仮面の告白『雲の上の虹』

この世の誉・不正・不道徳・破廉恥・権力者を追及し、無害なことも記録しつつ、雲の上の虹をめざす枕流亭の日記(日乘)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サンデーモーニングはやはり報道番組の名に値しない!:朝日慰安婦捏造放置問題に触れず!

2014年08月10日 | 不道徳

  TBSの「サンデーモーニング」が今週は「朝日新聞慰安婦捏造問題の放置」について全く触れないという態度に出た。まぁ予想通りということでこの番組の欺瞞性が一層明確になった。

  毎日新聞と提携しているせいもあろうが、この番組の自虐史観ぶりが確認できる。

  もっともTBSは報道しないことについて批判が起きるのは織り込み済みであろう。私のような伝統保守派が監視するように視ていることで、視聴率も下がらないのかもしれないが。

  市民派左翼ばかりで人類の思想的進化をもとに論を構築できないのが悲しい。

  外国の持っている集団的自衛権の批判はしないのになぁ~日本人の一部に根付いた自虐反国家根性は正されないぁ~

  この出演者たちは自分たち以外は啓蒙の対象のごとくに話すからなあ~

  毎日新聞の岩井氏の「報道の使命」みたいな話は笑えるよ~体制批判は結構だと思うが、捏造記事の放置はいいのかい?

  結局、「サンモニ」は「朝日の慰安婦捏造放置」問題に触れなかったようで?

  ※私は「新報道2001」を見ている間に放送したかは今のところ不明。

コメント

板東英二:卑しい性質(たち)とは思っていたが!こいつも狡猾だな!

2012年12月27日 | 不道徳

  課税対象額7500万円の申告漏れ、つまり脱税。板東氏には昔から小狡いなぁという印象があった。あくまで印象だったが今回の脱税事案でやはりなぁと納得。

 しかも納税のPRもしていたのにだ。(それも自らを売り込んで)

 二重に狡猾である。

 各テレビ局は対応をしっかりしろ!特にTBSの「世界ふしぎ発見」や飲料水の「財宝」はな。

 

 

板東英二氏元役員の制作会社所得隠し…国税指摘

読売新聞 12月27日(木)7時41分配信

 タレントで元中日ドラゴンズ選手の板東英二氏(72)が役員をしていた番組企画制作会社「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市)が、名古屋国税局の税務調査を受け、2011年8月期までの7年間で計約5000万円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。

 これを含め、申告漏れ総額は約7500万円。重加算税を含めた追徴税額は約2800万円で、すでに修正申告をしているという。

 関係者によると、同社は手がけているテレビ番組の企画を大阪府内の番組制作会社に外注した際、架空の発注をするなどして所得を圧縮していたという。また、板東氏個人の費用についても、会社の経費として計上したとされる。

 オフィスメイ社に取材を申し入れたが、回答はなかった。板東氏は長期にわたって国税庁のPR活動に協力し、2007年11月には、名古屋国税局から感謝状を贈られていた。

 信用調査会社などによると、オフィスメイ社は板東氏の個人事務所の役割を果たし、出演するテレビ番組の企画・制作協力などをしている。

コメント

ナインティナイン:お笑い芸人でも病気を笑ってはいけない!

2012年11月16日 | 不道徳

  教養のない者を起用して人権問題を起こしましたの典型。オグラ氏の前例も知らないのか!?

自身も病気で休養していたのに憐憫の情も持ち合わせないのだな~さすがお笑い芸人である。

 
彼らの責任でもあるし、ディレクターの責任でもある。

しかし、ニッポン放送はフジテレビの子会社だよな。フジテレビオグラと同じだな。

 

 

ナイナイ「安倍さんお腹痛くて逃げた」 ラジオで発言、わずか50分で謝罪

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(42)と矢部浩之さん(41)がラジオ番組で「お腹痛いって言って1回逃げた」と自民党の安倍晋三総裁を揶揄する一幕があった。

怒ったリスナーから苦情のメールが来て、番組内で謝罪に追い込まれた。総裁就任時にも安倍総裁の首相辞任を揶揄するコメントが問題になったことがあり、今回それが再燃してしまった形だ。

