らんらんしましょ~心が楽になるために。

スピリチュアルセラピスト。チャネリング、タロット占い、教室をしています。人の心に触れるたびに生きている意味を感じます。

今日は良い日で完了

2022-11-29 20:11:00 | 幸せ体質になるために
外出のときは特に気をつけている今日このごろ。

とにかく今日は婦人科検診と眼科へ行かなきゃ、と思い、お出かけ

午前中に婦人科へ。
看護師さんと世間話で大笑いしながら無事に終わり、お会計待ちでソファーで座っていると、70才過ぎかしら?女性が
「ここ、いいですか?」と声をかけてきて…しばし二人で会話。

「病院って…ほんとに来たくないですよね」
「本当にそう思います」から始まり、

話を聞いていると、彼女と私は真逆の症状。

二人で笑いましたわ。
「足して2で割れたらちょうどいいですわ」とまた笑い。


大きな病気ではなく症状なんですよね。
でも婦人科だからなかなか人には話せないし…

二人で笑って話して…
また逢いましょう〜と。

やっぱり共有するって大切。

なんか心が軽くなりました。


あ、そういえば今日はいいことあるかも、と感じました。




そしてお昼から眼科へ。
あと少しで到着するわ、というところで、私より少し年下ぐらいの女性が声をかけてきました。

「あのぉ…」
「はい?どうされましたか?」と答えると、
「この辺に眼科はないでしょうか?確か前にはあちらのあのあたりにあったはずですが…」

あらぁ〜
今日はこれね?

「あなたはラッキーですね。ちょうど私は眼科へ行くところです」と話すと
「あら!」と顔が明るくなりました。

ですよね、
不安ですもの。

症状を聞くと、目がゴロゴロする。
目が霞む…

危ない、危ない。

「目はとにかく対応を早くしないとね」と話して眼科へご案内。


良かったわ、人のお役に立てて
眼科でちょっとお話をして、お別れしました。


心が交わったり、
引き寄せたり…
人って不思議

とても心が気持ち良い一日になりました

昨日のトリプル危なかったで消えていた文書

2022-11-29 10:33:00 | ちょっと驚き!
今さっき、昨日書いた“トリプル危なかった”のブログを見てびっくり

3つ目に起きた「エレベーターに閉じ込められた!?」が消えてるの





いやいや、書いたのよ。
確実に書いたのよ。

帰宅して、
マックセットを食べて、
また仕事に出て、
駅のガラス張りのエレベーターに乗って…
外国人の女の子2人と3人で乗って、
一階に着いたら、扉が開かなくて…
開くのボタンを押すと、
「このドアは後ろの扉が開きます」と、
え、先に前のドアを開けてほしい

外国人の女の子2人、パニック!

多分英語で
「開かない!」

そして私は、日本語で
「閉じ込められたわ…」


朝から続く“良くない現象”

これがやっぱり警戒警報。


電話のマークを長押しし、
男性の声で、
「どうしましたか?」と聞かれ、
「扉が開かないで〜す!」というと、
ピーッピーッピーッと音を立てながら少しずつ開きました。

お〜危ない。
ここで閉じ込められたら、時間に遅れるわ…

ボタンを押しながら、
「開きました〜」と喜び、
外に出て、
上を見ると、
警備員さんとエレベーター技師さんのような人が…数人下を見ている。


そして…用事を出し、
またあの駅に行くと、
あのエレベーターを中途半端な高さまでおろして、箱の上に上がり点検中。

あ〜危なかった、と言うお話を昨日確実に書いたのに、
さっき見たら消えている…



なんなん?
本気で警戒モードレベルアップしなきゃ…




トリプル危なかった。

2022-11-28 20:27:00 | ちょっと驚き!
朝、一番に少ししか知らない女性にあれこれいきなり言われた

え?
どうしたの?と思って聞いていると、とにかく何かを私に言いたかったらしく、
言うだけ言ったら居なくなった。

で、なんですけど…
たま〜にこういうことが年に一回ぐらいありまして、
先輩の〇能者さんに聞くと、
「その人の後ろにくっついてる人があなたなら聞いてもらえる、と思って止められない気持ちが溢れ出てる現象」と教えてもらいました。


