団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

公衆電話は残してほしいですよね。

2020-10-23 02:53:07 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に「公衆電話残してほしい」というタイトルで、77歳の男性が投稿されていました。


 最近は老若男女、現代の文明の利器であるスマートフォンを手放せないといいます。
私も試しに使いましたが、機器の扱いに不慣れな上、スマホの入力画面が小さくて使いづらかったため解約しました。

 スマホは持ち運びが便利で瞬時にあらゆる情報を得られますが、家にあるパソコンでも同様の情報が入手できました。

 しかしながらスマホの大本でもある電話機能を失ったことで、24時間使えた屋外設置の公衆電話がどんどん消えていることに気付き、私は怖くなってきました。

 災害時スマホはつながらないとよく聞くゆえ、昔も今も公共インフラである公衆電話はぜひ残してもらいたいです。

 以上です。


 公衆電話は残してほしいですよね。
子供達全員がスマホを持っているわけでないので。

 当時15歳の孫が塾のセミナーに行く為電車に乗りましたが、その電車が目的の駅に止まらない電車だったので、乗り過ごして違う駅に降りて駅の公衆電話で私の家へ電話してきたことがあります。

 私はその電話を受けて嫁さんに連絡し、なんとか対応したことがあります。
孫は携帯電話を持っていなかったので、公衆電話は必要だと思いました。

>スマホは持ち運びが便利で瞬時にあらゆる情報を得られますが、家にあるパソコンでも同様の情報が入手できました。

 投稿者さんはパソコンでスマホ同様の情報が入手できると言われていますが、パソコンを持ち歩くのは重た過ぎます。
やはり、スマホかガラケーを持っていたほうが何かと便利だと思います。

 私は今だにガラケーですが、スーパーへ行くときは持って行きます。
スーパー内でカミさんと時々はぐれてしまうことがありますので、ガラケーで連絡してカミさんの居場所を確認します。(笑)

 投稿者さんはスマホを購入されて解約されてしまわれましたが、老人向けのスマホを購入されれば、画面も大きく使いやすかったと思うのですが。

 災害時 公衆電話は、よくつながると言われていますが、阪神淡路大震災の時 会社の電話は一切繋がらなかったです。
公衆電話だったら繋がったのか疑問に思います。






掌 さだまさしグレープ)
コメント (4)

子どもたちが家に入れてくれたお金は、独り立ちした際返してやるのが親の役目のような気がします。

2020-10-22 03:16:04 | 日記
 中日新聞の「ねえ!!ねえ!!ちょっと」という相談コーナーに,
 「娘の給料 あてにする夫」という岐阜・こずえ(55)さんの、相談が載っていました。


 娘が少ない給料から生活費として三万円を家計に入れてくれています。
私にお金を渡す姿を目撃した夫が「俺にくれ。家のローンの足しにする」と言い始めました。

 ローンの支払いを娘にさせようとする心理が理解できません。

 私は渡されたお金を、娘のために貯金するつもりでした。
こんな夫をどう思いますか?


 このご相談に対して、読者の回答の、お一人目は。


 うちの夫も子どもより自分優先ですが、「あなたのお母さんも、子ども第一で生きてきたでしょう?
私たちも同じようにしましょう」と義母を引き合いに出して説得しました。

<埼玉・匿名希望(58)>



 お二人目の回答は。


 共働きで夫婦別々の財布ですが、夫は娘に生活費を入れさせていました。
夫の通帳を見たら結構ためていたので安心。
介護費用の助けになり、娘の負担をかけずに済むと思います。

 旦那さまにローンの浮いた分は貯蓄に回すよう提案しては。

<愛知・まるまる(55)>


 三人目の回答は。


 娘さんがお金を入れるのは自立のためにいいことですね。
生活費が余れば、貯金すればいい。

 娘さんも家族の役に立っていると喜ぶでしょう。
家族でオープンにして話し合って。


<東京・単純がモットー(82)>


 最後に四人目の回答は。


 子どもが小さい時、私は親戚からのお祝いやお小遣いをためていましたが、夫は趣味のために使い、息子が働くようになると食費を要求しました。

 私はこっそり息子の通帳に同じ金額を入れていました。

<埼玉・埼玉のおばちゃん(61)>


 以上です。


 うちのかみさんは息子が働き出して、かみさんが立て替えて払った学生時代の国民年金2年分をかみさんに返してくれました。

 かみさんは、息子から返却された国民年金代やその他諸々のお金が入った通帳を息子が結婚した時に渡しました。

 まぁ出来るのなら、子どもたちが家に入れてくれたお金は、独り立ちした際返してやるのが親の役目のような気がします。






岩崎宏美 名曲 / 思秋期 「 レコーディングの時、泣き崩れて歌えなかった 理由 (わけ) 」
コメント (12)

