goo

2020.05.28 初夏なのに、大鍋一杯の粕汁を作る。

昨夜、兄嫁と話していると、粕汁の話になった。

兄嫁は、粕汁が大好きで、粕汁の美味しさは、兄嫁から教わった。

 

兄嫁が、粕汁のことを、

◯毎日毎日食べても、どんどん美味しくなる。① →まさかと思った。

◯煮詰まってしまうと、水を入れて延ばすと良い。②→そんなアホなと思った。

まさかと思って,最初は私は信じなかった。

ところがやって見ると、①②はまさに正解で、最後の最後の1杯の

美味しさに感動した私だった。

先日テレビで、俳優の若い男性が、一番好きな食物はどんな物よりも、

断然、母親の粕汁だと言っていたが、なるほどと思った。

 

昆布と椎茸を浸けておいたチタン鍋に、材料を無造作に

どんどん切って放り込んだ。

人参1本、大根もほとんど1本、こんにゃくも、薄揚げも1枚刻む。

ねぎ、ごぼう、生椎茸、どんどん入れて,大量の酒粕を投入して

煮込む。塩と少量の醤油で味付けた。

 

粕汁に、大根を大量に入れたので、大根の皮が沢山あった。

それに、小松菜の茎だけをみじん切りにして加えて炒めた。

 

大根葉の茎の方が、香りも味もずっと良いが、小松菜の茎も

まあまあシャリシャリして美味しかった。

キンピラ類は、ご飯ととても相性がいいので、私は大好物。

 

(夕食)

粕汁、大根の皮と小松菜の茎のキンピラ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.27 摩耶さんからの葉書と、厳島神社と鳳凰の雲 

摩耶さんから、自作の水彩画の絵の葉書が到着した。

何と、爽やかな春の風情に、気持が洗われる。

 

文章の方には、「昔、両親の故郷から、送られて来た

みかんの種をベランダの植木鉢に、ポイポイ捨てていた

のがいつの間にか芽生え、今年始め白い花が咲き、

良い香りがしましたよ〜。」だとか。

想像しただけで、良い香りが漂う様なお便り。

種を捨てるだけで、そんな素敵なことになるの?

私も,真似して種捨て用の植木鉢を置いておこうかしら?

 

コロナが収束したら会いましょう楽しみ!と結んであった。

これを、何度言い合ったことか?早くそうなりたい。

 

 

こちらは、最近ネットで見付けた、感動の写真。

厳島神社の鳥居と、輝く大きな鳳凰の雲。

昨年10月の天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の式典直前に

今までの雨が止み、突然晴れ渡り、大きな虹が架かった、

あの時の感動を思い出す。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.26 リフォーム仕上がり、ミエちゃんと会う。

ミエちゃんから、リフォームが仕上がったと電話があり、西宮ガーデンズで待ち合わせ。

昼食は,楽しみにしていた西宮の丼物屋「たけふく」で。

前に感動した「カツ丼」をもう一度食べるか、次に、食べようと思っていたカレーカツ丼

にしようか、まだ迷っていたが、やっぱり同じ「カツ丼」にした。

今回も美味しかった。でも以前の少し脂の層のある肉の方がもっと好き、豚肉は脂の甘味と

香りが最高だから。

 

それから、丸福珈琲へ行く。

珈琲を飲みながら、しゃべることしゃべること!こんなに溜まっていたのかと驚くぐらい。

 

ミエちゃんが,マスクを作って来てくれた。

私が紺が好きだからと、紺色のマスク。

親戚知人に,沢山作ってどんどん送ったらしい。

洋裁の専門家なので、生地はいくらでもあるとのこと。

それで、余り作り過ぎて、気が付いたらひどい背中痛に

なったりしたらしい。

ご主人の介護で大変な日々なのに、ご苦労様。

きょうも、ご主人がデイサービスへ行かれている時間に

会うことが出来た。

 

裏もおしゃれな生地だった。

 

夕食は、百貨店で、彼女のお薦めのお寿司など買ってきた。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.21 新じゃがの鶏ミンチ炒め

昨年、新じゃがが余りにも美味しかったので、今年も,新じゃが

がでるのを待っていた。

まだ小さくて、堀り立てで皮を剥かなくても食べられる様なものを

待っていた。

先日気が付いたら、新じゃがと言っても、そこそこ大きなものが売ら

れていることに気が付いた。遅かった!