でね、
その一気に話してきた人、
話し終わるとさっぱりして何事も無かったようになるのよね

周りはその現場を見ているけれど、
本人には記憶なし。
ケロッとしているの。
もちろん、私には謝らないのよね。


と、この話を聞いていて、
「私もそうなんです」と思った人もいると思います。


早い話、一瞬完全に乗っ取られているなよね。


でも、私は、あえてその人には言い返さないけれど。


それをやっている限りはいつかは…
どうにかなるし、
自分に気がつない限り、その現象の回数は増えるし、
相手が変われば…また“返し”もあるから。



今日は…気をつけよう、と決意。
お守りをガッチリ持ち、
意識を変えて、
気をつけて歩く。


そして…
マクドナルドへ行きまして、チケットでセットメニューを頼み、待っていると…

私から2つ後のお客様とレジの会話が微妙。
2人の空気が変わったと思ったら…お客様が大声で
「お前!俺が言ったメニューあるじゃないか!あそこにあるじゃない!ふざけてるのか!」と怒鳴った。

店内の一気が空気に変わり、シーンとなる。

どうやら店員の女の子が雑な対応をしたみたい。
「有る」のに「無い」と。


うう…怖い。
早く出ないと…

そして、商品を頂いてお店を出ました。


2つ目か…

一つ目が起きたとき警戒警報が頭の中で鳴ったので気をつけて正解でした。

(今、28日で、読み返していますが…3つ目の事柄が消えてびっくりしています


あえて今回のことは深堀りしませんが、
良い意味で…
3つ目の事柄で、私が一緒に彼女達と乗っていて良かったと思います。
日本のエレベーターに乗っていて万が一の対応はこうするということを知ってもらえたかと。


それと、この3つ…
9時30分、
11時30分、
14時30分に起きています。




そうですね、
私のブログを読んでいる方には
「あれ?」と思われるでしょうね。

あと一週間ぐらいは“30分”に警戒します

30分だけスピリチュアル

2022-11-25 17:58:00 | ちょっと驚き!
仕事でお出かけ。
腕時計を見て、
部屋の時計を見て…おでかけ。
このときはどちらも同じで正常でした。


地下鉄に乗り、まちあわせ場所へ。

その間もちろん数回腕時計を見ている。

そして途中お手洗いに入り、また腕時計を見て…
ふと地下街の壁にある時計を見ると…
あら
30分、私の腕時計の時間が遅れている

きゃぁ~
何これ!





まちあわせまでぎりぎりじゃない。

びっくり!
慌てる。


落ち着け…

電池切れ?
腕時計の針を治して、
早足で歩き、

そして、なんとか間に合いました。

人間関係で悩んでおられて、
その解除方法を話し合って…

終わって…

帰り道何回も時計を見ましたが遅れていない。


あれ?
確か時計は遅れていたのに…
針を治したのに。


それが昨日のお話。
今も時計は正常に作動中。


昨日30分遅れた時間を考えました。
きっと私に何かの警告と思いまして。

チャネリングをしてみました

30分…何?
時間が狂うって何?

すると…
私が自分の時計の時間と、
壁に会った時計の時間を比べて壁の時計を信じたこと、
つまり、自分の思い込みの深さを確認した作業の一つ…みたいな話。

速攻壁の時計を信じ、すぐ修正出来て褒められたみたいな感覚。


つまり、これからそのような事柄があるみたいです。

気をつけよ〜っと



大阪城公園をお散歩

2022-11-22 11:27:06 | 「ラピス・ハート」
仕事を終えて、お弁当を買って、森ノ宮駅から歩いて大阪城公園のベンチに座りました
 
 
 
天気とても良くて、気持ちが良かったです。
 
青くて澄んでいる空を飛行機が飛んでいるの見て空が高い〜と思いました。
 
色付いた木々を見ながらお散歩をしている人達。
家族ではしゃぎながら笑い声が広がる風景…
 
開放されるっていいわ…と見ていました。
 
 
隣のベンチにはご高齢の女性3人が世間話をしています。
 
 
お弁当が美味しい…
幸せってこんな感じです。
 
 
日向ぼっこぐらいの暖かさでしたのでうとうとしそうでしたが、風邪を引いては行けないのでただ周りの人達を見ていました。
 
 

ここにはスターバックスもあります。

写真を撮りたかったのですが、ほかの人が映り込むぐらいに人が多かったので、ネットでどうぞ。
 
 
とっても素敵なお店です。
 
こちらもとっても素敵
 
 
 