「しっぽ巻いて逃げた人ですよね、お腹痛い言って」

2012年11月16日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)は、オープニングから政治の話で始まった。野田内閣の解散で各テレビ局の番組編成が大幅に変わり自分たちも巻き込まれた、という話から「日本のトップは変わりすぎ、次は誰なのか」という流れになり、岡村さんが「安倍さんって1回しっぽ巻いて逃げた人ですよね」と発言。矢部さんが「お腹痛い言って」と言うと、岡村さんも「お腹痛い言って。その人がまたワーって言うてはる」と乗っかった。さらに矢部さんが「お腹治ったから」、岡村さんが「治ったからまた今度行くぞみたいなことかもわかりませんけど、もうええわ」と言い、続いて矢部さんが「またお腹痛くなるかもしれんけどね」、岡村さんが「(首相)やったらね。やりはったらいいんでしょうけども」と話した。

そのおよそ50分後、リスナーからのこんなメールを矢部さんが読んだ。

「それぐらいで謝るの…」リスナーはナイナイ擁護

安倍総裁の首相辞任については、総裁就任翌日の12年9月27日放送「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、コメンテーターの田中雅子さんが「お腹痛くなって辞めちゃったということで…」と話し、司会の小倉智昭さんも「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟んだ。しかし安倍総裁が患っていたのは厚労省指定の難病「潰瘍性大腸炎」で、腹痛に苦しんでいたのはこのためだ。

難病を揶揄するような発言に批判が相次ぎ、10月1日放送回で小倉さんがお詫び、頭を下げるという結果になった。

また、ツイッターでは9月26日、来代正文徳島県議が安倍総裁について「何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」と投稿して物議を醸した。来代県議はツイッターアカウント閉鎖に追い込まれてしまった。

このように、安倍総裁の病気を揶揄することは最早タブーのようになっている。今回のナインティナインの発言についても、インターネット上で「自分も病気で仕事してなかったくせに安倍さん馬鹿にしとる」「これは潰瘍性大腸炎罹患者だけでなく、難病指定の病気に罹患している人を皆揶揄してるようなもんだしね」「無知なヤツが政治を語るな」などと批判されている。

ただ、リスナーは「それぐらいで謝らなきゃいけないんだ…」「深夜ラジオにまでクレーム入れてくるやついんのな」「芸人なんだから多少の毒はあって然るべきだとは思いますが」などと書き込んでおり、ナインティナインを擁護する人が多い。

「番組冒頭で安倍さんってお腹痛くて辞めた人でしょ、という発言に対して、病気で辞めて完治して再度党首になった方に、またお腹痛くなって辞めるかも知れないという発言はいかがなものでしょう」

これを聞いて岡村さんは「…すいませんでした。申し訳ございません。すいませんでした」と平謝り。矢部さんも「ジョークのつもりやった」とフォローした上で、「失礼しました」と謝罪した。

 

コメント

島田紳助:テレビ復帰工作を嗤え!見たくないぞ!

2012年05月14日 | 不道徳

  週刊ポストが伝えた島田シンスケのテレビ復帰工作の全貌。

 これが正しければ、島田という男は嘘しかつけない輩ということだ。

 それを裏でサポートするフジTVと吉本興業、ふざけるな!

 とはいえ、しょせん倫理観のないことが存在証明のような芸能人。

 それは元がついても同じなんだな!

 はっきり言っておく、島田の顔は見たくない!

 

島田紳助 復帰に向けドキュメンタリー仕立ての撮影が進行中

NEWS ポストセブン 5月14日(月)7時5分配信

 昨年8月に芸能界からの引退を発表した島田紳助(56)だが、紳助に関し、ある仰天情報が飛び込んできた。核心を知る人物はこう断言した。

「紳助は今秋の特番で復帰する。すでに番組の撮影は始まっている」

 紳助復帰の舞台となるのは、“ファミリー”たちが待つ『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や『ヘキサゴン』(フジテレビ系)などではなかった。昨年8月の引退宣言からの1年を追った、ドキュメンタリー仕立ての特番の撮影が進められているのだ。

 制作を手がけるのは、これまで吉本興業関係のバラエティ番組を数多く手がけてきた制作会社。これをフジテレビが放送する予定だという。

 そしてこの番組で世間の反応を見て、大丈夫そうであれば本格復帰するシナリオが描かれており、他にも撮影予定の番組が控えているようだ。

 先の人物が続ける。

「いま、紳助さんには4人のカメラマンがローテーションを組んで張りついています。現場では情報漏れを防ぐために、徹底した箝口令が敷かれていて、台本や資料は撮影が終わるとすべてその場で回収するほど。吉本興業やフジテレビの中でも知っている人はごくわずかです」

