団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

私たちは泣きながら帰宅したが、子どもながらにも何か悪いことをしたのではないかという罪悪感でいっぱいになった。

2020-01-28 04:56:00 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に「弱者の力に仕事の原点」というタイトルで56歳の女性看護士さんが、投稿されていました。



 半世紀近く前の小学生だったとき、学校近くの高齢者施設を訪ねて触れ合う機会があった。
それがきっかけで、週末になると友人3、4人と施設に行っては入所者とさまざまな遊びをしながら1〜2時間を過ごした。

 初めの頃は施設職員も「普段あまり表情を変えない人もあなたたちが来てくれると本当に楽しそうに笑顔を見せてくれる。
ありがとうね」と言ってくれたが、2ヶ月ほどたつと今度は職員から
「ここに来るのは終わりにして欲しい。
あなたたちが来られなくなったときに入所者の方が悲しむから」と伝えられた。

 私たちは泣きながら帰宅したが、子どもながらにも何か悪いことをしたのではないかという罪悪感でいっぱいになった。

 今振り返るとボランティアが今ほど一般的でなかった時代だけに
施設側もきっと私たちの対応に苦慮したのだろうと想像する。

 あのときの弱者の力になりたいとの思いから私は看護師を目指し今に至っている。


 以上です。

>「ここに来るのは終わりにして欲しい。あなたたちが来られなくなったときに入所者の方が悲しむから」と伝えられた。

 これは無いように思います。
ボランティアは永続するものばかりでは無いと思いますから。
何か大人の事情があったように思いますが。

>「私たちは泣きながら帰宅したが、子どもながらにも何か悪いことをしたのではないかという罪悪感でいっぱいになった。」

 それにしても、週末の時間をボランティアしてくれた子どもたちに、このような気持ちにさせてはいけないですよね。
施設側のお断りの説明の仕方に問題があったように思います。

 弱者の力になりたいという思いを持ち続けられて、看護師になられた投稿者さんには頭が下がります。





スピッツ / ロビンソン
コメント

私も現役中の週末は、かみさんとあちこちの喫茶店へモーニングを食べに行ってました。

2020-01-27 04:57:17 | 日記
 中日新聞の「くらしの作文」に「コーヒーチケット」というタイトルで64歳の女性が投稿されていました。



 私の手元に、2枚のコーヒーチケットがある。

 一昨年暮れに72歳で逝った夫は喫茶店が好きで、若い頃から週末になると、
私や娘を連れて出かけていた。

 やがて子供たちは独立。
夫が定年を迎え、夫婦二人の暮らしになると
「モーニング行く?」が朝のあいさつ代わりになった。

 毎日ではなかったが、本当に二人でいろんな喫茶店へ行っては、
何を話すでもなく、その空間の雰囲気を楽しんだものだった。

 徐々に喫茶店は少なくなり、代わりにおしゃれなカフェが増える中、
「これも時代だなあ」と言いつつ、あちこち出かけていた。

 その時々に買っていたコーヒーチケットが残り少なくなったころ、
夫は持病でだんだん体力が弱ってきた。

 ある日の喫茶店の帰り、大変つらそうで、
私は「あっ、もうモーニングも今までのように来られないかもしれない」と思った。

 その直後、夫は入院、わずか一週間で旅立ってしまった。
財布には2枚のコーヒーチケットが残っていた。

 あれから私はそのチケットを使えず、いまもそのままだ。

 いつか私が夫の元へ行ったとき、このチケットで幾年ぶりかのコーヒーを楽しもう。
もちろんモーニング付きで。

 以上です。

 仲の良いご夫婦でしたね。

>「モーニング行く?」が朝のあいさつ代わりになった。

 私も現役中の週末は、かみさんとあちこちの喫茶店へモーニングを食べに行ってました。
今はかみさんは喫茶店へいかなくなりましたので、午後から私は喫茶店へ一人で行っています。

 朝のモーニングは喫茶店ではなく、自宅でコーヒーを二人分私が淹れています。
まぁ、喫茶店のコーヒーとそんなに遜色がないように思います?
コーヒーと菓子パン半分が、私のモーニングになっています。(笑)






YES YES YES -オフコースー
コメント (8)

私のかみさんが投書したような相談です。(苦笑)

2020-01-26 06:00:20 | 日記
 昨日の3時頃 長野にいる妹から電話がありました。
「元気?」と訊いてきましたので、「元気だよ」と答えました。
どうも夢に私が出てきたので、心配になったようです。
心配してくれる妹がいることは、うれしいですね。(笑)

 ところで、中日新聞の「ねえ! ねえ! ちょっと」というコーナーで、
「定年後の夫 どう付き合う」というタイトルで65歳の女性が読者に相談を投げかけていらっしゃいます。