 
とにかくおしゃれ
 
今度は時間をずらしてお店に入りたいと思います。
 
 
全身に太陽をしっかり浴びて消毒を完了したので、次の場所へ移動します
 

職員食堂の謎

2022-11-15 21:03:00 | チャネリング・教室
コロナの影響で職員食堂が止まり、各自でお弁当を持参するようになった会社も多いです。

そしてやっと職員食堂が再開。
でも前のように並んでトレイに運んで…ではなくて、業務用冷蔵庫に入っているおかずを各自で取る…と言うシステムになっている所もあります

(これはある日の私の昼ごはん


ある会社で働いている女性と話しているとこんなお話を彼女から聞きました。

職員食堂で数日に一回、おかずのお皿の数が合わないそうなのです。

厨房では確実に数を合せているのに合わないのは注文していない人が食べているから、はわかっているのですが、それが誰かがわからない。
と言って犯人探しも揉め事になるかもしれないので大掛かりにはやりたくない…


「私は多分男性だと思うのですが…」と話されるので、
「普通はそう考えがちですよね」と会話していました。

注文の記憶違い、
でもやっぱり故意?

食べた人はチェックシートをつけたりしてのですが、やっぱり合わない。

私は
「注文していない人が食べている…でわからないなら、もしかして注文している人が2回食べているかもね」とフッと言ってしまいました
「2回食べてるのですか?」と言わるて、
「ん〜なんとなく」と答えると、
「それは…無理ですよ。お腹パンパンです」
「そうよね〜」と彼女と私は笑っていました。

確かに現実には笑える話。

でもね…
話を聞いていると、女性がおかずもこ版も残している風景が頭に出てくるのよね…


「とりあえず…ご飯を残す人はいますか?」と聞き、
数名入ることがわかったので、静にチェックすることにしたそうです。
それと
「悪気は全く感じないから許してあげてね」と一言添えました。


そして、彼女はたまたま11時〇〇分に職員食堂の側を通ると数名の人がお昼ごはんを食べていました。
その中にいつもご飯を残す人が一人。
この会社の中で長く働き、一番高齢の女性の善子さん(仮名)。
元気でハツラツとしていてみんなの人気者。
今日も元気で頑張っておられるのね、と思っていていました。


そして、彼女は仕事に追われ、お昼ごはんがかなり遅れて食べることになりました。

するとあの善子さんがまたご飯を食べているのを見ました。

びっくりして見ているとその善子さんは
「お腹いっぱいで食べられないからラップに包んで持って帰るわ」と言うのです。


つまり…すでに食べた記憶が無い。


彼女は親戚の人が部分的な記憶が無いという経験があったので…理解できました。

善子さんのことを静かに周りの人に聞いて見ると最近、仕事にも物忘れが出てきている話が…

善子さんを注意するよりも、2回食べることに対処しなければ…となり、厨房と話し合い。

厨房からは
「いつも残す、と聞いていたので…少なめのお膳をいくつか作りましょう。2回食べても一人分ぐらいになるように」と心遣いをしてもらいました。

するとその後からは小さめお膳を2つ食べ、無事に数が合うようになったそうです


記憶が無くなる人に正面から注意するのはあまりオススメできません。
落ち込み、泣いてしまう人や、怒りがこみ上げてややこしくなることもあるのです。

とにかく仕事はきちんとしてくださる善子さん。
今のところは小さなミスと食べることだけの問題です。


長年頑張って働いてくださっているので会社の皆さんからも愛されていますし。
家族さんにはちらっと報告。
家族さんからお詫びと感謝をされたそうです。

素敵な会社ですね


老化のミスを責め過ぎては行けません。
愛のある対応を。

一番素敵な対処方法を考えてあげるのが“見守る”という温かい愛と思います




昨夜の月め今宵の月も

2022-11-09 21:18:00 | 楽しい~
皆既月食、素晴らしかったですね
ベランダからじっくり見ていました。



そして周りを見ると…お買い物帰りのみなさんも同じ月を見ていました。
もちろん、写真も撮っていました。
この一人一人に心臓があって、脈を打って、呼吸をしているのよね…と感じていました。


