テッカ(湯田伸一)の中学受験伴走記

私立・国立中学受験生を応援し続けて31年。
中学受験『エデュコ』を主宰するテッカ(湯田伸一)の応援メッセージ。

エデュコ26期生の受験も成功裏に終わりました

2019-02-09 16:43:15 | 中学受験


 エデュコ26期生の受験が、今日(2月9日)の都立中高一貫校の合格発表を以って、一段落しました。保護者にとっても「達成感、安堵感、疲労感、不安感、そして希望と期待」など、様々な思いが交錯していることでしょう。

 26期生の受験も成功裏に終わりました。この頃はやりのスポーツ用語を借りれば、多くの子どもたちが、「パーソナルベスト」を記録する勢いで受験を駆け抜け、それぞれの第一志望校への切符を手にすることができたと言えます。
 また、例年お示しの通り、妥協を許さず公立中学への進学を選択された方もいらっしゃいます。挑戦的な中学受験経験は、惰性に陥りがちな高校受験学習とは一線を画す、貴重な財産となるでしょう。

 成功の要因は、第一にエデュコスタッフと保護者との徹底した共通認識の形成にあるといえます。何度も面談を繰り返し、保護者のご意向を大前提とする受験戦略をしっかり組み立てたうえで、「どのような優先順位で、何を、どれ位手がけることが適切か」を話し合い、周到な受験計画を立てることができたと評価できます。「人事を尽くして天命を待つ」境地に近い雰囲気が、醸成されたように思われます。

 第二には、第一の要因以上に重要ですが、「律儀でひたむきな子ども」が多かったことです。具体的には、「わからないことをわからないと言える」「涙ぐみながらも負けたとは言わない」「飾り気のない努力家」が多かったことです。無論、この前提には「できる」ことを当たり前とせず、「改善課題」と向き合うことを応援する保護者の胆力に満ちた処遇があったものです。

 そして第三に、27期生(5年生)以降の方々からの配慮も忘れてはなりません。私個人の例で言えば、志木駅前本部校・ときわ台駅前校の両校で、例年およそ300件(年間)の個別面談を行っているのですが、先月(1月)に限って言えば、6年生以外の個別面談の要請は1件もなく、26期生の受験を最優先させる27期生以降のエデュコ族の気配りを、ひしひしと感じさせられました。親和性の高い方々に囲まれて活動できることに感謝です。

 さて、26期生の合格実績の公表ですが、「合格者数・進学者数」に関しては2月15日以降(折り込みチラシは2月18日朝刊)、「資料としての合格者名一覧」は26期生の駅看板写真撮影日の2月17日以降を予定しております。
 例年、エデュコは2月中旬に公表していますが、この理由は、第一に、2月11日をピークとして行われる各私立学校の登校日を経て繰上げ合格の調整を待ち、同期生全員の合格を同時に称えること、第二には、合格者数のみならず進学者数まで正確に整理して、後に続く方々に真に有益な情報として鮮明に報告することです。
 今しばらく、楽しみにしてお待ちください。必ずや、賞賛をいただけるものと確信しております。
コメント

大人達の胆力で、子どもたちの伸びやかな力を引き出しましょう 

2019-01-06 22:31:33 | 中学受験


 いよいよ2019年入試が迫ってまいりました。エデュコ26期生(6年生)も緊張の面持ちで冬期講習に臨みました。また、1月校(埼玉・千葉)の受験番号のお知らせもどんどん頂いている最中です。1月10日を皮切りに一斉に受験活動を開始しますが、私たちスタッフも応援体制を万全に整え、力強い伴走ができるよう心掛ける次第です。
1月校の受験に限らず、受験日程・受験番号の件は、確定するごとに知らせ下さい。

 ところで、今年の首都圏中学入試には、大きな変化が見られます。
 その第一は、大半の中学でWEB出願が主流となったことです。このことは多くの保護者にとって、窓口出願の煩わしさが無くなるわけで、歓迎されるものと評価できます。エントリーの手順に誤解はないか、念入りに対応してください。
 第二は、東京都内の願書受付開始日が従来の1月20日から大幅に早められ、1月10日となったことです。このことも、これまでのタイトな受付期間しか設けていなかった学校が、受付期間を長くしてくれたと受け止めれば歓迎できるものと言えます。

 ただ、第二の件に関して言えば、気になることがあります。昨年のまでの受験体制では、1月10日から1月18日にかけて実施された埼玉の入試結果を受けて、2月の東京受験校を再確認するという余裕があり、そのうえで1月20日の出願開始日に臨んできました。今年もその体制で臨めるのですが、「開始日に急かされるように出願する方々もいらっしゃるのでは」、と勝手な推測をしてしまいます。
 無論、1月入試の結果とは関係なく2月の受験戦略が決定づけられる場合には問題ないのですが、仮に受験直前の子どもの状況をもう少し見極める必要がある(子ども自身の意思を再確認する必要がある)と思われる場合、じっくり構えて判断していいでしょう。

