goo

2020.05.22 超多忙のここ数日。



このところの忙しさは、格別だった。
でも、コーヒーゼリーを作って、食べるのはわすれなかった。

しかし、懸案の事は、今日の午前中に、全て終了した。
その嬉しいこと。嬉しいこと。

友人に、コロナが治ったら、割烹の店(¥1800)を教えてあげると約束していた。
そこで、電話してみたら、さすがお互いに遊び人! すぐ日にちが決まった。

もう一人、その時は、自分も誘って欲しいと言われていた友人にも電話したが、
急だったので、予定があるそうで無理だった。二人で行く予定。

大変な日々の後には、羽目を外しても許されることが、現代人の幸福だといつも思う。
昔の女性は、365日働き詰めだった。そして、一生働き詰めだった。

昔の女性は、割烹の店に出入りなんて、考えもできないこと。
男性でも、使用人には無理、大店の旦那衆なら、あり得たかもしれない。
明治になっても、せめて、お汁粉屋に行けるのは、金持ちの奥さんぐらいではなかったか?
盆お正月だけしか休めなかった人たち、しかし、それさえ無理だった人もいたはずである。
昔、「五木の子守唄」を歌いながら、その歌詞を思って、思わずおんおんおんおんと
大声で泣いてしまったことがあった。

「ジェンダー」とかなんとか言われるが、今ほど、女性が幸せだったことが、かって
あったであろうか?

私はすぐ昔のことばかり持ち出すので、よく笑われる。
「万葉集によれば」とか、「昔、我々の先祖が、木の上から降りて来たばかりの頃はね」
な〜んて、まるで、その時、生きていたかの様に、とんでもない例を出すので、若い人に
呆れられる時がある。
「もっと、最近のことを言ってくれへん?」と言われることもある。

でも、平気! 私は、感謝の気持ちを表すのに、昔のことを持ち出しているのであって、
今の幸せの証明としてなのだから。

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.21 「今度こそ届け!」

一昨日のこと。
「今度こそ届け!」という題で、パソコンにメールが送られてきた。

この友人は、私に写真を送りたくて、スマホのメッセージを使うなどして、いろいろ
努力したが、どうしても送れないと言うので、Gmailのアドレスをもう一度教えてあげた。

そこで、最後の挑戦として、gmailで、写真を送るときに、「今度こそ届け!」などと
いうオーバーな表題をつけてきたのだった。



と言うのは、彼女の家(かささぎ荘)での麻雀会が、先日行われたが、そのとき、
紫陽花荘の主が、お庭の美しい小花を持ってきて、小さな花瓶に活けてくれていて、
それを私が写真に撮ろうとしたら、背景が、片付いていないので、恥ずかしいと、
かささぎ荘の主が言っていた。



彼女は、それを気にしていたので、今度は床の間の掛け軸の前に飾って、写真を
撮りなおしたので、それを見て欲しいと思った。
だから、彼女がどうしても送りたかった気持ちがわかる。
なお、床の間の左から2つ目の青いガラスの花瓶は、20年程前に私が贈った
バカラの花瓶。


後で、買っておけばよかったと後悔しない様にと、実は、私も同じ物を買って置いた。
物欲の強い自分の性格をよく知っているなと思う。
案の定、飾り棚の奥に眠らせていて、一度も使っていなかった。^^
コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.20 新牛蒡出ました。

このブログでは、「あなたの昨年の投稿をお知らせします」などといって、一年前
または、数年前の投稿を知らせてくれる。
数日前、素晴らしい知らせがあった。

それは、

と言うもので、新牛蒡のことだった。
これを読んで、私は興奮した。
牛蒡のさわやかな香りが漂う様な、素晴らしい思い出だった。
こんなに素晴らしいことがあったのに、すっかり忘れていた、
GOOブログさんありがとうと思った。

それで、昨日外出した時、新牛蒡を買ってきた。
あまり、これと思う様な新鮮なものは無かったが、とにかく買ってきた。
牛蒡を切って、そのまま一切れ食べてみると、少し硬くて、味も香りも生で食べられる
ほどではなかった。


