ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

アシメトリーなアートフラワー

2017年12月31日 16時32分09秒 | アートフラワー
 左右が対称的でないアレンジです、こういったスタイルがこれから流行りそうな気配です

「5年連記の日記帳」

 遂に買いました5年連記の日記帳、5年と言うと92歳まで書くことが出来ます、いささか無理です、分かっていて買ったのは、これまでずーっと使ってきて使い勝手がいいからです

 日記の1ページを5等分すると、書く分量が狭められ、ちょうど良い分量です、それと、昨年、また一昨年というようにその日の過去が手に取るように分かるからです

 考えてる主な部分はこのブログで書きますから、日記は行動が主として書かれていて過去のことが良く分かるからです、それにしても92歳は無理と承知しています、このことは神仏のみが知るところですから
コメント

春物の製作真っ盛り

2017年12月30日 16時45分36秒 | ツモ爺のひとり言
 今作っているのは春物ばかりです、明るく柔らかな作品に仕上がっています

「1年を振り返って」

 年々、1年が早く過ぎ去っていくような気がしてならない、11月に肺炎になった以外は健康は小康状態で過ごせました、高齢者にとって、そこそこの健康は幸福度の80%を占めるような気がします

 健康があって初めて、食事が美味しく感じられ、痛む場所があれば神経がそこに集中して、他のことを感じる余裕がなくなります、ですからまあまあの健康であれば、前述のように幸福度の80%を確保したようなものです

 そのうえ、夫婦そろって、また、子や孫たちも健康で無事に過ごせていることにも、大感謝です、周辺に不幸な子がいないと言うこともほんとうに有難く感じています
コメント

カラフルなアートフラワー

2017年12月29日 16時16分15秒 | ツモ爺のひとり言
 まるで五色豆をばらまいたような色彩感

「歳のせいで物忘れが激しいという誤解」

 以前に読んだ本に、脳は齢をとっても簡単には衰えないと書いてありました、また逆に齢を取れば取るほど向上する脳の働きもあるのだそうです

 それは直感力、直感力は40歳過ぎてからのほうが鋭くなるようです、何かを察する力や行間を読んだりする力のことです、

 手前味噌で申し訳ありませんが、ツモ爺は記憶力は確かに弱くなったなあ、と実感しています、しかし、直感力だけは鋭くなっています、例えば花の雑誌を見ていて微妙な変化がわかります、自分が全力を挙げている道は劣ろえず、むしろ、鋭くなるような気がします
コメント

中央に丸い穴の開いた面白い花器にアートフラワー

2017年12月28日 15時49分03秒 | ツモ爺のひとり言
「アートフラワーの神髄」 
 
 日々アートフラワーの仕事をして15年ぐらい経ちます、この頃やっと真髄と言おうか大切なことが分りました

 それは花器、花瓶の形と色が基本ということです、これまで花器の形状や色を無視して、自分の思いが先走り、無理な形や色を花器に負わせて作っていました

 遅まきながら、この頃はバランスを一番に考えます花器に対して花の大きさ分量と色合いがバランスが取れているか、無理をしたアレンジは何処か不自然な仕上がりになります

 人財でも適材適所と言うではありませんか、アートフラワーも一緒です
コメント

白黒のガラスの花器にアートフラワー

2017年12月27日 14時58分27秒 | アートフラワー
 白と黒のくっきり色分けされたガラスの花器にアレンジをしました

「モノを言うのは”考える力”」
 
 この言葉はライフネット生命保険の創業者出口治明氏の言葉です、そしてこう言ってます、「誰でも知ることのできる情報でも洞察力を働かせることによって読み取れる内容が違ってくる」

「結局モノを言うのは機密情報のようなものでなく考える力なのです、考える力があれば普通に入手できる情報でも、それを分析するだけで、これまで見えていなかった世界が見えてくるのです、それが教養の力であり、知力だと思います」

