手作りバッグ・玲

酒袋などで作ったオリジナルバッグ

ナミビア、南アフリカ旅行 3 花三昧

2018-09-06 22:28:32 | 旅行

今回の旅の目的の一つはワイルドフラワーを見ることでした。

事前に見た本によると‘‘花酔いに気を付けろ‘‘と書かれていました。違わず花、花、花。

ハンタム国立公園のニール マクレガーさんの農園、大西洋を見ながら花畑を歩くウエストコースト国立公園は圧巻でした。

 

 

 

 

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

ナミビア、南アフリカ旅行 2

2018-09-04 16:13:30 | 旅行

今回の旅でウェルウィッチアを見るのも楽しみの一つでした。奇想天外とも呼ばれるこの植物はナミブ砂漠の限られた地域にのみ自生し、1000年以上も生きている植物だそうです。

私たちの見たものは1200年程らしく、地下に40~50mもの根を下ろしているそうで強い生命力を感じました。

雌雄異株で固有のカメムシが受粉を助けるのだそうです。

ウェルウィッチア - Wikipedia

ウェルウィッチアはグネツム綱に属する裸子植物である。ウェルウィッチア科に分類され、この科の現生種は本種のみである。アフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠に分布する。1対のみの葉を伸ばし続ける特異な形態を持つ。寿命は非常に長い。和名はサバクオモト(砂漠万年青)やキソウテンガイ(奇想天外)。

 

 

また、鳥好きの私は大きな木に沢山巣をぶら下げているハタオリドリの様子を見るのも楽しみの一つでした。ユウカリやジャカランダに沢山の巣がありにぎわしく、またいそいそと新しい巣を作っているのを見ていると時間のたつのを忘れそうでした。8名の少人数のツアーだったので多少の時間の猶予はありましたがもう少しゆっくりと眺めていたいものでした。

 


手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

ナミビア、南アフリカ旅行 1

2018-09-03 21:55:43 | 旅行

8月22日関西空港発、香港経由でナミビア、南アフリカに出かけました。

ナミビアではアーモンド色のデユーン45に登りたい、南アフリカのナマクアランドで一面のワイルドフラワーを見たい、喜望峰とケープタウンのテーブルマウンテンを歩きたい,夕景のキバツリーの森を見たい。

以前飼っていたコザクラインコがナミビア原産なので会ってみたい。広大過ぎて移動時間が長いのを承知で参加。実に楽しい12日間でした。

    デユーン45                                          南回帰線

   

   デッドフレイ                                        グランドキャニオンに次ぐ渓谷

  

   コザクラインコ                                       イエローカナリア

  

  

   

  

   

  

  May Ⅰ take your picture?  フロントのモデルのような女性                夕景のキバツリー

  

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

北海道旅行 自然

2016-07-02 09:21:00 | 旅行

琵琶瀬展望台から見た霧多布湿原

ペンションサンセットから見た春国岱  沢山のバーダーが野鳥観察に来ていました。

春国岱のなかの野鳥の道を歩いているとヒョッコリ顔を見せたエゾシカ

定番のハマナス

北方原生花園を彩る一面のワタスゲ

釧路湿原で小雨の中で見たヤナギトラノオ ハナタネツケバナ、ヒメカイウ、コンロンソウなど数えきれない花々にも出会えました。

 手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/

コメント

スリランカからただいま!!-3

2015-12-01 15:49:32 | 旅行

11月22日、バンに乗り換え紅茶畑の広がるヌワラエリアへ移動。

翌日は世界遺産のホートンプレインズ国立公園とワールズエンドへトレッキング。「地の果て」と呼ばれる1000mの高さの絶壁から見る景色は圧巻でした。

ワールズエンドの北に広がるホートンプレインズ国立公園は草地が広がる高原で、澄んだ川の流れや風に揺れる草木を眺めながらのトレッキングはとても気持ちよく感じられました。

また、公園入り口近くにはサンバと呼ばれる鹿に似た動物も見ることができました。

11月24日はゴールから世界遺産のシンハラジャ森林保護区へ移動しレインフォレストロッジ デニヤーヤに泊まりました。

レンジャーの案内でジャングルの中を歩きましたが、ヒルにはかまれましたがこんなかわいいヒナの写真も撮ってもらえました。

 

 レインフォレストロッジ デニヤーヤのお皿にはこんなかわいい鳥の絵が!!

高地に行くと世界三大花木の一つ火焔木かいたるところに咲いていました。

以下脈絡なく、撮った写真の一部を記憶のしっかりしているうちにアップします。 

 野生の像  トゥク、トゥク(三輪自動車)  茶摘みの女性  インド洋の夜明け  ホテルにいた鳥 

 11月26日、成田着、羽田から伊丹空港に移動、PM6:30無事帰宅しました。翌日はすぐに病院に行き咳止め、抗生剤をいただき少しずつ良くなってきました。体温計をもっての旅は初めてでしたが同室の方をはじめ、皆さんに助けていただきながら楽しい旅行ができたことを感謝いたします。

