☆らんらんしましょ~♪☆

スピリチュアルだけど現実とのバランスセッションしています。

チャネリング、タロット・・自然体で歩いています。

スピリチュアルメッセージ

2010-07-30 19:56:34 | 嬉しいわ~☆
ふるらん、体質が少し変わってきた様子で・・・
今までとちょっとメッセージの入りかたが変わってきた

あららら~~
本当は変わると○安(安心の反対)になるんだろうけど、今のふるらんは身体の方がしんどいから○安なんてあまり気にならないようになっていまして・・・

筋肉痛のとき、蚊に刺されてもそんなに気にならないでしょ?

ある意味・・「麻痺?」

でもちゃんと何かを感じているふるらん自身がいて・・・

あ・・・変わるんだ、って。

今、はっきり言って体調も本調子ではない。
先生に言われたあの言葉
「慣れるまでの我慢だよ」と。

そう、慣れるまで・・・慣れるまで・・・
でも決して無理はしないことにした。

だって・・・ねぇ・・・そんなに若くないんだから、無理も利かないって自覚してるし

チャネリングのメッセージの入り方が変わってきたのを自覚して・・・
あとは・・はい、どうします?って感じで。

何か世界が変わるのかな?とか。

お楽しみ・・お楽しみ・・・・
その前の・・・「変化」

変化にはいろいろ抵抗があるんだけど、もうすっかり受け入れることにしたのよ。

そしたら・・・きっといいことあるって。

体が変わる、メッセージが変わる・・・

いいんじゃないのかな?とか




若いときから○能力があると・・ある年代になると急に○能力が消えたりするらしい。
でもそれは全員ではなくて。

つまり若いときからあると途中で消える人もいるし、一生続く人もいる。
途中で突然能力に目覚め、そして数年で消える人もいれば一生続く人もいる。

途中で消えてるのに、それを認めたくなくて○能者と思い続けている人もいるとか聞いたこともあります。

ちなみに・・・ふるらんはどの流れになるのかはわかりません。
もしかしたら・・明日起きたら消えているかもしれないし

でも・・どこかで
「それでもいいかな?」と思っている自分がいます。

そのときはそのとき。
きっと
「別な仕事をしなさい」っていわれていると思います
昔の仕事に戻るのか、それとも新しい仕事をしなさいといわれているのか。


でも心は決めています。
「聞こえなくなったら・・辞める」と。

チャネリングは○感とは少し違うので・・・消えるってことはないんだっけど、もしかしたらいつか・・○様や○様に
「お前はするな」といわれるときが来るかもしれない。

できるうちにしないと・・と思っています。


ある看護師さんに
「若いときはね。年をとったら読みたかった本を読もうとか、旅行に行こうと思っていたの。でもね、こんな年になってわかったけど、年をとったら目が薄くなるし、旅行はしんどいし・・今できるうちにしないと、と気がついたのよ」といわれました。


はい、ふるらん、今できることをこれからも考えて実行していきます。
そして・・諸先輩たちの『金言』を大切にしていきます

神戸で…

2010-07-29 17:25:56 | 携帯からです。
バースデーケーキをいただいてます。

バースデーの不思議な夢

2010-07-29 16:27:54 | 携帯からです。
今日の夜中からたくさんのバースデーメールをありがとうございます。

ふるらん、無事にひとつ歳を重ねました。

来年はいよいよ中学一年の時聞こえていたスピリチュアルメッセージが始まるので楽しみにしています。

今朝の夢です。
最初の夢は涙が出るほど〇いものを見させられました。
そしてその後にそこから離れて、何故か宝石屋さんに行き、ショーケースを見ると水がはってあり、たくさんの金のネックレスや指輪が並んでいました。

ふとふるらんの口の中に何かあるので出してみると、金の糸で形作られたしじみ型のペンダントトップがひとつ出てきたので水の中に入れるとまた口の中から金糸のしじみの同じものが出てきました。

また水に入れると…
あ~わかった!

