1日の終わりに ~森真理マンドリン教室~

マンドリンと共に暮らす日常のあれこれを、ほぼ毎日綴っています。

両親の気持ちを改めて知る日

2021年01月25日 | Weblog

6月の片岡マンドリン研究所の発表会、無観客で開催予定だそうです。
通常と違って、事前の伴奏合わせはあるかどうかわからないようで。
となると、無伴奏か一発合わせでやるか、だなぁ。
悩ましい。

年末に引っ越した息子が遊びにきました。
お正月に会えなかったので1カ月ぶりの再会です。
うれしい。
夕食のメニューは事前にリクエストを聞いて、息子の好物を作りました。
元気に一人暮らしを楽しんでいるようで、よかったです。

帰りは、お米や買い置きの食品、冷凍の鰻、あれもこれも持たせました。
私も実家に寄るたびに両親にこのようにしてもらっていたな。
どんなものでも持たせたい親心。

運転気を付けて
元気でね

自分が両親からかけられたのと同じ言葉で見送りました。
コメント

玄関前まで迫りくる恐怖

2021年01月23日 | Weblog

抗体検査で陽性が出た
これからPCR検査に行く

昨日主人から届いたメッセージ。
これだけ感染者が増えているから、いつ誰がなっても不思議じゃない。
そう思っていたものの、現実に身に降りかかると動揺しました。

会社で週に一度の抗体検査を全員がすることになっているそうです。
検査キットが配られていて、指先に針を刺して血液を垂らして判定する。
陽性反応が出たので、念のため再度検査してまた陽性。

自費のPCR検査を予約し、検査に行きました。
結果は早くて3時間後に連絡がくるとのこと。

私は緊急事態宣言が発令してから対面レッスンは休んでいるので、仕事関係の連絡をしないで済んだのは幸いでした。
カルチャー等の決まりでは、PCRの結果がわかってからではなく、その前に(検査を受けると決まった時点で)連絡することになっています。
娘は職場に現状を連絡。
結果がわかってからでは対応が間に合わないので、早く知らせる必要があります。

陽性だった場合、これからどうするか。
症状は無いので、ホテルには入れてもらえないはず。
もともと、誰かが感染したら私の実家に隔離、ということを考えていました。
生活に必要なものは揃っている詩、ある程度の食糧の備えもある。
私は行き慣れているけれど、主人が1人でしばらく暮らすとなると、追加で持っていくものがいろいろ必要です。
接触できないとなると、私が先回りして家を整え、カギをどこかに置いて先に帰るか・・・。

家族もPCR検査をすることになるだろうから、明日のレッスンはキャンセルしないと、あとはどこに連絡すれば、などなど落ち着きませんでした。
毎日たくさんの人がこういう気持ちになっているんですね。

結果がわかったのは予定より1時間遅く4時間後でした。
「コロナは存在しない」「低リスク」
という、いまひとつピンとこない言葉でしたが、とにかく陽性ではないという連絡がきました。
またそれを職場と知人に伝えて、ほっと一安心。
陽性か陰性かで、大きな違いです。

神奈川県の感染者が多いニュースは毎日見ていましたが、それでもまだ他人事の気持ちでいました。
それが昨日は、玄関の前でインターホンに手がかかってるくらいまで迫ってきたんです。
家族でこうなんですから、当事者だったらどれほどのストレスか。

とはいえ、今回は陰性だったけれどこれでもう安心というわけではありません。
いつでもだれでも感染の可能性はある。
自分ができる対策はして、陽性になった場合に備えることも必要だと思います。

さてさて、

では抗体検査陽性はなんだったのか、というと、私もよくわかりません。
説明のサイトでは、これが比較的読みやすいです。
たぶん、「IgM抗体、IgG抗体ともに陽性」だったんではないかな。
で、コロナじゃないなら、なんなんでしょうね。


明瀬山、本当に強いですね。
栃ノ心に正面からがっちり勝ちました。すごかった。
コメント

遠近両用コンタクトレンズ

2021年01月21日 | Weblog

コンタクトレンズを注文してきました。
割れたものを持って行こうと思っていたのに、すっかり忘れました。
考えてみればどう割れていようと使い物にはならないし、スタッフの人も別に見たくないか。

間に合わせで装着した元のレンズが、とても装用感がいいんです。
遠近両用はなんだか厚みがある感じ。
どうせ買い替えるなら、新製品でいいものができていればそれを選びたいと思ったんですが、

・遠近両用はそんなもの(ひどい言い方・・・)
・お勧めのものがあるけれどメーカー在庫がない

というわけで、前と同じものに決定。しょんぼり。
検眼の結果、度は進んでいなかったので割れてないほうはそのまま使えるそうです。
というわけで、買うのは1枚で済みました。
でも2万5千円弱。
本当に、視力が悪いことで今までどれほどのお金がかかったでしょう。

