ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

健康は気分が引っ張る

2010年12月31日 20時13分16秒 | ツモ爺のひとり言
 いよいよ大晦日、振り返れば良いことも悪いことも交々の年でした、言ってみれば人生はそのように出来ていると言えます。良いことばかりも続かないし悪いことばかりでもない。その中のあって、手前味噌ですが家族に支えられて生きてこれたと実感しています。ほんとうに感謝の一言です。

 特に齢を重ねると色々と故障が起りがちです、つい気弱になってきますが家族の支えがずいぶんツモ爺の生きる力になりました、気分がつい弱り勝ちな時、妻や孫たちの暖かいエールをもらうと生きる力がわいてくるような気がします。

 ですから自分の気分が滅入る時に励ましや暖かさを受けると「よし・・・頑張ろう」という前向きな気分に変えることができます、今日のテーマー「健康は気分が引っ張る」は、からだを支える気持ちがとても重要のように思えるのです。

においゼラニュームさん  いつも励ましのコメントを頂き、有り難うございます。
コメント

年末は年寄りでも気ぜわしい

2010年12月30日 17時22分47秒 | ツモ爺のひとり言
 いよいよ本年も残すところ僅かとなりました、今日はお墓参りに孫も参加してくれて行って来ました。お花を飾りお線香をあげて両親に一年の無事を報告、来る年の無事を願ってきました。

 昨日から妻はガラスの窓拭きや、色々な場所の掃除を独りでやって「家には男が居ないから」とのたまう、ツモ爺も「あの世に行きかけた男なら一人いるけど」とやりかえす。

 それでもガラス拭きを孫が手伝ってくれたり、換気扇を新しいもに取り替えるのを手伝ってくれたり応援がはいり家の掃除もどうやら出来てこれでやれやれ新年が迎えられると、一安心する今日一日でした。
コメント (1)

別注が入り・・・

2010年12月29日 17時26分13秒 | アートフラワー
 数日前に別注文が入り先方様の手持ちの花瓶(かなり高価な模様)に白を主体にして黄色の花を入れたアレンジのご注文が入りました、ご希望に従ったアートフラワーの材料を取り寄せ今日それが入荷しました、明日からおおよその色調と花のバランスをとった仮りに花を組み立てて写真を撮りメールで送り、先方様のご意向を確かめます。

 日頃、暇にかまけてのんびりやっていましたが、緊張を伴う作業が明日から始まります。ツモ爺にとっては仕事が第一で正月は子供たちと孫たちが集まり元日の夕食を皆と一緒にするのがわが家の恒例行事になっています。

 それ以外は自由に過ごせますから、正月といえども作業を進めることができます、さて、先方様に気に入って頂けるようこれから努力をします。
コメント

やっと年賀状を発送しました

2010年12月28日 20時17分22秒 | ツモ爺のひとり言
 郵便局は12月25日までに年賀状は発送してくれと前から聞いていたのですが、毎年年賀状を印刷して宛名も印刷するのは遅れに遅れて今日28日になってしまいました。この作業が終わるまで喉に骨が刺さったようでいらいらして落ち着けません。

 息子に本文は作ってもらい夫婦の写真入の年賀状を始めて出します、近況を見てもらうのに良いかと思ったのです、若い家族写真ならいざしらず、老夫婦の写真はあまりいただけませんが、妻が可愛く撮れていたのと、娘たちが勧めてくれるので、のってしまいました。

 宛名の印刷と一筆を加えて200通の年賀状に半日かかりました、それでも投函をすませるとやっと肩の荷をおろしたような気分になります、これでお正月が迎えられそうです。
コメント

ハーモニカが夫婦の会話を盛り上げる

2010年12月27日 17時48分35秒 | ツモ爺のひとり言
 CDレコードでハーモニカの演奏を聴いていたら、昔の記憶がよみがえり、ツモ爺の少年時代の楽器といえばハーモニカぐらいし無く懐かしいハーモニカの音色につれて少年時代のことを妻に語りかけていました。

 ハーモニカの演奏の曲目は早春賦、故郷、など、ポピュラーな曲ばかりが流れていてそれがいっそう郷愁を覚え少年時代の記憶が次から次えとよみがえり、それにつられて妻も少女時代の話が出てきます。

 思いがけないハーモニカの音色がきっかけとなり、ツモ爺の少年時代、妻の少女時代の話で盛り上がり、しばらく時間を忘れて会話が続きました、年を重ねるとお互いに会話も味気なくなり、それこそ「寝る、食う」的な会話が多くなりがちです、それでは貴重な人生を無駄に過ごすことになりかねません。

 そういった意味でハーモニカの演奏が夫婦2人を打ち解けさせて少年、少女時代の会話をするきっかけとなりました。
コメント (1)

