のんびり気ままに~光の鉄道写真ブログ

のんびり、気ままに、四季折々の風情を楽しみながら、鉄道写真を楽しむブログ

静狩で北斗星を撮影

2014-09-28 | Weblog

非電化区間を行く、北海道夜行を撮りたくなり、東北新幹線からはまなすに

乗り継いで静狩まで行ってきました。はまなすに乗るのは17,8年ぶりで、万

が一座れないと休めないと思い、指定を取ろうとしたところ、満席とのこと。

増結しているにも関わらず、はやぶさにもたくさんの北海道夜行を撮りに行く

と思われる人たちが乗っていてまずいと思いましたが、自由席は比較的空い

ていて席を確保できました。なつかしの鉄道唱歌のオルゴールを聞きながら

出発です。久しぶりの夜行急行にうれしくなって函館まで眠れませんでしたが、

函館を出た後、すっかり寝てしまい、起きたのは下車する長万部到着を知ら

せる車内放送でした。3:07に到着し、5:39の始発までの間、待合室で鉄談

義をしていました。早めの朝食を買いに外に出ると満天の星空です。快晴の

なかの撮影ができると皆、テンションがあがっていましたが、始発列車で出発

する頃になると山側から雲がわいてきました。そして、静狩に到着し、撮影地

点の国道のオーバークロスに到着して間もなく上空は雲に覆われました。

カシオペア、トワイライトは完全に雲の中で、20人ほどの撮影者からはいっせ

いにため息が漏れます。しかし、北斗星の通過時には一瞬、雲が切れ、太陽

の下、撮影ができました。このポイントには初めて来ましたが、お立ち台だけ

あって、晴れると実にきれいな写真が撮れます。

 

室蘭本線 静狩 - 長万部

コメント

中央線を行くロクヨン貨物

2014-09-21 | Weblog

先月、昼間に日野駅でロクヨンが牽引する貨物列車を目撃しました。中央

東線からはロクヨンの運用は消滅したと思っていましたが、時間を覚えて

おき、日を改めて、豊田、八王子間のアウトカーブから撮ってみることにし

ました。1時間くらい待ってみましたが、やってくる列車はE233系の快速

ばかりで、たまたまロクヨンだったのかと半ば諦めかけていたところ、浅川

の鉄橋を渡る音が明らかに違う列車が近づいてきます。カーブの先から

現れたのはロクヨンでした。

原色ではありませんが、JR貨物の塗色もかつてのように派手なものでなく

落ち着いた色で好感が持てます。

 

中央線 豊田 - 八王子

コメント

大井川鉄道16000系

2014-09-15 | Weblog

8月の終わりに18きっぷを使って大井川鉄道に行ってきました。猛暑のなか、

抜里のカーブで上りのトーマスを撮ってみましたが、客車が7両もつながって

いるとは知らず、尻切れになってしまいました。

抜里駅で帰りの列車をホームの先端から撮ってみると、人工物がほとんど入

らず、かつ順光でなかなかいい雰囲気でした。

次に来る機会があったらここから撮ろうと切に思いました。

 

大井川鉄道 抜里

コメント

はまなす

2014-09-07 | Weblog

この夏、好天の中を走る、最後の急行列車 はまなすの走行シーンを初めて

撮影ができました。以前、前日まで1日晴れの予報であったため、同じポイ

ントまで行ってみたものの、結果ドン曇だったことがありました。今回はあけ

ぼのの撮影がメインで(逆にあけぼのは曇りましたが)、翌朝の予報は曇り

ときどき晴であったので、撮れれば幸運だという思いで、青森駅前のビジネ

スホテルに泊まりました。

翌日は午前4時前に目を覚まし、ホテルの窓から空を見てみると、雲は多

いもののところどころ星も見えていました。これはひょっとするといけるかも

しれないと、すぐに起きてチェックアウトし、始発前の時間帯のため駅前の

タクシーをひろって津軽線 油川、津軽宮田間のポイントに向かいました。

撮影地に着いたときは日の出前で弱い陽ざしが辛うじて当たっている状態

でしたが、直前に雲間から線路に朝日が当たりました。待ちに待った状況で、

あとはただ、はまなすが来るまで雲に隠れないでほしいと祈るばかりです。

その思いが通じてか、とうとう好天下のはまなすの走行写真を撮ることがで

きました。

 

津軽線 油川  - 津軽宮田

 

 

 

 

コメント

新京成8000形

2014-09-01 | Weblog

今週末は非鉄で家族で旅行に出かけていました。

旅先で鉄道関連のニュースをチェックしていると、新京成の新塗色の画像

が出ていて、ピンクと白を基調にしたスタイルに驚きました。しかし、昔この

ようなカラーリングの電車があったと、記憶を辿っていくと、30年ほど前に走

った小田急2600形のフラワートレイン塗色も同じくピンクを基調とした塗色

であったことを思い出しました。

新京成は併結がないので混成編成の撮影はできませんが、すれ違いのシ

ーンなど撮れると、いい記録になりそうです。

 

八柱 - 常盤平

 

コメント