たくさんのコンタクトレンズを取り揃えている大きな眼科なんですが、私の度はよほど特殊なのか、取り寄せで配送されることに。
届くまでは、片方遠近、片方近、という状態で過ごします。
本番もないし、さほど困ることもありません。
車の運転も問題なかったです。

この頃、寝る前の踏ん切りがつきません。
私の悪い習慣で、午前0時を回った頃からいろいろなことがしたくなっちゃう。
やってもやらなくてもいいようなことなんです。
寝室に行くのがずるずると毎日遅くなり続け、2時半頃新聞配達のバイクの音でやっと焦るありさまです。

とにかく今日こそは早く寝よう、と今のうちに言ってみる。
何もかも切り上げて12時前に寝よう。
自己免疫力が下がると良くないので、まずは夜更かしをやめよう。

明瀬山連敗脱出しましたね。
やっぱり気になっちゃう。

就任式のジェニファー・ロペスを見逃しました。
報道ステーションでやるかな。
コメント (2)

コンタクトレンズが割れてた

2021年01月20日 | Weblog

コンタクトレンズを装着しようとしたら、いつもと違う触感。
落としてしまったのかと思って、指先をよく見たら(何しろかなりの近眼)指に乗っているのはレンズのかけらでした。
二つに割れてしまっていて、指に半分、ケースに半分。
昨日はいつも通りケースに入れたはずなのに、一体何が・・・。
気温が低くて割れる、なんてことはないですよね。今までもっと寒い日もあったし。
傷をつけた心当たりがないので、寿命なんでしょうか。

寿命って、いつ買ったんだっけ?
と記憶はまるでないんですが、ブログを検索するとたいていのことはわかるので便利。
2019年9月のようです。
まだ2年経ってないのになぁ。

1日中メガネだととても疲れるので、片目は遠近両用コンタクト、もう片方はその前に使っていたコンタクトを装着しました。
遠近両用にしたときは見え方に慣れるまで少し時間がかかりましたが、今ではすっかり慣れています。
以前のコンタクトにしたほうは、手元の小さい字がほぼ見えない。老眼が進んでいることを自覚しました。
普通のコンタクトのほうが遠くはよく見えるので、このまま別種類のを使うってのも有りかも。

でも、やっぱり遠近両用を作り直そうと思います。
思いがけない出費・・・。


コメント

オンラインレッスンの意外なメリット

2021年01月19日 | Weblog
オンラインレッスンにZoomを使っています。
ノートPCを買ったので、スマホのアプリにスケジュールを入力するのと、少し段取りが変わりました。
当初、PC版の慣れない画面でスケジュールを設定しようと思って「新規ミーティング」を開いたら・・・・

画面いっぱいに疲れ気味の自分の顔が映し出されてびっくり。

新規ミーティングというのは、どうやら即座にミーティングを開始するときタップするものらしい。
予約開催の場合は「スケジュール」を選択するべきでした。

問題はその操作ではなく、モニターに映った無防備な自分の顔です。
アングルも悪いし、何より髪も顔も「素」のまま。
自分の認識(というか、実際は理想)より10歳は老けていたんです。

今は外出することがかなり減っているし、対面レッスンをしていない。
近所に出るときはマスクをしているので、メイクも適当です。
くちびるに色が無いのはまさに病み上がり。
演奏を録画すると自分の演奏の現実と向き合うことになりますが、同時に自分の見た目の現実も突きつけられます。

というわけで、オンラインレッスンの日は外に出かけるときよりメイクをしっかりしています。
それであの程度(見た人にはわかる)ですから、やらなかったら具合が悪いんですかと聞かれそうです。
人と話さないと表情も乏しくなってしまう。口角が下がりますね。

そんなことを、今日のオンラインの生徒さんも課題の録画で感じたそうです。
現実を知って、その対策を。
演奏も見た目も、客観的に見るのが大事ですね。

今日はオンラインレッスンを5名しました。
やるべきことがあるっていいな。
やっぱり仕事がないと気持ちが引き締まりません。

文化庁の補助金、第三次の実績報告を送ってから1カ月経ちました。
マイページは何ら変化ありません。
今週の金曜日に連絡がくることを期待しています。

コメント

青色申告記帳指導3回目

2021年01月18日 | Weblog

今日も行ってきました、青色申告会。
あと何回行けば終わるんだろう。
でもこのおかげで、あるカルチャーからの支払い計算が間違っていることがわかりました。
それを申し出たら、先方が間違いを認めてくれて、明細の訂正、不足分の支払いをしてくれることに。
よかった。

