仮面の告白『雲の上の虹』

この世の誉・不正・不道徳・破廉恥・権力者を追及し、無害なことも記録しつつ、雲の上の虹をめざす枕流亭の日記(日乘)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原子和夫:青森のセクハラ猥褻校長 氏名報道される!

2013年03月17日 | 怒髪衝天

  昨日のわいせつ莫迦コウチョウの氏名が、地元のメディアによって報道された。地域のメディアの存在意義を示した!

 

 

小学校長、セクハラで懲戒免職   東奥日報

 県教委は15日、平川市の小学校の男性校長(56)が2011年3月ごろから2年近くにわたって校内で女性職員にセクハラ行為を繰り返したとして、同日付で懲戒免職処分にした。県教委は氏名などを公表していないが、本紙取材によると、免職処分を受けたのは竹館小学校の原子和夫校長。県教委は県庁内で会見を開き、中村充次長らが陳謝した。

 県教委によると、原子校長は11年3月ごろから13年1月までの間、勤務時間などに校長室や印刷室などで女性職員にキスをしたり、胸や尻を触るなどの行為をしていた。セクハラ行為は、多い時は月4回程度に及ぶこともあったという。

 今年2月6日に女性職員が同校の教頭に相談したことで発覚した。教頭は7日に平川市教委に報告し、19日に報告を受けた県教委が原子校長に事情を聴いたところ、事実関係を認めたという。原子校長は2月下旬から自宅謹慎しており、教頭が校長代行を務めている。

 県教委の聴取に対して、原子校長は「自分の行為は児童や保護者への重大な裏切りであり深く謝罪したい。女性職員を傷つけてしまい、大変迷惑を掛けた。心からおわびしたい」と語ったという。一方、女性職員は「毎回拒んでいた。ずっと悩んでいたが、誰にも相談できなかった」と話しているという。

 県教委の奈良和仁教職員課長は、懲戒免職処分とした理由について(1)セクハラ行為が長期間にわたった(2)勤務時間中に学校内で行われた(3)校長による行為-などを挙げた。また、奈良課長は「特定の個人が識別されるものを除くという教職員の懲戒処分の公表基準」により、本人の氏名や学校名は公表しない-とした。

 中村次長は会見で「教職員全体に対する社会の信用を著しく損ね、教育への不信を招くもので極めて遺憾。県民に深くおわびする」と陳謝。橋本都県教育長は文書で県民へのおわびと再発防止に関するコメントを出したが、本紙の直接取材には応じなかった。

 一方、平川市教委も15日、佐藤満廣教育長らが同市役所尾上分庁舎で会見した。佐藤教育長は「誠に残念で、平川市の教育界にとって大きな汚点を残す不祥事。教育現場を預かる教育長として大きな責任を感じている」と謝罪した。

 市教委によると、女性職員は現時点でセクハラ行為の被害届を警察署に出していない。

 県教委などによると、懲戒処分の公表基準を定めた02年以降、セクハラに関する処分は2件あった。07年3月には、中学校の男性教諭が飲食店での学校行事の反省会で女性職員の手を引っ張り「一緒にトイレに行こう」と誘ったなどとして戒告処分。09年3月には高校の男性教諭が女子生徒の尻や腰を触るなどして停職6カ月の処分を受けた。

コメント

青森・平川市立小の大馬鹿校長!セクハラで懲戒免職,それで済むか!

2013年03月17日 | 哀悼

  しかしだ,これだけ注意喚起されているにもかかわらず,校内でセクハラをするのは完全にとちくるっている。

 この学校の職員・児童・保護者・地域は本当に可哀そうだ。この大馬鹿が壊したものは計り知れず大きい。懲戒免職で済むのか?

 氏名の発表はないのか!?校内の痴漢行為名ならそこまで守られるのか!?おかしいだろう!

青森県教育委員会・平川市教育委員会は恥を知れ!

 

 

  平川市には10校の小学校がある。

  金田・猿賀・柏木・大坊・小和森・松崎・竹館・葛川・平賀東・碇ヶ関

 

                                 謝罪会見の県教育庁次長の方

 

 

<セクハラ>校内で職員に繰り返し、小学校長を懲戒免--青森・平川

毎日新聞 3月16日(土)16時57分配信

 女性職員の体を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、県教育委員会は15日、青森県平川市立小学校の男性校長(56)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 県教委によると、校長は11年3月から今年1月にかけ、二人きりになった校長室や教室で、職員にキスしたり胸を触ったりするなどした。セクハラ行為は毎月1~4回あったという。

 2月6日に職員が教頭に報告し発覚した。校長はセクハラ行為を認め「女性を傷付けた。深くおわびしたい」と話しているという。職員は警察には相談していない。

 県教委は15日、再発防止のため、県内の市町村教委と県立学校に服務規律の徹底を求める通知を出した。【高橋真志】

コメント

若い教師に責任を押し付けることになった千葉の白山中の校長・丸智彦

2013年03月14日 | 哀悼

 学校で起きた事件の最終責任は校長にある。20代の教師一人に責任を押し付けないで、謝罪会見を自分でやれないのか?〇校長様? このままでは〇どころか×だわな!

