love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

義父の法要に・・・

2002-04-29 | インポート
連休3日目の今日、主人のお父様の33回忌の法要を行ないました。
私達が結婚して6ヶ月後に91才で亡くなりました。

若い頃は、いまの東大・一橋大に聴講生として通いながら、外交官になるための勉強をしていたようです。が、父親が亡くなり送金が途絶えたため、兜町で株を始めたとか・・・
それにも失敗し、田舎に引っ込んで、趣味で取っていた「日本棋院」の段を生活の糧とすべく「碁会所」を開いて、30才近くも年下の義母と結婚したのです。
亡くなる朝まで、英字新聞を読んでいた人であったことが、とても印象に残っています。

主人の実家は、あの2・26事件の一つの舞台となった湯河原の旅館なのです。
東京で起きたあの事件の朝、旅館の別館に滞在していた牧野公爵を青年将校達が襲撃をするということが、湯河原でもあったのです。

明治21年創業のこの旅館は、江戸時代に名主の家柄だったことから、いつも身分の高い人達が滞在をしていたようです。

島崎藤村が「夜明け前」を書いた旅館でもあります。

いろいろな思いで話しを聞きながら、墓前にお花と線香を手向けてきました。
「こんなやさしい、素晴らしい主人に育ててくれてありがとう」と心の中で感謝しながら・・・







コメント

GW2日目の・・・

2002-04-29 | インポート
ゴールデンウィークの2日目の、私の町の様子は・・・・

暑くもなく、寒くもなく、穏やかな晴の一日。
朝から、たくさんの人達が我が家の前を通りました。リュックを背負った人達です。
駅から岬の先端まで、歩いて1時間ちょっとですから、熟年の方達にもちょうど良い運動になるのでしょう。
樹齢300年以上もの木々が茂る原生林での森林浴と、森を通りぬけるとすぐ目の前に広がる太平洋に心洗われ、気持ちをリフレッシュさせて帰っていかれるのだと思います。

歩く方ばかりでなく、車の数もすごい!
ナンバープレートを見ると、遠くは札幌なんかもありましたが、やはり関東近県が多いみたいです。日帰り、あるいは一泊くらいのちょうど良い距離なのでしょう。
道路の混雑で、スーパーに買物に行くのもままならず・・・という被害(?)もありますが、町が潤ってくれるのなら我慢しましょう。

近所の家で「お茶つみ」をしていました。
毎年「新茶」を頂きます。香りは最高・・・
楽しみです。

我が家の庭で月見草がたくさん咲いています。
太宰治が「冨士には月見草が良く似合う」と書いていますし、前阪神の監督のN氏は「長嶋氏はひまわり、私はひっそり咲く月見草」といったとか・・・
我が家の月見草は、私は植えた覚えがありませんが、どこからか種が飛んできたのでしょう。そして自然に増えていったようで、今では、狭い庭一面に咲いています。他のお花達をおしのけるように・・・あの鮮やかな黄色とこの繁殖のすごさは、決してそんな地味な感じのものではありません!

とにもかくにも、ゴールデンウィークは始まりました。
どこに行っても人・ひと・ヒト・でしょうが、なぜか出かけたくなるから不思議ですね。


コメント

息子の引越し

2002-04-27 | インポート
今日、二男が三鷹から浦安へ引越ししました。
彼はTDLのダンサーですので、住職接近ということです。

三鷹に住む時も、自分で探し、自分で引越しをして行き、どんな所に住んでいるのかも、まったく知りませんでした。
今回も、どんな所に住むのかは知りませんが、三鷹から荷物を出した後、「自分はトラックにいっしょに乗って行ってしまうので、後片付けと、カギを不動産屋さんに返して欲しい」と頼まれましたので、朝早く、三鷹へ向かいました。

彼は1階の101号室。偶然、2階の201号室の方も、ちょうど引越しでした。
二人は、「どちらへ引越しですか?」「ひもあります?」「ゴミ出していきますか?」
なんて話していましたが、「顔を合わせたのは、今日初めて」ということでした。
都会の若者ってこんなものなんでしょうね。

