テッカ(湯田伸一)の中学受験伴走記

私立・国立中学受験生を応援し続けて33年。
中学受験『エデュコ』を主宰するテッカ(湯田伸一)の応援メッセージ。

28期生が巣立っていきました

2021-03-01 15:26:44 | 中学受験


 エデュコ28期生のエデュコ通いが、恒例となっている2月21日(日)の「駅看板写真の撮影会」をもって最後となりました。当日は、在籍された69名中67名(志木駅前本部校35名・ときわ台駅前校32名)が参加され、「誇らしく、にこやかな表情」で写真に納まっていました。本写真は、各期のエデュコ生たちが、志木駅・ときわ台駅にそれぞれ1年間掲示されるものとなっており、この行事もほとんどの子どもたちが嬉しく集うイベントとなっています。
 
 撮影風景を見守るエデュコ主宰者の私にとっては、真に「安堵する・感謝する・また願う」時であり、途切れることなく続く受験支援活動においても、各期の巣立ちを確認するような大きな節目となるものです。
 28期生は総勢69名でしたが、重複合格者数総計184名は例年を大きく上回るものでした。それは、これまでの受験活動の自己総括として、「自分がどれくらいがんばれたか」「自分がどれくらい変われたか」を問い続けた証左であり、間違いなく実力をつけた、「勉強上手になった」子どもたちでした。
 進学先一覧(HP参照)が示す通り、大手塾のような「量の迫力」はないものの、「質の高さ」は目を見張るものと自負できます。

 また、「写真撮影会」に先んじて、「受験体験記」の寄稿も募りましたが、会員69名中67名から、保護者様からも13名から寄稿頂き、後に続くエデュコ族へ頼もしい「轍」を残してくれました。一般的な広告に見受けられる手記と異なり、苦しんだこと・楽しんだことを飾らない実践記録として、後に続く方へ伝承していただけることは「テーマ・コミュニティ・エデュコ」の真髄と誇れるものであり、感謝に堪えません。

 「受験体験記」「駅看板写真」とも3月中の完成を予定しておりますので、楽しみにお待ちください。また、卒業後であっても、足繁くエデュコにお立ち寄りください。待っています。
 一昨日(2月27日)は、7期生の男性(兄)と9期生の女性(妹)が揃って近況報告に来てくれました。いつまでも、エデュコ族としてエデュコを気にかけてくれることは、嬉しい限りです。
 2021年大学入試の決着も間近です。22期生・21期生たちの動向も気になります。

 話を戻して、なぜか、28期生並びにその保護者様からは「いつまでもお元気で、頑張ってください」という励ましを少なからずいただきました。お心遣い、ありがとうございます。「元気に決まっているでしょ。見ればわかるでしょう」、絶対にくたばりません。
 改めて、28期生のさらなる飛躍を祈念いたします。幾つになっても、エデュコに立ち寄ってください。
コメント

これまで頑張った自分を誇りにして、ひるむことなく堂々と向かっていきましょう

2021-01-31 19:28:50 | 中学受験


 エデュコ28期生の受験学習が、本日の「時事問題特訓」をもって終了しました。28期生は最後まで、健気に自分を磨き上げてきたといえます。2月1日から受験に挑む全員が今日もエデュコにやってきました。

 例年、この最終日には志木駅前校、ときわ台駅前校とも数十名に及ぶ先輩たちが現れ、後輩を待ち受けるメッセージを発信するのですが、あいにくのコロナ禍で「激励文集」に変えることとなりました。それでも、計65通のメッセージが到着し、入試当日の心構えなど「他人事」ではない、感情移入たっぷりの「自分事」のような具体的なメッセージであふれました。卒業生の方々、本当にうれしく思います。ありがとうございました。

 28期生の皆さん、皆さんは今、間違いなく「自己最高」の状態にあります。そんな自分を大切にして、自分のために頑張ってみましょう。入試は絶対評価ではなく相対評価によるものですから、自分の意のままにならないこともあるでしょう。でも本当の「合格」は、他者との比較ではなく、自分で自分に与える「合格」といえます。「どれ位がんばれたか」「どれくらい変われたか」という自分の成長を自己評価することです。

 これまで頑張った自分を誇りにして、ひるむことなく堂々と向かっていきましょう。自分の力を出せるか否かです。自分が蓄えてきた「思考力」「解法の要領」に自信をもって、自分流の解答を作り続けましょう。
 まぎれもなく皆さんは、「自己最高」の状態にあり、「人事を尽くしてして天命を待つ」域に達しています。進学する学校がどこになるのか、楽しみにしましょう。
コメント

新年あけましておめでとうございます

2021-01-01 14:08:11 | 中学受験


新年あけましておめでとうございます。

 2021年が、エデュコ会員・保護者の皆様にとって、素晴らしい年になるよう祈念いたします。また、経験したことのないパンデミックに襲われている中、会員・保護者の皆様の良識的なご協力に改めて感謝申し上げます。
 