考えてみると、あの小さな新じゃがは、木津の卸売り市場で買ったもの

かも知れない。そ〜か普通のスーパーには、入らないんだ。

2018.02.21 二月十二日〜十三日、新じゃがの鶏そぼろ煮の美味しさに感動。

2018.02.23 二月十四日〜十五日、みつばち会ランチなど。

 

ということで、新じゃがと言っても、やや大きくなった

じゃがいもを4つ割にして、鶏のミンチと炒めた。

 

(5月20日)

昨年程ではなかったが、美味しい新じゃがだった。

 

(5月21日夕食)

この日で2日目。まだ、もう一日分あるので、ラッキー!

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.20 青紫蘇初収穫、マグロの山掛けを食べる。

昨日は、いよいよ、ベランダの青紫蘇の初収穫の日としました。

青紫蘇の初収穫では、大好物のマグロの山掛けを食べようと

楽しみにいました。

 

先日園芸屋さんから運び込まれた鉢植えの青紫蘇の葉の大きさ

には、最初からびっくりしていました。

左が、その特大の葉で、お化けみたいです。

多分右から2枚目ぐらいが市販の青紫蘇の大きさでしょうか。

 

初収穫後のベランダの青紫蘇です。

葉がハンカチぐらいの大きさで、まるで風にそよいでいる様な不思議な

形です。

 

以前住んでいた一軒家に、青紫蘇が自生していました。

青紫蘇は虫が付くと聞いていましたが,虫食いは全くなく、とても美しく

青々と繁茂していて、訪問客に驚かれていました。

形も、すばらしかったと記憶します。西日が良いのかなと思っていました。

でも、自分で植えたものでなく、自生していたので、無視してしまい、

食べた記憶がありません。惜しいことをしました。

 

(夕食)

スーパーに行ったら、マグロの刺身がなく、お店の人がそれなら、

柵取りの身を買ったらどうですかと言うので,そうだなと思って、

柵で買って来て自宅で切った。量が多すぎて、切り身が2段になった。

多分マグロではなくヨコワかなと思うが、味は、余り感動しなかった。

山掛けには,出来たら赤身か中トロが欲しかった。

次回は量は少なくても良いから、美味しいまぐろで山掛けを食べたいな

と思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.19 <朗報>大発見!万年青に新しい花が出て来た。

夕方、近所のスーパーに行こうと思って、玄関を出た時、

そうだ、万年青に水やりをしようと思った。

 

我が家では、玄関のすぐ近くに洗面所があることから、ここ

の水を使う。

私は、歯磨きやうがい用に、チタンのマグカップを常用して

いるが、使った後,わざわざカップに水を満杯に入れておく。

 

そして、いつも、このチタンのコップに半日入れておいた

水を万年青に掛けてやる。

万年青は、あまり水を求めない植物だと聞いていたので、

私は、一週間に一度ぐらいしか水を遣らない。

今日は、水やりをしようかと思った。

水は、必ずチタンカップに入れたものだけで、肥料はやら

ない。

 

最近知り合いになった園芸屋さんに、我が家では水だけで

万年青も、万両も、近所にも評判な程の見事な実を付けて

いることを話し、今後も肥料はやらず、私のやり方を続けて

もいいかと相談したら、「そんなに良い水があるのだったら、

もちろんそれだけでいいよ」と言われた。念の為に奥さんにも

聞いたが、奥さんもそれで良いよと言ってくれた。

 

ベランダの植物達に,水を遣るときは、前日の晩にチタン鍋

2個に水を入れておき、翌朝それを使う。肥料は使わない。

 

この日、洗面所の水の入ったチタンカップを持って来て、

万年青の根に掛けようとして、びっくり!

