手作りバッグ・玲

酒袋などで作ったオリジナルバッグ

御嶽山から濁河温泉に下る

2007-09-27 23:54:25 | 山歩き

12時40分過ぎ二の池を通過して賽の河原に下りました。広い原には無数の石積みの仏塔が並んでおり、山岳信仰の深さを感じました。摩利支天に13時40分到着。

 摩利支天山(2959m)で小休止したとき、真っ赤な実をつけたナナカマド、コケモモ、紅葉を始めたミヤマダイコンソウ、そして岩の上にはホシガラスの食べたハイマツの実のカスが残されているのを見るなど、山歩きのもう一つの楽しみに出会えました。

     

     

五の池小屋の着いたのは14時15分ごろでした。コバルトブルーの水を湛えた五の池が小屋の下に見えましたが水深は余り深くなさそうに見えました。これからは濁河温泉への下り道です。ザレ場にはまだコマクサが咲き残っておりましたし、途中の登山道にはイワギキョウ、トウヤクリンドウ、イワツメグサ、など季節はずれの植物に出会いました。これも今年の猛暑の影響なのでしょうか?

歩きにくい登山道を下り、16時30分つり橋を通過、17時やっと濁河温泉に通じる道路に到着。予想よりかなり厳しい山歩きでしたが、このコースを歩きたかったので念願かなって満足しています。御嶽山は想像以上に大きな山ですし、コースを変えて今度は頂上で泊まり、ゆっくりと池めぐりをしてみたいと思いました。

     

手作りバッグのお店です     

コメント

御嶽山登山

2007-09-26 20:05:37 | 山歩き

  9月23日~25日御岳山から濁河温泉を歩くツアーに参加しました。今回は少人数の山歩きで和気藹々、少々長い行程で疲れましたし、期待していた紅葉には少し早すぎたようでしたが念願かなって満足しています。

24日7時40分田ノ原登山口を出発。ここはもうすでに7合目。石の鳥居をくぐり砂利道を過ぎると木の階段が続き8時30分、あかっぱげに到着。

 あかっぱげを過ぎ、森林限界を越すと中央アルプス、南アルプスの展望がガスの切れ間から望まれ、2936mの大滝頂上小屋が頭上に見え始めました。

    (大滝頂上小屋目指しての急登)     (大滝頂上から見る剣が峰)    

9時40分大滝頂上到着。御嶽山は昭和54年に水蒸気爆発を起こすまでは死火山と言われていたそうで、それ以降死火山、休火山、活火山という分け方はしないですべて火山と呼ぶようになったとガイドの中村さんに教わりました。

         (大滝頂上)               (剣が峰 3067m)

    

10時40分剣が峰に到着。コバルトブルーの二の池が眼下に望まれ、遠く雲の向こうには乗鞍岳も見えました。

剣が峰の左の登山道を、眼下右下の水の涸れた一の池の周りを二の池に向かって歩いていきました。水の涸れた一の池はさながら月の表面を思わせました。

(一の池越しに見る剣が峰)

    (コバルトブルーの二の池に下る)

 手作りバッグのお店です     

コメント

絣を使った手づくりバッグ

2007-09-16 21:20:47 | 手作りバッグ・玲

 以前、KURAMOTOさんから古い絣を何種類かはぎ合わせた布をいただいており、何か作りたいと思っており、今回10月の作品展用にやや大きめの手提げバッグを作ってみました。

          (前から見たところ)

       (後ろから見たところ)           (斜め下から見たところ)

    

 (ファスナーを開け中を見たところ)   (ファスナーを開けなくても使えるポケット)

    

私が作っているのは主に酒袋を使ったバッグですので、色合いがよく似ていてどんなバッグを作っても同じように見えてしまいます。そのため作品展をするにあたっては素材の違うものを選んだりアレンジするなど考えてしまいますが、簡単には考えが浮かばなかったり思ったようなものにならなかったりで苦しんでしまいますが、これも一種の老化防止かもしれません。10月9日(火)~14日(日)スペースパナクティでの作品展までしばらく苦しみ半分、出来上がったときの喜び半分で頑張りたいと思います。

手作りバッグのお店です     

コメント

金勝アルプスを歩く

2007-09-09 21:11:39 | 山歩き

9月8日、久しぶりの歩こう会の定例会で金勝(こんぜ)アルプスとよばれている竜王山に登ってきました。9:20 上桐生の駐車場出発 11:30 天狗岩着 昼食

    (登山道から見た天狗岩)       (天狗岩から見た琵琶湖方面)   

昼食前天狗岩に登ると眼下に琵琶湖方面が見えました。昼食を終え12:10 天狗岩出発 12:20 耳岩着、ここでリュックを置いて竜王山に向かいました。歩きやすい尾根道でしたが残暑が厳しく12:45 竜王山着、 山頂から栗東トレーニングセンター方面を眺め、写真を撮るとすぐにもと来た道を引き返しました。 

(竜王山から栗東トレーニングセンター方面を見る)

13:10耳岩着 下山開始になって下山道を決めかねると言うトラブルが発生しました。耳岩から少し竜王山に行った先の桐生辻線に下る予定が、いきなり耳岩から下ってしまったのです。後で分かったのですが、水晶谷線で花崗岩の崩れた滑りやすいガレ場が続きました。何箇所も鎖場があり、慣れない人もいたので会長も心配だったと思います。 

  (水晶谷線の岩場を下る)        (シダの生い茂る登山道)          

18名無事林道に出て、出発地の駐車場に着いたのは15:20でした。天候がよく、時間的な余裕があったのが幸いでしたが、山歩きは慎重の上にも慎重を期さなければいけないことを改めて痛感しました。

手作りバッグのお店です     

コメント

手織り布からの手づくりバッグ

2007-09-03 20:40:16 | 手作りバッグ・玲

数年前いずれバッグを作ろうと思い、カラフルな手織りの布を入手しており、今回思い切ってA4の入る手提げバッグを作りました。裏にアイロンで接着芯をはり、さらにその上に厚みを出すための芯をはり切り端がほつれないように細かくミシンがけし、念のため更に端のほつれ止めをするなど、手織りならではの細心の注意を払いました。

持ち手、コーナーなどには牛革を使いました。またかなり広い布だったのでベストも作れました。

来月、奈良県平群町にあるスペースパナクティでの作品展にバッグを展示したいと思っています。

手作りバッグのお店です     

コメント