 願書受付開始日が10日の前倒しになり機械的に受付終了日も前倒しになった私立中学校は、エデュコ近隣に限っていえば1校見受けられるのみです。その他の学校の受付終了日は、ほぼ従来と変わらない状況ですから、粛々と対応してまいりましょう。
 念のために言えば、1校1校ごとの入試結果をにらみながら意思を変えるということではありません。子どもたちが伸びやかに挑戦できるように、保護者や私たちが確かな胆力で子どもたちを見守り励まし、最善と言える受験活動に仕上げることとしましょう。
 
コメント

「不安」を「楽しみ」に変えて、入試に向かいましょう  

2018-12-17 12:16:34 | 中学受験


 エデュコ26期生(6年生)の答案練習会(本番形式で終了後速やかに結果を示すテスト)も15回を終え、子どもたちの表情も引き締まってきました。9月から始まった本練習会ですが、当初の子どもたちの様子はといえば、「自分事」というより一連の塾通いのひとつとして捉え、配布される結果表を見ながらワイワイ、そして賑やかに帰路に着くというものでした。

 それに対してこの頃の様子はといえば、結果表を配布されたと同時に、固唾をのむように見入り、それぞれが黙したまま総括するような雰囲気に変わってきました。結果一覧表が配布されると同時に、一人一人が自分の得点と各校の合格基準点を比較し、沈黙の時間ができる状況です。こちらが、「さあ、1日1点のアップだ!次頑張ろう!終了」と声をかけて、退席が始まるという様子です。
 まさに、「自分事」として受け止め、真剣に取り組むようになってきたと言えます。

 一方、保護者からは、「不安」を口にする問い合わせが多くなっています。単純に言えば、「大丈夫だろうか」「あと何をすればいいのだろうか」というような質問ですが、受験者の平均得点率を50%、合格基準点を60%と見込んで作成される入学試験問題では、「問題との巡り合わせ」も大きく影響し、合格・不合格は予断を許しません。
 私たちの業界では「同じメンバーで、翌日に異なる試験を実施すれば、三分の一近くは合格者が入れ替わる」という見方が共通認識になっています。

 では、どのような心持で受験活動を進めていけばいいのでしょうか。「落ちたらどうしよう」という「不安」を、「どの学校に進学することになるのだろうか」という「楽しみ」に変えることでしょう。「入学できればうれしい学校」を1校に限定せず積極思考で2~3校に広げ、子どもとともに「楽しみ」として共有しましょう。

 上記のとおり、子どもたちはとてもシリアスに「自分事」として受け止め、立ち向かっています。この時期、私は子どもたちに「絶対合格ということはないかもしれないしれないね。だけど、横綱が連敗しないように、実力をつければ間違いなく意中の学校には進学できるよ。だから、楽しみにして頑張ろう」と声をかけることにしています。

 同様に、保護者もしっかり学校価値を確認したうえで、本音で「A校もいいけどB校もいいね」というような対話を繰り返し、受験生本人にかかる負荷の軽減を図りながら、推進力を持つ受験活動になるようにしていただくことを願っています。
コメント

11月は受験戦略の再確認時期、用意周到な計画を立てましょう 

2018-11-02 18:45:49 | 中学受験


 主に9月から進めてきた「過去問研究」も2か月を経過し、合格ラインまでの距離感も、おぼろげながら掴めてきたことでしょう。十分な手ごたえを感じられる場合もあれば、再検討を要する場合もあるといえます。
 努めて客観的に言えば、「練習でできないことは本番でもできない」ことは事実であり、1月入試まで60日、2月入試まで90日を切った今、合格の可能性だけに止まらず、我が子の6か年の学園生活の展望まで含めて思案し、最良の学校選びを果したいものです。

 学校選びに関するエデュコの大きなこだわりと言えば、「入学できる学校」ではなく、「入学できてうれしい学校」を選ぶということに変わりはありません。その上で、入学試験問題への適応力を高め、入学を現実のものにする活動に励むということになります。
 これまでも、エデュコは各期の子どもたちの受験報告として、「合格者数」に止めず「進学者数」までお知らせしてまいりました。例年、70名前後のうち2~3人が公立中学に進学していますが、これらの方々は、乗船できる船は限りなくあるものの、妥協を許さず見送った方々と言えます。ちなみに、3年前公立中学に進学した3名も、この春、2名が慶応志木高校へ、1名が立教新座高校へ進学しました。
 どうか、妥協せず「入学できてうれしい学校」を選んでください。