私も朝散歩していると、道端にタバコのポイ捨て、プラで出来ているコンビニ弁当の空き容器などをよく見かけます。

2020-10-20 03:39:20 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に「ポイ捨て 罰則強化して」というタイトルで18歳の高校生が投稿されていました。


 コンビニやスーパーでのレジ袋の有料化が本当に地球環境を改善させる効果があるのか、私は疑問だ。

 レジ袋を有料化した理由の一つに、近年よく報告されている海にどんどん流れ着いているごみの存在がある。
それを海洋生物が口にしてしまい場合によっては命を落とすこともあり、それがよくニュースになっている。

 ごみは海自体も大いに汚している。

 投棄されてこの世で散乱するごみは、そもそも私たち人間の意識の問題でもある。

 レジ袋を有料にしたとしても街角にごみをポイ捨てしなくなることに即つながるわけではない。

 もちろんレジ袋の有料化で世に出回るレジ袋の減少には寄与するだろうが、ごみ問題をその根本から解決するにはごみを捨てる行為に対しての罰則を強化すべきでないのか。

 私は今、そう考えている。


 以上です。

 私も朝散歩していると、道端にタバコのポイ捨て、プラで出来ているコンビニ弁当の空き容器などをよく見かけます。
飲んだ後の空きペットボトルも捨ててあります。

 投稿者さんが書かれているように、罰則強化に賛成せざるを得ませんね。

 レジ袋の有料化も、この投稿者さんが書かれているように地球環境の改善に役立つのか多少疑問に思っています。

 レジ袋は減っても、その代わりにレジにおいてあるレジロールの袋が以前より多く使われるようになったようです。(苦笑)
レジ袋の効果が半減しているのでは?

 この投稿を読んだ後に、福島第一処理水を政府が海洋放出を月内にも関係閣僚による会議を開いて決定する。風評被害対策は新たな会議体を設置して具体化を進めるというニュースが中日新聞に載っていました。

 汚染水浄化後に残る放射性物質トリチウムを含んだ処理水を海洋放出する。

 「トリチウムは人間の体や魚、貝などの海産物に蓄積されることはありません。」と、ネットには書いてありましたが、それが事実なら処理水を第一原発内で千四十四基もののタンクに保管するなんてしないのでは?

 海に放出すれば、海にいる海洋生物に何か奇形が生じるように思えて仕方がないです。
レジ袋どころの問題ではないように思います。

 政府は風評被害対策を考えているとのことですが、この事実は風評被害とはとても言えないのでは。

 福島第一原子力発電所事故は、9年前2011年(平成23年)3月11日に起こりましたが、日本人の英知を集めてもタンクに放射性物質トリチウムを含んだ処理水を保管する以外手がなかったでしょうか?

 敷地の問題もあり、物理的にタンクにずっと保管するなんて無理だったように思います。
原子力発電はいったん事故が起こると、人間の手に余るものだと改めて分かりました。





森山直太朗  愛し君へ (Live)
コメント (8)

今は、私と結婚して良かったと思っていないのでは。(苦笑)

2020-10-19 02:55:49 | 日記
  昨日は「この妻と結婚してよかった」と夫が感じた10の理由を取り上げましたが、今日は妻が「この夫と結婚してよかった」と思う理由を取り上げます。

7位「経済力がある」を大きく超えた1位は…
2020.10.13
family
夫婦の問題
北川和子

 結婚生活の幸せは、あって当然。でも、不足すると苦しくて文句を言いたくなる。まるで、空気のようなものではないでしょうか。

 そして、年月の経過とともに「結婚してよかったかどうか」と真剣に考える機会は少しずつ減っていくのかもしれません。
『kufura』編集部は20~40代の既婚男女352人(男性177人/女性175人)にアンケートを実施。

 「普段はあまり口に出せないけれども、『配偶者と結婚してよかった!』と心の中で思った経験はありますか?」と質問したうえで、その理由についても聞いてみました。

 前回の男性編に続き、今回は既婚女性の175人の回答をお届けします!
結果はランキング形式でご紹介します。

「夫と結婚してよかった!」と感じた理由6位~10位は?
まず、既婚女性が「夫と結婚してよかった」と感じた理由の6位~10位を一気にご紹介します。

 10位:夫が自分をサポートしてくれる(4人)
「普段からも言っているが、つらいときに支えてくれる」(28歳・営業・販売)