前回の経験を生かして、今日は9時過ぎに行きました。
受付をしたら順番は2時過ぎとのこと。
時間まで実家で待機です。

今日はWi-Fiを持って行けなかったので、おさらい会の試作DVDの再チェック。

左側のは、娘が高校生の頃の切り絵作品。
母が気に入って、良く見えるところに貼っていたんです。
その前は、娘の描いた絵を貼っていたかな。剥がし後が残ってしまったんですね。

11月末のおさらい会。
もうずいぶん前のことのような気がします。
今年も開催できることを祈っています。

さて、予定の15分ほど前に青色申告会に到着したら、すぐに呼ばれました。
早めに行ってよかったです。
今日の担当さんは、ポイントを絞って指導してくれたのでわかりやすかった。
とりあえず今の課題をふたつクリアしてから次のことをしましょう、と。
持ち時間を余らせて終了しました。

CDTV、ダンスブレイクがあってよかったです。
I-LAND始まった頃と比べると別人のように成長して、これからもますます楽しみですね。

明瀬山、連敗だなぁ・・・

コメント

どうして今この記事が?

2021年01月17日 | Weblog

このブログの人気記事ベスト10がページの下のほうに出ています。
たいてい上位にあるのは、最近の記事か、星野リゾートキャンセルの話が多い。
でも、今日の5位は「なまり亭」!
どうして今これが読まれたのか不思議~。
何かありましたか。

今日は棚卸をしました。
昨年完成したCDの12月31日の在庫数が青色申告に必要とのことなんです。
あっという間に数え終わりました。
去年は完成記念コンサートは中止、南高マンドリン部OB合奏団の演奏会も中止、おさらい会で物販できず。
覚悟はしていたけれど、改めて在庫数を見て現実は厳しい、と思います。
今年もこんな状況で果たして演奏会ってできるんだろうか。

何がきっかけだったか、突然I-LANDを見始めてどっぷりはまりました。
オーディションものは本当におもしろい。思いっきり感情移入してしまいます。
一番好きなシーンは、最終回の途中に差し込まれた映像で、脱落したメンバーがI-LANDを訪問し、練習場で全員で自然発生的にInto the I-LANDを歌うところ。心底楽しそうで生き生きしていて、いきなりやってもダンスが合ってる。
それにしても、お金のかけかたがすごいことにびっくり。
今は、デビューしたENHYPENの動画を見ています。
それぞれの成長から目が離せません。

コメント (4)

青色申告記帳指導2回目

2021年01月15日 | Weblog

診察室に入って

「では、服脱いでくださーい」

「は、はい」

「全部脱いでくださーい」

「・・・」

つぶさに調べられる私
無表情な助手と2人で隅々まで


これと似たような気持ちになりました。

だって、通帳を全部先方(指導員)に見られるんですよ。
私の場合、事業用の通帳を作っていなかった上に、各カルチャーの入金がまとまってなくて、4つの銀行を使っています。今思えばなんでこんなことをしてしまっていたのか・・・。
それぞれ仕事関連の取引は全体の5%以下なのに、残り95%の個人の取引をすべてソフトに記帳しないといけないんです。
その入力にミスがないかどうかを、とことん見られる。
人に通帳の中身を見られるなんてことは普段無いのに、4行分も。
もちろん指導員は仕事に徹しているし、私の財政事情には興味もないと思いますが、それでもかなり抵抗があります。
ほんと、丸裸になった気分。
でもわからないことばかりなので、こうやって教えてもらうしかないんです。

話を朝にさかのぼると

受け付け開始の8時45分に行ったら、建物の向いの歩道に列ができていました。
私は18番目。先頭の人は何時に来ていたんでしょう。
9時になってから入館スタート。寒いけれど、それまで外に立っているんです。
コロナ対策で少人数ずつ案内され、私の順番がくる予想時間は13時とのこと。
時間がわかるととても助かります。
寒い建物の中であてもなく待つのは本当に辛いんです。

というわけで、実家に行って13時少し前に出直すことにしました。
母にお線香をあげたり、食事をしたり、のんびりしていたら申告会から電話が。
意外と早く進行しているので、11時に来られるならどうぞ、という内容でした。
再訪して、呼ばれたのは30分後くらいだったでしょうか。

案内してくれた方は例の昭和的事務服を着ていたので、てっきり受付担当の人だと思っていたら、その人が今日の私の担当さんでした。
会員ひとりひとりのカルテのようなもの(紙に手書きタイプ)があって、前回の指導の内容、保留にしている点などが書いてあるようです。
それを元に進めるものだと思っていたら、その段取りがわかっていない様子。不安。
さらには、私のUSBを渡したのに前の相談者のデータがPCに残ったままで、名前も確認せずそれを開けそうになった。不安。
こちらから、画面に表示されてる名前が違います、と言ったら、担当さんはあたふたして復旧できず。不安。