荷物の出た後の有様に、男のひとり暮しのすさまじさを実感しました!
フローリングの床なんて、拭いたことないのではと、思うほど汚れていました。
トイレ・台所・バスルーム・しかり・・・
仕事とレッスントとで、疲れて「眠れればいい」という状態の日々の様ですが、まったく困ったものです。

とにかく、一段落したところで、管理会社の方が見えました。
「いろいろチェックして敷金が返るか連絡します」と言っていましたが、多分、返らないでしょう・・・

環境的にはすばらしい場所でした。
すぐ近くには「大きな公園」「ICU]、バスでちょっと行くと「国立天文台」、「調布スタジアム」、緑がたくさんある地域です。
今度の住まいの周りはどんななのでしょうか。
元気で、頑張ってくれれればと願っています。
コメント

そろそろ・なかなか・だんだん・・・

2002-04-25 | インポート
週に一度、日本語を勉強したいという外国人の方達のために、お手伝をしています。

今日のレッスンで、「難しい~」と言われたフレーズは、
「そろそろ暑くなります」
「なかなか行かれません」
「だんだん多くなります」
「ますます大変になります」
つまり、副詞の使い方です。なんとなくは分かっても、きちんとした意味がつかみきれず、感じとして理解できない・・・ということらしいんです。

日本語って、あいまいな表現法で、ほんわかとした温かさを出したり、想像を深くしたり、怒りを包んだり,と、するようなところがありますね。これらを直接的な言葉で説明するのは、大変でした。

多分、この辺は、{なかなか}理解しにくいのでしょう。
でも一生懸命勉強すれば、{だんだん}分かるようになるはずです。
教科書の課程が進むと、{ますます}むずかしくなりますから、これからも頑張って欲しいと思います。
なんだか疲れましたので、{そろそろ}終わります。

コメント

フォスターチャイルド

2002-04-24 | インポート
ジンバブエに住むフォスターチャイルドから手紙が届きました。

最近写した写真もいっしょに入っていました。
白のシャツに、黒のズボン・・・日本の中学生と同じような格好です。
彼は昨年の秋から、secondary schoolの1年生になったのです。

早いものです・・・私達夫婦が、彼のフォスターペアレントになって5年半がすぎました。
最初は、自分では字が書けず、彼の地域にいるボランティアの方が代筆をして下さっていたのです。
3年くらい前、初めて、彼自身が英語で書いた手紙が送られて来た時の嬉しかったこと・・・
私達が、毎月送るお金で、彼が学校へ行き、勉強し、手紙が書けるまでに努力してくれた事に感動し、心が熱くなりました。

今日の手紙には、
「将来は先生になりたいです。たくさんの子ども達に勉強を教えたい。 学科では、数学と英語が大好きです。
学校へは、毎日45分歩いて通っています。
休み時間には、フットボールをしたり、歌を歌ったり、ダンスをしたりして楽しんでいます。
家に帰れば、動物の世話の責任を任されたり、家族の仕事を助けたりと、出きるだけの事はしています。」
というようなことが書かれていました。
一つ一つの単語が丁寧に,丁寧に書かれています。

いろいろな事情で、学校で勉強できない子ども達が、世界中にはたくさんいるのです。
特に貧困によるものが・・・

「私達が、月に1回外食するのをやめれば、彼等のような子どもを一人、学校に行かせてあげられるんだ」と知った10年前、主人と相談し援助を始めました。
最初のフォスターチャイルドは、いま、立派に成人し、農業で頑張っています。

イギリスの友人は、昨年の12月から、同じアフリカのナミビヤで、貧しくて学校に行かれない子ども達のために、ボランティアとして現地に入り、学習指導をしています。
私には、そんな勇気も実行力もありませんので、ただただ、遠くから「頑張って」と応援させてもらうのみです。


コメント

2時間の散歩

2002-04-23 | インポート
爽やかな風にのって、甘い花の香りが鼻をくすぐりました。
「あれっ?」 みかんの花の匂いです。
今年は季節の移りが早いんですね。
「ホーホケキョ」うぐいすの鳴き声も良く聞こえます。
なんだか家にいるのが、もったいないような日ですから、散歩に出かけました。

久しぶりに原生林を通りぬけ、半島の先端まで行ってきました。
途中、青空に泳ぐ「鯉のぼり」をいくつか見かけました。そう・・・「端午の節句」も近いんですね。

原生林の中で聞くいろいろな音・・・いくつかの鳥達の鳴き声、風に揺れる木々の葉の音、踏まれる落ち葉のカサコソという音・・・木漏れ日を浴びながら、ゆっくりと歩く時は、「この町に住んで良かった」と思う時間です。

林を抜けて岬の先端へ立ちました。今日の海はちょっと波が荒く、真っ白な泡と打ちつける音も豪快でした。
この海の向こうの国は・・・世界中に続くこの海・・・ぼ~っと見ているのもいいものです。

新人バスガイドさん達の研修でしょうか、15~6人のおそろいの制服姿のグループが、先生役の先輩から「ここならではのお土産があるかどうか・トイレの場所・景色を見るポイント・etc・・・」の指導を受けていました。
一生懸命ノートを取る姿の初々しいこと。
「初心忘するべからず」・・・・頑張ってね。

2時間の散歩でした。
コメント

温泉と食事でリラックス

2002-04-22 | インポート
仲良しの友人4人で、温泉へ行ってきました。

それぞれの子ども達が中学の時、いっしょにPTAの役員をして以来の仲間ですから、もう13年くらいのお付き合いになるでしょうか。
毎月、食事、美術館、お花見、展覧会、旅行・・・おもしろそうなことを探しては出かけます。

今日の温泉は、仲間の一人の職場です。今流行りの「日帰り温泉」なのですが、なにしろ景色がすばらしいんです。
屋上には、バーデプール。遠くに、伊豆半島をみながら、夕焼けにそまる太平洋を眺めての泳ぎ。気持ちの良い事、この上なし!
人間も浮いてしまう強い、スーパージャグジーでは、子どもの様にはしゃぎながら大騒ぎ。
平日の夕方だからでしょうか、すいていましたので、4人で思いっきりおしゃべりをしながら笑ってきました。
(他のお客様がいらっしゃたらできないことですね)

その後は、水着を脱いで大浴場へ。プールと違って温度も高く、これがまた気持ちが良い事。
ジャグジーの露天風呂も可愛い。
大浴場は、洋風・和風とあるのですが、週代わりで、男湯・女湯となるのだそうです。
今日は、洋風が女風呂でした。

泳いだり,温泉に入ったりしているうちに、あっという間に2時間が過ぎました。
そろそろお腹もすいてきたので、食事へ。
用意されていたのは、白く泡立つ波が打ち寄せる海岸を眼下に見る、個室でした。
暮れてゆく空とともに、最高なロケーションの中での食事は、梅酒ソーダでの「乾杯」から始まりました。

メニューは、
「かにとアスパラガスのとまと詰め」
「ほたてのハム巻き、しいたけ、白身魚の串揚げ」
「卵ドーフのゼリー寄せ」
「新鮮魚貝類の散らし丼」
「牛肉・ほたて・鯛のホイル焼き」
「あさりの味噌汁」
「抹茶のアイスクリーム」
味も良く、量的にもちょうど良く、従業員の方達も感じ良くて、最高でした。

家族の事、仕事の事、健康の事、etc・・・とにかく話しはつきません。
すっかりオバサンになって、リラックスしてきました。
気のおけないすばらしい友人達に巡り会えたことに感謝です。

コメント

パラボラアンテナ

2002-04-21 | インポート
BS放送の映りが悪くなってきていました。
昼間の特に晴れた日は全く駄目。夜は問題ないので、機械の故障ではないはずと、NHKの受信相談窓口に電話で問い合わせました。
パラポラアンテナの劣化かもしれない・・・だいたい7~8年が寿命ですからと、言われていたので,さっそく電気店の方に見ていただきました。

やはり、取り替えないと、ということで新しいアンテナに交換して頂きました。
これからはCS放送も充実するであろうと考え、CS対応のものにしました。

代金は「三万円だけど、いつもごひいきになっているので、二万円にまけます」ですって。
消費税もなし。
家電の安売り店に行けばもっと安いのかしら?それともお特だったのかしら?

町の電気店は確かに,量販店に比べると高いかもしれない。でも小さな故障でもすぐに飛んできて直して下さる点はありがたいと思っています。
ついでに蛍光灯も付け替えて、とか、電池も持って来て、とか、細々したことも頼んでしまいます。
これからの高齢社会にとっては、こんなきめ細かいサービスをすることで、生き残れる道があるのでは・・・
コメント

幸せさがし・・・

2002-04-20 | インポート
ある人との幸せの話しになりました。
私は、幸せって,自分の心で見つけるものだと思っています。
身の周りの中で、小さな幸せを見つけ、そのことに感謝する気持ちを忘れずに日々すごしたいと、考えています。

息子達がひさしぶりに帰って来てくれました。元気で家族が顔を合わせる事が出来るのは幸せです。
二人が「母上の料理はやっぱり最高」と言ってくれました。本当に幸せです。

散歩に行きました。20分程のところにある「野鳥苑」の一部が金網越しに見えるところがあります。時折、「きじ」や「おなが鳥」が見えます。なんと今日は、そのきじが「大きく羽根」を広げてくれました!
きれいなこと! 思わず見とれて「ヒュー」と口笛を吹いたら、バタバタと羽根を揺らせて返事(?)をしてくれました。
なんて幸せなんでしょう・・・!

こんな風に、毎日小さな幸せを見つることができるのは、幸せだと思います!
コメント

初夏の装い

2002-04-17 | インポート
前線の通過とかで朝から、強烈な南風と、時折のドシャブリ。「今日のレッスンはやめた」と、ゆっくり朝風呂に入り、コーヒーを飲んでいたら妹から電話がありました。
「何も予定がないなら買物に行こう」という誘いです。ちょっと遠くのショッピングモールまで行ってきました。
いつもなら車で30分位で着くのですが、今日は道路が混んでいて、1時間近くかかってしまいました。駐車場もいっぱい。

まず、暑くなってきたので、夏用のウォーキングシューズを買うことにして、靴売り場へ。
メッシュでグレーの濃淡の気に入ったシューズがみつかったのですが、サイズが大きすぎてあいません。店員さんに在庫を見て頂いたのですが、あいにく売りきれとのこと。
「う~ん残念。でもソックスをはけば大丈夫かな」と考えていたら、妹が「アッ、これステキね、サイズも私にピッタリ。買おう」といってさっさとレジへ持っていってしまいました。
そして「harusanには、この色も似合いそうよ」と言ってダークグリーンを薦めるのです。
この色も落ち着いた色でいいかなと、買って来ました。
そしたら、「この色に合うカジュアルなスカートが欲しいな」と婦人服売り場へ。

「すぐに無駄使いするんだから」と妹にお説教されましたが・・・・
春になり、初夏になり、すると何だかウキウキして、新しい物を身に着けたくなったりしませんか?
そして秋になると「お洒落の季節」・・・また、新しい物が欲しくなるのです。
いくつになってももお洒落したい気持ちを忘れないでいたいと思っています。
コメント

一日中・・・

2002-04-16 | インポート
一日中、家の中で用事をすませました。

ボランティア活動の一つである「国際交流の会」の総会の準備。事業報告書、決算書、事業計画案、予算案、総会の案内状・・・
パソコンに向かって作り上げました。
会計監査をして頂くための日程の調整、会場確保、行政との連絡・・・すべてOKです。