これはメッセージだわ!
と思い嬉しくなりました。
そしてまた違う夢をみました。

ハリアー(車)に乗って助手席に一人で座っていると外国車や高級車がカツンコツンとふるらんの車にぶつけて逃げていきます。

不思議と腹もたたず…

窓に虫がぶつかった程度感覚で。

普通なら怒り、ちぎれるかも。

するとふるらんの車がかってにスーと後ろに下がり…
まぁ逃げようともしないふるらんがへんだけど。

や〇ざっぽい男性が二人ふるらんを見て笑ってるけど、なんかこのまま車ににまかせたらたすかると思ったらスーっと光に包まれ…

「〇しんではいけない。導きはつねにある」と言われました。


絶対忘れてはいけないこと…
「~を信じる事は力になる」と。

受診してわかったこと。

2010-07-28 22:20:59 | 笑っちゃうかも
更年期のお薬が無くなったので、婦人科へ受診にいきました

名前を呼ばれる前にまずお手洗いへ・・
そして少しすると「ふるらんさぁ~ん」と言われ・・・はい、行きました

28日ぶりの先生とのご対面。
「あれ?痩せた?」と言われ
「ええ、少し」と答えると
「え?普通はこの薬を飲むと・・太るんだけど・・・」と。
「え・・まぁ・・たしかに・・・」

そう、この薬の副作用は「太る」。
本当は太るはずなのだ

「あ・・炊きたてのご飯の匂いとか・・きついので・・」
「あ・・そうだんだ。」
「妊娠をしたことがないですけれど、とくに朝、○き気が・・」
「ほかには?」
「そうですね。首の妙な汗は無くなりました。でもときどきふわぁ~~とすることきが。他に・・・(と説明が続きます)」
「そうか・・・副作用のない薬はないからねぇ」と言いながら棚から薬の副作用を調べ始めた。ふるらんは
「病院でたくさん副作用をみてきましたし、先生、このぐらいのならふるらん我慢できますから」というと
「そうかい?無理しないように」といい、
「それじゃ・・また薬を出しておくから」
「はい。よろしくおねがいします

・・ということで薬がでました。

飲むのって・・たいしたことじゃない。
そして更年期ってね、閉経の前後5年とか○年とか人さまざま。

ふるらんの場合、先にきました
先に来た方が・・楽とかも聞いたことあるし。

ただ本当に・・楽しみがあるんですよ
身体が変わるのと~~~が変わるって。

ふふふ・・・(不敵な笑い・・・


ハーブティータイム

2010-07-26 21:31:27 | 携帯からです。
一仕事終えて、東京スピリチュアルセッションでお客様に頂いたハーブティーで休憩中。

「更年期ママブレンド」…欧米で大人気の‘セントジョンズワート’をメインにブレンドしました。更年期特有のイライラやふさぎ込みにおすすめです。
と書いてあります。

自分でもやっとわかる、あ~少し落ち着いてきた…って。

病院で看護師で鍛えられてきたからこのぐらいは越えられる…なんて甘かった。

だ〇いし、〇いし、気持ちが〇いる。

手に力が入らないし、疲れたらクラクラする。

背中にこなきじじいさんがいるのか?という堅さと、心臓の鼓動が先走る。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃを繰り返し…

むちゃ脱力感と襲ってくる虚無感…

あれもこれもできてない…
って考えたら昔を思い出す。
「患者さんから学んだはずだろう?」と。

幸い笙先生はお掃除、お洗濯、花の水などなんでも手伝ってくれるから助かります。

お茶一杯飲んで横になる…それだけで生き返ります。

鬼火

2010-07-26 20:50:40 | ちょっと驚き!
新築のとっての綺麗な大きなお家
どうやらまだ立ててまもない感じです。

内装もまっ白で家具もまっ白・・・
まるでアメリカ映画に出てくる柱も窓枠もまっ白のお家・・・

台所は・・3畳ぐらい。
リブングは・・20畳ぐらいかな?
大きなソファーがあって・・そして背もたれも大きい。
まさにアメリカのお家っぽくて。

ちなみに昔、北海道にいた時に沖縄の米軍基地の家族さんの引っ越しの家具を買ってきて北海道で売っていた人を知っていて・・・
その椅子にそっくりでした。

で、もちろん小さなふるらんが座ると・・足がぶらぶら・・・

子供にしか見えない・・・
(横幅は大人だけど・・)

で、笙先生なら立派に座れると思う

そして大きな飾り棚に・・・庭が見えて・・・
綺麗に洋風の庭があって・・
芝がって・・・

で・・・ここまで書いて・・実はふるらん、あまりこういう家は好きではない。
どっちかというとイタリアの家が好きでね。
家具もイタリアに・・って思ってた時期がありました。

でもこの年齢になるとね、家具よりも・・何よりも・・・
幸せが欲しい・・っていうのが一番。
そして健康が一番って言う感じ・・・

・・ってことを置いておいて・・・

で、大きなリビングにいて、廊下につながるドアの上を見たら・・煙が入ってきた

「きゃ~なに?」

ふるらん一瞬あわてて、でも落ち着いて・・・煙がどんどん入ってきて・・・そして庭がみえるベランダの方からも火の玉が飛んできて、あちこちに火をつけています。
まるでゲゲゲの鬼太郎の妖怪みたいな火の飛び方。
時々悲○のような、怒りのような声さえ炎から聞こえてきます。

