団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

親が死ぬなんて、少しも思わなかった

2017-12-09 08:55:21 | 日記
 一昨日の夜 63歳の時に脳梗塞を患った元の会社の同僚に電話しました。
彼は脳梗塞の後遺症もなく、元気にゴルフ三昧の日々を送っています。(笑)

 電話したのは先日届いた喪中ハガキに奥様が亡くなったと書かれていた元の会社の同僚の親友だったからです。
電話してわかったのですが、若い頃は親しく行き来をしていたようですが、転勤などしているうちに疎遠になり、
「今は年賀状のやり取りをしているだけだ」と言っていました。
同じ会社にいても、部署が違ったり、転勤したりすると疎遠になってしまいますね。
また独身の頃は頻繁に行き来もできますが、家族ができると行動が家族中心になりますからね。


 彼のお父さんは96歳まで生きていらっしゃいました。
彼は「親が死ぬなんて、少しも思わなかった」と言いました。
私は「え〜」との思いでした。

 「100歳でも、100歳以上でも生きて欲しかった」と言いましたので、
「そんなに生きられたら、自分が先に逝って親不孝になったのでは?
そちらが脳梗塞を患った時、お父さんはお幾つだった?」と訊きましたら、
「93歳だった」と言いました。
「もう少しで親より早く死んで、親不孝になるところだったね」と、言いいました。

 彼が「後悔していることがある」と言いました。
お父さんは最初老人ホームの一人部屋に住んでいらして、その部屋についている庭で花を
育てるのを生きがいにされていたそうです。
ところがその部屋をリフォームすることになり、部屋代が3倍に値上げになるということに
なって、やむなく3人部屋に移ることになってしまったそうです。
それで好きな花を育てるのもやめられてしまったそうです。

 私が「サラリーマンが3倍の部屋代を援助するなんて無理だわ、2割アップぐらいならなんとかできるけど」
と言いましたら、
「5割までならなんとかできたけど」と、彼は残念そうに言いました。
彼は結婚してないので、そこまでならなんとかできたようです。
やはり老人ホームで快適に過ごすには、お金も必要のようです。(苦笑)

 今はお母さんが老人ホームにいらっしゃるそうです。
94歳とのことです。
自宅から15分ぐらいなのでいつでも行けるようですが、「10日に一度ぐらいしか
行ってない」と言いました。
私は「それでもいいじゃないの、自分の人生も楽しまなくちゃ。何かあれば行かなくては行けないけど」と言いました。







君たちがいて僕がいた 舟木一夫 さん2
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 別の人生 | トップ | でもきっと見てますよ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
厳しい話ですけど (koumama)
2017-12-09 09:25:18
父をホームに入れざるをえなくて
結局特養ホームとか順番待ちを待っている時間もなく有料老人ホームに入りましたが
現実的に毎月の利用料はばか高く(笑)
父の年金と私のもちだしでなんとかやりくりしてました
長生きはもちろんしてほしかったけど
継続していく厳しさも感じてました
masaさんのお友だちのお父様の好きだった花の世話を
お部屋を変わるのでやめざるを得なかったのは残念なことでしたね
ホームにいると寂しいことが多いので
小さなそういう楽しみを奪われるのが何より辛いことなんですよね
親を看とるということはほんとに切ないことだしいくつになってもいてほしかったけど 現実に維持していくことは大変なのも事実です
自分のできる範囲 (masamikeitas)
2017-12-09 10:40:33
koumamaさん、おはようございます。

>結局特養ホームとか順番待ちを待っている時間もなく有料老人ホームに入りましたが

特養の宿直をやったことがあります。
ここもコネは優先されるようです。(苦笑)
順番待ちではなかなかは入れないですね。特に東京は難しいのでは?