 若い教師に仕事を押し付ける無責任体制をつくった校長は保身に走らず責任をちゃんととれ!

 

受験生内申書にミス 115人分、高校入試影響か 千葉県我孫子市立白山中

 

 千葉県我孫子市教育委員会は13日、市立白山中学校(丸智彦校長、生徒711人)で、今年高校を受験した3年生257人のうち115人分の内申書に、教科の評定が2~4点実際より増減する記入ミスがあったと発表した。高校入試の結果に影響した可能性がある。県教委指導課は前代未聞の事態との認識を示した上で、「市教委から送られたデータを詳しく分析して、必要があれば、関係する高校に合否判定をやり直させる」とコメントした。

 ミスがあったのは1年生の時の成績で、数学の評価が理科に、保健体育の評価が技術家庭の欄にそれぞれ二重記載されていた。実際より低い評価を1件でも記載されていたのは97人。このうち25人が公立高校の前期試験や私立高校の試験で不合格になった。最終的には、16人が第1志望の高校に不合格になっていた。

 20代の男性教諭が昨年、内申書の基となる指導要録に記入された1年の成績データを並べ替える作業を1人で行った際、評価を記入する科目の場所を間違えたのが原因という。数学と保健体育には正しい評価が記入されていた。その後、2年の要録のみを点検し、1年の分は点検していなかった。中村準我孫子市教育長は「最終的に確認を怠った組織的なミス」と謝罪した。

コメント

安倍総理の「東京裁判」批正!  歴史の解釈は自由である!

2013年03月13日 | 日記

  毎日新聞らしい、マッチポンプ記事である。歴史を解釈するに、何人も自由である。

  毎日の相変わらずの反日どころか、言論の自由さえ許さないような記事に辟易する。

 

<安倍首相>「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性  毎日新聞 3月12日(火)21時23分配信

衆院予算委で質問を聞く安倍晋三首相=国会内で2013年3月12日午後1時4分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、第二次世界大戦の戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)について「大戦の総括は日本人自身の手でなく、いわば連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と述べた。首相は第1次内閣で東京裁判を「受諾しており異議を述べる立場にない」と国会答弁しており、この方針は維持するとみられる。しかし東京裁判に懐疑的な見方を示したことには中韓両国などのほか、戦勝国の米国から批判が出る可能性もある。

また首相は、幣原内閣が敗戦原因を調査するため設置した「戦争調査会」が短期間で廃止されたことに言及。連合国軍総司令部(GHQ)の諮問機関・対日理事会が「やめさせようとした」と述べた上で、「連合国にある種都合の悪い考え方も議論されるのではないかということで、議論を封殺したのではないか」と指摘した。

 ただ一方で「歴史に対する評価は専門家に委ねるべきだ。政府が研究を行い意見を述べることは外交問題に発展する可能性もある」と強調。政府による大戦の総括は行わない考えも示した。

 歴史認識を巡って首相は今回の就任前、従軍慰安婦問題をめぐる93年の「河野談話」見直しを示唆。就任後は外交面の配慮から見直しに関与しない考えを示しているが、米国内ではなお懸念の声がある。首相は第1次政権では「(A級戦犯は)国内法的には戦争犯罪人ではない」と明言しており、今回の東京裁判に関する発言が日米関係に影響する可能性もある。【小山由宇】

コメント

山田亜理沙さん殺害事件:ルーマニア国籍という犯人の少年ってなんだ!

2013年03月02日 | 哀悼

 山田さんのご冥福を祈念させていただく。日本もとうに安全ではなくなった。  

殺害事件に少年法の適用は止めよう!!!こいつらは供述によれば確信氾として殺害を実行したのだ。少年法は10歳まででいい。

 ルーマニア国籍という表現が気になるが、こいつはハーフなのか、全くのルーマニア人なのか?その無責任な親についても情報を流すべきではないか?

