手作りバッグ・玲

酒袋などで作ったオリジナルバッグ

白山で見た花-2 ヨツバシオガマ

2006-07-30 12:46:38 | 山歩き
白山では、ゴミは美観だけではなく生態系も損なうため、「ゴミ持ち帰り」が徹底されておりました。
また、登山者が近道をして歩くため、踏まれたり、雨水で深い溝が出来、植物が枯れるなど、最近どの山でも痛ましい姿を目にすることが多くなりましたが、白山では至る所、木道やロープの設置で、登山道が整備されておりました。
私たちもよりマナーを守り、ボランティア・自然観察員等の努力で守られているこの素晴らしい景観を、次世代へも守り伝えたいと思います。
最後に、今回も楽しい山旅に連れて行ってくださった猪瀬さん、有難うございました。

手作りバッグのお店です
コメント

白山で見た花 ゴゼンタチバナ

2006-07-29 23:28:31 | 山歩き
登山道で見かけた花の名前を確認したり、知らない花の名前を調べたりするのも登山の楽しみの一つで、南竜山荘で買った『白山・花ガイド』は小さくて持ち歩くのに手頃ですし、カラフルですっかり気に入りました。
天候不順で日光不足のためすべての花の開花が遅いらしく、お目当てのハクサンコザクラも雪解けのあとにちらほらと見ることが出来ましたが、自然観察員の方の話にによるとピンクの川の様に辺り一面に咲くとの事でした。
露を含んだハクサンフウロ、チングルマ、風に揺れるクルマユリ、ヨツバシオガマ、雨に打たれるサンカヨウ、キヌガサソウ、水辺のリュウキンカ。
何度見ても見飽きることなく、大雨に打たれ川の様になった登山道を下りたのが今日(7月29日)の事なのにまた、また花に魅せられ、次の山旅に心躍らせている私です。

手作りバッグのお店です


コメント

白山登山を終えて

2006-07-29 22:58:04 | 山歩き
二度目の白山登山でしたがに降られてしまいました。
7月27日10時30分、最近の雨で観光新道は閉鎖されており砂防新道の登山となり、別当出合登山口を出発、雨を心配しながら花を楽しみつつ登りました。
途中の甚之助非難小屋に着く頃に少し雨が降り始めましたが、何とか宿舎の南竜山荘まで雨具を着ることもなく、15時15分到着できました。
余談ですが、デジカメのバッテリーに充電するのを忘れており花の白山の写真をほとんど撮れなかったのが悔やまれます。
コメント

白山登山を前に

2006-07-26 21:04:40 | 山歩き
7月10日頃から天気のいい日を見計らって白山に登ろうと計画しておりましたがなかなか雨が止まず、しびれを切らしていよいよ明日決行することになりました。
そうしたらやっと梅雨が明けたようで、今日は夏空の代名詞ともいえる入道雲が現れました。
昔登った時は雨で、ガスの向こうにうっすらと白山コザクラらしいピンクが見えたような記憶しかありません。
明日からの好天を祈りながら早朝出発なので、高山植物の夢など見ながら早めに寝ようと思います。


コメント

蚊帳(柿渋染め)の手提げバッグ

2006-07-25 22:34:21 | 手作りバッグ・玲
骨董屋で求めた状態の良い麻の蚊帳を柿渋で染め、気に入った色になったので手提げバッグを作りました。
今では蚊帳を知らない人も多くなった反面、和を楽しむためマンションなどで使われることもあると聞きます。
ただ、一般的には余り使われることもなくなり、ゴミに出した、とか燃やした、また和風建築の土壁に塗りこんだ、などの声を耳にします。
せっかくの大切な素材ですので、数年前からバッグのほかにベストなども作っています。

手作りバッグのお店です
コメント

プランターで育つゴーヤ(にがうり)

2006-07-22 22:39:47 | 日々の出来事
プランターに植えたゴーヤは毎日、毎日蔓をのばしています。
そして、待望のゴーヤの実は12~13センチになりました。
久しぶりの青空の下、やわらかな葉が風にそよぎ、緑の日よけを作ってくれているのが実感できます。
コメント

年代物の腕ミシン

2006-07-21 21:50:10 | 手作りバッグ・玲
バッグを作るために必要なもののひとつが腕ミシンです。
このミシンは20年以上前、浅草でバッグを作っていた職人さんが、いらなくなったからと倉庫にしまっていた物で、ひょんな事から当時千葉県に住んでいた私の手元に来たものです。
すでに30年ほど使っていたとの事でしたから、年季の入ったミシンですが今も現役で働いてくれます。
昔のものですから台も鉄で出来ており、引越しのたびに運送屋さんに重くて迷惑をかけたミシンです。

手作りバッグのお店です

コメント (2)

酒袋のミミを使ったバッグー4

2006-07-21 17:00:40 | 手作りバッグ・玲
先日から作りかけていた酒袋のミミを使ったバッグ(R-4)が出来上がりました。
ポケットはファスナーを開けなくても使えるように、デザイン面も考え口元にひとつ、中には携帯も入るものとファスナー付のものの合計三つあり機能的なバッグです。
いつもながら同じデザインのものを作っても、一つ一つ表情が違い、本物の酒袋の持つ味わい深さに感動させられます。


手作りバッグのお店です


コメント

夏野菜の収穫

2006-07-19 21:45:24 | 日々の出来事
沈下橋を濁流がしぶきを上げて流れていたのが午後2時ごろ。
大雨洪水注意報が解除され、薄日が差し始めたたので、夕方畑に犬の散歩をかねて出かけました。
畑は4日前に行ったとき雑草を取ったし雨続きだったので、余り草も生えていないだろうと思っていたのに、もう一面、草、草でうんざりでした。
でも、キュウリもトマトも、ナスも順調に育っておりましたし、サラダ用にと種を蒔いておいた水菜も小さいながらも収穫でき、今日は野菜尽くしで体にいいものばかり食べられました。

手作りバッグのお店です


コメント

プランターで育つゴーヤ

2006-07-17 22:10:38 | 日々の出来事
昨年、日よけをかねてゴーヤ(にがうり)をプランターに一本植えたところ育ちすぎるほどに伸び、何と、100個も収穫できましたが、家が暗くなったり、獲れすぎて処分に困った経験があります。
今年は、家から一メートルほど離して植え、早めにネットや竹で手を作ってもらい成長を待っているところですが、まるで怪獣のような、ゴーヤをそのままミニチュア化したようなかわいらしい実がつきはじめました。
蔓もぐんぐん伸び始め、近いうちにすばらしい日よけを作ってくれそうです。
ジュースにも出来ると聞きましたが今年はもう少し料理方法を調べ、折角のゴーヤを無駄なく食べようと思っています。
コメント (1)