love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

とても幸せです・・・

2002-01-31 | インポート
今日はとても幸せな気持ちです。

このところ、ちょっと忙しくて疲れて気味でした。(自分で作ってしまう忙しさなのですが)
気持ちに余裕がなくなりつつある・・・と感じていました。
そんな時に迎えてしまった、知的ハンディキャップを持つ生徒達のクラスのお手伝いの日でした。「こんな気持ちのまま行ったら、彼等とのコミュニケーッションはとれない」と、必死で気持ちを切り換えて学校へ向かいました。
ドアを開けるなり「こんにちわ」と両手を広げて迎えてくれる彼等の笑顔は最高でした。
今回は、「切り絵」に挑戦です。ハサミを使うことが好きな生徒達のために、折り紙をいくつかに折り、切りこみをいれながら、いろいろな形を作っていくものです。

雪の結晶、何人もの人が手をつないでいるもの、鳥がくちばしを合わせているものとかいろいろあるのですが、彼等は形にこだわらず、自由にハサミを入れていきます。
出来上がったものは、それなりにおもしろい物ができました。
大きな色紙に、様々な色、形、大きさのものを貼っていきましたが、「夜空に広がる花火」のようで、とても美しくステキなものができました。
帰る時に「今度はいつ来るの?」って言って下さる彼等の言葉に、ここ数日の疲れも忘れる思いでした。頑張って行って良かった。
来月はいっしょにケーキを焼きます。

夜、嬉しいメールが入っていました。
大好きな友人が、「新しい出発」をするとの知らせでした!
昨年は、厳しい経済状況の中、また、諸事の事情でつらい体験をしてしまったようですが、今までの様々な経験を、これからの日々の中で、きっと生かしていって下さる事でしょう。
本当に良かった!
自分のことのように嬉しくて、幸せな気分です!

疲れはすっかり飛んで行ってしまいました。
暦より、一足早く春を感じた今日でした。
生徒達にも、大好きなお友達にも、心から感謝します。あ・り・が・と・う・

コメント

不動産屋さんで・・・

2002-01-25 | インポート
新しい私の娘(カナダ人)から、「アパートを借りたいので助けて」と連絡がありました。
1月中に、今のところから出たいと思って不動産屋さんへ行ったらしいのです。
始めに訪ねた不動産屋さんには、英語を話せるスタッフがいて、物件の案内してくれた様ですが気に入らなかったようです。
友人の紹介で行った不動産屋さんで見つけたアパートが気にいったのですが、英語を話せるスタッフがいないので、契約をするのに困ったようで、SOSが来たのです。
あわてて電車に飛び乗り待ち合わせの場所へ。

日本語の契約書しかありませんでしたので、なんとか通訳しながら契約を終了しほっとしました。
驚いたのは、「印鑑持っていますか?」って聞かれました。「外国人ですからサインでお願いします」・・・
「サインが本物であるか証明するものありますか?」「外国人登録証を見せます」

保証人の件や、ガス、水道、電気のことetc・・・全部手配し、来週の月曜日にお引越し出きることになりました。
やれやれ・・・神経を使ったせいかちょっと疲れました。 

日本に来てまだ5ヶ月、慣れない事も多く大変なようですが、楽しい生活を送って欲しいと思ってできるだけのお手伝いをしています。
「日本でのおかあさん」のつもりですから・・・


コメント

千客万来?

2002-01-24 | インポート
なぜかお客様の多い一日でした。
朝一番に中学校行き、来週のお手伝いする授業の打ち合わせを済ませました。

家に着くとすぐ、車の保険の契約更新のために、知人が見えました。
彼は2年前まで、某デパートの外商担当でした。我が家のような小さな取引のお客にも、いつも誠意を持って接して下さいました。
世間を驚かせた経営破綻のデパートに見切りをつけ、保険の代理店を始めましたので、彼の人柄に答えたいと、我が家の保険は全て彼のところに切換えました。
時々、近くに来ると寄って下さいます。

「ピン~ポン」とチャイムがなり、某銀行の外交の方が見えました。
「あっ、コーヒーの匂いがする」「今、入れたところよ。飲んでいって。」「おじゃまします」ということになり、3人でしばしおしゃべり。