 ただ、強い保護者として「希望と覚悟」を持って前に進むことを願うのですが、「公立中学への進学が選択肢としてあるか否か」も明確にしておく必要があります。
 仮に、公立中学への進学が選択肢にない場合、どのような次善策(次善校)が必要か、早急に検討しなければなりません。現状、「志望校調査票」を拝見する限り、そのような検討を要する方は、少なくないと言えるでしょう。
 また、次善の学校として検討している学校のうち、「どの学校の入試問題が我が子に合っているか」という検討も不可欠です。
 例年、この11月で受験戦略を再確認します。個別面談にいらしてください。用意周到と言える受験計画を立てましょう。

 我が子の場合、合格した私立中学に進学させるほうがいいのか、それとも私立に拘泥せず公立中学に進ませていいのか、この時期の保護者にかかる最大の悩みです。
 個人的な意見を言えば、「頑張った子はどんな学校に進学しても成功する」、「頑張り方を知らない子はどんな学校に進学しても成り行き任せになる」と考えています。
 言うまでもなく、学校は在学するだけで何かしてくれるものではありません。在籍する学校でどのように自分を磨きあげていくかが学園生活の目標と言えるでしょう。
 頑張った子には最大限の敬意を示して、掴み取った合格校への進学を後押ししたいものです。
コメント

「朝型学習への転換」は慎重に判断しましょう 

2018-09-01 16:56:36 | 中学受験


 2学期を迎えエデュコ生たちも過去問と取り組むようになり、緊張感が高まっていきます。保護者の緊張感は同様かそれ以上で、「学習方法において改善できる点があれば、何でも取り入れる」くらいの意気込みを見せる方も少なくありません。
 その改善の一つとして、よく相談されるのが「朝型学習への転換」です。果たして、「朝型学習は、要領のいい学習方法で、良いものに決まっている」ものなのでしょうか。
 
 これまでに私が目にしてきた事例から指摘すれば、「朝型学習への転換」は簡単ではなく、転換出来た事例はあまりないといえます。さらに、保護者からよく聞かされる嘆きは、「朝だと頭もすっきりして、学習効率がいいはずなのに、早く起こしても、なかなか手を進められない」という、保護者自身の原体験と照らして我が子の自堕落ぶりを指摘するものが多いようです。
 受験学習に関しては、全ての大人が経験者であり、原体験に基づくような持論を展開します。ですから、その持論を否定することはできません。ただ、それは自身の場合に言えた事であっても、我が子にもすんなりと適用できるとは限らず、精神論で片付けず、受験生本人の体質という面を考えてみる必要もあるのではないでしょうか。

 例えば、精神科医・睡眠専門医の三島和夫氏の指摘(「無理に早起きすると、うつ、・心疾患のリスクも…夜型の人に理解を!」YOMIURI ONLINE ヨミドクター 2018年7月19日等)によれば、
①朝型の人は、「早寝早起きが得意だけれど、睡眠不足に弱い」、「夜型の人は宵っ張りで寝坊しがちだけど、睡眠不足に強い」という特徴がある。
②(同氏らの調査では)夜型傾向の人は成人の約30%、特に強い夜型傾向の人は8%、朝型傾向の人も成人の約30%、特に強い朝型傾向の人は6%いた。
③このような睡眠習慣の違いが生じる脳内メカニズムには、生物時計(体内時計)の時を刻むスピードが深く関わっている。生物時計の周期が短いほど朝型傾向が強くなり、長い人は苦労しがちである。
④生物時計が時を刻むスピードは、時計遺伝子と呼ばれる複数の遺伝子が作り出すたんぱく質の機能で決定される。つまり朝型夜型は遺伝子的な影響を受ける(正確には多因子遺伝)。
⑤(夜型体質のために)無理に早起きをすることで、睡眠不足による事故や、うつ病、心臓疾患などの健康被害が生じることも分かっている。
⑥朝型夜型傾向も、身長などと同様に「体質の一つ」。
 などとして、生まれつき頑張っても早起きが出来ない体質の人を、「自堕落だ」「やる気がない」などと責めるのでなく、夜型体質の人への理解を求めています。

 翻って、子どもたちの学習方法においても、同様のことが言えると思われます。これまでも、「朝型学習」への無理な転換を目指し、体調を崩したり風邪を引いたりする事例を多く見てきました。朝から「シャキッとして」学習することは確かにかっこいいと言えますが、単純な計算技能・漢字練習ならほとんどの子どもに可能としても、算数の高難度な応用問題をサラサラと解くことなどは受験生全員に可能とも思えません。
 もとより「朝型学習」に向いている受験生に対しては、「朝型学習」を奨励できるとしても、絶対的な学習方法として全員に、「朝型学習」を強いる必要はないのではないでしょうか。
 念のために言えば、この領域の論については、一一首肯できる論が多くあるようで、仮に、人為的に理想の「生物時計」に近づけることが可能であれば、その努力は惜しむべきではないでしょう。ただ、現時点において、「出来ること、出来ないこと」を判断し、我が子に合った(合っていると思われる)学習方法を保護者・エデュコスタッフが考え、実行可能な学習方法を採用していくこととしたいものです。
コメント