それで、今回は、生のまま酢の物にするのは止めて、薄切りにして、きんぴらにした。

柳川鍋は作った。これは、結構美味しかった。

でも、また、今度、生で食べられる様な、新鮮な新牛蒡を買ってきて、生のまま
酢の物にしたりして、昨年と同じ献立を作りたいと思った。



Bちゃんからメールがきて、「新牛蒡残念やったね。無で食べられる新鮮な牛蒡が
あったら良いね。私は、生牛蒡食べたいとは思わへんわ。」と生意気なことを言って
きた。
コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.19 カツ丼食べに、ガーデンズへ行く。

先日、ミエちゃんから、「あのタケフク、阪急ガーデンズにフードコート出したよ。」
と連絡があった。

「あのタケフク」というのは、以前仲良しで、そこへカツ丼を食べに行った経緯のある
店だったから。
と言うのは、以前テレビで、指揮者の佐渡裕さんが、「西宮には、美味しい丼もの屋
さんがあるのですよ。」と言われていたので、私は、その時、生前ののばらさんと一緒に、
その店を探したことがあるが,結局分からなかった。
その後、たまたま生協のスーパーで、ベンチに座っていると、全然知らない女の方が、
突然、「私、最近まで、丼屋さんで働いていたんよ。」と言ったので、「え?そこは
どこですか?もしかして、長島さんがいつも行かれたというお店ですか?」と聞くと、
「そうよ。長島さんは、いつも裏口から入って来られたのよ。」と言われたので、
その店だと分かり、ミエちゃんに連れて行ってもらったことがある。

その懐かしい店が、フードコートに出した?
それを、さくらさんに言うと、すぐそこへ行こうとなったので、行ってきた。
さくらさんが、すぐ食いついてきたのが、面白かった。


私は、カレーカツ丼、さくらさんは、普通のカツ丼。
美味しかったこと。二人とも、おおいに満足した。

ここは、チェーン店を経営していないお店だけを選んで,出店させたフードコートだとか。
賑わっていた。

そのあとで、丸福でコーヒーを飲み、おしゃべり三昧。
隣席の女の赤ちゃんが、ニコ〜ニコ〜と笑いかけて来る・来る。
おばさん二人は、メロメロだった。
写真 撮りたかったな。あ〜あ、残念!
コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.18 チタンカップを持ってゆく。

神戸元町駅西口に降りて、南へ向かっていると、若いご夫婦らしい方から、「中華街へ
行くにはどう行ったら良いですか?」と聞かれたので、私は今からそこへ行きますので、
付いてきて下さい。」と言って、案内した。


とき珈琲店へ来たので、「私ははここへ行きます。ここのママさんは、良い方なんです
よ」と言って、「では気をつけて行ってきて下さい」と別れた。

南京町の派手な色合いの中に、この地味な小さい店は、埋もれそう。

「この大きな荷物を、丸のまま持ってきて、お客様の目の前で開けた方がいいかと
思ったのでと言ったら、今日お約束したお客様は、「そう、それが正解、商売上手」
と言って下さった。


結局、その方が2個、ママさんが追加で1個、他のお客様が3個買ってくださった。
他のお客様もおられたので、声をかけようかと思ったが、声をかけた方が良い方には、
ママさんが、塩梅して下さるはずなので、今日は出過ぎたことは、止めた方が良いか
と思って止めた。

元町の駅から、この南京町へと案内したご夫婦も、後刻、この店に戻って来られた。
きっと、来られるだろうと思っていた。この店の宣伝になったことが、嬉しかった。

ミエちゃんが、今朝、私の行商の荷物運搬を心配して、電話をくれたので、無事に
運べたことを連絡した。
もちろん、さくらさんは、昨日、このことで会ったので、すぐに連絡した。