 ネット上にはすでに犯人の少年の氏名(I・A)が出ている。真偽は未確認なので、ここでは出せない。あしからず。

 

「最初に刺し次に友達が…」吉祥寺女性殺害事件

テレビ朝日系(ANN) 3月2日(土)13時40分配信

 東京・吉祥寺の路上で帰宅途中の22歳の女性が殺害された事件で、逮捕されたルーマニア国籍の少年は、「俺が最初に刺し、次に友達が刺した」と話していることが分かりました。

 ルーマニア国籍の17歳の少年は、先月28日、アルバイトの山田亜理沙さんを殺害し、財布などを奪った疑いが持たれています。山田さんの背中には異なる刃物で刺された傷が2カ所ありましたが、少年は「俺が最初に刺し、次に友達が刺した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。
 一方、逮捕された少年を乗せたタクシー運転手が、ANNの取材に身柄確保の瞬間を語りました。
 少年を乗せた運転手:「三鷹の駅まで1200円で行けるかと。警察に車を止められて、(少年に)身分を証明するものを要求されていた。(少年は)終始、下向いてうなずいて」
 逃げている18歳の少年は、電車を乗り継いで都心とは逆の立川方面に向かっていて、警視庁が行方を追っています。

最終更新:3月2日(土)13時40分

 

 

吉祥寺・女性殺害、ナイフを逃走少年に預けたか

TBS系(JNN) 3月2日(土)12時27分配信

 東京・吉祥寺で22歳の女性が殺害された事件で、逮捕されたルーマニア国籍の少年は犯行に使ったナイフを事件後に逃走している18歳の少年に預けたとみられることが、警視庁への取材で新たに分かりました。

 この事件は先月28日未明、東京・吉祥寺の路上でアルバイトの山田亜理沙さん(22)が刃物で刺され殺害されたもので、警視庁は強盗殺人の疑いでルーマニア国籍の少年(17)を逮捕しました。

 「普通に友達とか、みんなでゲームセンターに行く。気付いたら学校には(来てなかった)」(高校の元同級生)

 事件には別の18歳の少年も関与したとみられていますが、警視庁の取り調べに対し、ルーマニア国籍の少年は「犯行後、凶器のナイフは18歳の少年のバッグに入れた」などと供述していることが、新たに分かりました。

 また、この少年は「自分が後ろから刺して逃げた」「18歳の少年が持っていたナイフに血がついているのを見て、彼も襲ったと思った」などと、犯行当時の状況を詳細に供述していることも分かりました。

 警視庁は、事件後、電車を乗り継いで立川方面へ逃走したとみられる18歳の少年の行方を追っています。(02日11:36)

コメント

本田隆:大阪市立野里小の教頭様(笑)の窃盗

2013年03月01日 | 哀悼

  相も変わらず拙の論を裏付けてくれるような莫迦な教頭がでました。きっとその校長も阿呆だろう。困らせてやるならその校長のスキャンダルをさがすとか能がないのだろうか?

 公立学校の管理職がいかに愚かな方々がなるものかの証明だよな。

 しかも、大阪とくれば痛すぎる!

 

 

 職員室で現金盗む>小学校教頭を懲戒免職 大阪市教委

毎日新聞 2月28日(木)12時54分配信

 大阪市教委は28日、勤務先の小学校で教職員のかばんから繰り返し現金を盗んだとして、市立野里小学校(西淀川区)の本田隆教頭(57)を懲戒免職処分にした。本田教頭は「校長の公募に応募したが不合格になり、目標を失った」などと話しているという。

 市教委によると、本田教頭は昨年11月~今年1月、職員室で、教職員4人がかばんに入れていた財布から、それぞれ2~6回にわたり、少なくとも計約23万5000円を盗んだとしている。今年1月、現金が度々なくなっているのを不審に思った女性教諭がかばんにビデオカメラを仕掛け、窃盗が発覚。校長の調査に、本田教頭が事実を認めたという。

 本田教頭は、盗んだ現金を封筒に入れて自宅で保管。「一切手をつけていない。校長との人間関係にストレスがあり、困らせようと思った」と話し、4人に既に返金した。

 また、同市はこの日、服務規律の研修中に喫煙したとして、建設局の男性技能職員(58)を停職3カ月の懲戒処分にした。職員は今年1月、勤務成績や勤務態度の悪い職員を集めた研修で、講義の合間の休憩中に、研修施設外でたばこを吸っているところを見つかった。職員は「悪い職員ばかり集められて気分が沈み、リフレッシュしようと思った」と話しているという。【林由紀子】

 

教頭が教員から“現金盗む” 校長試験に落ちて…

テレビ朝日系(ANN) 3月1日(金)19時30分配信

 小学校の教頭が、教員の財布から現金を盗んだとして懲戒免職です。

 教育委員会によりますと、大阪市立野里小学校の男性教頭(57)は去年11月ごろから複数回にわたり、4人の教員の財布から現金少なくとも23万5000円を盗みました。校長が教頭を問いだたしたところ、現金を盗んだことを認めたということです。教頭は去年10月末に校長になるための試験に落ちたことや、日ごろから校長との人間関係にもストレスを感じていて、「困らせてやろうと思った」と話しているということです。教育委員会は、この教頭を1日付で懲戒免職にしました。

コメント (1)