 

何と!あの深紅の美しい実の横に、小さな小さな花穂の茎が出て

きているではないか?

半信半疑、目を凝らしてよく見てみると、確かに花穂が出ている。

すごい!

去年は,花穂が2本だったので、今年は1本なんだ。

今までの経験では、2本の年の→次は1本→1本の次の年は又2本と、

隔年で代わっていたので、今年が1本なのは理解出来る。

 

これは、「引越の時は万年青を荷物を運び入れる前に家に持ち込む」

ことを、強く指導してくれたさくらさんに知らせなくちゃ!

すぐ、電話する。すると、彼女の喜ぶこと喜ぶこと。

毎年、彼女に一番に知らせる。

いつも、彼女は喜んで「良いことあるよ。」と言ってくれる。

 

(夕食)

今日は、久しぶりに牛肉を食べたくなった。

スーパーで見ていると、私の好きなミスジの部分の焼肉用の

肉があったので、買って来た。

久しぶりの肉なので、ビールも買ってきた。

肉を焼いて、その油でレタスと舞茸を炒める。

私は、焼肉のタレは使ったことが無い、塩と胡椒だけ。

あ、手作りの出汁醤油も少量掛けた。

最高に美味しい。感動ものだった。

美味しすぎて、ご飯は大盛りのお代わりをした。

ご飯大盛り2膳! 肥るに決まってるよね全く〜と思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.18 ほうれん草の柚子胡椒合えの美味しいこと。

私は、野菜のお浸し好きで、このブログに、数え切れない程

お浸しのことを書いて来ました。

お浸しとは、茹でた野菜を、吸い口よりも少し濃い味の出し汁に

浸けておき、味を含ませる料理で、名前の由来でもあります。

でも最近は、私は茹でた野菜を柚子胡椒で和えたものが、大好き

になりました。

それで、このごろは、青菜のお浸しと言えば、ほうれん草も菊菜も

大抵柚子胡椒合えにする様になりました。

下記は、私のやり方です。

 

野菜を洗う時は、チタンボールかチタン鍋で洗います。

チタンは軽いので,調理が苦痛でなくなリます。

 

 

その間に、別のチタン鍋でお湯を沸かし始め、湧いたら

塩を入れて、野菜を茹でます。

茹で上がったら、お湯を切り、水で冷やす。

 

一方、柚子胡椒を、少量鉢に取り、それを、手作りの出汁醤油で

延ばす。

野菜をざっくりと切り、ふんわりと水気を切る。(絞り過ぎない)

上の柚子胡椒の衣に、茹でた野菜を入れて和える。出来上がり。

 

 

(夕食)

ま〜!ほうれん草の柚子胡椒合えの美味しいこと、美味しいこと。

感動です。

この日は、桜鱒でお茶漬け。桜鱒は、とても美味。味は最高。

でも、私は、香りは、塩鮭の方がずっと好きです。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.17 私の小松菜の食べ方

私は、一番好きな料理を聞かれると、「大根の皮のきんぴら」と

答える程、大根の皮のきんぴらが好きで、粗食研究家の名に恥じ

ないのだが、実は、本当は、それよりもその大根に付いている短い

茎を刻んで炒めたものが、もっと好きだと言うのが正直な所です。

ですから、カットした大根を買う時、太い茎が付いていると嬉しく

なる。(細い茎は、美味しくない。)

冬だと、私の大好きな源助大根に、長さ10センチぐらいの太い茎が

付いているのが嬉しい。

この太い茎を、刻んで炒めると、美味しいこと美味しいこと!