 番組では、復帰劇を盛り上げるために、吉本のライバル、松竹芸能の所属ではあるが、オセロ・中島知子(40)への出演交渉まで進められているという。

「まだ交渉中のようですが、『お互いマスコミには叩かれたね』というようなことを話してもらいたいみたいです」(前出の人物)

 そして、この番組には、さらに慎重かつ巧妙な仕掛けがあるとか。

「フジが主導してやったとなると、局に対する風当たりが強くなることも考えられる。

 そのため、この番組はあくまでも吉本が制作し、売り込まれたフジが買った、という体裁にするようです。フジは何かあれば、キャンセルにする。そういうリスクヘッジがなされているんです」(前出の人物)

 復帰特番について、フジテレビは、「ご指摘のような事実はございません」(広報部)と回答。吉本興業は、「全く聞いていません。どんな番組なんですか?」といいつつ、「広報が知らないだけかもしれませんが」とつけ加えた。

コメント

逆瀬川敦智:一時間でアルコールが抜けると思った教頭!ただの愚か者!

2012年04月21日 | 不道徳

  まあ、こんなのが管理職なんだから一般教員が締まらないもの無理はない。

 しかも「ビール小ジョッキ2杯と焼酎ロック3杯」のアルコールが、1時間歩いて抜けるものかどうかの判断ができない程度なんだから、まぁ愚か者だよな。いずれ飲酒運転で捕まる運命だろう、飲酒で事故るよりましだけど。

 酒気帯びでも懲戒免職だろうな!福岡でも!?

   この教頭も、その教育実践的には体育系教師だったのだろう。ネットには次のような実践論文が載せられていた。「 運動の日常化につなげる体育科学習の在り方 ~「あそび」の感覚を伝える固定施設あそびを通して~

 

    校門横の「飲酒運転撲滅宣言」がむなしい!

 

教頭が酒気帯び運転「迷い…」翌日報告

 福岡市教育委員会は21日、市立室見小学校の逆瀬川敦智教頭(50)が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で県警に摘発されたと発表した。市教委は懲戒処分を検討する。

 市教委によると、教頭は19日夜、同僚2人と市内の飲食店でビール小ジョッキ2杯と焼酎ロック3杯を飲んだ後、店の近くに止めてあった車を運転。20日午前1時55分ごろ、同市中央区笹丘1丁目の路上で警察官に停止を求められ、基準を上回るアルコールが検出されたとして摘発された。

 教頭は21日午前、校長に報告。教頭は「1時間程度歩いたのでアルコールが抜けたと思った。(21日に報告したのは)迷いがあり恐ろしかった」と話しているという。

 酒井龍彦教育長は記者会見し「市を挙げて飲酒運転撲滅に取り組むさなかに大変遺憾に思う。心からおわびを申し上げたい」と謝罪した。(共同)

 [2012年4月21日21時29分]

コメント (3)

セリーグ、パリーグ、そして高校野球の文化的価値

2011年03月19日 | 不道徳

  セリーグが国民を元気づけるとかを名目にナイターも含め25日開幕するという、パリーグは4月半ばまで開幕を延期するという。また春の選抜高校野球は開催するという。(この日のうちに29日開幕になったようだが)

  確かにいまや人気実力ともに日本のプロ野球はパリーグにその大部分を負って貰っている。かつてのセ・パの落差を知っている世代にはそれこそ雲泥の差だ。

  そうなった内因・外因、遠因(大リーグ流出過剰も)は、あのナベブタ(失礼、ナベツネ)が、実質支配する虚仁の球団経営にある。しかしながら虚仁に追い付け追い越せで奮闘したパリーグの最終的勝利だ。

  

  高校野球は球児の一つの目標でもあるし、デーゲームで短期間なので開催に異議はない。被災各県の士気もあがるだろう。しかし商業野球であるセパ両リーグに通常のような開催が必要なわけがない。あの日本相撲協会の大相撲も別の理由ではあるが開催には例外があるのだ。同様に商売のプロ野球にだけ特別の大義があるわけがない。

  耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んでいる被災地の人々にどのようなメッセージを伝えることができるといえようか! ?

  また停電にならぬように節電に努める都市部の人々にナイトゲームが支持さえれるわけがない。そのために電車も止まるのなら多くのは球場に足を運ばないだろう。

  セントラルリーグは日本相撲協会並にだめな思考をするのだな!?

