず娘に手伝ってもらい、やっとのことで納品ができました。

 いずれも、シンプルモダンに属するアレンジばかりが採用になりました、ご主人いわく、「欲しい商品の大枠は分るのだが、具体的には言えない」もどかしさを語られました、結局はお客様の大意を汲みそれをイメージして具体化するのがわれわれ業者の務めと思いました。今日は幸いご要望にお応えすることが出来てツモ爺も面目をほどこすことが出来ました。

 終わって足腰の疲れと責任を果たした疲れが一挙にどっとでてきました、そして、手伝ってくれた娘に感謝の気持ちで一杯です。
コメント

体の調子がその日の気分を左右します

2008年11月25日 17時28分01秒 | ツモ爺のひとり言
 昨日も股関節の痛みについて書きましたが、今日も痛みが続きそのなかを予約をとってあった大阪市内の住友病院の眼科へ行ってきました、目も悪く涙目が止まらずその対応のためです。仕事柄目の故障は致命傷となりますので、足の痛みをこらえて診察を受けました。

 人間、体の調子が悪いとつい不機嫌になります、なるべく周囲に迷惑を及ぼさないようにと自分自身は努めているいるつもりですが、妻は身近に接しているので良く分るようです、あれこれとツモ爺の気を引くようなことを誘ってくれるのですが体調の悪いときは全然面白いことも、楽しいこと、もやる気が起きません。

 ツモ爺はどちらかと言えば何事にも積極的で人の話には乗るほうですが、今は何をする気もおこらないのです、自分自身でもいけないと思うのですが、今はどうしょうもないメランコリー(憂鬱、不機嫌)なのです。
コメント

歯を食いしばって

2008年11月24日 17時05分16秒 | ツモ爺のひとり言
 ここ2~3日腰痛から来る股関節の痛みが激しく20歩ぐらい歩いても堪えられぬような痛みが走ります、座っておればなんの痛みもないのですが、立って体重がかかると、もう堪えられない痛みに慌てて座ります。整骨院にも行ったのですが1回では痛みは取れません。

 少しでも気を紛らわすために座ってアートフラワーの仕事をやっています、これがなければ考えることは足の痛みばかりを考えて暮らすでしょう、好きな仕事ですから痛みを忘れてやっています。

 普通は78歳ともなれば、体はもちろんのこと能力も相当低下しますが、好か不幸かツモ爺の場合思考力、感覚などはあまり衰えていません、アートフラワーのアレンジメント、またこのようにブログを書く能力もさほど落ちていません。(自分の口から申すのは甚だおこがましいのですが)

 ですから腰、足の低下はとてもつらいのです。
コメント

日曜の夜は篤姫

2008年11月23日 19時12分05秒 | ツモ爺のひとり言
 今夜の『篤姫』はツモ爺個人としては圧巻、素晴しかった!!という感想でした。松坂慶子扮する生島役がダントツに光っていたような気がします。西郷隆盛も感情を抑えながら、懐かしい天障院、篤姫のたっての願を叶えられぬ胸の苦衷をあらわす演技も素晴しいものでした。

 史実では江戸城の無血開城は勝安房の守と西郷隆盛の交渉により解決したと、ありますがその裏に篤姫や多くの人たちの渾身の努力があったということがこのドラマから覗わせます、話は変わりますがこのよな血を多く流さずに革命が成功したということは諸外国でうあ見られません。

 もちろんこの後も上野の彰義隊や会津藩、長岡藩と戦いは続きますがそれにしてもこんな程度で諸外国の例からは考えられない小さな戦いです。日本という国のラッキーさをつくづく考えさせられます。明治維新は大きな犠牲を日本が払うことなく、そのあと諸外国に追いつけ追い越せで躍進していきます。

 さて、来週は江戸城明け渡し大奥の女性たちも各地に散っていく運命にあります、この場面も見逃せないシーンがきっとあるでしょう。
コメント   トラックバック (1)

マスコミは悪いニュースしか報道しない?

2008年11月22日 16時29分26秒 | ツモ爺のひとり言
 先日も同じようなことを書きましたが、いぜんとして同じ傾向の報道が続いています、2~3日前いすず自動車とマツダ自動車が派遣社員の契約を止める(首切り)というニュースがあったのをご存知の方も多いとおもいます。ところが我が家に入った新聞の折込チラシにはダイハツ工業(軽四輪自動車の生産)は求人広告で人を求めています。

 これからみると一方は不振で人を減らす、一方では人が必要という現象がおこっているわけです、でも、マスコミはそんなことは記事にしません、不況です!不況です!とあふるばかりですからいっそう皆が財布の紐を固くしてモノを買いません、したがってモノをつくる会社は人を減らします。さらに不況に突入していきます。

 今の消費は絶対に欲しいというものは少ないはずです、食物以外は気に入れば買う、無ければ買わない、とてもあいまいな気分で購入するといった消費者心理ですから現在のマスコミの報道は気分を萎縮させるだけです、ジャーナリズムは人をあふりたて注目させる仕事ですから、自分のやってる仕事がどういう結果を生むかなどはぜんぜん気にしていません。だから腹立たしいのです。
コメント

葉っぱが重要

2008年11月21日 17時09分32秒 | アートフラワー製作日記
 シンプル・モダンの一つとして作り上げました。花器はガラスとそれを支える化成品です。ちょっと写真ではわかりにくいのですが、ガラスの中にも細工を施しています。葉っぱは細長と、まあるい葉の2種類で変化をつけました。シンプル・モダンではこの葉っぱが重要に成ってくるように思います。

 私たちの競争相手は観葉植物です。観葉植物はご存知の通り葉っぱが命です、私たちはその葉っぱにさらに似合うお花を添えて観葉植物に無い魅力を演出しようと考えています。最近の観葉植物のアートフラワーもすごく進歩しています、見た目にはわからぬぐらいです、でも本物の魅力に打ち勝つために写真のような葉っぱと花を組み合わせて作り上げています。

 これからのアートフラワーのアレンジには葉っぱがとても重要になってくる予感がします。
コメント