 現在、エデュコでは冬期講習の只中(3・4・5年生は終了)ですが、それぞれの学年において子どもたちは、「緊張感」「わくわく感」を持ちながら、活き活きとエデュコにやってきています。

 あと9日ほどで埼玉の一般受験を迎える28期生(6年生)は、冬期学習計画に沿って、粛々と作業を進行させているように見受けられます。授業中の反応もばっちり、家庭学習の進捗状況もほぼエデュコスタッフのイメージ通りと評価できるでしょう。
 1日4点分の得点力増強を合言葉にしていますが、その実現は十分に期待できるとみていいでしょう。体調管理も万全にして、走り抜けましょう。

 29期生(5年生)は、新6年生の前段として入試レベルの問題に取り組むようになりました。これまで、細分化された限定単元に限って学習していたものから、複合的な問題に取り組むようになるわけですが、戸惑いと同時に、真剣さをぐっと増した表情で取り組んでいました。受験生に脱皮していく段階です。

 30期生(4年生)は、これまでより難易度が増した問題に、健気に取り組んでいました。その手強さに、戸惑いの表情を浮かべる子も少なくありません。5年生になれば、いよいよ入試問題レベルの問題と格闘しなければなりません。とはいえ、その覚悟は十分な様子。冬休み家庭学習も含めて、確実に前に進んでいると評価できます。

 31期生(3年生)の冬期講習クラスは、4月からエデュコ通いを検討する一般生も加わり、賑わいました。「角度」「線分図」「規則性」「小数」等、これまでにない視点で問題を解く試みなのですが、「できた!」という表情でガッツポーズを見せたり、「悔しさ」から涙を見せたり、ゲラゲラ笑ったりと、総じて「楽しい!」表情でいっぱいでした。明るく、楽しく、活き活きと学習する集団形成を予感させられます。

 このように、皆それぞれのステージで確かな成長を見せています。支援する私たちも、常に成長・改善を心がけて頑張る所存です。
 今年も、変わらないご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。
コメント

受験校の試験ルールに合わせた練習・準備を怠らないようにしましょう

2020-12-07 20:46:53 | 中学受験


 エデュコ28期生の2021年入試に向かう体制も、最終確認の段階に入ってきました。コロナ禍の中、ほぼすべての中学の入試運営が、前例踏襲ではない新たな方策を取り入れた実施要領になったといえます。私たちエデュコスタッフも、例年の経験にはない要領を突き付けられることとなり、例年に増した緊張感をもって臨まなければなりません。

 前例にない方策とは、まず、追試験の実施をあげられます。エデュコ生に関する受験校でいえば、開成中学が2月23日に、城北中学が2月28日に実施予定と発表しました。さらに、山脇学園中学、共立女子中学、西武文理中学、東京電機大中学、星野学園中学などが追試験の実施を発表しています。今後も追試験の実施を発表する学校は出現するかもしれません。仮に、今後少なくない学校が、追試を実施するようになれば、保護者は情報整理だけはしっかりしなければなりません。

 次に、桜蔭中学の保護者面接中止、学芸竹早中学のグループ面接中止とそれに替える自己PR書の提出、栄東の同一試験種の日程分散、大宮開成・栄東・芝浦工大・豊島岡・本郷などの試験開始時刻の分散など、少なくない学校で実施に関する変更がみられることから、受験生側にもそれなりの対応が求められると認識しておきましょう。

 また、富士見中学(各教科5分短縮)などの試験時間の短縮、学芸大竹早中学(6年生配当単元からの出題なし)などの出題範囲の変更など、各学校により変更がみられる場合があることから、その前提での過去問演習体制をとらなければなりません。

 余談ですが、このコロナ禍がもたらした、もう一つの大きな変化と言えば、WEB出願・WEB合格発表が一気に加速されたことをあげられます。特に、合格発表に関しては、開成中学・麻布中学・武蔵中学、桜蔭中学・女子学院中学・雙葉中学のいわゆる男女御三家が、すべてWEBによる合格発表に転じたように、掲示発表だけに止まる学校は国立の一部の学校などに限られようになりました。合否には関係しないものの、中学受験の在り様に変化を働きかけたのは確かでしょう。

 最後に、28期生の皆さんの手元には、「募集要項」が揃っていることと思われます。「募集要項」は、大雑把ではなくきちんと読み込んでおきましょう。 「入学手続き」「合格者説明会」の日時はもとより、受験上のルール迄熟知しておく必要があります。
 例えば、受験票等を除く、解答の為に「持参するもの」についていえば、
・武蔵中学:鉛筆(シャープペンシル可)・消しゴム・個人時計類使用禁止(教室設置時計あり)
・城北中学:鉛筆(シャープペン)・消しゴム・上履き
・豊島岡女学園中学:黒鉛筆またはシャープペンシル・プラスチック製消しゴム(定規・コンパス・下敷き・マーカー使用不可)
・鷗友学園中学:筆記用具(芯を振って出すタイプのシャープペンシル不可、下敷き・定規・コンパス・分度器不可)
・早稲田中学:筆記用具(シャープペンシル・色鉛筆・マーカー可)、
・学習院女子:鉛筆またはシャープペンシル・消しゴム・三角定規・コンパス・腕時計(スマートウオッチ不可)
等、学校によるルールは様々です。
 受験校の試験ルールに合わせた練習・準備を怠らないようにしましょう。