  29日に延期しでも実情は同じだ。選手会の思考のまともさだけが救いだ!

 

 

セは3・29開幕に延期 延長戦はなし デイリースポーツ 3月19日(土)21時6分配信

 文部科学省からナイター開催を自粛するよう要請を受けたプロ野球のセ・リーグは19日、東京都内で臨時理事会を開き、3月29日に開幕を延期することを決めた。25日に公式戦開幕を予定していたが、1カード遅れて開幕することになった。
 開幕後4月3日までは東京電力、東北電力管内でナイターを取りやめる。4月5日からの同管内のナイターは照明を減灯して行うことも決めた。また、節電策の一環として、今季のレギュラーシーズンは延長戦を行わず9回で打ち切りとする。同管内の夏場の試合は可能な限りデーゲームとすることも検討する。

 

新井選手会長 29日開幕「予想してなかった」
<script src="http://platform.twitter.com/widgets.js" type="text/javascript"></script>

  セ・リーグが開幕を29日に延期したことを受けて、日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)は19日、遠征先の札幌で「さきほど事務局から聞きました。今の段階で私見を申し上げることはできません」とコメント。「(29日開幕は)予想していなかった。最初からセ・リーグとパ・リーグの同時開幕と言ってたので。12球団の選手でどういう風な反応になるのか。これから対応を協議していきます」とした。

セ・リーグ配布「ファンの皆様へ」全文
<script src="http://platform.twitter.com/widgets.js" type="text/javascript"></script>

 セ・リーグは19日の臨時理事会後、「ファンの皆様へ」と題した文書を報道各社に配布した。内容は以下の通り。

  ◇   ◇

  ファンの皆様へ

 3月11日に発生した東北・関東大震災に関し、セントラル・リーグ6球団は、観客、選手の安全確保を最優先しながら、開幕に向けて準備を進めて参りました。今季はすべて復興を後押しする支援試合とすることを既に決めていますが、この度、文部科学省の節電協力要請を受け、今季の試合開催を次のように変更し、協力していくことで一致いたしました。選手の真剣なプレーをお見せしながら復興を全力で支援したいという気持ちには変わりはありません。例年とは大きく異なるプロ野球になることでしょう。しかし、節電に配慮した試合開催にどうか、ご理解をいただきますようお願いいたします。

 1、セントラル・リーグの開幕は延期して、3月29日開催といたします。

 2、開幕後4月3日までは、東京・東北電力管内のナイトゲームを取りやめ、デーゲームといたします。

 3、4月5日から東京・東北電力管内のナイトゲームは「減灯ナイター」とし、大規模節電策を講じます。その他の球場においても節電対策を推進いたします。

 4、節電策の一つとして、今季のレギュラーシーズンについて延長戦は行わず、9回で打ち切りといたします。

 5、東京・東北電力管内では、夏場の試合開催にあたって、可能な限り、デーゲームとすることを検討いたします。

 6、被災地対策、観客の皆様、選手、球場の安全確保や節電問題等に対処するため、震災対策会議を設置し、選手たちと連携してこの難局を乗り越えて参ります。

2011年3月19日

セントラル野球連盟

コメント

青木愛:選挙事務所の不正経理問題! 小沢グループは狙い撃ちか?!

2011年01月03日 | 不道徳

  政治家というものは不正をしているものだというのは残念ながら国民の常識になってしまっている。そんな中、青木愛衆議院議員の選挙事務所の不正経理問題がスクープされた。ネタ元は民主党関係者なのだろうが、この時期に表に出ることの方がもっと興味深い。

 昨年からの小沢元秘書とのスキャンダルから、今度は公選法に抵触するかもしれない立派な犯罪行為。

 青木氏の人間と倫理観(これは犯罪ではない)から、本当の犯罪への移行!となるのか。

 青木氏の女としての部分から、政治家として資質への追及が始まる。

 しかし、小沢系議員は身辺を綺麗にしておいたほうがいい! 

 
 小沢系議員は狙われている?
情報を漏らしたのは者は誰だ?
反・・・・・系に調略された者か?