 毎日同じように新聞を読んでいても読む人によって、ずいぶん受け取り方が違うのだろうな、と考えさせる出口氏の言葉です
コメント

こういうスタイリングも好きです

2017年12月26日 15時20分44秒 | アートフラワー
 アートフラワーのアレンジをしていて思うことは、自分の好きなスタイルを摂りがち、長所もあれば欠点もある

「年賀状やっと終わる」

 パソコンで印刷するのだから簡単だろう、と思われる、しかし、昨年200枚から100枚に減らした、この齢だからもういいだろう、と思ったのです
 
 やり始めると、どこを削り、どこを遺すか、故人になられた方は減らしやすい、しかし、ご夫婦でお付き合いのあった方は1年後は復活して奥様のお名前で出す

 減らしすぎて、多く余りが出そうになり、慌てて復活したり、簡単と思っていたが、一日仕事になる、これも年末の大仕事の一つ

 年の瀬を越すのは容易ではありません
コメント

ふんわりスミレ色のアートフラワー

2017年12月25日 15時02分37秒 | アートフラワー
 柔らかな雰囲気が持ち味のアレンジ

「楽しくないは寿命を縮める」

 楽しくない、面白くないと考えながら生きていたら寿命が縮まるような気がします、つまり不満を一杯抱えて生きているのは健康に良くないことは誰しもわかります

 脳は健康を司っていますから、目標に向かって頑張って仕事を楽しくするほうが心身とも健康で長生きできそうです、

 いま、アートフラワーの新しい見本帳が届いています、とても新鮮な、心を震わせるような色合いの花を見ていると、こういう組み立てをしようか、と空想をたくましくしています

 そんな時間が楽しいのです
コメント

一つずつ、工夫を凝らして作り上げています

2017年12月24日 16時09分42秒 | ツモ爺のひとり言
 何処かに新しい工夫を凝らし作っているアートフラワー

「ややこしい民進党」

 前回の衆院選挙では、希望党、立憲民主党、そして従来の民進党の三つに分かれ、その後も移動があり、いったいこれらの党は、何を目指すのか、国民の目からは全然分からなくなった

 はっきりしているのは、自分の政治家としての保身ばかりで、目指す方向、国のあり方がわからない、そのくせ国民の・・・と言う言葉が出てくる

 民進党の言う「国民の中には入っていません、貴方たちとは無縁です」と言いたくなる、さすがの連合も、どれを支援したらいいのか分からないらしい
コメント

ガーベラ2輪のアートフラワー

2017年12月23日 17時44分04秒 | アートフラワー
 机上に飾るぐらいの手ごろの大きさ

「情報過多の時代に」

 ありとあらゆる情報がネットやマスコミなどから入ってくる、まさに情報が氾濫している時代と言えます、その多くの情報と自分がどう向き合うか、が問われているような気がします

 スマホ一台あれば、あの小さな器機から情報が溢れんばかりに出てきます、本当に便利です、昔なら図書館へ行って調べることが、簡単に手に入ります

 それだけに何が自分とって重要な事柄か、これからの進もうとする自分の道に対して、この情報は要るのか、要らないのか、瞬時に判別する覚悟が必要な時期に入りました

 ツモ爺にとって大切なことはアートフラワーのことだけで、あとは附録のように自分の好みのあることだけに、情報を摂ります
コメント

今年も残り少なくなりました

2017年12月22日 16時02分19秒 | ツモ爺のひとり言
 小さいけれどメリハリの利いたお正月アートフラワー

「何事にも面白そう」

 年を重ねると、つい何事にも興味を示さなくなりがち、自分のことで精いっぱい、他人のことまで手が届かない、となりがち、言うなれば、すべてにどうでもいい、となってしまう

 しかし、これでは自分で自分の人生を放棄するような気がする、せっかく与えられた人生を勿体ないような気もする、楽しい気持ちで過ごしても、苦虫を噛みしめるような気持ちでも一日は一日
 
 なれば、少々苦痛があっても、面白そう、と気持ちを変えてはどうだろう、話は変わりますが、高齢者におこりがちの神経痛(ツモ爺も時々おこりますが)びわ灸を2~3日続けると解消します
コメント