手作りバッグ・玲

酒袋などで作ったオリジナルバッグ

セイタカシギ

2017-04-25 20:53:38 | 野鳥など

昨日の夕方、水を張った田んぼにアオサギに混じってセイタカシギが餌をついばんでいるのを見かけました。

その時はあいにくカメラを持っていなかったので大急ぎで自宅に取りに帰りました。

車で往復15分ほどの距離でしたが帰っている間に飛んで行ってしまわないかと気が気でありませんでした。

静かに車を田んぼの横につけたのですが、気配を感じてすぐに遠くに歩いて行ってしまわれました 

 

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

浜離宮庭園のハシビロガモ

2017-04-17 20:41:13 | 野鳥など

先日たずねた浜離宮庭園の池にコガモ、ハシビロガモがいました。

ハシビロガモは何度か見ていますが羽を休めている様子や近くで泳いでいる姿を見ることが少なかったので見えて良かったです。それにしても文字通りハシビロですね!!


 

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

高尾山のタカオスミレとエイザンスミレ

2017-04-13 22:05:01 | 山歩き

東京都八王子の高尾山を歩きました。今年の春はいつまでも寒いようで桜の花もまだ満開の状態で残っていました。

登山道に入るとすぐ二輪草が水辺に沢山かたまって咲いており、 立ち入りを規制するなどして自然を回復している様子が分かりました。

お目当てのタカオスミレはカメラを提げた男性が詳しく教えてくれました。葉は花が咲いている時には茶色ですが花後には緑色になるとのことでした。

 ネットでしらべてみると タカオスミレは、「ヒカゲスミレ」の葉が茶色に変色した変種です。唇弁の中心は赤みがあり、白い花の下弁に細かい紫色の条が目立ち、基部には毛が密生します。一説には葉の裏が緑のものを=ハグロスミレ=と呼んだ事もあったようですが、現在では葉の表面が黒紫色になっていれば全て「タカオスミレ」と呼ぶようです。もっとも、厳密なタカオスミレは、葉の「裏面」も黒味をおびたもので、そういう個体は滅多にないそうです。と書かれています。それにしてもスミレに毛が密生しているなんて驚きです!!

近くにはエイザンスミレも咲いていました。菫の種類はとてもたくさんあるそうですが葉の形や色など特徴的な物だけでも覚えたら楽しいと思っています。私はエイザンスミレや肥後スミレの細かい葉のスミレが気に入っています。

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント

晴天に誘われて摩耶山に

2017-04-05 22:57:26 | 山歩き

神戸の友人にお願いして摩耶山に連れて行っていただきました。

新神戸駅から布引貯水池を経て、市ケ原、稲妻坂、天狗道を登り頂上です。

以前テレビで神戸の港が発展したした理由の一つに六甲の水が関係していると言っていました。腐らない水が船に積まれて長い航海を助けたとのこと、明治時代に作られた設備が今でも残っていて活躍しているらしく先人の技術の偉大さに敬服しました。

雲一つない晴天の元、頂上でお弁当を食べた後カスケードバレーを下りました。

案内板にはハイキングコースと書かれていましたが友人はスイスイと下っている後を必死でついて歩きました。もう少し鍛えなくては駄目ですね("^ω^)・・・

手作りバッグのお店です http://bag.shop–pro.jp/ 

コメント