みんな地球に生きているのですものね

宇宙の中で同じ時を共にしているのですよね。

凄いわ…生きてるってとしみじみしていました。

で、
宇宙の法則計算がてぎるって凄いわ…とか、
凄いですよね。
たくさんの人が宇宙を観察していて、
地球って凄いのですよ、と教えてくださって…

ありがたいですよね

今夜の月も美しいてすよ。
明るくて大きく見えて。


心が…落ち着きます。

月や星を見ていると心の世界が無限に広がって、想像力が湧いてきて、気持ちにゆったりとしたリズムが付いて来ます。


良い月です。
温かい服装をして、是非見てみてくださいね。


宝くじの当て方を変えてみた。

2022-11-08 14:46:00 | 嬉しいわ~
最近、全く当たらない

きっとやり方が時代遅れかも、と思っていたところでした。


“いつものやり方”が楽しくなくなってきている、つまりマンネリ化しているわよね、と感じていたのと、
当たらないのがおかしい
楽しくドキドキしないのがおかしい。

引き寄せの方法が原理ですが、
出来ていないのは力不足を表しているし。

自分、変わらなきゃ。
いつもの同じではいつもの答えしか来ないですものね。


いつもの場所で買うのを辞めました。

そしてタイミングを見ていました。


すると…キタキタ!
宝くじの話。
盛り上がるこの空気。

それから突然現れた宝くじ売り場

それからいつもと違う、新しいおまじない開始。

むにゃむにゃ…
日々むっちゃむっちゃ…

そして今日の休日。
いつもは行かない宝くじ売り場へ行くと…

明るいお姉さん。

調べてもらうと…

「3000円、当たりましたよ〜」


「あらァ〜〜〜」

そしてここで販売員さんにあることをしましたら、むっちゃ笑って喜んでもらいました。

喜びは感謝して、倍にしましょう


同じ方法でまたうまくいくかどうかわからないので、今度は二口買って一つ、一つに分けて引き寄せとおまじないを試してみます。

七五三の幸せをおすそ分け

2022-11-08 12:39:00 | 嬉しいわ~
七五三のご家族さんが神社に来られています。

とにかくカワイイ〜
そしてカッコイイ

姉妹、兄弟で並んでる風景を見るとなんて幸せなのかしらと思います。

家族っていいわ

写真を撮られているのですが、お子さんはすぐ飽きるので大変。

ご機嫌いっぱいにしてあげて、笑顔を引き出し、
「はい、こっち〜」です。



お人形さんのようにカワイイ女の子や凛とした立ち姿の男の子を見ると日本人ってこれよね…と心が…落ち着きます。


神社の中にまるで花がたくさん咲いたように幸せ空気が流れ、たくさん幸せオーラを吸い込んで来ました。

子供達が健やかに育つ幸せな日本であってほしいです。

幸せな空気を頂けてありがとうございました

神社で深呼吸は最高です


翡翠さんへ、コメントをありがとうございます。

2022-11-08 10:35:37 | 嬉しいわ~

翡翠さんへ。

コメントをありがとうございます

お話にありましたように調べてみると、あらぁ~の世界でした。

 

すっかり忘れていました。

思い出しましたよ、これ。

実はふるらん家ではお正月、親戚が集まると百人一首をしていました。

北海道は読み札は紙、取り札は木です。

そして『下の句かるた』というルールなのです。

 

お習字の字で書いてあったので幼い時はまったく読めず、

当然大人の世界でしたので、同じ札の字を何回も親に聞いていました。

 

そうそう、いろいろ思い出しました。

「読み終わりの音についていき、取り札の一番最初の音が入れ替わる時があるので、それを感覚で聞き取りなさい」とおばあちゃんに言われて、必死に取りましたよ。

 

当時は御着物を優雅に着て取りましたね。

スピードではなくて美しく取る、という時代でした。

 

そしていつの間にか・・

お正月のお酒やタバコでぐるぐる巻きになった麻雀や花札のワイワイ、ガヤガヤ感に押されて、百人一首をまったく行わなくなりました。

しかしそのおかげ(なのか)で花札はとても強くなり、大人相手でも勝てるようになりました。

 

今思えば、百人一首の優雅さを子供の時に学んでいたのね、と思うばかりです

 

子供の時のお正月のことを思い出させてくださってありがとうございます

ちなみに百人一首の意味もなにも・・すべて忘れています(大笑)

 

本州に来て百人一首を聞いて、初めて北海道との違いを知りました。

 

一番最初に詠む歌が「難波津・・」の歌です。

小倉百人一首競技かるた 第65期クイーン位挑戦者決定戦 2回戦 2020(解説なし)