結局、見るからに何もかも知り尽くしている人、が登場。
その人主導で、担当さんは助手さんになったのでした。
すべて事細かに指示して、助手さんが入力作業をしてくれるんですが、この私が驚くくらい入力が遅い。遅い上にミスも多い。不安。
研修中なのかよくわかりませんが、「知り尽くした男」が一人で担当してくれたら、効率いいだろうなぁ、と思いました。
ともあれ、親身になってよく教えてくれたので、本当にありがたかったです。
仕分けが難しいところは、動画を撮影してきました。
これでなんとかいろいろ進められそうです。
でもゴールまでの道のりは長い。
がんばろう。

夕方から、オンラインの体験レッスン。
Zoom初体験の生徒さんが無事つながるとそれだけで一安心です。
ひさしぶりにお元気そうな様子を見て、うれしくなりました。
ミーティングを終了するときって自然手を振ってしまいますね。
それもまた楽しい。

今日、生徒さんから「明瀬山、すごいですね♪」とのメールが。
やっぱり気になっちゃいますよね、明瀬山。
今日も勝っちゃった。
明日はしっかり応援します。
貴景勝が心配ですね。

コメント

青色申告で悩む

2021年01月14日 | Weblog
今日は仕事がお休み。
というわけで、どれほど待ち時間があってもいいから青色申告会に行きたい。

が、しかし。

理由はわかりませんが、今日はお休みだそうです。
前回行ったときに聞いていたので無駄足になることはなかったです。

いろいろネット情報を読むほど、私程度の事業規模では65万円の控除メリットがないらしい。
所得が多い人は本当に有利だと思うんですが・・・。
苦労して細かい帳簿付け(ソフトに入力)しても、結局税額はたいして変わらないという試算を見たんです。
それをもう一度読もう、と思ったら検索しても見つからず。

とりあえず、これ以上経費を入れようと入れまいと結果は変わらないようなので、カード支払いしたものは全て事業主借で済まそうかと考えています。
カード払いの経費ぶんと個人使用との仕分けが本当に大変なんですよ。

電気代も経費に入れられるということなんですが、その按分が難しい。
まず、家の総面積とレッスン室の面積の比率を出す。
月に何時間レッスン室を使っているか計算し、そこから月の経費を算出する。
レッスンに使うのは確かにレッスン室ですが、通過する部屋(リビングとか)にもエアコンを入れるし、夕方には玄関や階段にも電気を点けます。
そのぶんは無視、なんだろうなぁ。
そう考えると、きっと対象になる経費はほんのわずかで、計算と入力の労力が惜しい。

最初から、「あなたなら10万円控除でいいですよ」とか教えてくれたらいいのになぁ。
でももうやりかけてしまったので、なんとか終わらせようと思ってます。

明瀬山、今日も勝っちゃった!
土曜日は目が離せないことになりそうです。
コメント

悲しいとき~

2021年01月13日 | Weblog

大関が四連敗したとき~

今日こそは、と思ったのに宝富士相手にあの内容だと心底心配になります。
両横綱はいないしコロナ休場は多いし、休めないのが気の毒です。
でも明日から全勝すれば勝ち星が二桁という可能性もある!

明瀬山は調子いいですね。
なんだか気になっちゃう明瀬山。



今日は午前中に自分の課題の収録。
午後からオンラインレッスンお2人、1時間休憩して自分のレッスンでした。
かつて弾いたことがあって、しかもその時は弾けてる気になっていた曲。
改めて取り組むと、まだまだ遠い道のりだということを思い知らされます。

大晦日ににぎわい座に行ったとき、長唄三味線のお題を見て、もしこの場で急に「何か弾いて」と言われたら(もちろんそんなことはないんですが、たまたま楽器を持っていたので)何を弾けば・・・と考えました。
いつでも何か弾けるだろうと思われるでしょうが、私は心底暗譜が苦手なので、とても困るんです。
楽器の試奏をするとき、または突然のリクエスト(こちらは体験レッスンの人にたまに言われることがある)、いつでもどこでも弾けて、聴いた人もとりあえず納得してくれるような曲とは・・・。
今練習している曲は、そのひとつになるであろうと思います。
きっちり仕上げて、そして折に触れ練習してキープしておかなければ。

話変わりますが、

私のブログを読んでくださってありがとうございます。
マンドリン関係の方もいれば、楽器とは無縁の方もいらっしゃると思います。
1日あたり平均600人(PVではなくUU)の方が訪れてくださっているというのは、本当にありがたいことです。
あまり役に立つこともないような私の日常のあれこれを、遠い街のお会いしたことがない人が読んでくれている。
その匿名な感じ(FBなどと比べて)が好きです。

私の演奏を聴いたことがある人より、文章を読んでいる人のほうがはるかに多い。
おさらい会でも演奏よりアナウンスを褒められる。

うれしいような悲しいような。
コメント