歯触り、香り、味が、皮の比ではないぐらい美味しい。

炒めると、透き通った緑になり、まるで翡翠の様に美しい。

 

 

一方,私は野菜のお浸しが大好きで、青菜類を、よくお浸しにする。

ほうれん草や、菊菜は、柚子胡椒和えにして食べることが多い。

ところが最近、小松菜を買うと、小松菜の茎が、大根の茎に感じが似て

いるからか、同じ様に茎を細かく刻んで、同じく葉も全部刻んでキンピラ

(いわゆる油炒め)にすることが多い。

 

私には,ごま油の香りは強すぎるので、米油にごま油を少しだけ加えて使う。

味付けは、唐辛子の小口切りと、手作りの出汁醤油のみ。

大根の茎に似たシャリシャリし歯触りで、何とも言えず美味しい。

白いご飯にとても合う。

以上、最近の私のヒットを、お知らせ致しました。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.15 私の出汁醤油の作り方

私は、自宅で出汁醤油を作っています。

といっても、作り方は、至って簡単です。

チタン鍋の中に、昆布を2〜3枚入れ、そこへたっぷりの

かつお節を入れます。

そこへ、醬油を入れて、そのまま一晩置きます。

翌朝、それを漉します。

この出汁醬油は,抜群に美味しくて、私はひそかに「魔法の雫」

と命名しています。一滴でも美味しいからです。

 

先日、1リットルの淡口醬油で出汁醤油を作りました。

左の入れ物は,淡口醬油で出汁醤油を作り、漉して

同じ容器に戻した物です。

それ以外に、中華料理やお刺身などの為に、少量だけ

濃口醬油でも出汁醤油を作ります。(200ccのみ)

右の濃口醬油の中身は、その残りで買ったままの醬油です。

私は、昔からタッパーウエアの大ファンで、いろいろな容器を

持っています。

醬油の小出し容器を持っていたことを思い出して、二種類の出汁

醤油をそれに入れてみました。

蓋の色で,薄口か濃口かが分かります。

いい容器を持っていたもんだな〜と、ルンルンしています。

以前の書き込みを,リンクします。
2009.07.17 自家製出汁醤油

 

 


以前、何度か市販の出汁醤油を頂いたことがありますが、容器

の蓋を開けた時、薬品か何かの臭いがプ〜ンとして驚きました。

欲しいと言う人がいたので、すぐに上げてしまいました。
 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.14 麻婆豆腐を作る。

外出自粛中のこの頃、買える時に食材を買い込んでしまって、

うっかりすると、食材を傷ませそうになって、あわててることが

多い。

冷や奴で食べようと、買って来ていた絹こし豆腐の賞味期限が

すぎてしまった。

私は、そう言うときは、麻婆豆腐など、熱を加える料理にすること

にしている。

 

絹コシで麻婆豆腐をするなら、柔らかくて、潰れるのが心配。

絹こし豆腐の水気が邪魔なので,ざるに置き水気を切りながら、

キッチンペーパーなどで水気を取る。

そのあとで、チタン鍋に湯を沸かし、角切りにした豆腐を茹でた。

(プロの方が、先に、豆腐を下茹ですると崩れないとテレビで

言っていた。)

 

 

生姜や豆板醤を炒めて、ミンチを炒めて、スープを入れ、

味付けして、茹でた豆腐を入れた。

甜麺醤も入れてみた。なんちゃって料理。

中国の山椒=花椒(ホアジャオ)は我が家には無いので、

日本の山椒を量を多目に使った。(小さじ1杯弱)

 

(夕食)

賞味期限切れのお助け料理だったが、好物の麻婆豆腐は、

美味しく出来た。

絹こし豆腐でも、水切りと、下茹でが、功を奏したのか,

崩れずに、ピンと美しく出来上がって、満足した。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.12 おからが美味しい。

先日、大量の(と言っても1リットルの)出汁醤油を作った。

その時大量の昆布とかつお節を使ったので,その出し殻で

二番出汁を取った。

その二番出汁の味が、何と、ウ〜ンとうなる程美味しかったので、

そうだ、これでおからを炊こうと思った。

 

