ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

寝ても覚めても

2010年01月31日 17時13分15秒 | アートフラワー
 日本画家の上村松園(女性で特に女性の美人画を得意とする)ある時楊貴妃を描いていると時、どうしても楊貴妃の髪の形が思い浮かばず数日このことばかりを考え抜いていたそうです。たまたま厠にいき手水(ちょうず)で手を洗いその水の散り方がヒントとなりやっと楊貴妃の髪の形が描けたと言う話があります。

 たしかアルキメデスも数理を何日も考えていても解決出来ずに湯船の中でその数理が解けたという有名な話があります。つまり課題がなかなか解決できずにそのことばかりを追求していてふとしたヒントから解決できるということでしょう。

 おこがましいのですがツモ爺のアートフラワーも入荷した花瓶を前にして、どんなアートフラワーが似合うだろうか、どんな形状にすればよいだろうかと考え抜きます、ふと頭の中に浮かんだヒントが良いアートフラワーのアレンジにつながることもあります。寝ても覚めてもというわけにもいきませんが常に頭の中に問題点があります。
コメント

女性のダイエットが失敗しやすい理由

2010年01月30日 17時16分29秒 | ツモ爺のひとり言
 先日NHKテレビの「ためしてガッテン」では面白い実験をしていました。測るだけダイエットといって朝夕に体重計に乗るだけで男性は比較的ダイエットに成功していましたが女性は失敗する人が多かったようです。その理由は毎回体重計に出る数字に対して男性は増えた場合次の食事をコントロール(減量)しますが、女性は何と言っても甘いものに目がなくコントロールが出来にくいという結果でした。

 それに加えて男性と女性の脳に違ったところがあります女性は言語脳が男性に較べて発達していますから、おしゃべり大好き、おしゃべりをしながらスイーツなどを食べるなどどうしてもこの点は女性のウィークポイント(弱点)それでなかなか減量に成功しないということでした。

 どちらかと言えば男性は理詰めで物事を考える傾向があり女性は感情的になりやすく、しかも話すことが得意です、この特性を知って対応すれば万事うまくことが運ぶということをためしてガッテンから教えてもらいました。
コメント

アートフラワーを新鮮な色に

2010年01月29日 18時18分20秒 | アートフラワー
 先日仕入れたアートフラワーも入荷して新しい花瓶に新しい花をアレンジをしています。今回非常にビビッドな色の(明度の明るい、きれい)な、しかも今年流行のダリア系とマム(菊)つまり花弁の多い花を集中して仕入れをしました。最初荷物を解いているとあまりにきれい過ぎて調和が難しいなあと思ったのですが、仕入れた以上使わねばとアレンジを開始しました。

 ツモ爺のこれまでの配色はどちらかと言えばマイルドな(温和な)配色が得意でした、今回のビビッドな色合いはこれまで経験していないのですが、出来上がると今までに無い素晴らしいアレンジに仕上がり、妻も娘も絶賛してくれたので、少し自信が出来ました。近日中に写真を撮りお目にかけます。

 やはり挑戦が大切でリスクが伴いますが敢えて危険に挑戦しなければ、つまり虎穴に入らねば虎子を得ずの例えがあるように大袈裟ですがアートフラワーの業界にも勇気がいることに気づきました。
コメント

問屋街もシャッター化

2010年01月28日 17時20分58秒 | ツモ爺のひとり言
 今日アートフラワーの仕入れに船場(大阪市中央区本町を中心に南北)の南久宝寺通りを通りました、約半年ぶりですが一段とシャッターを閉ざした店が多くなり約半分ぐらいの数です。地方の商店街ももシャッター通りが多く今や話題にもならぬくらいですが地方が寂れれば仕入先の問屋も寂れるのは必定です。

 栄枯盛衰と言いましょうか、かっての南久宝寺といえば鞄、装身具、衣料それこそ雑貨のを商う全国でも名の知れた問屋街で、往時の繁盛振りを知っているツモ爺は言い知れない寂しさを感じました。

 話は変わりますが、かってのスーパーダイエーは一時三越百貨店の売上げを追い越したという話題で賑わいましたが、今や商社の丸紅の管理下にありジャスコの応援を仰ぐなどは考えられない勢いでした。

 このように業態の変化は激しく今や百貨店すら危ない勢いになってきました、少しばかり長く生きたツモ爺は各社の栄光と衰亡をこの目で見てきただけに感慨はひとしおです。
コメント

すし職人小野二郎

2010年01月27日 18時10分29秒 | ツモ爺のひとり言
 昨夜のNHKプロフェショナル2度目の登場、ミッシェランの三ツ星に輝くすし職人小野二郎、ご覧になった方も多いと思います。小野さんは82歳の現役ですしを握り続けています。ツモ爺も人生の先輩として尊敬しています。小野さんは生家が極めて貧乏でしかも母親しかいません、それで7歳で奉公に出され苦しくとも帰るところが無い境遇の出発でした。

 奉公を勤め上げて独立を果たし今日まで56年間すしを握り続けてきました。そして不器用なため人の3倍練習に励んだといいます、このテレビの中で特に印象に残った言葉が二つありました、「修行は一生終わらない」「82歳現状不満足」仕事を続けながらこの姿勢だから三ツ星にも輝いたのでしょう。

 このような高齢で現役を努めるという人は珍しい存在です、本人は60歳ぐらいと思っている、というほど姿勢は良いし、一見したらところ82歳には見えません。真似をするといってもツモ爺には無理ですが、前述の二つの言葉は同じ仕事を持つ人間として見習いたいことです。
コメント

ミケランジェロの壁画(最後の晩餐)