 

 

青木愛議員 事務所が都議らに現金 公選法抵触か

  民主党の青木愛衆院議員(東京12区)の事務所が主に09年夏の衆院選直前、選挙区内の都議や区議ら9個人・団体に147万円余を提供していたことが毎日新聞の入手した領収書のコピーなどで分かった。支出名目は「労務費」で、青木氏の事務所は個別の支出を政治資金収支報告書に記載せず、一括計上できる人件費として処理したとみられ、「正当な労働の対価として適切に処理した」と説明する。だが、一部の区議は「労働の対価」を否定し、青木氏の選対関係者も「金を渡すことで議員の支援を受けることが目的で、名目はどうでもよかった」と証言した。

  公職選挙法では選挙区内の有権者に現金を渡す「寄付行為」を禁じている上、票のとりまとめなどを依頼した場合は「買収行為」に当たる。専門家は「労務費名目でも実態がなければ公選法違反の疑いが強い」と指摘しており、青木氏側の説明が求められそうだ。

  毎日新聞が入手したのは青木氏の資金管理団体「桜下塾研究会」宛ての領収書計12通。選挙区内の北区選出の都議の後援会事務所と別の都議の親族、北区議5人と候補1人、足立区議1人の計9個人・団体が計147万5500円を受領したと記されていた。12枚のうち9枚の日付は09年7月30日から公示前日の8月17日。2枚は8月とだけ書かれ、1枚は日付がなかった。

  桜下塾の09年の政治資金収支報告書には9人の側への支出が分かる記載はなく、選挙運動費用報告書にも記載はなかった。青木氏が代表の「民主党東京都第12区総支部」には6月17日~7月22日に9人のうち6人への寄付などの記載があるが、金額や時期が違う。

 9人のうち金額が最多の原田大都議は「新聞には答えない」と取材を拒否し、残る8人は領収書にサインしたことを認めた。原田都議は後援会の収支報告書に一部を収入として計上したが、支出者は未記載だった。ほかはいずれも資金管理団体や関係政治団体に記載はなかった。

 また、9人中4人は「ポスター張りや事務所の手伝いの謝礼や経費」と説明したが、鈴木隆司北区議は「労働の対価ではない。(受領の)理由は覚えていない」とし、花見隆同区議は「労務費とは理解してなく、選挙時に一律に配られる資金だと思っていた」と語った。

 青木氏の選挙に関わった選対幹部は「(名目は)ポスターやチラシを配った謝礼だが、地元議員たちが実際にやったかどうかは分からない。彼らを(選挙運動の手足として)押さえるのが目的で、名目や実態はどうでもよかった」と証言した。

 青木氏の事務所は「労務費支払いに関しては桜下塾の09年分の収支報告で適切に処理している。正当な労働の対価としての支払い」と文書で回答した。具体的な労務内容について説明はなかった。【杉本修作、町田徳丈、松谷譲二】

 ◆青木氏側からの資金提供◆

  氏  名        金額    領収書日付

原田大・都議(政治団体) 18万円   8月1日

   〃       27万3000円 8月17日

日景省吾・北区議候補 22万1000円 8月17日

   〃         12万円   8月以下空欄

鈴木隆司・北区議     18万円   8月14日

小椋修平・足立区議     6万円   7月30日

   〃       4万5500円  8月17日

大畑修・北区議      9万円    8月14日

林千春・北区議      9万円    8月14日

福田伸樹・北区議     9万円    8月17日

花見隆・北区議      9万円     空欄

和田宗春・都議長の妻 3万6000円  8月以下空欄

 

 
コメント

蓮舫議員:有罪判決者の政治パーティに出席、その倫理感の欠如!

2010年10月07日 | 不道徳
  正直この方が東京都民に絶大な支持を受けていることが理解できない。民主党議員だからということではなく、その言動のあまりの過激さや深みのない発言の数々を聞いていて、なぜ?という疑問はぬぐえない。
  
  国会を私用するモデル業のときにこの方の倫理観の欠如、または文化の違いを思い知らされたが、今回の有罪判決者の政治パーティへの出席と応援演説には、同様に倫理観の欠如を観た。

 

ヘビ女の情念は理念をこえてます!
蓮舫氏はおのれの感性的心情を硬い言葉やスタンドプレーで隠しているだけなのでは?
要は身内か否か、仲間否か!
昔の自民党と同じです。

民主党は「古い自民党」です!