さくらさんとは、また明日、阪急ガーデンズで会う。(一日置きかい?)
彼女は、年末に定年退職(2回目の)したので、暇ができたからか、絶えず電話がある。
何の用かと聞けば、「どうしてるのかなと思って」な〜んて言うのも多い。
元々必要な返事もして来ないような人だったのに、一体どう言うこっちゃ!? ^^
朝8時ごろに電話架けてきて、私が寝ていて出なかったら、「心配した!心配した!」
と激怒するのも、止めてほしい。

コメント ( 2 ) | Trackback (  )

2022.05.17 梅田へゆく。

さくらさんと、待ち合わせ。

阪急百貨店8階の彼女お勧めの喫茶店コロンバンでランチする。
彼女の持ってきたくれた袋は、小さくて、結局入らなかった。
彼女は用事があるので別れてから、一人で東急ハンズへ行ったが、カートは無かった。
昔は、L字型になった金属製のカートは、色々あったが、今では全くなかった。

私が困っていると、係の人は、いろいろな百貨店へ問い合わせてくれたが、どこも
なかった。
帰路、ロフトやら、ニトリやらに電話したが、どこもなかった。



エレベータの中で、自撮りしてみる。
明日は、こ〜んな格好で、エッチラオッチラ、神戸まで運ばなければならない。
不安定な荷物なので、自分もだけれど、人様に迷惑かけない様、気をつけよう
と思う。
この写真では、立てているけれど、横に寝かして動かさないと危ない。
結構難しいけど、慣れないといけないなと思った。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

✳️ ブログ店長日記・カテゴリー抜粋 ✳️

✳️  ブログ店長日記・カテゴリー抜粋  ✳️

ようこそ、「ミラクルチタンショップ•店長日記」へ、

お越し下さいました。


このブログには、約4000件の投稿があります。
少しでも、分かり易くご覧頂く為に、カテゴリーを,下記の通り、抜粋し,
下にリンクしましたので、ご利用下さいませ。

<カテゴリー抜粋一覧>
♦︎チタン鍋で作った料理(786) 
             




     


<お薦めの記事>




  (兵庫県西宮市のチタンオンラインショップ)
  




 
コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022,05.16 行商おばさん奮闘記。

チタンのマグカップに、興味のある方が多いとのことで、20数個を注文した。
それが大きな箱で届いた。
連絡をもらった神戸の喫茶店へ、これを持って行こうと思っている。
せっかくお勧めの図柄を選んで注文したので、できたら、このまま持って行って、
皆さんに選んでいただきたいと思う。



大きい箱なので、入れる袋がない。(55×40×25cm)
袋さえあれば、大きくても、重くはないので運べるが、このままでは運べない。

それで、東急ハンズへゆく。
昔、スチールの洗濯物干器を買った時、驚くほど大きな紙袋に入れてもらった。
あれを、お金を出して、別けてもらいたい。
行ってみたが、今はそんな大きな紙袋はなく、ビニール製になっていた。
しかし、それでも、大きさが全然足りなかった。持ち歩けない。

困った。
そこで、思い出したのは、私のショッピングカートが、袋の部分とカートの部分
とが分解できること。


そこで、分解して、袋を外し、カート部分に荷物を括り付けてみた。
ゴムの括り紐は、東急ハンズの自転車売り場で買った。
しかし、下の受け部分が、あまりにも小さいので、荷物の重みでくるりくるりと
動いてひっくり返りそうになる。
または、下の受け部分が無い方へ、どっと倒れそうになる。
下手すると、身体ごと引っ張られる。危ない危ない。

さくらさんに言うと、彼女は、「60 × 50 × 30cmの袋」を持っているとのこと。
明日、梅田に出るので、持ってきてくれることになった。

あ〜あ、ありがとう。
しかし、私が、最初、カートを買いに行くと言ったら、止めとけ止めとけと言うから、
止めたのよね。(こんなに大きいとは、知らなかったらしいけど)
ありがたいけどさ、私だって、二度手間になったのよね。カートで済んだのにさ。
(ま、すぐ、人の意見に左右される私も私だけどさ。)

そんなことで、また明日、梅田へ出かけて彼女に会う予定の私なのでした。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.15 ミエちゃん来訪。