幸福度No.1のデンマーク

2010年12月26日 16時01分51秒 | ツモ爺のひとり言
 本日の毎日テレビ放送を見ていましたら幸福度No.1がデンマークだそうです。医療、学校、高齢者に対する福祉は全部無料、ちなみに日本は90位とずいぶん下位です。そのデンマークは高福祉高負担で有名で、すなわち所得に対して税金が多大であると聞いています。

 その高福祉のデンマークにホームレスもけっこう多くまた、大麻などの麻薬患者も多いと語られていて高齢の女性に記者が子供のことを質問していたら、子供が親を訪ねてくる回数が少なく寂しそうな老女の横顔を写していました。

 つまるところ、いくら物的な高福祉があろうとも人間は精神的な面の希薄さには堪えられないということになります。もちろん物質的な面は大切ですが、それでもって精神的空虚さを埋めることができないということを物語っていました。
コメント (1)

潮目が変わりそう

2010年12月25日 18時31分38秒 | ツモ爺のひとり言
 今日は寒かったですね、少々ガスストーブを炊いても部屋の温度はあがりません、東北、北陸、山陰地方の大雪が心配です。さて、今日は今までデフレで物はなんでも安く買えるというのが皆の常識ですが、タイヤの会社、石油製品科学の会社はいずれも7~8パーセント来年から値上げを発表してます。

 その他では綿花が不作で値上げが聞こえてきます、特に金属の銅は産出量が世界的にかぎられるのでこれも高値を呼びそうです、長い間私たちはデフレで何でも安く買えると思っていましたが原料関係で地球的に不足する品種にかぎり高くなりそうそうです。

 原料高の製品安が来年にかけて起ってきそうです、つまり工業製品は豊作貧乏になりますが原料の価格は世界で引く手あまたになり高値を呼ぶことになります、ですから今までの常識から原材料に関しては潮目が変わりはじめたと言えます。
コメント

ガソリンスタンドが廃業すると・・・

2010年12月24日 16時31分52秒 | ツモ爺のひとり言
 最近、箕面市周辺のガソリンスタンドの廃業が多く見られます、そしてその跡地は殆どと言って良いぐらいコンビニエンスストアーが開店します。今やコンビニの来客の大半は車でやってくるのでしょうね。歩いてくる人や自転車でやってくる客は皆無とは言えませんがあまりアテにしていないのでしょう。

 ガソリンスタンドを経営する友人にスタンドの廃業が多いが、こんなに多くの店が止める理由は何?とツモ爺が聞くと友人は「ガソリンを貯蔵する油槽が古くなると危険でその補修やあるいは全部を取り替えると莫大な費用がかかる、いまさら金をかけてもそれほど利益のあがる仕事ではない」という返事が返ってきました。

 なるほどそうか、利益の上らない業種であれば未練なく廃業して、スタンドは幸い交通量の多い道路に面しているから、あとはコンビににすれば通りすがりの自動車客が利用するという算法か、とツモ爺は納得がいきました。
コメント (1)

アートフラワーのリースが出来上がりました

2010年12月23日 18時22分41秒 | アートフラワー
 アートフラワー・リースが出来上がりましたので写真をお目にかけます、ごらんのとおり柔らかい色合いに出来上がりました、最初の作品でまだ要領がしっかりつかめていませんので少し不満なところもあります。

 この出来上がりは直径44センチで花のボリュームもかなりあります、玄関や部屋のドアに飾っても見栄えもすると思います。次作を作る時はこの作品の欠点をさらに改良して面白いものを作っていきたいと思っています、写真は新しいカメラで撮ったもので少し柔らかく出来上がっています。(写真をダブルクリックして頂くと大きい写真がご覧になれます)

においゼラニュームさんへ 

 いいコメントを有り難うございます、格好良く86歳まで活躍できたらいいな・・・と思っていましたが、おつしゃるとおリ受容力は年と共に無くなっていくような気がします、それは体力が無くなると自分のことで精一杯になるからでしょう。しかしご忠告のように穏やかで包容力ある年寄りを目指したいものです。
コメント (1)

ジーンズの似合う86歳の邱永漢さん

2010年12月22日 16時57分51秒 | ツモ爺のひとり言
 邱永漢さんご存知の方も多いと思います、直木賞作家、お金の神様、著書多数、中国に多く投資をしている方、多彩な肩書きです。この邱永漢さんのジーンズ姿の写真を見ると、ものすごくかっこいい86歳なのです、いわゆるジーンズに巾広ベルトと若者にひけをとらない姿、しかも決まっています。

 ツモ爺はまだ80歳、もちろん寿命はわかりませんが、あと6年まだある、しかも格好良く生きるなどに大きな目標が出てきました。最近は自分の限界を自分で決めてしまって、これからの生き方に自信を失いかけていました。

 しかし、こんなにいい目標ができてツモ爺も邱永漢さんのように年取っても恰好よく生きよう、そして家庭の中だけではなく社会にも目を向けていこうと思うようになりました。気持ちが健康をひっぱり、あわせて人生もひっぱってくれる、いい目標、指標が邱永漢さんのジーンズ姿から得ました。
コメント (1)