蓮舫タイミング悪いパーティー出席に民主困惑

 蓮舫行政刷新担当相(42)ら民主党議員が5日夜、東京都議在職中に東京地検特捜部に出資法違反で逮捕・起訴され、有罪判決を受けた税理士の山崎泰氏(49)の政治資金パーティーに出席し、エールを送った。山崎氏は11月14日投開票(同月7日告示)の新宿区長選への立候補を検討しており、事実上の決起集会。関係者は「民主党は小沢一郎元幹事長(68)の『政治とカネ』問題が爆発した最中。タイミングが悪い」と頭を抱えている。

 東京都新宿区のホテル「グランドヒル市ケ谷」で開かれたこの日のパーティーには、蓮舫氏のほか、原口一博前総務相(51)らが出席。国会議員のパーティー並みの豪華メンバーだ。

 山崎氏は新宿の「事業仕分け」を掲げて区長選に出馬する方針。

 ゲストとして参加した蓮舫氏は、「新宿で生まれ育って親御さんも仕事をしている。税理士としてもプロだ。全力で応援したい」と持ち上げた。


これだけなら盛大な決起集会なのだが、政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう苦言を呈す。

 「山崎氏は都議時代に中小企業への融資口利きで東京地検特捜部に逮捕・起訴され、罪を認めて有罪判決を受けている。小沢氏の強制起訴が明らかになった翌日の夜に、小沢氏の『推定無罪』を強く言っている原口氏はともかく、クリーンが売り物の内閣の一員が、『政治とカネ』問題でミソをつけた人間の応援に入り浮かれた姿を見せるようでは、やはり好き嫌いで政治をやっているようにしか見えない。身内に甘い民主党らしいといえば民主党らしいが

 山崎氏は1961年、東京都新宿生まれ。開成高、早稲田大学大学院を経て松下政経塾に入った。同期には山井和則前厚労政務官(48)らがおり、前原誠司外相(48)、玄葉光一郎国家戦略担当相(46)の1期先輩にあたる。93年、日本新党で都議に初当選した。

 東京地裁の判決によると、都議だった山崎氏は金融ブローカーや秘書と共謀し、98年9月から99年5月まで9回にわたり、中小企業に融資保証をするよう東京信用保証協会に口利き。その仲介手数料として出資法で定められた上限(5%)を超える融資額の15-25%を受け取った。仲介手数料の総額は約5000万円で、山崎氏はこのうち426万円を受領。結果、懲役2年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 パーティーではこの件に触れる人はおらず、小沢氏の強制起訴について「国会に与える影響は少なからずあると思う。特に政治とカネの問題ですから」と述べていた蓮舫氏も同様だった。

 新宿区は人口約34万人、一般会計だけで約1383億円(今年度)もある。国内有数の繁華街である新宿歌舞伎町も抱えているが、区内には前原、玄葉、蓮舫氏らと並んで映る山崎氏のポスターが貼られている。

 パーティーに出席した民主党の手塚仁雄衆院議員(44)は「民主主義では再起できないわけじゃないから」と言葉少な。松下政経塾の先輩で民主党の打越あかし衆院議員(52)は「罪をつぐない反省し、10年間苦労してきた。小沢氏はこれから裁判で無罪を主張されるし、まったく違う問題だ」と話した。

コメント (1)

崔洋一:案の定、NHK「日韓若者徹底討論」のおかしさ:崔は民主主義の敵、言論封殺

2010年08月15日 | 不道徳

14日に放送されたNHKの「日本の、これから、日韓の若者が徹底討論 日韓併合から百年の今はたして歴史認識の溝は埋められるのか」を録画で確認しながら観た。いつもの疑問なのだがこの人選はどのように行われているのだろうか?ということ。そう思った段階でこの手の「討論」に意味があるのかと思ってしまう。岡本行夫氏や崔洋一氏が適切なのか?韓国学研究者の小倉紀蔵氏は公正で唯一まともといえる方だった。
 
  第1部は現代日韓異文化理解のようなもので笑ってみていていられるものだった、韓国の整形文化、我が国の気を遣う文化、割勘など。割勘は最近の文化だ。男女平等主義教育の結果、同じ程度の経済力なら割勘というのが正解だろう。

、第2部のいわゆる歴史問題、これはいくらやっても解決しない。感情の問題だ。だから国家間での条約で政治的に解決してきたのだ。韓国の愛国主義教育で、一方的な歴史認識を教え込まれた韓国人と感情レベルで和解できるはずがない。和解はできないけどうまくつきあう方法を考えるのが外交であり、大人の付き合いだろう。

 今回のこの討論で一番気になったのは崔洋一という感情むき出しで討論に向かない人を出したことだろう。

 我が国のある男性(古屋さん:デザイナー)が日韓併合について「当時は植民地の、列強の帝国主義の時代でやむを得ず(併合を)やったんですよ。しょうがない。」とのべた。(かなり雑な論理構成ではある)