通り一遍の観光だけではないツアーを作ってくれる「山旅人」は、少人数で小回りが利きスタッフの気遣いもとても有難く感じられます。馬場さん、ありがとうございました。

  手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 


コメント

スリランカからただいま!!-2

2015-11-30 14:16:11 | 旅行

11月21日シーギリヤレディで有名なシーギリアを訪れました。あいにくの小雨でしたがジャングルの中に突如として姿を現す岩山の大きさに圧倒されました。

岩山の入り口から急な階段を登り金網で囲ったらせん階段を登り切るとオーバーハングした壁面に色彩豊かな美女たちが現れました。

壁画は想像していたよりも大きく鮮やかに思えました。


らせん階段を下るとライオンの入り口のある広場に到着。眼前の大岩に取り付けられた階段を沢山の人が頂上を目指しています。

頂上には王宮跡があり王位継承をめぐる戦いや、当時の人たちの暮らしぶりを想像しながらジャングルに囲まれた岩山でゆっくりとした時間を楽しめました。

  手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

 

コメント

スリランカからただいま!!-1

2015-11-29 21:06:09 | 旅行

念願かなってスリランカへ。11月19日自宅を出たのがAM3:50。伊丹空港8:00発、成田空港乗り換え11:15発、3時間30分の時差、10時間のフライトののち17:45分コロンボ着。

出発3日前から風邪をひき旅行を取りやめようかと思ったほどでしたが、同室のKAYAHARAさんはじめ皆さんに助けられ無事旅行を楽しめたことを感謝いたします。


翌20日、世界遺産のポロンナルワ遺跡観光。

 

ガル・ビハーラには涅槃像、立像、座像が並んでいて仏像の前に立つと大きな一枚岩の迫力と、なだらかな曲線から心が波打ったり穏やかになったり不思議な気持ちになりました。


 手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

世界文化遺産の軍艦島

2015-09-27 13:06:36 | 旅行

シルバーウイークに世界文化遺産の軍艦島に行ってきました。

世界遺産に登録された政治的な、歴史的な経緯のほどは抜きにして登録される前から一度は行きたいと思っていたところの一つでした。

周囲1200mの小さな島に最盛期には当時の東京の人口密度の9倍もの5300人の人が住んでいたとか。

大正5年に建てられた30号アパートは日本最古の7階建て鉄筋コンクリートの高層アパートだそうです。

長崎港から19km沖合の端島は1947年に炭鉱が閉山されてからは無人島になり自然の猛威の前に自然崩壊していったようです。

崩壊が激しく見学場所や時間が制限されている中、案内の方の丁寧な説明で岸壁が島全体を囲い高層アパートが立ち並ぶ姿が軍艦に似ているため軍艦島と呼ばれるようになった経緯や当時の暮らしぶりなどを垣間見ることができました。厳しい労働環境の中ですが共同浴場、理髪店、郵便局、劇場、プールなどの福利厚生も図られていたようです。

上陸するとすぐに目に飛び込んできたのは端島小中学校と貯炭ベルトコンベアーの支柱です。

プール跡

総合事務所跡 

日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造りの30号棟

第二竪抗抗口桟橋跡 

階段が黒いのはこの階段を上って地下1000m以上の地下で働いていた人たちの体に着いた石炭の黒い色だそうです。

案内の方の説明で、軍艦島をただの観光地としてみるのではなく日本の高度成長を支えてくれた先人たちの歴史、時代背景なども考えなければと思いました。

 手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/  

 

コメント

南の島の気まま旅-4

2015-07-14 20:55:05 | 旅行

6泊7日の南の島の旅ではたくさんの植物や生き物を見ました。

聞いてメモをとるなどしたほんの一部です。オオアリアケカズラ、アダンの実、バナナ、シマコショウの木、セマルハコガメ、レンブ(食べられる)

強烈な太陽の下、コバルトブルーの海や赤瓦の古い民家と石垣がとても印象に残った旅でした。

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

南の島の気まま旅-3

2015-07-13 17:28:26 | 旅行

7月7日、歩き屋野遊び店 のぶずのツアーでユツンの滝に行きました。

ユツンの滝はユチン川を縫うように登り、巨大な植物や沢山のポットホール(甌穴)、ジャングルの中を歩きます。

前日の雨で水量の増した滝の下から見上げると、どうしても滝の上まで登りたくなります。ロープをつかんでぬかるんだ足場の悪い中を慎重に登ると

こんな絶景が待っていました!!  滝の上からの眺望はすばらしくジャングル、コバルトブルーの海が一望でき暑い中を登ってきた疲れが吹っ飛びます。

歩き屋野遊び店 のぶずさん、今回2度目の利用ですがお世話になりました。ありがとうございました。

植物や昆虫、自然についてなど詳しく説明していただき、なかなか頭には残っていませんが沢山写真を撮りましたので整理してみます。

翌日は石垣島に帰ります。ペンションのテーブルにさりげなく飾られたハイビスカスの花が南国情緒たっぷりです。

グァバジュースも美味しくいただきました。

7月9日台風9号の接近で飛行機が飛ぶかどうか危ぶまれる中無事帰宅。あと半日遅い便にしていたら足止めだったかもと思うとすべてラッキーな旅だったと感謝しています。

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント