love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

50回忌・・・。

2019-02-20 | アート・文化

夫のお父様が亡くなったのは、私たちが結婚して半年後・・・。
今年は50回忌です。

お義父さまの命日は5月ですが、2月は「お義母様」と「お義兄様」の命日もあるので、合わせて「法要」を行いました。



「親の50回忌を執り行うのは不幸だ」と、昔は言いました・・・。
若くして親を亡くすということから言われたようですが、今は、平均寿命が延びているので、親が亡くなるときは子どももかなりの高齢になっていますから、親の50回忌なんてとってもできないことが多いのでは?

菩提寺の墓地は、階段状になっています。
我が家の墓地は、かなり上の方・・・、元気で登れるのはいつ頃まででしょう(苦笑)



墓地の周りを囲む竹林~~、
その中に「薄いピンク色の花をつけた桜の木」を見つけました!



あらぁ~~~あんなところに桜が~~♪
今の時期に咲いているのは「早咲きの啓翁桜」かもしれません。

一気に気温の上昇した今日、2月とは思えない暑さ(苦笑)
法事の気疲れと、昼間の暑さと、墓地の階段と~~~なんか疲れました(トホホ)

菩提寺の近くのファミレスで、体力を回復させようと食べたのは~~、
「サーロインステーキのさっぱりぽん酢仕立て」~~♪(笑)
大根おろしを入れたぽん酢をつけて食べますが、以外にあっさり~~美味しかったです~~♪



が・・・、「しらす御飯」のセットも頼んでしまったので、量が多過ぎ!
お肉もご飯も、お味噌汁も、夫が半分助けてくれました。
優しい(?)、夫に感謝~~~きゃははは

コメント

お墓参り~~。

2019-02-08 | アート・文化

姑の命日が近いので、お墓参りに行ってきました。
菩提寺に行く途中、冬枯れの木々の中に「一際濃いピンク色」が見えたので車を止めてみました。



「河津桜」かと思ったら、咲いていたのは「熱海桜」でした~~♪
(その近くに「河津桜」もありましたが、開いているのはまだほんの数輪だけ)

近くに寄って、よく見ると~~、



もう散りかけていました・・・。
昨夜、かなり強い風が吹いたので、そのせいもあるかもしれません。



小さな「花いかだ」~~♪ 風情がありますね~~♪


菩提寺の本堂は、茅葺で「お寺さん」~~という感じがして大好きです(笑)



菩提寺の境内にある「首大仏」~~!



町の観光協会のHPによると~~、
「元は名古屋城内にあり、戦後この「福泉寺」(ふくせんじ)に奉納されたという陶製の釈迦像。
名古屋城主徳川光友公が、亡き母を弔わんとして造られたといわれています。
名古屋にあったときには首から下もあったとそうですが、胴体の方はどこへいってしまったのでしょうか?」
と書かれています。

最近は、観光客の方も多く見えて、お線香を手向ける方もいらっしゃいます。


お墓のお掃除をして、お花と線香を手向けてきましたが、墓地は寒かった!



竹が風に揺れる音・・・寒々しくて怖いくらいでした!
コメント

「大雄山・最乗寺」~~その③

2019-02-06 | アート・文化

開創寺、禅師自ら井戸を掘ったら「金剛水」が噴出したそうです。
万人の諸病を癒すという霊泉だとか~~。



「鐘鼓楼」。
大雄山には、二つの鐘があるそうです。
その一つは、戦時中、「金目のものは供出」ということで、一時は無くなっていたそうですが、戦後無事に戻ってきたとか!




日本で一番大きな「墓石」である「松平大和直基の墓」という説明がありました。



「多宝塔」~~、



1863年に建立。方形層上円形木造の二重の塔で、市の文化財に指定されています。
円形部分の「コンクリートが貼られた場所」~~、なんだと思ったら「ネズミが入らないように」という目的で塗られているとか~~へぇっ・・・。



興味深いのは、
大雄山は了庵禅師によって開山されたお寺です。
が、その弟子の「道了」が、了庵禅師が亡くなられた後「以後、山中にて大雄山を守り抜く」と、天狗に姿を変えて身を隠されたことから、「道了大菩薩」と称されご信仰を仰いでいます。
なので、「お寺」と「神社」がいっしょになった場所でもあるんです!

で~~、その境界が「結界門」~~♪



この門には、「大天狗」「小天狗」が置かれています。
天狗様の足をさわると「運が向く」と言われていて、大勢の人が触れるためにピカピカ~~!