 9位:夫が頼りになる(5人)
「車のことや家電のことなど自分がよく知らないことを知っているので頼りになること」(38歳・主婦)

 同率7位:夫に経済力がある(8人)
「何でも欲しいものを買ってくれる。経済力に感謝します」(36歳・総務・人事・事務)

 7位:夫と趣味が合う(8人)
「趣味がアウトドアと釣りで一緒なので、2人で楽しめる」(49歳・技術職)

 6位:夫が子煩悩(9人)
「子どもと楽しく遊んでいる姿。いいパパでよかったと思う」(40歳・主婦)

 夫と同じ趣味を楽しめたり、子どもを大切にしたり、経済力を通じて家庭をサポートしてくれたりと、様々な側面から「結婚してよかった」という声が集まりました。

 続いて、上位5つの回答をご紹介します!

 5位:夫が話を聞いてくれる(11人)
「くだらない話でも、ゆっくり聞いてくれる。何事も慎重になって向き合ってくれる」(32歳・主婦)

「ちゃんと話を聞いて答えをくれる。私を認めてくれているところ」(49歳・主婦)

「夫にとってどんなに理不尽であろうと、私の容姿が変わろうと、言うことが毎日変わろうと、私自身を否定することは一度も無い。
 必ず受け入れてくれて、きちんと話しを聞いて、どうしていきたいか、とか話しているうちに私自身をまっすぐ、正しい道へ戻してくれる」(30歳・主婦)

 皆さんの回答を見ていると、“夫が妻の話を聞く”ということは、“夫が自分を受け入れてくれている”“夫に愛されている”と妻自身が感じることにつながっているように思います。

 4位:夫が手料理を食べているとき(12人)
「時々、手製の料理やツマミを食べた時『うまい』とひとこと言う。素直に嬉しい」(29歳・総務・人事・事務)

「自分の作った料理に文句言わないこと」(34歳・主婦)

「おいしそうにご飯を食べてくれる」(29歳・金融関係)

「おいしい」と喜ぶ姿、手抜きでも残さず食べる姿、自信がない料理でも文句を言わずに食べる姿などなど、料理のリアクションに関する回答は12人から寄せられました。

 ちなみに、男性が「妻と結婚してよかった」と感じる理由としては「手料理」が1位となっていました。時間と労力を使って作った料理を喜んでもらえると、うれしいものですよね。

 3位:夫と一緒にいると楽しい(15人)
「気が合うので何をしていても楽しいこと」(32歳・主婦)

「会話が楽しいから」(45歳・主婦)

「ただ話をしているだけで楽しくて幸せだと実感するから」(37歳・その他)

「かわいい子ども達を連れて公園に行ったり、くだらない話で笑ったり、笑いのツボが同じだから楽しいなと感じる」(32歳・主婦)

 出かけても、家にいても、「一緒にいると楽しい」と感じられるのは、とてもステキなことです。心からの「楽しい」は、一緒にいる相手にも伝染していきそう!

 2位:夫が優しい(20人)
「ねぎらい、感謝を毎日する夫。優しい夫なので結婚してよかったです」(42歳・主婦)

「自分の好みの物を買ってきてくれる(お菓子など)とか、疲れてご飯が手抜きでも全然いいと言ってくれる、風邪をひいたら看病してくれるなど」(38歳・主婦)

「いつもほめてくれて感謝してくれるところ。いつもいい気分でいられる」(39歳・その他)

 ここでいう「優しい」というのは、単に静かで穏やかというのではありません。
自分の立場にたって、何をして欲しいか考察したうえで、行動に移してくれる夫への感謝の声が多く聞かれました。

 1位:夫婦で協力して家事ができる(21人)

 妻が「夫と結婚してよかった」と感じた理由の1位は家事に関するものでした。

「家事など手を抜いても何も指摘せず、率先して家事を助けてくれる。女性がすべきという概念がなく、男女平等にできる人がやればいいという考えをもっているから」(35歳・営業・販売)

「休みは料理をしてくれるし、常に買い物も一緒に付き合ってくれる」(49歳・ 主婦)

「家のこと(皿洗い、掃除、洗濯など)を頼んだら何でもやってくれる」(46歳・公務員)

「朝の食器洗いを担当してくれる」(47歳・その他)

「共働きのため、家事を協力的にやってくれる。私の方が帰り時間が遅い事が多いけど、子ども達の事も任せられる」(46歳・総務・人事・事務)

 男性からは“面倒な家事”を担う妻がいるから「結婚してよかった」という声もありました。一方、女性にとっては、その“面倒な家事”を分け合える相手がいることで、結婚の充実度がアップすることもあるようです。