「鬼火???」と思った瞬間、外に○人の~~とそして○人の~~の気配を同時に感じました
「あ、まずいから逃げなきゃ・・」と思いました。
気がつくと・・自分は50代中間ぐらいの身体の動き・・
膝も少し曲がって・・・頭もかなり白くなって・・
自分のおなかに手を当てるとお腹に覇気がなく、すっかり閉経している感覚・・・
そして
「逃げなきゃ・・」と思いました。

すると映画の「マトリックス」のあのたくさん出てきた男の人みたいな・・・スーツを来て細いサングラスをしたスラーとした男性二人が出てきて
「奥様、こちらです」とむっちゃ冷静にふるらんを誘導し、そして台所の床の隠し戸をあけ、ふるらんを下におろし、そして上からふたをしてくれました。
ふるらんは
「あなたたちは?」と言うと
「中から鍵をしてください。奥様」と言われ、そして
「あ、はい」と返事をして・・
「鍵をしないと・・」と思いつつ、その二人の事が気になって・・

でも鍵をかけて、床下にもぐり・・・地下に降りて行って・・・
すると気がつけばさっきの二人がふるらんの前後に立ち、
「こちらです。奥様」と言い、前に立つ男性がふるらんの手を取ろうとするので見るとスーツの袖の中からでている黄金に輝く手

「この人は・・人じゃなくて・・仏様の???」と思い、もしかして・・と思って後ろの人の手を見ると銀色に輝く手をふるらんの背中に押している。

ずっと地下を歩いて・・誘導してもらい・・・
ある家の庭に出て・・・
一人の男性が
「鬼火でございます」とふるらんに言いました。
「あ・・そうだったんですか」と答えるともう一人の男性が
「ご無事でなによりです」と頭を下げてくれました。
「あなたたちのおかげです。新築の家は失いましたが、命が助かったのとあなたたちという二人の男性と知り合ったのが嬉しかったでした。本当にありがとうございます」と話し、男性の手を見るとすでに普通の人間の手に戻っていました。
そして一人の男性が
「鬼火が飛ぶ時は奥様も気配でわかると思います。その時は頭を下げて、身を低くしてください。」といい、もう一人の男性が
「私たちが前後をお守りします。必ずお助けします」と言いました。

なんて心強いんだろう・・・としみじみしながら二人の男性に手を合わせていました。

アメリカの風景っぽくて、林の向こうの方から煙が出ていて・・
「あれは我が家が燃えているのね・・」と思いつつ、でも命が助かったと思っているふるらん自身がとても落ち着いているのが不思議な感覚でした