>現実的に毎月の利用料はばか高く(笑)
父の年金と私のもちだしでなんとかやりくりしてました
長生きはもちろんしてほしかったけど
継続していく厳しさも感じてました

有料老人ホームは値段が高くて大変ですね。
私ははなっから諦めています。(苦笑)
koumamaさんも大好きなお父様の為とはいえ、大変でしたね。

>小さなそういう楽しみを奪われるのが何より辛いことなんですよね
親を看とるということはほんとに切ないことだしいくつになってもいてほしかったけど 現実に維持していくことは大変なのも事実です

誰もが親のためになんでもやってあげたいですが、自分のできる範囲でしかやれないですよね。
それで私は良いのではと思っています。
くちこ家は早死だらけなので (くちかずこ)
2017-12-09 11:08:02
ご長命な両親をお持ちの方が不思議な人に見えます。
考えて見たら、くちこの父も生きていたらもうすぐ89歳、母は81歳。
生きていても不思議は無いんだなあ・・・と。
もし生きていたら、くちこの性格ももっと安穏としていたかもしれません。
争いごとは、両親に丸投げして(^_^)v
でも愛情は (masamikeitas)
2017-12-09 14:39:05
くちこさん、こんにちわ。

>くちこ家は早死だらけなので

くちこさんのご両親は確かに早く亡くなっていますね。
でも愛情は人一倍くちこさんに捧げられたと思います。
それだから、くちこさんはのびのび育ったのではと思います。

>もし生きていたら、くちこの性格ももっと安穏としていたかもしれません。
争いごとは、両親に丸投げして(^_^)v

確かにそうでしょうね。
もしご健在なら、くちこさんは何か芸術家のような仕事をされているように思います。(笑)
親の存在 (アメリカン・ブルー)
2017-12-09 16:32:29
誰しも親はいつまでもあって欲しいと思って生きていると思いますが、
病気を抱えた息子にとっては、順番を生きてほしいとも思っている事も事実です。
36歳から病んでいる私の夫は、「お母さんよりも先に逝ってはいけない」という私の頼みを聞いて、
4人の親を見送りました。
masaさんのお友達は独身だったようですので、両親への想いはずっと子供の頃からと変わらなかったのでしょうね。
全てを後悔しないって難しいことです。
その時出来る最善で良いのではと思いますね。
ご主人は1番の親孝行ができたと思います。 (masamikeitas)
2017-12-09 16:55:42
アメリカン・ブルーさん、こんにちわ。

>病気を抱えた息子にとっては、順番を生きてほしいとも思っている事も事実です。
36歳から病んでいる私の夫は、「お母さんよりも先に逝ってはいけない」という私の頼みを聞いて、
4人の親を見送りました。

このようなことを書いては語弊があるでしょうが、ご主人はご両親を無事見送ることが出来て良かったですね。
韓ドラを見ていますと、親より早く死ぬことが1番の親不孝というセリフが出てきます。
ご主人は1番の親孝行ができたと思います。

>全てを後悔しないって難しいことです。
その時出来る最善で良いのではと思いますね。

あれもやってやりたかったなどと考えたら、いくつも出てきますよね。
私も5つや6つは心残りがあります。
でも出来ることはやったつもりですので、後悔はしていません。
両親 (hide-san)
2017-12-09 17:12:53
ボクが就職をした年に母を、翌年父を亡くしました。
人生僅か50年の時代です。

その後若い人の結婚式に呼ばれて、挨拶した時、
これからは80年の時代ですと言いました。

今、自分が80代になったら、医者から人生100年時代ですと言われています。
昔は人生50年と言われましたね。 (masamikeitas)
2017-12-09 19:00:35
hide-sanさん、こんばんわ。

>ボクが就職をした年に母を、翌年父を亡くしました。
人生僅か50年の時代です。

昔は人生50年と言われましたね。
でも早く亡くなられましたね。
もう少し長く生きていただきたかったでしょうね。

>今、自分が80代になったら、医者から人生100年時代ですと言われています。

人生100年時代ですか!
これは少し行き過ぎではないでしょうか?(苦笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事