彼らの帰った後すぐに、アメリカ人の若い友人が訪ねて来てくれました。
クリスマスから年始にかけてアメリカへ帰っていたので、お土産を持って来て下さったのです。
「昨年はいろいろありがとうございました」って渡してくれたものは、故郷ミシシッピーの小さな町に咲く「花」を乾燥させ、ガラスに入れたマグネットと、Microwave Pothoder(なべつかみ)と模様の美しいタオルでした。
お料理の好きな私のために選んでくださったとか・・・嬉しいですね。
とても真面目な彼は、何事にも一生懸命取り組みます。困っている時、私の出きる範囲でお手伝いをしているだけなのに、こんなに感謝して下さるなんて・・・日本での生活が楽しいものであることを願っています。

夕方、「メールの仕方を教えて」と30代の女性がみえました。「まだアドレスも持っていないけどぜひ挑戦したい」ということでしたので、早速フリーメールのアドレスを取得。操作を教えて上げました。
2時間位遊んで帰りましたが、最初に送ったメールは、「ずっと保存しておく」って喜んでいました。忘れないためにもどんどん使うことを薦めましたが・・・頑張れ!

夜、知人から、A4サイズにワープロ打ちの18ページもある旅行記を「明日まで読んで」って渡されました。
岩石が好きで、昨年、中央破砕帯の岩を見に行った時のものです。
私は岩に関しては全くの素人ですから、難しい専門用語が使われていたりすると困りますが、「そんな人達に分かりやすく書けているかチェックして欲しい」ということですので読ませて頂きました。結構面白く、やさしく書かれていました。

なんだか忙しかったけど、楽しい一日でした!
コメント

Namibia からのe-mail

2002-01-23 | インポート
昨日の日記に書いた彼から、メールが届きました。彼のメールに返信して、すぐまた返信が来る。これってe-mailの良さですね!
郵便ですとこんな訳には行きません。首を長~くして郵便屋さんを待たなければなりませんから・・・
時差も気にせず送ることができますから、外国の友人との連絡がすごく楽になりました。

彼はナミビアで、フィアンセと一緒にボランタリー活動をしながら、6ヶ月ほどすごす予定とか。
貧しくて学校へ行けない子供達のために、英語を教えたり、基礎的な教育が受けられるような活動だそうです。

国の未来のためにも、子ども達が教育を受ける事はとても大切な事です。
彼の活動が、着実に実を結ぶことを願っています。
コメント

ナミビア共和国

2002-01-22 | インポート
1ヶ月半ぶりに、イギリスの友人からメールが届きました。
Namibia からです!

彼は昨年の後半6ヶ月をかけて、いろいろな国を回っていたのです。
時折、「今、○○にいます」とメールが入ってきました。12月の始めには、故郷ロンドンにいたようですが・・・・ここしばらく連絡がなかったので「またどこかに出かけたのかな?」と思い、連絡のあるのを楽しみに待っていたところです。

ナミビア? 確かアフリカ・・・と思い出しましたが、詳しくは知りません。
早速調べてみました。

1990年に独立。限りなく静寂な砂漠と、奇妙な生態系を持つ国。今でも、大量のダイヤモンドが眠る地。
特にナミブ砂漠は世界最古の砂漠で、含まれる鉱石の種類により、砂漠の色も、グレー・茶・オレンジ・赤・と色彩豊か。
この砂漠だけに自生する「ウェルウィッチア」(和名・奇想天外)は、霧を養分に数千年間も生き続ける。

すごく神秘的な国みたいです。
砂漠の日の出は涙が出るほど美しいとか・・・

そこで彼は働くと言っています。
きっと、これからは、ナミビアの様子をたくさん教えてくれる事でしょう。
楽しみに待ちましょう!
コメント

恐かった~~!

2002-01-21 | インポート
午前中から雨・・あめ・・・それも大雨!
それだけではありません。9時すぎくらいから強い風も・・・お昼すぎには、雷も!!!
雨戸を打つ雨の音や風に、台風シーズンでもないのにと・・・一人でふるえていました。
銀行へ行く用事があったけど、この暴風雨では恐くて外出もできませんでした。
午後2時すぎには、空は真っ黒、夜の様になっってきました。もし停電になったらと、あわてて懐中電燈を取り出して来たりして・・・

テレビをつけたら、BSは画面が「ザーッ」となってしまい3チャンネル共(NHK/WOWOW)まったく写りませんでした。
雷の鳴っている時はテレビは消した方がいいと、いつか聞いたような気がして、慌てて消しました。

午後4時すぎ、うそのように静かになりました。雨もやみました。
何事もなくほっとしています。

低気圧は、これから東北、北海道へと向かいつつあるようですが、被害のないことを祈っています。



コメント

センター試験頑張って!

