☆らんらんしましょ~♪☆

スピリチュアルだけど現実とのバランスセッションしています。

チャネリング、タロット・・自然体で歩いています。

夢のお告げで体調管理?

2008-10-31 12:01:35 | 幸せ体質になるために

飛行機に乗ろうとして・・ふるらんは乗り遅れそうになりました。
原因はお友達(?)がお買い物をのんびりとしているから

だから・・いったこっちゃない・・・
結局一番最後で迷惑になって・・・
みんなの視線がきつい・・・
お友達は・・平気で・・・

あのねぇ・・ごめんなさいもいえないの??

ふるらん平謝り・・・

そして2階の席へ・・ってここって和室状態になっていました。
みんなでゴロゴロ・・
え?まるで連絡船の2等席のようなごろごろ感・・
う~ふるらんは・・ここは嫌だ・・

そしてお手洗いへ行きたくなって・・立ち上がり、なぜか足が重くて・・引きずり・・・
それから・・トイレの入り口に行くと扉の中に入れない。
どうやら足が引っかかって・・え?足が引っかかる???
後ろのお客様から
「あのぁ~足が引っかかってますよ」といわれ、見ると○側の足が・・大根の・・(あ、普段も大根か・・違うって。ノリと突っ込みの練習)
普段の1・5倍に膨れ上がっている。
な、なにこれ
後ろのお客様が
「早くお手洗いで流さないと・・」と進めてくれて用を足しました。
(食事中の方ごめんなさい)
出てきたら・・あ・・少し元に戻ってる・・・
とにかく目的地に着いたら病院に行かないと・・・
と思って席(畳の和室だけど)に戻ったら友達が座っていて・・
(友達って気になるでしょ?かなり昔のお友達)
なんか・・・あんまりいい旅になりそうもないなぁ~の雰囲気をかもし出し・・
ふるらん、ここでなんとかしなきゃ~と思っていたらやっぱり太ももが痛み出し・・・う~どうしよう・・・
あ、そうか、これで・・旅行取りやめよう~っと。
と思って。
なんとかアテンダントさんを呼んで、事情を説明し、目的地に着いたら歩けないので車椅子と、タクシーの手配を・・と。
あ、それと、病院が判らないのでついでにそのタクシーさんにお願いできないかとか・・
(手配がいいでしょ?昔とったきねづか←古いか)
あ、救急車はいいですよ。
本当の救急の患者さんに悪いから。
これぐらいの痛みなら・・タクシーで大丈夫。
とにかく・・あ、そうだ、足をできるだけ上げていないとならないので・・足が上げられる車椅子があれば・・それをお願いしますとか。
このまま下げていたら・・ちょっと心臓に負担が来るし・・
もしかして・・来てる?とか。
脈は大丈夫、うん、頭も回ってるし・・・よし、大丈夫。
とにかく到着したらしてもらいたいことを伝えて・・
そして自分の名前と住所と連絡先を伝えて・・・
乗務員さんの負担を考えると・・うんとぉ~~~と。
おとなしくしていました。

お友達ですか?
何にもしてくれなかったでしたよ
・・ということで、ふるらん、今日飛行機を降りたらお友達という枠から離れてもらうことに心に決めました。

足の皮膚が・・破裂するぐらいになって・・今針を刺したら・・水が出るぐらいになって・・
あ~まずいな・・心臓に来るなぁ・・と。
飛行機が空港に到着。
そして・・救急車が来ていました。
え?と思ったら乗務員さんが
「お客様は周りの方のことを考えて我慢されて居るのがわかりますので、申し訳ありませんが、救急車を呼びました。乗っていただけますか?」と言われました。

あ・・・ふるらんが無理してるのがわかったんだ・・ってもしかしてそんなにひどいの?
自分の顔を触って・・気が付いた。
あ・・○側・・浮腫んでるわ・・・
あ・・無理してたんだぁ・・・と判りました。
そして乗務員さんたちに
「お心遣いありがとうございました」と頭を下げ、救急隊の担架に乗せてもらい・・タラップを降りました。
「やっぱり航空会社って・・素晴らしい心遣いだわぁ~~~」と感激
足の痛みも気分的に軽くなる感じでした。

救急隊の人が無線で連絡。
そのそばで
「担架に乗せられるのは初めて~」となぜか感激しているとともに友達は・・・
まぁいっか、とか思いながら寝ることにしました。

友達ですか?
ちゃんと言いましたよ。
「せっかく旅行だから、楽しんできて~ふるらんは多分検査の時間がかかるから・・一緒にいたら大変だと思うし。病院が決まって内容が決まったら連絡するわ」と。
意識が無くなる症状じゃないので。
それに、足が戻ったら・・新幹線で帰ればいいし。