そこに到る橋は「御供橋」と呼ばれ、真ん中は普段は通れません!
観光客は、両側を通ります。



毎月27日の夜、道了さんにお供えを差し上げる儀式が行われますが、その時は真ん中を通っていくんでしょうね(確認を忘れましたが・・・)

「三面大黒」の建物の前にある「狛犬」~~、
子どもの獅子が「お乳を吸って」いるんです!



わぁ~めずらしい~!
なので、「安産の祈願」の方も多くいらっしゃるとか~~♪



この先の「奥の院」へ向かう階段です。354段あります!
私は「行く気満々」だったのですが、ガイドさんが「時間がないので、解散後にどうぞ~」ですって~~~きゃはははは
(以前に二度ほど行っていますので、結局、今回は行きませんでした)

そして、いよいよ天狗様が祀られている「御真殿」へ~~♪



その途中にある「和合下駄」~~♪



近くに委員さんに立って頂きました(笑)。
大きさが分かると思います~~♪

天狗の履物である下駄を、道了さんに奉納されたものですが、大きさは世界一だそうです!



境内には、日本の杉が合体した「和合杉」が多いことから、夫婦円満や社内融和を祈願するために、たくさんの下駄が奉納されるようになったそうです。





たくさんの趣のある建物も多い大雄山ですが、いずれも建築年がまだまだ新しいとかで(何度も火災にあっているそうです)、残念ながら国の文化財に指定されているものがないとか~~。



自然の地形を利用した静かな山の中の大雄山。



四季折々の散策には、はずせない場所です~~♪
コメント (2)

「大雄山・最乗寺」~~その②

2019-02-06 | アート・文化

午前中の研修、ランチを頂いた後は、観光ボランティアの方にお願いしての「施設見学」~~♪



1394年に開山されたという曹洞宗のお寺です。
福井県の「永平寺」、鶴見の「総持寺」に次ぐ格式を持つそうです。



開山時に「了庵禅師」につくしたという「五百人力の弟子」の「道了」にちなんで「道了尊」とも呼ばれています。
(後に天狗となったという伝説があります)



大雄山には、四季折々数え切れないほど訪れていますが、こうしてガイドの方の説明を受けながら、ゆっくり回るのは初めて~~。
なので、とても勉強になりました!

知っているようで知らないお話や、本堂や御真殿の中へ入ったのも初めて!



そうそう~~、
本殿や御真殿で「お賽銭」を投げ入れましたが~~、
これって「お願い事をする」ためのお礼ではなく、「身につけている金銭欲を捨てる」ということなんですって!

へぇっ・・・・「目からウロコ」です(苦笑)
この研修かに参加させて頂いて、いくつかの知識が増えたことが嬉しいです(忘れないようにしないと・・・苦笑)
企画し、お招き頂いたことに感謝です~~♪

コメント

「大雄山・最乗寺」~~その①

2019-02-05 | アート・文化

「人権擁護委員の地区研修会でご挨拶を」というご案内を頂き(笑)、行ってきました。

場所は、「金太郎のふるさと」である南足柄市~~。



「天狗伝説」でも名高い「大雄山・最乗寺」です~~♪



一市五町の委員さんや行政担当者の方々30名ほどが参加しての研修会でした。



前半は、大雄山最乗寺山主様からの法話~~。
もちろん、「大雄山の御開山さま」のお話もありましたが、私の心に響いた言葉は、「教典に学ぶ人権」という部分で話されたことでした。

「種姓(しゅしょう)を観ずること莫れ(なかれ)、容顔を見ること莫れ、非を嫌うことなかれ」

砕いていうと、
「身分や性別で差別をしてはならない、容姿や外見で人を比較することはいけない、何かが出来る出来ないということで人を嫌ってはならない(例えば、障害がある人)」ということになります。

これは、まさに「人間は皆、平等である、皆、人として生きる権利を持っている」という、「人権擁護の精神」にピッタリ!
日々、多くの人からの多岐にわたる「人権相談」を受ける私たち委員が持つべき基本的なものなんです。



この最乗寺さんは、「曹洞宗」のお寺さんです。
(我が家も曹洞宗。)
日夜、国土安泰や万民の幸せを祈りながら、修行僧のご指導に当たっていらっしゃるという山主様、
その穏やかな優しい語り口と、御慈悲深い、意味深いお話に思わず合掌。
コメント