 この「しょうがない発言」に対し、労組役員をしている日本人男性(中嶌くん)が「それは原爆を落とされてもしょうがない」ということになる、と反論していた。この反論は古屋さんの発言の論理構成がまずいからでてくるものだ。

  古屋さんは「当時の国際法上、問題がなく列強に認められた」というべきだったのだ。原爆は言うまでもなくアメリカの戦争犯罪(戦闘員でない者を無差別に殺害)であり、しょうがないことではない。労組役員君も勉強が足らない。

  古屋さんは「当時の人は植民地をつくることに誰も悪いと思っていない」と当時の列強の論理を述べた。

  さて、この古屋さんの発言に、崔氏は以下のように意見を述べた。(正確を期すためにそっくり再録する)これは彼の顔の表情(恫喝するような眼)から観て、客観的に言論封殺だ!

崔氏 「あのね、それに関しては確かに1910年の日韓、韓日併合に関して言えばね、そういうイデオロギーが日本を支配してたと、それが武断統治という形で長い植民地時代をつくってきたのは事実です。
 だけれども、それは 朝鮮半島の人々が、時のだらしない政権ではあったが、時のだらしない王朝は求めていたかというと、違う。 
 そこからまず、まず問題を説き起こさないとね、あたかも、え~強い友情が弱いものを助けて、もっと強いものに対して、対っ、え~抵抗するためにこれは併合があったんだというね、まったくとんでもない史観につながるよ。」

古屋さん「あ~いや、そんなこと思ってません」 

崔氏(声をやや荒げて)「え~、だから、あなたはたぶん変わらないんだよ!そういう史観は変わるとしたらば、 客観的な事実を積み重ねていくしかないのさ。ねっ! それは当たり前の話じゃない。だから、そのときの、つまり併合時の1910年の日本のイデオロギーというものはそういう方向に流れている。 国そのものもそうなっている。 だけど36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方は基本的に歴史を語る資格がない!」



            言論封殺のときの崔氏

      
  ここまで起こしてみて、崔氏がいかに非整合的な話し合いをしているかがわかる。実に感情的な人だ。古屋さんは「そんなこと思ってません」といっているにもかかわらず、「だから、あなたはたぶん変わらないんだよ!」と断言している。これはありえない展開だ。
  まったく相手の話を聞こうとしない崔氏の性格がむき出しになっている。己の思想性のみを押しつけようとする、その傲慢さがたまらない。

 古屋氏の論は決して間違っていない。客観的事実としてそこに強制性があったにしても、当時の朝鮮王朝は併合を受け入れたのだ。


 このあとしばらくスタジオ参加者が発言した。主に韓国人や在日の方。
 

 さて、上記の崔氏の意見に対して小倉氏が以下のように述べた。


小倉氏 「まず、私、話に入る前にね、崔監督が、チェ監督がおっしゃった、あなたは歴史を語る資格はないといったのは間違いだと思いますよ。それは、歴史っていうのは、どんな考え方もありうるんです。その、どんな考え方をもっていてもいいんです。ただ、それが間違った事実にもとづいて、その、自分の歴史観を構築したら、それは正していかなくちゃいけないけれど、その、歴史を語る資格がないという言い方は、それは間違っている。」

 この発言をすぐ横で聞いていた崔氏は、血相を変えて、すかさず以下のような、よくわからない反論をした。

崔氏「あのね、じゃぁね、小倉さんに問うというか、言うけれどね、今の、もう、これは問題は簡単な訳でね、客観的に日韓の歴史をやっているときに、それは、あの、やっぱり、それは客観的事実をもとにして言わないかぎり、自らの主張が客観的事実だっていぅ前提にする時、それは、それを否定することは大いにあることであってね、あの~それこそが言論でもみ合う、表現でもみ合うっていう前提をくじかせるために僕は言ってるんじゃなくて、やっぱり彼がいった、非常に客観性をある種失って、僕はちゃんときちんと、僕は説明しているつもりですけれどね、客観的にこの(こと?)語るのは、少なくてもちゃんとものを知ってたり、日韓関係で直接に仕事にかかわっている方たちの、大人としての責任でしょう。」

小倉氏「いや~僕は、大人としての責任というのはね、彼がある程度の、まぁ限られた知識ですよ、でも大学の間に歴史を勉強したと、限られた知識の中で堂堂と意見を言ったんだから、君の意見もあるけれど、それは間違っているかもしれないよって、いうのが大人の・・・・・・(崔氏が口を挟み不明)」

  小倉氏の最後の方の発言を封じるように、口をはさむ崔氏。これが崔氏の言論封殺の言動だ!彼は己のこの癖が自覚できていない。なにが「くじかせない」だ!!!!