保険証をコピーしたきたら良かったとか、あ~したら、こ~したら・・とかいろいろ想像をめぐらし・・・
総合病院へ搬送。
血液検査と尿検査と・・レントゲンと・・・
そしてお医者さんに
「無理しましたね。自分に無理しすぎですわ」と。
「え?そんなに無理はしていないと・・・」
「いえ、血液のデーターとかはなんでもないんですよ」
「え?それじゃ・・・もしかして」
「ええ、精神的に疲れたと思いますよ」
「え?」
「今までのことが溜まってるので・・浮腫んだんです」
「あらら・・・・」


あ~そうね~そうね~
それでこうなのね~~~わかった、わかった

そう思って足を見たらだいぶ腫れが引いていました。

紫色のまだら模様になってめっちゃ腫れていた足が・・楽になっています。
看護師さんが足を撫でてくれて
「大丈夫、大丈夫」と言ってくれています。

とにかく大阪に戻らないと・・・と思って。
う~んと・・歩けるけど、もう無理しない。
事務の人に頼んでケアワーカーさんを一人介助で。
新幹線の駅まで、頼んで・・車椅子を返して・・・
お礼を言って・・
新幹線の緑の窓口まで言って・・事情を話して・・・
新幹線に乗せてもらって・・・

携帯で調べて・・・
う~んと・・あれと、これと・・・
う~んと・・していないことは何かな?と思っていたら・・目が覚めました。


あ~夢か・・・
足を見ましたよ。
腫れていませんでした。

あ・・健康ってやっぱりいいわ
・・ということで無理しないし、溜めないようにします



やっぱりいいわ。

2008-10-30 13:36:54 | 携帯からです。
カメラを持った男性が移動してきたから聞いたら今日の専属カメラマンさん。
「撮ってやってください」と許可がでたので撮りました。
専属カメラマンかぁ~時代は変わった。

子供の気持ち

2008-10-30 13:33:36 | 携帯からです。
やっぱり外見るよね~

きゃ~子供いっぱい!

2008-10-30 13:32:12 | 携帯からです。
めちゃ乗り込んできた~!
うれしい!

昼ご飯

2008-10-30 13:21:31 | 携帯からです。
守護〇さんが蕎麦をご希望だったのでいただきました。
回りは四国巡礼さんとか数組おられます。

うん、なんか不思議に最後か、しばらく来なくなるか…淋しい感覚。

さて…帰るとします。

座りたかった椅子

2008-10-30 12:42:39 | 携帯からです。
喫茶店に来てます。

ふるらん一人ですわ。

ココアを頼んで…
椅子は~
あ、今日はこれ!

ひじ掛けがあって…背もたれもある。
座ると落ち着く~
ひじ掛けが細いかな?
ひじが滑る…

座布団が白目の金いろに茶色の龍の模様。

お尻温かいなぁ~ニマニマ。
少しずつ思い出す…少しずつ…

ひじ掛けの指の先に綺麗な彫り物があった事。
私の斜め後ろに男性が立ち…護衛だった事。

私の上の人間には足元に台座があった事。

私の魂の記憶は…
「全勢力をかけ〇を守る事」

人前では手を見せる事ははしたなく、常に袖の中へ。
慎ましやかに腰をさげ、静かに歩く事。

窓からこぼれる光を見ながら常に思う事は
「国の安泰」

私ができる事はなんなのか…
〇になれたら…いや恐れ多い…

民のため、民のため…を繰り返している…

少しずつ、少しずつ…

なんか今体の感覚がドキドキするまえのじわっとした感覚。

「今こそ〇を」と聞こえてる。

どこと、どんなふうに…どうする?
ふるらん。

ふとももから心臓、頭ドキドキし始める予兆みたいな。不思議なドキドキ。

なんかわからないけど、わかるかも!

お手綱

2008-10-30 12:08:34 | 携帯からです。
今日はご開帳されていて本尊様に綱がついてそとにあるものと繋がっていて…あれ?これって三とか五じゃなかったっけ?

おさめようとしていたものが
「当方販売のものでないと…」と言われ…がっかり。
あ~玄関出る時、忘れそうになった意味わかったわ。
守護〇さんとともに…
「仕方ない…」と。

本尊様には
「〇言を垂らす事なく、〇言を唱えよ。器もすでに広がりて、己の身の中の芯を鍛えよ。生まれるものも〇ぬものもなんの変わりもなく、なんの狂いもなく、ただその〇意を捉えよ。変わらずにおれ、また~~~ぞ」

いろんな事が今見えてるけど…
まっいっか。
お茶に行こう~っと。

移動中

2008-10-30 11:32:33 | 携帯からです。
お寺さんへ向かってます。な~んか不思議な雰囲気。
自分が変わったのかな?とか思うぐらい。

身の芯部が軽くなったのかなあ?
ふわふわ~

朝、仏壇にご挨拶すれのにマッチで火を点けようとマッチを擦ったら、炎の中からおたまじゃくしみたいな煤が二匹出て来てふわふわ空中を遊泳~
二カ所に着地して…
へ~二つ、上手く着地だぁ~と。
それから見えてきた事もあって…

こうやって毎日知るんだなぁ~と。

大安吉日、最高の天気で、今日もよいことありそうです。

お~初めての声での質問!