感動~~そして癒されて~~♪

2019-01-31 | アート・文化

写真を趣味としている友人・N氏からのご案内を頂いていた「写真展」を観てきました。



一年に一度の「展覧会のご案内」を、毎年心待ちにしているんです~~♪
「感動」と「癒し」を頂けるので~~♪
もちろん、N氏とも一年に一度、お会い出来るチャンスなので、おしゃべりを楽しみます(笑)。

今年の彼の作品は~~、
「能登・白米千枚田」~~♪



夕暮れの空の色と、千枚田のあぜ道のコントラスト~~うっとりしますね。
じ~っと見ていると、時間の変化が想像でき夢の世界みたいです。



暗くなった千枚田の向こうに「光の帯」が~~♪
車のヘッドライトでしょうか・・・車が連なっているのではなく、カメラを構えて長い時間シャッターを押し続けるらしいのですが・・・(詳しい操作は分かりません)。

「白米千枚田」のHPを見たら~~、

『白米千枚田(しろよねせんまいだ)は石川県輪島市白米町にある棚田です。
日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。
水田一面あたりの面積は約18平方メートルと狭小で約4ヘクタールの範囲に1004枚の典型的な棚田風景が展開し、古くより「田植えしたのが九百九十九枚あとの一枚蓑の下」「越中富山は田どころなれど能登は一枚千枚田」等の古謡が唄い継がれています。』

と、書いてありました。
一度は見たい風景です!

そして、今の時期の夜は、こんなになるとか~~。
(写真は,HPより拝借しました)



ライトアップもきれいですが、私は友人の夕暮れの方が癒されます~~♪

展示されている写真の他に、撮りためてあるたくさんの写真も見せて頂きました。
撮影時の苦労や楽しさ~~いろいろのお話で楽しい時間を過ごしてきました。

見せて頂いた写真の中から、私の好きな「お地蔵さん」の写真を、おねだり~~(笑)



そして、
数年前に、私も訪れたことのある「仙台・県立美術館」の屋外展示の一つ~~、「馬に乗る男」の彫刻も楽しいので頂きました~~♪
(フルナンド・ボテロ 作だそうです)



夜、彼から送られてきた「面白い写真」も、UPします~~(笑)



何とも滑稽なトマトたち~~~きゃははは
我が家の家庭菜園でも、時々出来の悪い品がありますが、こうして見方を変えると、なんだか芸術品に見えるから不思議~~きゃははは

癒されて、感動して、楽しませて頂いた展覧会~~感謝・感謝です~~♪
コメント (4)

スイーツ切手~~♪

2019-01-29 | アート・文化

友人にお手紙を書いたりするのが好きな私~~、その時に「きれいな切手」や「可愛い切手」を貼るのも楽しみの一つなんです~~♪

それを知っている「郵便配達のお兄さん」が、新しい切手が発売予定になると教えてくれます(笑)。
今日も~~、
「2月1日に発売になる、スイーツ切手はどうですか?」と、寄ってくださいました。

前回は「和のスイーツシリーズ」で、こんな切手を買いました~~♪



美味しそうな和菓子~~(笑い)
使うのがもったいないので、大事に保管してます~~きゃははは

だって、切手シートの裏側のデザインもおしゃれなんですよ!



「重箱」~~~~!!!
「和菓子の入った重箱」なんです~~♪


今日、予約したのは、
「実在するスイーツを、手描きの温かみのあるデザインに仕上げた」という、
「お土産をイメージした」という切手~~♪




上段~、
  *「シガール」ヨックモック(南青山)
*「レイズン・ウィッチ」代官山 小川軒(代官山町)
*「お団子」茂助だんご(豊洲)
*「黒松」黒松本舗 草月(東十条)
*「しまなみレモンケーキ」パティスリー1904(東山)

下段~
*「豆大福」松島屋(高輪)
*「カヌレ」オーボンヴュータン(等々力)
*「苺サンドショート」近江屋洋菓子店(神田淡路町)
*「バウムクーヘン」マッターホーン(鷹番)
*「フルーツサンド」銀座千疋屋(銀座)


わぁっ~なんてステキ~~♪
どれもこれも、美味しそうで~~実際に食べたい(笑い)

↑これは、62円切手ですが、82円の方は、
「カフェのテーブル」をイメージしたもので、こんな感じです~~♪



可愛いし楽しいので、この切手も使えないかも~~(笑い)
コメント (4)

「節分」商戦~~(苦笑)

2019-01-26 | アート・文化

昨日は、バレンタイン商戦のことを書きましたが~~、
その前に、2月は「節分」がありましたね(笑)。



こちらも「豆」と「恵方巻き」を、売り込もうと、スーパやコンビには、必死に宣伝中~~~(苦笑)
昨年は、売れ残った恵方巻きの大量廃棄がSNS上で話題となりました。
今年の1月、
「農林水産省が小売の業界団体に対し、恵方巻きは需要に見合う量を販売するようにと通知を出したそうです!」
毎年話題となる恵方巻きの大量廃棄を少しでも減らすのが目的であるようですが・・・。

なので、コンビニでは「予約販売のみ」とするお店も多いとか。
そうなると・・・当日行っても買えない?



とあるスーパーの店頭で、1メートルくらいの「恵方巻き」を発見!
布の作り物ですが~~きゃははは



「福は内 鬼は外」~~♪



子どもの頃から「豆まき」はしていましたが、「恵方巻き」を食べる風習は、こちらではありませんでした。
関西方面から広がってきたみたいですね・・・。



節分には、年の数だけ「豆を食べる」という風習もありますが~~もうその数は無理です~~きゃははは
コメント (2)

バレンタイン商戦~~!

2019-01-25 | アート・文化

用事があってショピングモールへ出かけたのですが~~、毎年のこの時期ならではの光景に苦笑。

2月14日の「バレンタインデー」に向けてのチョコレートの山~~~!!!!

              

最初は、「わぁっ~~」と言いながらも、面白がって写真を写してみましたが・・・、
たくさんの種類のチョコレートに、途中であきれて止めました~~きゃははは

ここ何年も、誰にもチョコを上げていない私~(笑)。
今年も予定なしです。

地方の小都市の小さなモールのこの売り場だけで、こんなにたくさんのチョコレートが置いてあるということは・・・、
日本中でどれだけのチョコがあるのでしょうか・・・。

絶対に売れ残りますよね・・・その後、安く売るのでしょうか(笑)
まさか~~、今問題になっている「食品の廃棄」はないですよね!

ちょっと気になった私です。

コメント

消防出初め式~~♪

2019-01-16 | アート・文化

私の町では、毎年、1月16日に行われる「消防出初め式」~~♪

港の岸壁広場で行われる「放水」は、きれいな「色水」が放出されます。
なかなか、毎年は行けないのですが・・・、今年は何も予定がなかったので「絶対に行こう」と、楽しみに待っていました。
(中学校の校庭でも放水はするそうですが、そちらは無色だそうです。海岸はその後です)



赤・黄色・青に無色~~海面に向かって放物線を描いている様~~本当にきれいです~~♪


出初め式の式典は、町立の体育館で行われるようですが、そちらには一度も行ったことはありません(苦笑)。
ご近所の方が「息子が消防団員として10年務めたので、表彰されるんです。見に行ってきます」と、お出かけになりましたので「海岸で雄姿を拝見します」と、お見送りしました(笑)



海岸に、次々と到着する「消防車」~~。
「頭~~右」の号令に合わせて乗っている消防士や団員の皆さんが署長さんに敬礼~~♪



署長さんも敬礼で答えていました~~♪
すごい気合が入っているのを感じました(笑)



ズラ~ッ~と並んだ消防車に「小さい町なのに、こんなにたくさんあるんだ」と、ビックリするやら頼もしくありがくも思いました。



放水の準備をする消防士や団員の方たちの衣服~~銀色の防火服が、太陽にキラキラしていました。



そして、いよいよ放水~~♪



最初は「無色」~~(笑)
見物の方から「色がついてない」と、不満げな声も聞こえました(笑)



でも、これはこれできれい~~♪

間もなく、きれいな青や黄色・赤の放水が始まりました!



「わぁあっ~~~きれい~~♪」
皆さん、思わず拍手(笑)



ホースを持って放水するのって、すごい力もいるみたいですね。

ちょうど一年前、すぐご近所でかなり大きな火災がありました。その時の消防士や団員の皆さんの献身的な姿を思い出し、頭が下がりました。

海面を彩る「赤や黄色、青の色」~~こちらもきれいでした~~♪



そんな放水の情景を写していた「ドローン」~~♪



時代は進化してますね~~(笑)
コメント

道祖神祭り~~♪

2019-01-14 | アート・文化

お昼頃~~、風に乗って「太鼓の音」が聞こえてきました!
「あぁっ~~~、今日は道祖神のお祭りだわ」「お散歩は音の聞こえる方に行ってみよう~」と、出かけた私(笑)

私が子どもの頃は「小正月」と言って、1月15日に「華やかに飾られた山車」を子どもたちが曳いて、町内を回りました。
お昼には「赤飯のおにぎり」を頂いて、夕方には「お菓子」を頂いて帰るのが嬉しかった~~(笑)



昔~~、子どもたちの手で曳かれた山車は「木の車」がついていて、たくさんの大人の人たちが両脇で見守りながらの巡行でしたが、今日見た「山車」には、鉄の車輪がついていました!

↑上の写真でも分かるように、山車の前には「太いロープ」が~~!
今は、車が引っ張っての巡行なんです!(苦笑)



子どもたちの人数が少なくなったので、とてもとても重い山車を動かすのは無理なんだとか・・・。
今は、子どもたちは山車の中で、太鼓を叩くのみ~~だそうです。



子どもたちの保護者の方たちが数人、揃いの法被を着て付き添っていらっしゃいました。
若いママやパパたち~お疲れ様。



町内には「西道祖神」「東道祖神」「丸山道祖神」の三台の山車があります。
どの山車も、それぞれに飾りがたくさん~~♪



山車の横部分に貼られている白い紙~~、近くで見たら「寄付」をされた方のお名前と金額が書かれていました(笑)
なるほど~~、こうした篤志家の方たちのおかげで守っていけるお祭りなんですね。

本来、「道祖神」は、町の辻辻にあって町を守る役目をしているものと、記憶していますが・・・、いつ頃からか「子どもの成長と安全を祈る」役割も持たされて(?)いるんですね(苦笑)




コメント (2)

無病息災を祈って~~♪

2019-01-12 | アート・文化

私が子育てをしている頃は、町内の何箇所かで行われていた「どんど焼き」ですが、今は実施しているのは、たった一箇所のみ・・・。



夏は海水浴場としてたくさんの人で賑わう海岸がその場所です。

お散歩がてら~~、何年かぶりに行ってきました~~♪
いつもは原生林の散歩道で会うご夫妻に、海岸で会いました(笑い)。「同じお散歩なら、今日は「どんど焼き」を見てみようと思って」~~と、私と考えることは同じ~~きゃははは



海岸には、大きな「どんど焼き」が作られていました!



もちろん「消防車」も二台配置されて準備オーライみたいです(苦笑)
今日は、雪が降るかも・・・という冷たい空気ですが、風は無く安心みたいですが・・・、大きな火を使う行事では必ず待機することになっているんでしょうね。



何箇所かに「点火」するための「縄」を持った子どもたちが、何人も周りを囲んでいました。
大きな「どんど焼き」ですので、それも必要なんですね。



町内の家庭から出された「お飾り」「だるま」「書初め」~~たくさん積んであります~~♪



いよいよ~~点火!



少し「灯油」をまいて、燃えやすくしたんでしょうか・・・。



一気に黒い煙があがりました!

勢いよく燃え上がる炎~~~♪
この火の粉や暖かい風に当たると、一年間「無病息災」で過ごせると言いますから~~~、一生懸命に当たってきました~~きゃははは



この火で焼いた「お団子」~~、小さい頃は、真っ黒にこげても食べた覚えがありますが・・・(苦笑)



今は「アルミ箔」にくるんでありますので、いい具合に焼けるみたい~~♪



待ちきれないで「もう入れていい?」と、大人にねだっている子もいて、可愛い~~♪



アルミ箔でつつんでいない、カラフルなお団子を持っている方もいらっしゃいました。
きれい~~♪



炎が消えてから、お団子を入れるときれいに焼けるんですね。



町内のあちこちから集まった、たくさんの人たちと「どんど焼きの火」~~皆さん、とても楽しそうでした~~♪



人口もどんどん減り、子どもたちも少なくなって、行事を知る人も少なくなっている今ですが、こんなステキな行事~~無くならないで欲しいなぁ~と、思っている私です。
コメント (4)