 合格のイメージを持ち、残された30日~50日で、それぞれの最高の状態になるよう仕上げていきましょう。
コメント

過去問2巡目の手掛け方・意義を再確認します

2020-11-26 22:09:49 | 中学受験


 エデュコ28期生の受験学習も、過去問2巡目へと移行しています。過去問演習を繰り返す目的を今一度確認してみましょう。最も多く聞かれる素朴疑問とすれば、①「答えを知っている問題をなぜやるの?」②「同じ問題が出るはずはないのになぜやるの?」③「反復学習はエデュコの学習観の対極では?」などというものです。

 まず、お断りしておきますが、2巡目の練習は「何点取れるかな?」でないことは確かです。まさにご指摘の通り、1回答えを承知している問題ですから、実力評価とは言えません。真の狙いは、記憶した答えを記述することではなく、改善点をしっかり振り変えることにほかなりません。

 例外なく、第一志望校の1巡目演習時の得点率は40%台にとどまっていたはずです。そして、解答解説・ノート・予習シリーズを参照して改善を図り、改善後の得点率を80%としてきました。ただ、その改善分の40%は「わかる」に届いただけで、必ずしも「できる」にはなっているとは言えません。この部分をしっかり再確認することでこそ、2巡目の目的です(①の指摘とは相容れません)。ですから、2巡目は、ゲームに終わらせることなく、先ず改善点の確認=直しから始めることをお勧めしています。

 そのうえで、さらに、制限時間内でどのように実力を発揮するかを念頭に、解答の要領をイメージすることが求められます。ここまで言えば、ご納得いただけると思いますが、一般に、「反復」というのは覚えたこと・習得したことを身に着けるためのものであり、私たちが提案する「繰り返し」は、「わかる」を確かな「できる」に変えることを目的とするものです(③の指摘とも異なります)。

 また、問題分析的な視点を持たずとも、同じ問題構成、問の立て方、その解答方法になれることにより、問題への慣れ・解答要領の上達を図ることになります。つまり、「適応力」が自ずと強化され、得点力が増すことを狙いにします(②の指摘も当たりません)。

 参考までに、最も多くのエデュコ生が受験する城北中学の入試問題構成を下に示してみましょう。
<2020年度第1回入試>
「算数」
1番:計算問題2問 ①少数分数混合計算②還元算
2番:小問集合 ①割合(食塩水の濃さ)②平面図形(角度)③割合(仕事算)(④場合の数⑤平面図形(周りの長さ)⑥平面図形(面積比と辺の長さ比)
3番:速さ 4番:規則性 5番:立体図形
「国語」
物語文1題
1番:語句の意味選択2問
2番:理由選択
3番:心情表現30字以内自由記述
4番:内容説明40以内自由記述
5番:理由選択
6番:状況選択
7番: 状況選択
8番:状況説明40字以内自由記述
9番:理由説明60字以内自由記述
10番:内容説明30字以内自由記述
11番:理由説明80字以内自由記述
漢字独立題10問

<2019年度第1回入試>
「算数」
1番:計算問題2問 ①少数分数混合計算、②還元算
2番:小問集合 ①数の性質(公倍数)②割合(相当算)③平面図形(角度)④差の問題⑤平面図形(扇形の回転)
3番:速さ 4番:立体図形 5番:数の性質
「国語」
物語文1題
1番:語句の意味選択3問
2番:理由説明40字以内自由記述
3番:心情表現20字以内自由記述
4番:理由説明70字以内自由記述
5番:内容説明20字以内自由記述
6番:人物像の選択問題
7番:理由説明50字以内自由記述
8番:心情選択
9番:理由選択
10番:状況説明70字以内自由記述
11番:主題選択
漢字独立題10問

 いかがでしょうか。問題構成には、学校側の熱いメッセージが込められていませんか。だとすれば、受験生は、そのメッセージを汲み取るかのように、律義に、直向きに答えるべきでしょう。
 残念ながら、一般に学習塾は、「過去問はだれでも学習することだから、差別化とは言えない。差別化には初見の問題に答える力が求められる」として、塾の指導力を喧伝するポジション・トークを繰り返します(事の本質をかぎ取ることなく聞けば、いかにも正論です)。
 
 「過去問」の演習が滞るなら、エデュコの授業を休んででも、やり遂げてください。これまで、エデュコは受験勉強を続けるには不可欠ともいえるペースメーカーでした。ただ、この期に及んでは、そのペースメーカーも不要なくらい熱中できています。各々の課題克服を最優先させましょう。
 さらに強く言えば、「練習で出来ないことは、本番でもできません」。しっかり「できる」を作り上げ、本番を楽しみに待ちましょう。
コメント