その後、いくつか処理しなければならない用事のための電話をかけました。

5月10日は、義父の33回忌です。
家族や親戚との都合で、連休前半にすましたいと考え、お寺さんに連絡。
29日の午後、お経をあげていただくことになりました。お供物やお花の手配等、電話で済むことは終了しました。

「仲良し4人組みの食事会」のセッティングも
いつも私の役目。
皆の都合を調整しながら、決まったのは22日(月曜日)の夕方からです。
場所は私の町から車で10分程のところにある「日帰りリゾート温泉」にしました。
ここは、エステコース、温泉大浴場、ジャグジー、サウナ、もあり、お食事もできるのです。
圧巻は、海上30メートルに設置されたバーデプールと2種類の露天風呂からのロケーションです。相模湾を一望しながら、どこまでも続く太平洋の向こうに夢を見るのも楽しいものです。夕方からの予約をしましたので、「夕焼け」の「海」が見られるかも・・・晴れて欲しい・・・!
もちろん水着着用です・・・自信がない・・・
食事も和食、洋食、バーベキューと選べます。

最後に一番大切な電話しました。
この何ヶ月か、衛星放送の映りが昼間だけ悪いのです。夜は全く問題なし!
NHKのBS5もBS11もWOWOWも、画面がざ~となってしまいます。特に晴れた日は駄目。曇りの日はまだましかなと感じます。
NHKの「受信相談窓口」にお電話しました。

まず、「電波障害は関係ありません」。
「夜はまったく関係ないとすると、機会の故障も考え難いです」
「おそらく、パラボラアンテナの劣化でしょう。何年位お使いですか?」

我が家では、WOWOWが放送開始した時、すぐにつけましたので、7~8年は過ぎていると思います。息子達が高校、大學とサッカーをしていましたので、ヨーロッパのサッカーの試合を見たいということと、映画が好きな私が見落とした映画が見れるということから、契約をしました。

「だいたい、アンテナの寿命は7~8年といわれています。内臓してある部品が劣化して温度差に反応できなくなっていると思いますよ。
一度、電気店かメーカーさんに点検して頂いてください」という結論でした。
取り替えなければいけないんだろうなあ~。

なんだかんだと用事をすませながら、友人が届けてくれた「朝掘りたけのこ」を料理しました。掘ってすぐゆでてくださるので、臭みもえごさもなく、サラダにも使えるおいしい「たけのこ」です。

食事をしながら、楽しむのは、「阪神・中日」戦です!
今夜も「星野阪神」の勝利を確信しながら・・

コメント

ドラマ出演・・・

2002-04-15 | インポート
TDLでダンサーをしている息子からメールが入りました。
「ひさびさにドラマの仕事してきたよ」ですって。TDLの休日を利用して、時々、CMとか、ドラマのチョイ役とかをさせて頂いているようです。
どんな仕事でも、「声をかけて頂けることに感謝し、いつもベストをつくすこと」という気持ちを、忘れずにいて欲しいと願っています。

ドラマの題名は「恋してジョカトール!」というW杯関連の番組のようです。
スマップの香取さんや内山理名さんとのごいっしょの仕事だったとか。
ちなみに、内山さんの妹さんは、息子が塾の講師をしている時の教え子だったようです。
「でもそんなこと、大スターには言えなかったよ(笑)」とも書いてありました。

OAは、5月14日だそうです。「セリフもある」ということですので楽しみにしていましょう・・・いつまでも親バカな私です。
コメント

マハー・ソンクラーン

2002-04-13 | インポート
タイの友人に聞いたお話です。
今日、4月13日は「マハー・ソンクラーン」というタイの新年を祝うお祭りだそうです。
語源はサンスクリット語の新年を祝うという「サンクラティーンティヒ」が由来のようです。

タイでは、1月1日の新年、旧正月(中国の新年)とこのソンクラーンの3回を祝いますが、旧タイ暦(仏暦)におけるこのソンクラーンからが、今でも本当の新年の始まりと考えられています。