お昼ごろ、ミエちゃん来訪。
私は、勘違いしていて、1週間後の来訪だと思っていた。
予約していた近所のカフェバーに電話して、予約を今日に変更してもらった。


パスタのランチを食べる。
パスタの写真撮り洩れ。


一緒に家へ帰って、植木用の土などを点検してもらう。
ころ石、赤玉石、野菜花用の土、肥料、全て、購入の必要があった。




これを3つに分けるので、後2つの植木鉢が必要である。
近日中に、摂津本山の二楽園に買いに行く予定。

お茶を飲みながら、4時間ぐらいおしゃべりした。
コーヒーゼリーも食べたが写真忘れ。

二人が出会ってから、50年ほど経つかしら、という話になった。
初めは、老齢になった私の母の背中が曲がってしまって、既製品の服が着れなく
なった頃、職場のおしゃれな友人が、幼馴染に服を仕立ててもらっていると言って
いたので、私は思い切って、「お願い。私の母の服を縫ってほしいので、その人を
紹介してくれない?」と頼み込んで、その後我が家へ来てもらうことになった。
それがミエちゃんだった。

その頃は、イタリヤ製、フランス製など、舶来もの全盛の時代で、彼女は、それらを
馴染みの船場の繊維街から、格安で手に入れてきてくれた。
まだ、日本製の生地も模様も、舶来の足元にも及ばない時代だった。
そんなことから、晩年の母は、生地を買いに行くこともせず、仮縫に出向くことも
せず、家に居ながらにして、最高のおしゃれな服を着ることができて、どんなに
喜んでいたことか? 輝いていた顔を思い出す。
そのことを思い出す度に、ミエちゃんへの感謝で一杯になる。

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

2022.05.14 我が家の万年青の今昔。

私は、Facebookをやっているが、そこでは、以前の自分の投稿を知らせてくれる。
今朝は、あなたの「六年前の思い出」として、下の記事を知らせてくれた。
「2016.05.14 初めておもとの花が咲きました。」




上の写真は、その六年前の懐かしい思い出です。
あれほどまでに美しい実を見せてくれた万年青は、劣えて、花も実もおかしくなり
寿命であることが判明した。
そこで、昨年の5月に、シニアサポートの人に来てもらって、腐ってしまった球根を
退けて、3つ出ていた新芽を残して、植え替えてもらった。


これが、植え替えた3つの新芽。
この素晴らしさ! 若武者の様な凛々しさに、目を洗われた。



ところが、それから一年経って、あの爽やかだった万年青の若芽は、暴れている。
実は、これには、思い当たることがある。
近所の園芸店で、以前、小さな袋に入った砂を勧められて買っていた。
それは、植物のビタミン剤だと言われて、少量だけ使う様にとのことだった。
多くても、コップ4分の1ぐらいと言われていたのに、シニアサポートの人に、
それを言うのを忘れていた。
見た目は普通の砂に見えるその砂を、その人は、多分一袋全部を一度に使って
しまったはずだった。
その人が帰ってから、後の祭りだったが心配していた。
それを全部、この万年青の鉢に使ってしまったのではないかと想定される。

あの涼やかだった若武者3名は、栄養過多のせいか?今では、こんな暴れ馬の様に
なってしまった。
ビタミン剤と言われた砂を買った園芸店に聞くと、「それも良くないけど、その
3つの新芽を、まとめて一つの鉢に植えた方が問題である。」と言われた。
そうか、3つの鉢に別々に植え替えるべきだったのだ。

また、シニアサポートの人に来てもらって、植え替えてもらおうと思っている。

1週間後に、植木に詳しいミエちゃんが来てくれるので、今ある土など、植え替えに
必要なものを点検してもらってから、追加の2個の植木鉢を買いに行こうと思っている。



これが、以前の万年青。
上品な美しさは、友人間でも近所でも評判で、とても羨ましがられていた。
植え替えたら、またこの様な、品の良い、万年青に戻ってくれるだろうか?


コメント ( 0 ) | Trackback (  )
« 前ページ