natu blog

写真付きで日記や趣味を書く日々を過ごしながら・・・

ノートルダム大聖堂の火災

2019年04月18日 | 日記

ノートルダム大聖堂の火災には衝撃を受ける。あの薔薇窓は無事だったろうかと頭を掠める。

24年前の事だった。

1995年ロンドンからユーロスターで海底トンネルをぬけてパリに入ると、空の色も空気もなぜか違う感じがする。 なんとなく華やかさを感じる。芸術家たちが活動した街並、そして多くの美術館…オルセー美術館 ・ルーブル美術館 ・オランジェリー美術館 ・ピカソ館など数限りないほどの美術館がある。 そしてノートルダム大聖堂の薔薇窓のステンドグラスノ美しさは忘れられない・・・

と言う文章で24年前旅日記を書いた。その時のブログ

 薔薇窓は正面、北、南と3箇所ある。 正面のステンドグラスは無事と報じられている。

火災で崩れたあの高い塔が見える。大聖堂の裏庭のベンチでアイスクリームを食べながらあの塔を見ていたのである。

フランスの人々の悲しみと共に世界中の人たちの悲しみの建物である。

 

 

コメント (1)

小さい庭も花盛り・・・

2019年04月18日 | 趣味

          

          

          

          

          

やっと冬物の整理を終了する。年々捨てるものが多くなりごみ収集の日にせっせと運ぶ事になる。若い頃からジーンズ系の私だったがこの歳になっては少々無理がある。。。。。と思い切って○○本捨てる事に決めたが、ジーンズも意外と高価な物もあるので捨てるに捨てられず同じ体型の友人に連絡してもらっていただく。

カシミアのセーターは虫食いで3枚もダメになってしまった。季節の衣料の入れ替えは気苦労が多く疲れた。

デイケアに通い始めて3週目になる。チョッときつめだが私には合っている。足にエアースプレーをふきかけながら脚力強化に専念している。

話は変わるが、今日ほど以心伝心という言葉を強く感じたことはなかった。以前も何回かそんな事がったが偶然の出来事と思って深くは考えなかったが、今日は以心伝心だということがはっきり分かった。心が通じ合える人っているのだ。言葉に出さずに心で思っている事が相手に通じる、とても些細な事だが私にとっては大切で素敵なことである。相手はもちろん与作爺ではありませ~ん・・・誰かな?

思いが通じ合えるって友人であれ親族・家族であれ幸せな事ですね。幸せを感じる事に感謝!!!

 

                                                                         コメント欄休

 

コメント

喜びが続く・・・

2019年04月08日 | 日記

我が家の庭にはよそ様よりだいぶ遅れてボケの花が咲き始めた。金木犀の木の新芽も30cmは伸びている。

          

          

          

黄色の花も次々と咲き始めた。

昨日は東京まで出かける。長男の1年生の孫のピアノ発表会で嫁さんから連絡がありお祝いに出かけた。

この孫はサッカー少年で倶楽部に入って頑張っていた。体育会系かと思っていたら去年からピアノも習い始めたと言う。

一人っ子なのだが、積極的な性格なので好奇心があって頼もしい。中々の演奏振りであった。

はじめはソロ演奏で第二部では先生と連弾演奏をして楽しませてくれた。

          

          

誰に似たのか物怖じしない落ち着いた姿に親や爺婆はホッとした次第である。

次男宅の孫二人は高校と中学の入学式を迎えた。元気に成長した姿をラインで送ってくれたのを見てウルウル嬉し涙である。

          サッカー少年たち

          

                                                   

 

コメント (16)

「新年号令和」をスキー場にて聴く

2019年04月04日 | 旅行

2泊3日の予定で次男からの誘いを受けて上越新幹線にてスキー旅行となる。

4月ともなると雪は少ないだろうと思っていたが、予想が外れ大雪でビックリした。

午前中にホテルについたので早速着替えてみんな滑りに出かける。

          

          

私も滑る気満々だったが、全員の反対で中止となる。残念無念!  骨折して寝たきりになったら与作爺が可哀想だと孫から言われたら諦めるしかなかった。

次男の連絡が行き届いていたので、長男の嫁さんと孫が同じ列車に乗ってきたのには驚いた。長男は急の連絡だったので会議の都合で来られなかったという。二家族一緒になって大賑わいである。

4月1日の新年号令和は爺と二人でホテルの部屋にて聴いた。

今回のスキー旅に最後までごねていた与作爺も孫と楽しそうにゲームをしているよ。

          

スキー場の昼と夜の様子宿泊先のホテルグリーンプラザ上越

          

          

↓家族の中で一番小さい1年生の長男の孫のすべりはこんな感じである。お兄ちゃんたちはもっと上手で上の方に行ってしまって写せなかった。

        tougo

コメント (14)

明日出発となったが・・・

2019年03月30日 | 趣味

今日も寒く雨が降りそうだ。愚痴をこぼす前にきれいな花を載せておこう。少しは和やかになるかも・・・

 

          

          

          

3月中旬に息子から新潟へのスキー旅を誘われていた。二つ返事をしたいところだが、与作爺は若者に迷惑がかかるので行かないと断っていた。

スキーはしなくても素晴らしい温泉があるのでどうしても連れて行きたいらしい。

二三日経って今度は孫(長男)から爺に電話があり「爺ちゃん僕がついているので大丈夫だよ。高校の部活に入ってしまうともう一緒に旅行なんか出来なくなるので、一緒に行きたいんだよ」と言う内容で二回ほど電話があった。

やっとその気になってOKの連絡をして昨日は旅の準備となる。そんな時次男からラインが入る。

                

とにかく寒いらしい雪が降っているという。雪と聴いたら与作爺は行かないと言い出すだろう。息子も孫も一緒に行かれる事を望んでいる。

雪は内緒と言う事にしたが、着るものの支度をしながらヒートテックの下着をたくさん入れようとすると必要ないと怒りはじめる。

機嫌の悪いのは二日前からでワープロが壊れて修理がもう無理と分かった時点からすごく機嫌が悪く口も聞かない状態だった。気分を引きずる方なので私もイライラしてしまいついに爆発する。

「みんなが楽しもうと期待している時に、あなたのそのブスブスの顔で参加したらみんなに迷惑になるから行かないでください。理由は雪の降る所には行かれないと言えばいいのです」旅支度はもう終わり、と言って階下に降りてきた。

昔から大勢で楽しむと言う事が苦手な人だ。せっかくの相手の気持ちを無にする事を私は許せない。

たぶんここに書いた言葉よりもっとひどい言い方をしたと思う。 今の爺の病状態で反対や否定をしてはいけない事は重々分かっているが、もう明日の事なのでここで気分を変えさせないと息子や孫に申し訳ないのだ。自分の事でイライラされては迷惑千万である。

今日午後には孫たちは我が家にきて一泊して息子も深夜きて明朝揃って出かけることになっている。

そっと爺の居ない時、部屋を覗くとリックに荷物がつめてあった。行きたい気持ちはあるのだろう。本当に素直でないんだから・・・孫たちが来る前に優しい言葉をかけてやろうかな!?!?へへへへ

 では行ってきます~~~ 骨折をしないように気をつけるよ。

                                                                     コメント欄休

     

コメント