この時期は乾季にあたり1年の中でも一番暑いい時にあたりますので、耕作期に十分な雨の恵みを受ける事ができますようにと願う「雨乞い」の意味を含めて、水を掛け合って祝います。
このため「ソンクラーン祭」は「水かけ祭り」とも呼ばれています。

なんだかおもしろそうですね。一度体験してみたいな~。

そして、11月の下旬の乾季に「ローイ・クラトーン」という、水の恵みへの感謝の行事も行なわれるということです。


コメント

夢・ゆめ・・・

2002-04-12 | インポート
星野阪神10勝目。強い!
五勝,6勝、7勝と来る度に「阪神半疑?」なんて書いてる新聞もありましたが・・・
こうなると絶対に球場に行って応援したくなるのがファンなのでしょう。連日、阪神の試合はすごい数のファンで埋まっているようです。
星野監督についてきた女性ファンも多いとか。
実は、私もその一人。ニュートラキチです。

星野監督は「夢」という言葉が好きだそうです。ステキな言葉ですね。
いくつになっても「夢」を持ち続けること、「夢」を見つづけることは必要ですね。
現実の生活が、苦しかったり、悲しかったりすればするほど、楽しい事、嬉しい事の「夢」に向かって頑張ることで、道は開かれると信じています。

今の私の「夢」・・・たくさんあります。
欲張りな私ですから・・・
コメント

私達は地球人

2002-04-11 | インポート
何人かの外国人と会った、おもしろい一日でした。

朝一番に会ったシンガポール人とは、彼が留学していたニュージーランドの話しをしました。
一昨年、主人と訪れたニュージーランドは{時間がゆったりと流れるような}すばらしい国でした。もちろん彼も大好きな国ですって。
もう一度行きたい・・・

中国人の方に日本語を教えながら、正しい日本語を教える事ってむずかしいと感じました。
いかに、普段、あやしい日本語を使ってしまっているか、反省です。
教える事は自分の勉強にも繋がるのだと、改めて思いました。

台湾の方が「母からのプレゼントです」といって、ステキなブローチを持って来て下さいました。先月、日本に遊びに見えた時に始めてお会いし、ごいっしょに楽しい時間を持たせていただきました。その時のお礼とか・・・お心にかけて頂きすごく嬉しく、感謝です。

仲良しのアメリカの若い友人とは、ほんの30分程の時間しかありませんでしたが、ゴールデンウィークの計画とか、楽しい話題で盛り上がりました。

今日、初めてお会いしたブラジル人の女性とは、二時間位、お話してしまいました。
先月、いやなことがあって仕事をやめたようで、誰かに聞いて欲しいと思っていたようです。
仕事の内容ではなく、人間関係の悩みでした。
「外国人だからとバカにされたくない」「私にもプライドがある」「私の方が仕事ができるのに」・・・etc.
相手の方を知らないのでなんとも言えないのですが、気持ちが合わなくなるとむずかしいですね。
でも彼女はいろいろ話したことで、スッキリしたようです。その後は、ブラジルの食べ物、お祭り、生活や町の様子等・・たくさん教えてくれました。そして「また、会ってください」と帰って行きました。
「いろいろなことがあると思うけど、日本の事、日本人のこと、嫌いにならないでね」と別れましたが・・・また、会いに来て下さることを祈りましょう。

イギリス人の友人からは電話がありました。
「今日、会いに行きたかったけど、仕事が入ってしまったので」というものでした。
わざわざ連絡して下さる気持ちが嬉しいです。

夕方、アメリカの友人に「バースデーカード」を書きました。
昨年の彼女の誕生日は、シアトルでいっしょにすごしましたが、たくさんの彼女の友人達と開いたダンスパーティーは、それはそれは楽しく、すばらしい想い出になっています。
もう1年がすぎようとしています・・・Time flies.

日本の小さな町に住んでいて、一日にこんなにたくさんの外国人との交流があるなんて・・・
「私達は地球人」を実感しています。

コメント