2002-01-20 | インポート
センター試験一日目が終わりました。受験生の方達は、それぞれに頑張られたことでしょう。

13年前のセンター試験の日のこと思い出しました。長男が受験した年です。
会場まで1時間30分はかかりますので、朝6時すぎに家を出る彼を、起そうかなと思っていた時、自分から起きてきました。
いつも、起されても、起されても、なかなか起きないのに・・・
「やっぱり緊張しているんだ」と思ったら、なんだか、涙が出そうになりました。

母親としてできることは、温かい飲み物と、心をこめて作った昼食を持たせて上げる事だけです。それが私の励ましでした。
駅まで主人が車で送ることになりましたが、その朝に限ってなかなかエンジンがかかりません。
「僕の行く末を象徴しているみたいだね」って、息子が冗談を言いましたが、「ドキッ」とし、言葉がでませんでした。
なんとか試験をクリアし、まあまあそれなりに人生を送っている彼ですが、毎年、このセンター試験の時になると、思い出す場面です。

多分私も緊張していたのでしょう。
情けない母親です。

それから3年後の二男の時は、特に記憶に残る事もなかったのか思い出せません。
2度目ということで、気持ちに余裕があったのかもしれませんね。

受験生の皆さんが、2日目の試験も頑張っってくれること、心から祈っています!




コメント

トム・クルーズとブラッド・ピット

2002-01-18 | インポート
二人とも大好き! だから「バニラ・スカイ」を先に見るか「スパイ・ゲーム」を先に見るかで、迷いました。
で、同じ日に2本見てしまいました!

夢か? 現実なのか・・・!? とにかく、頭がキリキリ舞いしてしまいました。
トムが、人っ子一人いないタイムズスクエアを走る場面はすごい。 し~んとした不気味な静けさが・・・これがNY? (撮影の裏話を読んだけど、大変だったらしい)
交通事故でケガをしたトムのみ難い顔のメークは気持ち悪い。見たくない! やっぱりトムはハンサムでなくては・・・
「バニラ・スカイ」は、この映画の中にも出てくる絵の題名からとったようです。
スペイン映画「オープン・ユア・アイズ」に惚れ込んだトム自身がリメイク権をとった作品とか。 
目覚まし時計が、キャメロン・ディアスの声で「オープン・ユア・アイズ」と、彼を起すシーンや、彼の新恋人(映画の中でも、実際にも)のペネロペ・クリスが「オープン・ユア・アイズ」とささやく声に、この映画の意味が・・・


ブラピとロバート・レッドフォードがCIAのスパイ役で任務を遂行する、「サスペンス・アクション」。
最後まで、ハラハラさせられ、結構みごたえがありました。
大物俳優レッドフォードとブラピが並んで歩くシーンでも、ブラピは負けていないと感じました。厳しいスパイの先輩、後輩ですが、なぜか、父親がヤンチャな息子を見るような、温かいものが流れている場面が随所にありました。

映画館に合計5時間。ちょっと疲れました。

コメント

あれから7年・・・・

2002-01-17 | インポート
あの朝、最初の報道では、あんなに大きな地震とは思ってもみませんでした。
長男は、社会人となって1年目。阪急沿線の蛍池の会社の寮に住んでいました。
ですから、さほど心配もせず「地震があったんだ」位に考えていたところ、7時近くに本人から電話がありました。「大丈夫だから」ということで「そんなに大きかったの?}と・・・
それからあわてて、大阪に住む義姉や、神戸、芦屋、西宮に住む友人達に電話をしましたが繋がりませんでした。
テレビやラジオの報道も、時間を追うごとに、被害の大きさを伝えますので、連絡の取れなくなった皆の安否を、ただただ心配するだけでした。
数日後に、全員に連絡がとれ、無事であることが確認できたときはほっとしました。
でも家が全壊したり、住めない状態になったりと、それぞれ被害は大きかったようです。

二男は大学の期末試験が済むとすぐに、寝袋とヘルメットを持って、ボランティアとして神戸へ入りました。
当初は、さまざまなことをお手伝いしていたようですが、子どもたちの様子をみているうちに、「この子達への心のケアが必要だ」と感じたとか。そこで、賛同して下さった何人かのボランティアといっしょに「学校」をつくり、活動を始めたようです。
小さな子のおむつ替えも、初めて経験したり、自分も風邪をひき高熱を出したり、といろいろな経験をしながら、4月の上旬に戻ってきましたが、「ボランティア」ということについても、その仕方、考え方・・・等考えたようです。
その時、ご一緒だったボランティア仲間の人達、(高校の先生、看護婦さん、会社員、学生・・・)にいろいろ教えられ貴重な体験だったことでしょう。

被災者の方達が、今後も力強く生きて下さることを、そして、亡くなられた方達へのご冥福を、心から祈った朝でした。
コメント

二千円札・・・

2002-01-16 | インポート
日記に二千円札のことを書いていらっしゃる方がいました。
「初めて見た」って・・・そういえば、ほとんど出まわっていないのでは?
私もおつりで頂いたのは1回だけ!