2010年01月26日 15時25分46秒 | ツモ爺のひとり言
 先日テレビで知ったことですが、有名な画家ミケランジエロが描いたローマカソリック教会の大壁画の「最後の晩餐」はキリストのもとで審判が行われ、死者で天国に行ける者と地獄へ堕ちる者がくっきり描かれています、特に地獄に落とされるものは過酷に描かれています。これは今までに無かった絵画と言われています。

 その当時宗教即ち教会の権威が落ち始め、いわゆる宗教改革の時代に入る頃です、その権威を高め維持するため教会はミケランジェロに過酷なまで死んだら天国へ行ける者と行けなくて地獄に落ちる者の差別をハッキリ描かせたのは協会側に魂胆があったようです。つまり教会側が民衆に信仰を失ったらこうなるぞとみせしめたものと言われています。

 洋の東西同じようなことがあります、ツモ爺も幼少年時代、母の実家のお盆の時に行くと地獄極楽を描いた屏風が飾られていました、血の池、槍の山、嘘つきの舌を抜く鬼たちの姿に恐怖を覚えたものでした。こうした絵画により勧善懲悪を民衆に教えたのでしょう。
コメント

ポイントカードの魔力

2010年01月25日 16時52分59秒 | ツモ爺のひとり言
 世はマイレージから始まり、エコポイントなどポイントと言えば目の色変える状況です、わが家でもたいしたポイントを持っていませんが、先日、千里の梅の花(豆腐を主体とするヘルシー料理)のポイントカードを持ってからは妻は千里へ行ったら梅の花で食事をしようとする。やはりポイントカードの持つ魔力に取りつかれています。

 だいたい男が外で食べる時の予算は1000円以下です、梅の花では昼食時の料理は2000円中心となり男が外出した時の昼食からは外れてしまいます、いつも見ていて昼食が豪華なところは殆ど女性客が占めています。家の中でつつましやかに家事をするためか外出時の女性の食事は男に較べて豪勢のように見受けられます。

 男は飲んだときとか、接待時は豪華なようですが日々にビジネス時の昼食はつつましい傾向にあり、たまに豪華な店にはいると来客の殆どが女性のように見受けられます。更にポイントカードで頻繁になっていくのではないでしょうか。
コメント

注目の人、大滝秀治

2010年01月24日 16時20分19秒 | ツモ爺のひとり言
 ツモ爺がかねがね注目する俳優大滝英治、昨日のNHKハイビジョンで「全身役者魂大滝英治・執念の舞台84歳の名優老いと闘う」というテーマーで放送されました、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。ツモ爺もまもなく80歳を迎えます、仕事と老いを何時も両立するための葛藤をしています、それで大滝さんに注目するわけです。

 テレビに伝わってきた大滝さんは30歳ごろ重鎮の宇野重吉にあのしゃがれ声が異様に聞こえ「こわれたハーモニカみたい、役者を断念したらどうか」と言われたそうです、そんな極限を乗り越えて役者を今日まで続けてきたエピソードにホロリとさせられました。しかし今はあの声が年齢にふさわしく、すばらしい俳優としてやっていけます。

 劇は「らくだ」で落語のテーマーを劇にしたものです、稽古中の迫真の芸、見ている者を唸らせます、執念の一言につきます、しかもせりふが大量にあって老いの身には過酷な状況、死に物狂いにせりふを覚える様はまさにツモ爺にとってもすばらしいお手本になりました。全編1時間半、息を止めるようにして見ていました。
コメント

愚直に・・・

2010年01月23日 18時01分00秒 | ツモ爺のひとり言
 以前、坐骨神経痛は腰痛体操でほぼ治すことが出来たとお伝えしましたが次は膝、股関節の不具会いを直すことに取り組んでいます。それは娘の紹介で尼崎の整体院でスポーツジムを併設しているところです、約30分ほど股関節を中心に運動を指導してもらってます。

 加えて従来の腰痛体操も続けて自宅で行います、ですから一日中体操と訓練をやっているようで、他の仕事は出来にくくなりました。それでも体を整えることが第一で直れば行動の自由が飛躍的に伸ばせます、例えば行きたいデパート心斎橋大丸の「うふふ館(そごうから買収して若者の衣料雑貨を主に販売)」今大阪の話題のスポットなどを見学をしたいのです。

 年を取ると筋肉が痩せまた硬くなり自然と歩けなくなり、それがいっそう老化をすすめます、ですからそれを防ぐのは自分自身が愚直に運動を毎日続ける以外に手段は無いように思います、やらなければ車椅子の生活となり、人に迷惑をかけ自分自身も世間を狭くしてしまいます、結局どちらを選ぶかということになります。
コメント

ブログのネタ

2010年01月22日 17時26分29秒 | ツモ爺のひとり言
 こうして毎日ブログを書き綴ることは、日によってはネタが思い浮かばず四苦八苦する日もあります。そんな時に役に立つのは手帳です、以前にも書きましたがツモ爺の手帳は色々細かい字で埋め尽くされています。その都度興味のある事柄を書き綴ってますからその中からタネを拾い上げて書きます。

 例えば「天下り法人」のことや「信念の大切さ」「ヘッジフアンド」「知識は老化しにくい」「就活、婚活」「自信をもつ」などなど多岐にわたります、その中の一つを取り出して書いていきます、ヒントさえあればなんとか文章に仕上げることができます。

 特に外出をした日は色々物に触れたり、人と出会いを感じますからネタには事欠きません、それが寒さと足腰の不具合で外出がおっくうとなりいきおいネタにつまります。早く暖かい春が待ち遠しいこの頃です。
コメント