崔氏「あのう~いや~それは違うな~大人というのは、そうではなくて、客観的な歴史的事実を歪めることは間違いだと否定するのが大人でしょう。」

  
 ※小倉氏に冷静な歴史認識の討論の在り方を諭され、興奮気味に話す崔氏


小倉氏「うむ、なぜそういう話をしたかというとですね、歴史の問題というのは、ある権力者がね、あなたの考えは完全に間違いですと言詮封鎖しちゃあいけないんですよ。その、どんな考えもある・・・・・・」また崔氏が言論封鎖で口を挟む。

崔氏さらに声高に「いや~僕はだけれども、権力者でもないし、封殺はしていない!間違いを間違いだと言っているだけ!」

  危ないと思ったのかアナンサーが割って入る。

このあと岡本行夫がまた認識の浅い、何がいいたいのか、わからないような話をしていた。


  朝鮮人の方と話すと、かように高圧的に言論を封殺されるという典型である。

  理性の学者と感性の映画監督では、話し合いなどできるものではないなぁ、その昔「朝まで生テレビ」で大島渚監督が同じように激昂して話し合いにならなかったことを思い出したよ。



   「過去は問うまい、しかし忘れまい」の精神しかないよ!



私は固定する気がなかったので、VHSテープに録画してある。DVDに変換するのは面倒だ。しかし、面白い録画ができた。

         

追記:この問題発言は崔氏がまともに討論できない人物であることをさらした。ネットではちょっとした議論が巻き起こっている。

追記:崔は16日のNTVの「ミヤネ屋」にコメンテータとして出ていたが、そのコメントの中身のないことないこと!
    軽い番組が一層軽く見えた。

   本記事とは関係ないけど、同じ番組に昨日出ていたうつみ宮土理の頓珍漢なコメントもなんだ~という感じだったな! 



芸術家を気取っているのに言論の自由をみとめられないのか!
しかも、崔君、君の歴史の事実認識は間違っているよ!


コメント

現代の神隠し:高齢者の所在不明!

2010年08月06日 | 不道徳
  石原都知事が嘆くまでもなく、日本人の心象風景のなんと殺伐としていることよ!
  ごくごく1部のことと思いたいが、年金等の金銭が絡むゆえに、わびしさと悲しさと怒りもわき出てくる。
  
  「30年前に会ったきり」とか「20年間会ってないとか」理解不能の言だ!

  行政は金が絡む事例に関しては徹底して調査しろ!中には平気で使い込んでいた輩もいるのだから。

  これでは年金なぞ払うのがますます馬鹿らしくなる。「自分年金」をやったほうがましだということになるだろう。

  戦後民主主義という「似非」民主主義がこの心の荒廃をうんだもとだ。それを進めた日教組は責任の一端を感じろ!



戦後に得た物質的豊かさと
失った心の豊かさ、というより地域共同体という豊かな幻想。



高齢者所在不明問題 全国で所在不明となっている100歳以上の男女76人に FNN調べ


 全国各地で100歳以上の高齢者の所在不明が次々に明らかになっている問題で、新たに東京・足立区で103歳の男性が、さらに山口市でも100歳の男性が所在不明になっていることがわかった。
 FNNの調べでは、これまでに全国で所在不明となっている100歳以上の高齢者は、76人にのぼっている。

所在把握の調査方法検討=高齢者不明、関係閣僚が初会合

 政府は6日夕、全国で高齢者の所在不明が相次いでいる問題に関し、国会内で関係閣僚による初会合を開いた。所在把握のための調査方法に関しては、個人のプライバシー保護も踏まえ慎重に検討する必要があるとの認識で一致した。今月下旬にも次回会合を開き、今後の進め方を協議する。
 席上、仙谷由人官房長官が総務、法務、厚生労働、警察の4省庁に協力を要請。千葉景子法相と中井洽国家公安委員長は、遺体で見つかった男性の家族が年金を不正受給した疑いのある事件を踏まえ、問題事例の対策を検討すべきだとの認識を示した

コメント