あれは・・・確か、亡くなった小渕さんが首相の時,決まったんでしたよね。そして沖縄サミットを記念しての(?)「朱礼の門」が印刷されているんですよね。
(私の記憶違いだったらごめんなさい)
何枚位発行されたのでしょうか。
この新札が使えない機械が多く不評だったので、手元に回ってきた方達は、皆さんコレクションにしてしまっているのでしょうか?

「そういえば、二千円札が発行されたことあったわね」なんて、日本史で学ばなければ(?)、記憶にも話題にものぼらない紙幣になるかも・・・

欧州単一通貨「ユーロー」の切り換えも始まりました。
ヨーロッパを旅行した時に残ったいくつかのコインを、記念に残せる方法はないかと、考えて入た時、「ペンダント」にして下さる業者があることを知りました。
早速、お気に入りのオーストリア・コインを、お願いしてみました。
思っていた以上の出来映えでビックリ。
日常で愛用しています。
ペンダント以外にも、イヤリングやネクタイピンにもできるとか。
こんな形で、生まれ変わって、日本人の胸元を飾っているとは、オーストリアの人達も喜んでくれているのでは・・・?
今度、オーストリアを旅する時はつけて行こう!
コメント

連休三日目・・・

2002-01-14 | インポート
午前中は「成人式」へ来賓として出席。
昨年から、「荒れる成人式」のニュースがマスコミで伝えられていますが、私の町は大きな問題もなく無事終了しました。
ここ10年程、式には出席させて頂いていますが、確かに、毎年、新成人の態度には目にあまるような変化はあります。
しかし、これも日常感じる、若者の変化と同じで、成人式だからということではないように思います。

お隣の町は「爆破予告騒ぎ」で、会場の変更や、警備が大変だったようです。
たくさんのテレビ局が取材に来ていたとか・・・

そろそろ、成人式を自治体が催す事を考え直してもいいのではと思っています。

午後は、主人とショッピングがてらペットショップへ。長男とガールフレンドもいっしょ。
そこにはいつも可愛い犬、猫がたくさんいます。
3年前まで、犬を飼っていました。14年間、家族の一員として、大きな存在感があった「アバラ」。亡くなった時の悲しみはまだ忘れられません。新しい家族を受け入れる気持ちには、まだなれないのですが、ペットショップで小さな子ども達を見ていることで、少しずつ癒されているような気がします。

私のPCの壁紙は「アバラ」です。

今日で3連休も終わり。特別なことはしませんでしたが、静かに、家族仲良くすごせたことをありがたいと思っています。
コメント

連休二日目・・・

2002-01-13 | インポート
起床午前8時。朝食と洗濯、後片付けを済ませて、車で1時間程の兄の店へ出かけました。
20年前に脱サラをして、自分でタイヤ関係の店を始めたのです。
おかげさまで、順調に今日まできているとのこと。いつも私や妹達のことを気にかけてくれるやさしい兄です。時折、主人と店に遊ぶに行きおしゃべりをしてきます。

その後、お買い物をすませ、「全国社会人ラグビー決勝」の始まる前に家につきたかったのに、道路が渋滞で、後半の半分も見れませんでした。裏道までもいっぱい。
生活道路として使っている人達にとっては、困りものです!

夜、NHK・BSの「ヨーロピアンライフ」という番組を見ました。
イギリスでモトクロスの選手として頑張っている女子高校生、イタリアは、地中海の海で古代遺跡を研究しているダイバーのお話。
最後はスペイン・バスク地方の「美食倶楽部」を取り上げていました。
バスクに住む男性はこの倶楽部に入ることがステイタスとか。職業も年代もちがう人達が、お互いに料理の腕をふるい、食を楽しむ倶楽部です。
バスクには3通りの料理があるとか。
「家庭料理」「美食倶楽部」「プロの料理」
だそうです。
この番組をなぜ見たかったのは、「近いうち、スペインへ行こう」と兄が誘ってくれたからです。結婚した娘が住む町を見てみたいという親心のようです。
実現できることを願って、楽しい夢でもみながら眠りましょう。
コメント