この後・・もうひとつ不思議な夢を見ています。

ふるらんは・・・最近とても不思議が続いていて・・・自分でも不思議です


生きることの真の楽しみ。

2010-07-24 22:45:22 | 幸せ体質になるために
しばらく前から、ふるらんの守護○さんから
「~~~の本を読め」と言われていました

で、最近少し時間ができてきたので昨日の夜から読みだしました。

数年前、友人とマッサージベッドを買いに行って、そのお店で見つけた本です。

ずっと昔の人が話していたことが今の人にわかりやすいように書いてあります。

何回読んでも・・読んでも・・・
なんとなくわかるって感じのことにしか理解できなかったんですけど、今回読んでとっても前に進めた気がしました。

「生きることの真の楽しみ」・・・

文面の中のこの一行がとても深く、何回も繰り返して考えました

生きるって・・・
真の楽しみって・・・

昔の人は教えを守れば、百歳を超えても衰えることがなかったそうです。
でも今の人の生き方は・・違う。

百歳を過ぎてもまだ活力のある生き方・・ってどんなんなんだろう・・・

そして美しい百歳ってどんなんなんだろう・・・・

ある本に
「その百歳の男性の目はとても透明感があって、みている私も感動するものがあった」と。

あ~~そんな年の重ね方がうらやましい・・・

どれだけの透明度がその人の中にあるのか。
ある意味「人間を超える」という感覚でもあるかもしれない。

ふるらんの守護○さんが今
「人の詠みなどあてにはならん」と一言。

う~ん、それもそうだなぁ・・・と
で、なんのつながりの発言??とか思ったりして・・・

そしてまた
「(その詠みかたがあるからこそ)懸念が(発生し)邪魔をする」と。

あ・・・なんかの回答だなぁ・・と。



生きることの真の楽しみ・・・・

生きることの真の楽しみ・・・・・・


空気を胸いっぱいに吸い込んで
「あ~~美味しい」っていうのもありだし、
本を読んで感動して涙がでて・・・あ~生きてるってすごいことだなぁ・・と思ったり・・・

真の楽しみって・・他にどんなことがあるんだろう・・と、基本に返るような気がしました




ふるらん、学ぶ。

2010-07-21 22:24:52 | 携帯からです。
「ふるらん君」
「はい」
「肉体の充実と精神の充実、どちらが大切か知ってるかね」
「え?」
「もちろん、精神の充実だよね?」
「はい。もちろんそう思います」
「そうだね、もし肉体に障○があったとしても、何かの感覚がマヒしていたり、機能に障害があったとしても、精神が充実してたら人は幸せを感じるだろうしね」
「はい、そう思います。ふるらんもいずれ何かの○気になると思います。でも自分の魂を感じていたら生きていけると思っています」
「ほう、魂ね」
「はい。精神よりももっと深いような表現になりますが・・」
「ほほう・・」
「表現という言葉が正しくないかも知れませんが・・・」
・・・でこの先ふるらん、言葉に詰まった。

相手は心理分析を数十年してきた精神科医である


「ちなみに・・恋愛や人を愛するっていうのは何ですると思う?」と聞かれ、
「え?
「君なら答えられるよ」
「う~~~ん・・・・」
なんて答えたら・・いいんだろう・・・・

人は身体という入れモノがあって、そしてその中に心というものがある。

心が動いて・・身体と言葉を発する。
心が先か、体が先か・・・

そしてそれが相手に伝えようとして・・できなかったり、伝わったりして・・・・

いや・・待てよ。この先生がふるらんに求めているのは・・なんだろう・・・
こんな答えじゃない。
そう普通に「心と体と魂です」というという答えじゃない・・・

この先生は心理のプロだ。
だから・・ふるらんにあえてこの問題を聞いてきたのは・・きっとふるらんの成長のためだと思うから・・・

目の前のプロ中のプロに・・なんて答えたら・・・この先生がうなずく???


いや、ふるらんの感覚で答えよう。
それが正解だと思うから・・
そうそうふるらんの感覚で・・・・

そして・・・・

「愛は肉体でも精神でもなく、その人の生きているという形という存在でもなく・・・神や仏に帰属していたことを互いに思いだせる相手を見つけた時に心がその記憶という扉をたたくものだと思っています。
互いの魂の記憶・・その記憶が同じものが愛し合い、そしてその人の魂に記憶されるものだと。永遠にそれが続き、精神や肉体を超えて・・○○という世界にいくのだと思っています」と答えました。

先生がふるらんをじ~~っとみてそして・・・
「君は(○能者と言わている)うわさ通り、霊性を自己の柱として生きている人だね」と言われました。
そして続けて
「こういう人は~~をしやすいから気をつけなさい。でも必ず上を見て歩けるからそれを忘れずにね」とニッコリ笑いました。
ふるらんは
「先生・・答えは?」と聞くとまたニッコリ笑って
「君の答えが君の答えだよ」と。


ふるらん20代の時のお話です

生きることも○ぬことも・・それは人生の一つの経過。
私たちはこれを繰り返し・・いや繰り返してはいけないんだけど・・・一つでも楽しく、そしてもっと上に・・
そして・・・・もっともっと上に・・・神様や仏様の御元へ・・・・

お茶をしてから…

2010-07-20 22:54:30 | 携帯からです。
昨日お仕事を終えてお茶をして帰り、我が家のベランダを開けたら、あるものがありました。

あら~こんなものが…と驚き!

今部屋の中に入れてます。
詳細は、我が家にきたら教えますね。

ちなみに今日は記念日。

きっと神様からのプレゼントでしょうね。

Fxの授業中です。

2010-07-18 15:33:21 | 幸せ体質になるために
隣でfxの授業をしています

今日からスタートされる方です。
遠距離からお越しでとっても偉い

未来へお金が強くなる基本編から覚えます。



みんなfxを覚え始めて・・・最初は
「う~わからない」でしたけれど、除除に慣れてきて・・・
「少しづつわかってきました」と笑顔になっていきます。

覚えると日ごろのお金の感覚もすっかり変わります。
大切なことをしっかり身体で覚えて、人生に強く成りましょう