 下記が相談内容です。


 もうすぐ夫が定年退職します。
夫は特に趣味もなく、家事は全くしません。

 家にいる時はテレビやネットを見ているだけ。
今でもよく口げんかをしますが、ずっと家にいるようになったら、
ますます息苦しくなるのではと今から心配です。

 定年後の夫とうまくやるこつを教えてください。


 以上です。

 私のかみさんが投書したような相談です。(苦笑)
私は37年間働いたので、定年後少しのんびりしても良いかなと思っていました。

 ところが、かみさんは今までの生活パターンを変えられてしまうので、大変鬱陶しいと思っていました。
これが仲の悪くなる原因の一つだったような気がします。

 一番良いのは、ご主人がいつまでも働かれることのような気がします。
定年後も会社で嘱託として、働けるならそれが一番なのでは。
それが出来ないなら、奥様が何かの趣味をお持ちになり、
毎日のように外出されて、息抜きを図るということが大切なのでは。

 私は働く気がないので、かみさんに何か息抜きをしてもらいたいのですが。
少しばかり家事をやっていますが、それではかみさんの鬱陶しい気持ちは無くならないようです。(苦笑)








時に愛は / オフコース
コメント (6)

このような若い子が高齢者を心配してくれるなんて、高齢者の私にとって心強いです。(笑)

2020-01-25 03:32:28 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に「高齢者に優しい日本に」というタイトルで15歳の女子中学生さんが投稿されていました。



 日本は他国に比べても高齢化がずい分進行しているそうだ。
高齢者福祉を実現させるために政府は昨年10月、消費税率を2%アップして10%としたが、
それでもまだこの先のことを考えると財政面では不十分との指摘があるという。

 祖母に聞くと、昔はもっとたくさんの年金をもらえたとか。
高齢者だと通常よりも安く公共交通機関に乗れたというが、
そんな優遇も遠くないうちになくなるだろうとこぼしていた。

 高齢者が生きにくい社会にしてはいけない。
たいてい高齢者の収入といえば年金なのだから、
それがどんどん減る事態は何としても避けたい。

 その点、今回の税率アップにもかかわらず、
食品の税率はおおむねこれまで通り8%となったことは評価したい。

 食べないと何人も生きることができない以上、
高齢者も税率が据え置かれた恩恵を確実に享受できると思うからだ。

 この先、今以上の高齢化社会になっても
「日本は本当に高齢者に優しいな」と他国から言われるようであって欲しい。


 以上です。

 
 この女子中学生さんは、高齢者に優しいですね。
おばあちゃんとの日頃からの会話のおかげなのかな?

このような若い子が高齢者を心配してくれるなんて、高齢者の私にとって心強いです。(笑)

>この先、今以上の高齢化社会になっても
「日本は本当に高齢者に優しいな」と他国から言われるようであって欲しい。

 私もそう願いたいです。(笑)






米津玄師 MV「Lemon」
コメント (6)

指導の先生も、もう少し頭を柔らかくして欲しいです。(苦笑)

2020-01-24 04:22:59 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に「髪形指導は人権の侵害」というタイトルで33歳の女性が投稿されていました。



 「あなたはパーマをかけていますね」ー。
高校の入学式で生活指導担当の先生に突然そう聞かれた。

 私は「天然パーマです」と答えたが、「証明するために小さな頃の写真を提出しなさい」と言われ、取り付く島もなかった。
そのことを母に話したら「ばかにしている」と怒っていた。

 そもそも校則とは学生の本分である学業がおろそかにならないためのものではないか。
髪は色が黒で真っすぐであるべきで、それ以外は執拗に直そうとするのは
その人本来の姿を否定することになりかねず、人権の侵害とも言える。

 たとえ人工的に手を加えていたとしても、とがめるべきものなのだろうか。
そんな髪や服装のチェックよりも指導すべきことが学校にはある気がしてならない。


 以上です。


 確かに今でも服装チェックや髪形チェックをする高校があるようです。
戦前でもないですし、この投稿者さんが書かれているように学校にはもっと力を入れることが他にあるように思います。

 今は外国人の生徒さんもいらっしゃると思います。
髪の色が黒くて真っすぐなんて概念は通用しないです。

 私の世代の女性徒も髪は黒い人が多かったように思いますが、
髪が真っすぐな女性徒は、そんなにいなかったのでは。
私もくせ毛がありますが、くせ毛の女性は多いと思います。

 そういえば、うちの娘も髪が茶色なので指導の先生に引っかかったようです。
生まれつきなので仕方ないですよね。(苦笑)
今は金髪に変身しています。(笑)

 指導の先生も、もう少し頭を柔らかくして欲しいです。(苦笑)







松任谷由実 - リフレインが叫んでる
コメント (4)