「松の内」は今日まで~~♪

2019-01-07 | アート・文化

こちらの地域では、1月7日までを「松の内」といって、7日には「お正月用のお飾りや門松」を外します。
我が家でも、「玄関飾り」「輪飾り」をはずしました。



氏神様である町内の神社に納めることが多いんですが・・・、今年は、ちょっと遠いけど「どんど焼き」の会場に持って行こうかしら・・・とも、考えています。

町に残る、たった一つの「どんど焼き」の会場は、夏には海水浴場となる砂浜の海岸です。
↓これは、数年前の風景です。



今年は、12日(土)だそうです。

町内のあちこちにの道祖神には、はずしたお飾りやら、古いダルマやらお札やらが、集めれていました。



今でも、どんど焼きの会場では、「赤や白のおだんご」を焼く風景も見られます。
でも「おだんご」は「アルミ箔」に包まれています!(笑)
焦げないので食べやすいからでしょうね~~。



子どもの頃~~お習字も燃やした覚えがあります。
紙が燃え上がって、上に舞いあがることで、「字が上手になる」ということでしたが・・・まったく、上手になっていない私~~きゃははは

コメント (2)

「七草粥」~~♪

2019-01-06 | アート・文化

明日7日は「七草粥」を食べる日~~♪

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、~これぞ春の七草~~♪」
と歌いながら、トントントンと、まな板の上で野菜を刻んでいた母のことを、この日が近づくと思い出します・・・。
母が亡くなって、もう50年も過ぎたのに・・・(苦笑)

私も、毎年7日には「七草粥」を作ります。
でも、スーパーの野菜売り場に並べられている「七草」の変化には驚かされます!

今日も「七草」を買いに行ったのですが~~、



野菜売り場にたくさん置かれていた「七草パック」~~!
無駄が出なくて、便利ですよね~~(笑)

が~~、
夫が「harusan~~~、これ洗ったりする手間がはぶけるんじゃない?」と、見つけたのが、横に並んでいた「七草のフリーズドライ」~~!!!



「へぇっ~~~!」
「作り方」を読んだら、「出来上がったお粥に入れて数分蒸すだけ」ですって~!

夫が「炊飯器でお粥を炊いて、これを入れるだけ」「便利だねぇ~」と、「harusanが楽できるから、これでいいよ」と、言ってくれましたので、お買い上げ~~きゃははは

これ、産地がすぐ近くの町のJAなので安心~(笑)

長生きしていると、いろいろのことが「簡単・便利」になることを実感~~~きゃははは
明日の朝~~「七草粥」を作ります~~♪
コメント (4)

明けましておめでとうございます~~♪

2019-01-01 | アート・文化

明けましておめでとうございます~~♪
今年も、よろしくお願いいたします。


今年の元日~~穏やかな一日でした~~♪
「初日の出」~~~お寝坊の私は、お日さまが高くなってからの目覚めは、毎年のこと(笑)
お友達が「初日の出」です~~、と送って下さる写真で満足~~きゃははは

元日の朝は「お雑煮」~~作るのは夫です!
我が家では、「三が日のお雑煮は、その家の主が作る」という習慣を、何十年も続けています(笑)。
(もっとも、前日に雑煮用の野菜は煮て、おつゆも作っておきますので、夫はお餅を焼くだけです)


お雑煮を食べた後は、散歩がてら「氏神様」へ初詣に出かけるのも習慣になっています。



「古いお札や破魔矢」などを納めて、「新しいお札と破魔矢か熊手」を求めてきます。
今年は「破魔矢」です。

「茅の輪」をくぐり、神様の前でお願いをしてきました。
「今年も、健康で家族仲良く一年が送れます様に」と~~♪



そうそう~、
偶然にも、本殿へ向かう宮司さんにお会いし、新年のご挨拶をさせて頂きました~🎵
これって縁起がいいですよね(笑)

帰宅後は、届いた年賀状を一枚一枚見ながら~~、
「あの人の様子~~、この人の近況~~、ご家族の今~~」とかを、楽しませて頂きます。



「今年で年賀状は終わりにします」という方もあって・・・、ちょっと寂しい・・・。
最近、そんな方が多いとマスコミで取り上げていますが、できれば「元気な様子を確認するため」に、一年に一度でも年賀のやり取りはしたいと、私は思っています。

たくさん頂いた年賀状の中に、「おみくじ」が貼ってあるのがありました~~♪



以前にも他の方から、同じものを頂いたことがありますが、これ楽しい~~♪
早速、はがしてみたら~~、



「大吉」~~~~~♪

わぁっ~~嬉しい~~♪
ほんの小さなことでも、新年早々~~縁起が良くて嬉しくなりました~~(笑)

ということで、今年の始まりも気持ちよく過ごしました(笑い)。
コメント (6)