2008-10-30 09:13:55 | ちょっと驚き!
先ほどのブログを書いてからちょっとお〇〇いへ。
続けて読んでいる本がありましてね、読書タイムになるんですわ。

読んでいたら・・・フッと質問が来た。
「何もなく、何かをしなければならないとき、どうする?」と。
え?この声って・・・いつもの守護〇さんじゃない

う・・・・誰であろうが・・この質問・・深いなぁ・・・

買い物をしたいけど、お金が無いときはどうする?
物を動かしたいけど一人しか居ないときはどうする?
・・・そんなことを聞いているのではない。

とにかく何もないのだ。
そして何かをしなければならないのだ・・・

今ふっと
「生まれる」と聞こえてきた

生まれる・・生まれる・・・・
う・・あと少しで何かわかるような・・気がする・・・
あ、そうか、今日これから中山さんに行くんだ。そこでわかるかも・・・と思いました。

単純に
「生みます」ではない。
もしかして「産む」の漢字かもしれないけど・・

これって・・仏教の質問なのか、〇法の回答の方なのか・・・
でもあの声は仏様の関係ではないような・・・
学問的な声で・・・???
う~ん。

お出かけしながら考えますわ
では朝ごはんをしていろいろして・・・お出かけするからお昼前にお寺に着くようにします。

ではでは・・・

変形した栗

2008-10-30 08:58:15 | ちょっと驚き!
金色の輪を放ちながら、人が近づいてきて・・・
う~ん男性かな?判りづらいけど・・・

一指し指と親指で栗をつまんでいて、ふるらんの右手にチョコンとおきました。
その指からも金色の光を放っています。
光がかすかにゆらゆらとしていて・・・・

その栗は変形しています。
栗拾いに行った事のある人はわかるよね?
ひとつのイガのなかに3つ入っていて・・そして時々端っことかに変形したペッタンコの栗があることがあるのよね。

あのペッタンコの栗・・・

軽い・・・これだけペッタンコでクルンとしていたら・・・実なんてはいっていないし・・・
でも栗だし・・・
ふるらんが見ていると金色の人が(顔が見えない・・)
「これになにが入っている?」と聞いてきました。
思わず
「う」と声を詰まらせました。
これに・・なにが・・・入ってる???

桃栗・・あ~違う、イガの中の実・・3つの端っこ・・・あ・・違う。
この人の聞いていることが・・そんなことじゃない・・・
変形している端っこの実・・人間がいただいている実だけど・・これは食べない実だし・・
なんだ?なんだ?・・・どう答える・・・・
あ、落ち着いて・・・落ち着いて・・・
「本当の答えは・・・」と落ち着いて・・・

わかった
そして答えた。
「仏様の心です」と。
金色の人の喜ぶ声が聞こえたような、きこえなかったような・・・

守護〇さんから質問が来た。
「その意味を問う」と。
ふるらん
「この場ではこの答えになります。なぜなら、この実は人は食べません。しかしここに住む動物とここにある木々はこの実をいただきます。
元に返せば・・・この実はこの山の力でなった実です。この山は神様や仏様がおつくりになられたものです。ですからこの実は神様や仏様の実です。
しかし、“今”は仏様のもの・・・たくさんの仏の・・・」と言いかけてハッとした。
自分で言っていることに気が付いて目の前に立っている金色の人を見ようとするととてもまぶしくて思わず腕で光をさえぎって目をかばった。
まぶしい

それで目が覚めてしまいました・・・・
右手をグーにしたままで、そしてゆっくり開くと・・・何も入っていません。
でもあの変形した栗のほんの少しの重さの感覚だけは残っていました。

“今”は仏様のもの・・・かぁ・・・・

ちなみに・・栗の漢字を書くとき「西」と「木」と書くので西方浄土の意味(阿弥陀様の教え)をこめて位牌に木を使うことがあるそうです。

テレビのスイッチを入れたら、「どんぐり」の場面で、あら・・どんぐりと見ていたら急に田舎が懐かしくなりました

本日、中山観音様に行って来ます
ふるらんにとってひとつのけじめになると思います。
お数珠の色を変えて持っていかなきゃならないみたいな指示がきてますわ。


あ~あそこに喫茶店あったっけ
お茶してこよ~っと。