 【番外編】まるで1行ラブレター!「夫と結婚してよかった」と思う理由

 最後に、夫への愛がにじみ出る“1行ラブレター”のような回答をご紹介します。

「出張などで少し離れると、寂しくなり、やっぱり好きなんだなと気づく」(43歳・主婦)

「夫の作るハイボールが最高に美味しいので、この人と結婚して幸せだなぁと思う」(47歳・主婦)

「夫と手をつないで寝るとき」(34歳・公務員)

「単純に夫はかっこいい」(38歳・営業・販売)

「けんかしたり、価値観があわなかったりして、何回も別れてやろうと思ったが、やはり他の誰かと会話したりしたときに『一緒にいて楽しい、ほっとする感じは夫しかいないな』と思ったりする」(41歳・主婦)

 
 以上、2回にわたって既婚男女が「結婚してよかった」と思った経験についてお届けしました。

 夫の性格が好きな女性、稼ぎに魅力を感じる女性、夫婦で一緒に家事をするのが好きな女性など、個々の結婚生活の”よかった”が寄せられました。

 「夫が好き」「妻が好き」とは公の場ではなかなか言いにくいものですが、コツコツと温かな愛情を育んで盤石な関係を築いている夫婦は思いのほか多いかもしれませんね。

 以上です。

 
 「夫と結婚してよかった!」と感じた理由の1位から10位を読みましたが、私をかみさんがどう思っているのか分かりませんでした。
 今は、私と結婚して良かったと思っていないのでは。(苦笑)
 
 付き合っている頃は、「3位:夫(彼)と一緒にいると楽しい」。
「気が合うので何をしていても楽しいこと」と、思っていたのでは?(笑)





中島美嘉『雪の華』 Music Video
コメント (6)

「この妻と結婚してよかった」

2020-10-18 02:46:06 | 日記
  ネットに、下記のような記事が載っていましたので貼り付けます。

「この妻と結婚してよかった」と夫が感じた10の理由。夫たちの心の中を覗いてみたら…!
2020.10.12
family
夫婦の問題
北川和子

 特に生活を共にする夫婦の日常は、日々忘れてしまうような“ささいなこと”の繰り返し。
怒りの気持ちが沸騰する朝があれば、しみじみとした喜びを実感する夜もあるのではないでしょうか。

 夫婦間のささやかな幸せは、家庭の外に見せびらかすことなく、心の中にしまいこまれているケースが多いようです。
今回は、そんな幸せエピソードを掘り起こしていきます!

『kufura』編集部は20~40代の既婚男女352人(男性177人/女性175人)にアンケートを実施。

「普段はあまり口に出せないけれども、『配偶者と結婚してよかった!』と心の中で思った経験はありますか?」と質問したうえで、その理由についても聞いてみました。

 結果は夫編と妻編での2回に分けてお届けします。初回の今回は、男性からの回答をランキング形式でお届けします!

「妻と結婚してよかった!」と感じた理由6位~10位は?
まず、男性が「妻と結婚してよかった」と感じた理由の6位~10位の回答を駆け足でご紹介します。

 10位:一緒に晩酌ができる(4人)
「一緒に飲みながら語り合えること」(45歳・公務員)

 9位:帰宅したときに家族がいる(5人)
「家に帰って来て1人ではないこと。子どもと接してる姿を見るとホッとする」(39歳・コンピュータ関連技術職)

 8位:子どもを授かった(7人)
「お互い平凡ながら子どもが産まれ、生活ができていること」(46歳・営業・販売)

 7位:居心地がいい(8人)
「一緒にいて自然体でいられる」(40歳・公務員)

 6位:妻がかわいい(9人)
「他の女性を見なくてすむ。なぜなら、妻の方がかわいいから。うちの妻の方がほとんどの女性よりかわいいという優越感が私にはある」(46歳・営業・販売)

 ドアの向こうに居心地の良い空間があって、そこで家族が待っていることで「結婚してよかった」と感じる男性は少なくないようです。
また、まるで恋愛中かと思うほどに妻の笑顔や容姿を絶賛する声も少なからず寄せられていました。

 続いて、上位5つの回答をご紹介します!