私が子供の頃,九州の田舎では学校までの道が舗装されていない

でこぼこ道で、そのくぼみを埋める為に、近所の人が前日夕食に

炊いた貝の殻が置かれていた。

確か,マテ貝という二枚貝の殻がおおかった。そして今では考え

られられないけれど、少し小型だったが赤貝の殻も多かった。

赤貝はご馳走のイメージではない様子だった。お惣菜らしかった。

大人の人の会話で、赤貝を煮た日の翌日は、その汁でおからを炊く

風習なのだとのことだった。なるほどなと思った。

我が家では、一度もそれはなかった。

そんな話が、頭にこびりついていたのか、大人になってからも、

美味しい煮汁が残ると、おからを炊いたら良いだろうなと思う様

になった。

 

昨日は、あまり買い物に出掛けたくない日だったが、この美味しい

出汁がわるくなったら困ると思い、重い腰を上げておからを買いに

行った。

こんにゃく、ごぼう、ちくわなどを刻みながら、ふと人参を買い

忘れたことに気付いた。人参がある方が綺麗だが、もう一度買いに

行くのは止めた。最後に、枝豆とねぎを入れた。

 

今日と明日の分ぐらいを、お皿にとった。

 

残りは、冷凍にする。4回分ある。

お出汁が多すぎて、煮詰め足りていないので,見かけがわるい。

しかし、味は最高。

 

これで、冷凍庫に。

 

(夕食)

おからが美味しすぎて、絶対お替わりするのは分かり切っているので、

最初から丼に、ご飯二膳分ぐらいをよそった。

 

そして、子供の頃からの癖で、ご飯の上におからをたっぷりと

乗せた。おから丼とでも言おうか。美味しいな。

ご飯二膳は、正解だった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.10 ジャ〜ン!初収穫の日

これは、我が家のベランダのバジル。

今日のお昼のサラダに、このバジルを使ってみようかと思った。

バジルの葉っぱが、結構立派な葉をつけているので、少しだけ

頂こうかなと思ったもの。3~4枚摘んだ。

 

(昼食)

トマトとモッツエラチーズとバジルのサラダ。

美味し〜い!

トマトとバジルの合うこと合うこと!

感動物だった。

毎年,夏負けで食べられなくなる私だが、トマトとバジルの組み

合わせで、夏を乗り切っている状態なので、これで大きな希望が

湧いて来た。夏が楽しみ!

 

これは、青紫蘇。

こんなに大きな葉の青紫蘇は、生まれて初めて見た。

今まで見た青紫蘇の葉の4〜5倍はある。

夏の料理に,青紫蘇は欠かせない。楽しみである。

 

<今日は,母の日>

最近、白いカーネーションが、花屋に無くなっていた。

あっても、1本500円ぐらいしたが、今年は、5〜6本の

花束で300円、赤いカーネーションは、1本売りで150円。

毎年色々変化する。

 

(夕食)

牛肉のしぐれ煮でご飯が進んで進んで,2膳も食べてしまった。

最近コロナ自粛で家に居るので、エネルギーを使わない筈なのに、

お腹の空くこと。3時半頃からお腹が空いて空いて、早くに夕食を

準備してしまって,5時になるのをじっと待っている有様。^^

年内に体重5キロ減らそうなんて、誰が言ったやら。

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.09 葉書来状

画家の友人から、葉書が来た。

この方は、私が初めてマウスを握って、マックの世界に迷い込んだ時、

まさか絵は描けないと思っていた私が、コンピューターグラフィックで

ヨチヨチ歩きで、初めて絵を書き始めて、人の勧めで個展を開いた時、

(50日間無休の長期開催だった。)私の後に、個展を開くことになって

いた油絵の女流画家だった。

その後、彼女は、精力的に作家活動をして、個展を開き続けたので、私と

摩耶さんは、その度に個展を見に行った。

彼女の作品は、女性と思えない様な、襖2〜3枚ある様な大きさのもので、

インドの牛の群れとそこで暮らす人々の姿などが多かった。

淡い月の光の中の動物の群れなどが多く、色合いはとても渋い物が多かった。

 