連休一日目・・

2002-01-13 | インポート
昨晩、最終の新幹線で帰ってきた主人。食事をしながら、いろいろな話をしているうちに、時間がたち、眠ったのは午前3時ごろ。おかげで今朝は、起床が、午前9時30分。
先に洗濯をすませ(主人はお風呂掃除)、お気に入りのコーヒーを入れて、ゆっくりとブランチ。この時間が「至福の時」と主人は言います。

食事の後は、連日の強風で家の周りにたまってしまった落ち葉の掃除、雑草取り、洗車と外での仕事でしたが、1月とは思えない暖かい日で、外仕事も楽でした。

午後2時からは、「全国大學ラグビー選手権」をテレビ観戦。早稲田対関東学院大。
学生時代ラガーマンだった主人の解説(?)を聞きながら、「どっちも頑張れ」と応援。
途中、一日遅れの「鏡開き」でお汁粉を食べる。

夕方、お洗濯物をたたんで、アイロンがけをして、食事の準備。
夕食の後片付けは主人が手伝ってくれました。
休日は、家事の手伝いも率先して、してくれる主人には本当に感謝・感謝。

夜は映画「チェーン・リアクション」(吹き替え)を見る。この頃のキアヌより、今の方が好きです。

とにかく、休日ってすぐに時間がすぎてしまう気がします。
ウイークデイは、忙しく、神経も使っている主人は、休日に好きなスポーツ観戦をしたり、私のために家事を手伝っったり、スーパーへ買物にいったりすることで、気持ちが楽になると言ってくれます。
そんな訳で、我が家の3連休の一日目は、ごくごく普通に終わろうとしています。

そこへ、二男よりメール。「4月からもTDLでダンサーを続けるための契約を更新しました。とりあえず、仕事があってほっとしています」という内容。
「親としてもほっとしています」と返信。

安心したところで、シャワーを浴びて、お日様に当てたポカポカふとんで、ゆっくり眠るとしましょう。
コメント

ネコとみかんとコーヒー

2002-01-11 | インポート
昨秋、植えたチューリップの球根がいくつか芽を出しません。注意して見ていると、どうもネコに食べられているらしい・・・(本当に食べるの?)(掘り起こすだけ?)
そして、その上に座って日向ぼっこをしています。怒っても、怒っても、同じことの繰り返し。(なぜ学習能力がないの?)
なんだかガッカリしてしまいました。せっかく春を楽しみにしていたのに・・・

球根を販売している会社の人に聞きましたら、「ネコは柑橘類の匂いが嫌いな様ですから、みかんを食べた後の皮をまいてみたら」と教えて下さいました。早速、実行、でも全然効果なし。しっかり座りこんでいます!

良く考えたら、このネコは、私の家の隣のみかん畑で生まれて、育って、遊びまわっているんですもの・・・免疫できてますよね!

息子のガールフレンドの家で飼っているネコは、みかんが嫌いで、「見せると逃げる」と言ってますので、チューリップの上に居るネコに見せたら、食べ様として飛びかかってきました。皆で大笑い。

新聞で主人が見つけた記事に「ネコはコーヒーの匂いが嫌い」とありました。
こちらも早速試しました。コーヒーをいれた後のカスを花壇にまいたところ、そこは避けて歩いています!  効果抜群!!!

球根会社の人に知らせてあげました。
彼曰く「ブラジルの猫はどうしているのでしょうね(爆笑)」

春よ来い・早く来い・・・と待っています。
コメント

baby's name・・・

2002-01-09 | インポート
赤ちゃんの名前は「A.W.○○○ Samudika」
(○○は私の名前。)

今日、スリランカの若いご夫婦から、New Year
card が届きました。昨年、Babyが生まれたという嬉しいニュースが書かれており、可愛い写真も同封されていました。

なんと彼女に私と同じ名前が付けられていました! 本当?  わあ~~すごく嬉しい!!!

ご主人が日本の大学で勉強するためにご夫婦で来日された時、ご縁があってお付き合いが始まりました。我の家でおしゃべりをしたり、スリランカのお料理を教えて頂いたりと、楽しい思い出がたくさん残っています。
3年前に帰国されましたが、その後はお手紙のやりとりをしています。
いつも「スリランカに遊びに来て」と誘って下さいますが、まだ実現していません。

今年は、絶対にBabyちゃんに会いに行かなければ・・・!オバアチャンになった気分です。

若い二人のやさしい心遣いに、どんな言葉でも言い表すことが出来ないような幸せで、胸がいっぱいになっています。
ただただ、ありがとう。ありがとう。
コメント