 5位:妻が家事・育児を担ってくれる(10人)
「自分と娘のために頑張ってくれる姿を見せてくれる所。一生懸命な姿に心惹かれる」(31歳・その他)

「ほとんどの家事をこなして快適に暮らせるように日々頑張ってくれている」(48歳・研究・開発)

「面倒な家事をしっかりと毎日こなしてくれる」(38歳・営業・販売)
妻が育児と家事を担当していることへの感謝の声が聞かれました。家事を“面倒”と自覚しつつも、それを積極的に担ってくれる妻がいて、仕事に専念できることで「結婚してよかった」と感じている男性は少なくありませんでした。

 4位:妻との時間が楽しい(13人)
「楽しく出かけられること」(43歳・公務員)

「毎日楽しく振る舞ってくれる妻が好きです」(35歳・その他)

「毎日面白い」(43歳・営業・販売)

「生活していて楽しい」(41歳・研究・開発)

虚勢をはらずとも、背伸びをしなくても、一緒にいると楽しく過ごせる妻。そんな妻との時間を慈しむ声が寄せられました。

 3位:妻が支えてくれる(14人)
「疲れているときやイライラしているとき、妻がそれを感じとって、優しくしてくれる」(42歳・その他)

「気分が落ちていてどうしようもないときにも、そっとそばにいてくれること」(39歳・総務・人事・事務)

「自分の心身の健康を自分以上に気遣ってくれるのを感じられるとき」(33歳・ 研究・開発)

「自分に何かあったり、少し問題を抱えたりしたとき、自分と同じ身になって考えてくれる唯一の存在ですので、その点で自分は非常に幸運だと思うし、また感謝しています」(39歳・コンピュータ関連技術職)

 妻が自分にとっての“一番の味方”でいてくれること、辛いときや疲れたときにやさしくサポートしてくれることへの感謝の声が聞かれます。
いざというときに支え合えることで「結婚してよかった」との声は、女性からも聞かれました。

 2位:妻の性格が好き(16人)
「妻の人間性が素晴らしい」(49歳・営業・販売)

「しっかりしていること」(35歳・その他)

「真面目でしっかりとしているので何を任せても安心できる」(36歳・営業・販売)

「忍耐強さ、優しさ、しゃべり好き」(46歳・その他)

こんなふうに、妻の好きなところをあげる男性も。
芯の強さや優しさへの敬意が聞かれました。

 1位:妻が料理を作ってくれる(26人)
「帰ったらご飯がある」(30歳・営業・販売)

「手料理を食べておいしかったとき。独身だとこれは味わうことができないから」(31歳・その他)

「手料理がすごく上手で、なんでも好きな食べ物を作ってくれる」(43歳・男性・営業・販売)

「手料理がどれも美味しい」(46歳・コンピュータ関連技術職)

夫婦円満のコツとして“夫の胃袋をつかむ”というのは、ひと昔前の定説かと思いきや、妻にガッチリと胃袋をつかまれている男性がこんなにも多くいることは少々意外でした。
コロナ禍によって外食でワイワイとするのが難しい今、自宅での手料理の価値はグンとアップしているのかもしれません。

【番外編】まるで1行ラブレター!夫が「妻と結婚してよかった」と思っている理由
最後に、1行の文面から、妻への愛がほとばしる回答をご紹介します!

「妻の寝顔が見れて幸せです」(30歳・公務員)

「妻が生きてる実感を与えてくれた」(41歳・その他)

「夢の中で、出会った頃にときめいた記憶が出てきて、起きたときに『結婚したんだ』と思った」(43歳・総務・人事・事務)

「よその奥さんよりもきれい」(40歳・金融関係)

大好きな人と一緒に暮らしていることの喜びがにじみ出ていますね。
 
以上、今回は男性が「妻と結婚してよかった」と感じていることについてお届けしました。

怒りや不安を原色だとすると、結婚生活の幸せは日常に溶け込んだアースカラー。多くの場合、発信されることなく自覚されることもなく、日常の中に埋没していくのではないでしょうか。

 各家庭の思い出を掘り起こしてみると、幸せがたくさん埋まっているようです。

 以上

「この妻と結婚してよかった」と夫が感じた10の理由でした。


 このアンケートは、20~40代の既婚男女352人(男性177人/女性175人)対象にされているので、今の私の年齢70代での感じ方と少し違うように思いました。

 私が40代の時だったら、「3位:妻が支えてくれる」に、一票を投じていると思います。
 理由は、「自分の心身の健康を自分以上に気遣ってくれるのを感じられるとき」ですね。

 何しろ、30代・40代と椎間板ヘルニアで長期入院し、心配をかけていますし、今も腰の具合が悪い時があります。

 長期入院していた時、もう治らないのではという不安を抱えながら、一人で子供達の世話や家事をこなしてくれました。
感謝の一言です。

 今はその気持ちが薄れがちですが、40代の頃を思い出すと感謝の気持ちが込み上げてきますね。





Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live
コメント (4)