ある時、大きい人だと思っていた彼女が、そうでもなく小さく見えたので、

貴女は、大きな人だと思ってたけど、そうでもなかったの?と聞いたら、

毎年1センチずつ、縮んでいると言っていた。

一緒に食事に行った時、その原因が分かった。

「むつこいもの(ひつこいもの)が嫌い」だそうで、刺身なども食べられず、

あっさりしたものしか食べられない大変な偏食家だと分かった。

 

その後、腰を悪くして、ここ何年かは寝たきりの生活になっていた。

骨が弱く、レントゲン台の上で無理に動かされた時、肋骨がポキンと音がして

折れたと言っていた。 骨粗鬆症が酷く、骨折の連続とのこと。

心配していたが、突然連絡が来て、もう動けなくなったので、作画は困難に

なったから最後の個展をする、これを最後に引退するとのことだった。

2019.04.22 画家山本貞子さんの最後の個展

 

今回頂いた葉書を見ると、彼女はまた久しぶりに絵筆を持たれた様である。

すばらしいことだと思った。

50号の油彩とある。100号の半分とは、相当大きい。

又、描く意欲が出てきたのかしらと思うと、嬉しくなった。

 

コロナにウイルスに疲れていませんか?

疫病神に巻き込まれない様

静かに耐えてましょね。

きっとゴールが見えて来ますから,

頑張りましょう❤️

と、逆に励ましてもらった。

いつも、優しい人である。

 

偏食を直して、骨を丈夫にして、又、元気に頑張って頂きたいと思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020.05.02 何故か空腹でたまらない。

(4・29夕食)

この日は、久しぶりのステーキ(と言っても、私の場合は焼肉用の肉で)

美味しくて,ほっぺたが落ちそうだった。感動!!

 

(4/30夕食)

前日のステーキを少々残してこの日に廻す。

こんにゃくに鹿の子に切り目を入れて、おかか炒め。

アボカドとトマトのドレッシング和え。

今日のは、3つとも、大好物。満足だった。

 


この頃、お腹が空いてたまらない。上の2日とも、お腹が空いて

空いて、3時半には、夕食が出来上がっていたが、さすがに

時間待ちして、5時になってから、即、食事開始した。

なぜ、急にこんなにお腹が空く様になったのかしら?

不思議で不思議で溜まらなかった。

 

◎その後、ようやく分かった。

我が家には、お菓子の買い置きは全く無い。

唯一の例外は、ハーシーのアーモンド入りキスチョコのみ、冷蔵庫に欠かした

ことがなかった。

先日、それが全く無くなったが、こんなことですぐ買いに行くのものも気が引けて(?)、

10日程してから、三宮センター街に買いに行ったが、センター街は全店休店中で買う

ことが出来なかった。他の店にも無かった。

私は、そのキスチョコを、朝に昼に5個づつ取って来ては食べていた。その間にも時々。

それを食べていたので、お腹が空かなかったのだと、ようやく理解した。

ハーシーのキスチョコが、食事の間の繋ぎになって居たらしいことが分かった。

今日(5/2)も、4時過ぎに用意完了して、5時と同時に、待ちかねて食事開始した。

あ〜、早くキスチョコが欲しいな。待てないな。(アキレタ?)

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

八十八夜

八十八夜は日本独自の雑節である。この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするともいわれている。

 

『茶摘み』(ちゃつみ) 1.夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る 「あれに見えるは茶摘みぢやないかあかねだすきに菅(すげ)の笠」 2.日和(ひより)つづきの今日このごろを 心のどかに摘みつつ歌ふ 「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