のんびり気ままに~光の鉄道写真ブログ

のんびり、気ままに、四季折々の風情を楽しみながら、鉄道写真を楽しむブログ

北浜付近に着岸した流氷

2007-02-28 | Weblog

二本松での撮影を終え、一路網走へとレンタカーを走らせました。
途中、北浜駅にあるレストラン停車場で遅めの昼食をとりました。
シーフードカレーが美味しかったです。

はじめて北浜駅を訪れたのは、大学生だった1992年の冬でした。
当時もここで何か食べた記憶があるのですがラーメンだったか、カレーだっ
たか、はっきりと覚えていません。
地平線まで見渡すかぎり流氷で埋め尽くされた海辺を歩き、キハ40系の

普通列車を撮りました。

そのときよく使っていたフィルムは、間もなく国内で入手できなくなるコダ
クロームでした。そしてカメラはマニュアルフォーカスのニコマートELです。
当時は撮影旅行となると、43-86mmのズーム、135mm、200mmの単焦点レンズ
を持っていきました。
荷物はできるだけ軽く、小型三脚、高倍率ズーム一本で済まそうとする今と
は、心構えがまったく違います。
はじめて、自分の写真が鉄道雑誌に掲載していただいたのがこの頃であり、
いまよりも構図など、真剣に考えて撮影していたように思います。
また、インターネットなどない時代でしたので、撮影にでかける前は、丹念
に雑誌の撮影ガイドをみて、地図に記しを付けていました。
いやぁ、懐かしいです。

むろん、北海道であっても飛行機など使わず、上野から急行 八甲田、青森か
ら急行 はまなす、と乗り継ぎ、急行 大雪で網走に入りました。
北海道ワイド周遊券を使い、夜行列車を宿代わりにしていました。
最高7連泊くらいはしたでしょうか。風呂は温泉ではなく、もっぱら駅前銭湯
でした。駅前銭湯ガイドのような本もあったと思います・・・。

すでに車の免許は持っていましたが、レンタカーなどという高価なものは
到底利用できず、寒風吹きすさぶなか、ひたすら歩いて撮影ポイントをさ
がしました。

そんな昔話はさておき、今回オホーツク沿岸を訪れて、いちばん流氷があっ
たのが、この北浜付近です。
私もオーロラ号に乗って流氷見学をしたかったのですが、強風のため船が欠
航になってしまいました。そのうえ、網走付近にはまったく流氷はありませ
んでした。

この写真もそのような強風のなか、手持ちで北浜駅に併設された展望台から
撮ったのですが、手ブレ補正機能のおかげで、ブレずに撮影することができ
ました。

この後、知床半島のウトロ温泉に泊まったのですが、夜、道が凍っていて、
恐ろしかったです。それでも地元の車はけっこうなスピードで飛ばしてい
きます。
また、街灯などの明かりがまったく無く、都会の明るい夜に慣れた者にとっ
ては、目が慣れるまで、あたりが異様に暗く感じました。

2007年2月24日 北浜駅

コメント

ローカル私鉄ならではの光景

2007-02-19 | Weblog
キハ430形の車内に持ち込まれた乗客の自転車です。
ローカル私鉄ならではの光景ですが、今は廃線を目前に控えたフィーバーで、
自転車も窮屈そうでした。

デジタルだと、このような露出の厳しい状況でも、適正露出で記録できるの
で助かります。




コメント

最古参気動車

2007-02-18 | Weblog
鹿島鉄道のキハ600形です。車齢70年といいますから驚きです。
撮影場所は昨日と同じ、常陸小川と四箇村の間ですが、さらに四箇村寄りか
らの撮影です。ちょうど梅が咲いていました。
それにしても湖あり、雑木林ありで鹿島鉄道の車窓は、変化に富んでいます
ね。

ちなみに今日は、家族旅行で水上へスキーに行っていたために写真は撮って
いません。水上で何か来たらと思いカメラは持って行こうとしていたのです
が朝方雨で、車から家の中にカメラを取りに戻るのが億劫になってしまい、
結局持っていきませんでした。
帰りに水上駅近くを通ると、勝田の485系が走っていました。
石打あたりにでも行く臨時があったのでしょうか。
やはり、カメラを持ってくればよかったと後悔しました。

2007年2月16日 常陸小川-四箇村 CANON EOS 20D EF28-135IS

コメント

電飾列車

2007-02-17 | Weblog
ひきつづき、かしてつです。午後3時ごろから、撮影場所を常陸小川と四箇
村の間に移動しました(車ではないので歩きです)。
ここに来ると、石岡、常陸小川間の区間列車が撮影でき、効率がいいので
すが、区間列車は見たところすべてKR-500形で運用されているようです。

ふと列車をみると、何か妙なものが付けられています。
デジカメで撮って、モニターで拡大しても何かわからなかったのですが、
桃浦で夕日の写真を撮ったあと、わかりました。なんと電飾だったのです。
知っていれば、駅近くからスローシャッターで交換シーンなどを狙ったの
ですが・・・。
最後の粋な演出ですね。

2007年2月16日 常陸小川-四箇村 EOS 20D EF28-135IS

コメント

鹿島鉄道へ行ってきました

2007-02-16 | Weblog
待望の鹿島鉄道へ行ってきました。
列車内はカメラを持った人でいっぱいでしたが、平日だけあって駅以外は、まだ
のんびりと撮影が楽しめます。

桃浦で下車し、沿線で私がもっとも好きな、筑波山と霞ヶ浦を絡めて撮れるポ
イントに行ってみました。冬に来たのは初めてだと思いますが、多少霞んでい
るものの、筑波山の姿を写し込むことができました。
それが、今日の1枚です。キハ430形の緑バージョンですが、常陸小川の駅員の
方が、「この緑がいちばん写真映えするんだよ」といっておられたのですが、
なるほど、と思わず納得してしまいました。
さらに今日は、念願だった霞ヶ浦に沈む夕日も撮ることができました。

ところで、桃浦駅は桜の名所のようです。
今年は暖冬ですから、ひょっとすると桜に間に合うかもしれません。

そういえば、今日撮影中に会った方に伺ったところ、13時57分に桃浦で交換が
あるそうです。見せていただいた写真では、旧型車同士の交換でした。
次に行く機会があったら、絶対に撮っておこうと思います。

2007年2月16日 桃浦-小川高校下 CANON EOS 20D EF 28-135 IS
コメント

金沢、富山に行ってきました

2007-02-03 | Weblog

ひさしぶりに夜行の急行能登に乗って、金沢、富山に行ってきました。
今回の旅の目的は、来月のダイヤ改正で引退する、485系雷鳥、去年復活し
た475系旧塗色車の撮影、そして去年の4月に開業した富山ライトレールウェ
イに乗ることです。

能登には、学生時代から何度となく乗っているのですが、ひさしぶりに乗る
と、最新の特急車両などに比べると、椅子のつくりなど多少快適性が劣り、
少々疲れました。眠れたのも3時間くらいだったでしょうか。
しかし、どっしりとして重量感ある走りと、モーター音は、まさしく国鉄型
で懐かしく感じられました。

寒気が入り、各地で大雪と報じられていましたが、下車した富山で10センチ
ほどの雪で晴れて日が差せばすぐに溶けてしまいそうな感じでした。

夜明け近い富山駅でまず、能登を撮影、コンビニで朝食を調達し、ライトレ
ールに初めて乗りました。
その後、金沢に向かい、雷鳥を撮ってきました。
写真は順次UPしていきます。

2007年2月3日 富山駅

コメント (2)