それはまた別のお話

観劇とか映画とかの感想文を少しずつ

「ミュージカルをSwingしよう」 7/19 1st

2019-07-20 | ライブ

ENTERTAINMENT BIGBAND LIVE 「ミュージカルをSwingしよう」

 7月19日(金) 1st Start18:30 アリーナシート

 【出演】三宅裕司 & Light Joke Jazz Orchestra / 中川晃教(スペシャルゲスト)

 

曇り空の南青山にひっそり佇むBLUE NOTE

アーティスト写真はサイン入り、でもあっきーのサインは黒ペンで書かれているためによく見えません(笑)

 

BLUE NOTE TOKYO。 コットンクラブやBLUE NOTE 名古屋は何度か出演していますが、ここはあっきーにとって初出演の場所です。出演者をJAZZに特化しているようなので難しいのかな…と勝手に思っていました。

なので三宅裕司さんのバンドにお呼ばれすると聞いたときは「あーそういうルートがあるのか!」とちょっとびっくり。 しかも当初は3月に予定されていたので、三宅さんの怪我(お正月にスキーで転んで大腿骨骨折だとか)で延期になったときは「マジかー!」と焦りましたよ三宅さん! 

あっきーとビッグバンドの共演。

2013年8月「第45回サマージャズ」が最初だと記憶しています。 (第45回サマージャズ 8/24(中川晃教編)や、第45回サマージャズ 8/24(ざっくり感想編)サマージャズでスイングしたい の記録もご覧ください)

そのあとは2014年5月「ビッグバンド・フェスティバル2014 Vol.16」。ここで初めて「スイングしなけりゃ意味がない(It Don't Mean A Thing)」を聴くことができました。

三宅さんのステージは、奥様のマコさまネタを挟みつつ「アメリカ国歌」や「ひょっこりひょうたん島のテーマ」など、誰もが知っている曲をビッグバンドのアレンジで披露。まず三宅さんが大腿骨骨折から回復してお元気そうだったのが何よりでした。

宝塚歌劇団出身(?)の涼風マヨネーズさんと葉月ルーペさん(実はSET劇団員だとか)の歌のあと、あっきーが呼び込まれました。お衣装はキュートなスーツでした。三宅さんの衣装とマッチしていて素敵。

あっきー参加曲は、

Sherry(トワング歌唱、女性二人のコーラス付き)

・It Don't Mean A Thing(スウィングしなけりゃ意味がない)

My Eyes Adored You

Can't Take My Eyes Off You

どの曲もイントロから「…えっと初めて聞くぞ」というアレンジでした。「It Don't Mean A Thing」は拍子が目まぐるしく変わる複雑なリズムのアレンジでしたが、後半テナーサックスとスキャットで掛け合いするのがすごく面白かった!サックスの音色とあっきーの歌声が絡み合って、思わず体が揺らしたくなります。
 
曲間のMCで三宅さんからビッグバンドとの共演経験を聞かれて、「老舗のバンドと共演したことがあります」と言ってました。2013年2014年はブルーコーツとの共演で、この日の若いメンバー中心のバンドとは対照的(でも共通のメンバーさんも在席してるのね!)。
 
続くJBからの2曲も、聞き慣れたアレンジとは全く違うのでちょっと戸惑いました。でもあっきーのヴォーカルを前面に押し出すような形で、後半日本語歌詞を歌ってくれたのも懐かしかったです。
Can't Take My Eyes Off You」を歌う前のMCで、三宅さんから「君の瞳に恋してるという曲だけど女性の瞳にも魅力を感じますか」とかいうような問いかけに、あっきーは「あー、魚を選ぶときも瞳を見るのが大事だし」と返してました…
あーそっち行っちゃったか!とハラハラする客席のファン、照れるあっきー。三宅さんがサクサク進めてくれてよかったよー(笑)
 
でもそのCan't Take My Eyes Off Youが素晴らしかった。「あのフレーズもホーンセクションで聴けます」と事前に解説してくれたけど、サビのところがJB本番時よりも分厚いホーンセクションの音に支えらえて、歌声が立ち上がっていく様子がよくわかりました。
とにかくバンドのメンバーもあっきーも本当に気持ちよさそう。
  
そんなこんなで短い時間でしたが、とっても楽しかった!
敷居の高かったBLUE NOTEを訪れることができたこと。
久しぶりにビッグバンドの音を楽しめたこと。
三宅さん発案のオリジナルカクテル「骨折リハビリー」がノンアルコールにできなくて飲めなかったこと…だけ残念だったけど(笑)
またこういう機会があるといいなー。
コメント

「凪待ち」

2019-07-07 | 映画

『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』などの白石和彌監督がメガホンを取ったヒューマンドラマ。パートナーの女性の故郷で再出発を図ろうとする主人公を、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』シリーズや『クソ野郎と美しき世界』などの香取慎吾が演じる。脚本を『クライマーズ・ハイ』『天地明察』などの加藤正人が担当する。

 

見応えのある映画でした。

ポスターにある「誰が殺したのか、なぜ殺したのか」…は蔑ろにされていて、主題は「喪失と再生」。

(というか早い段階で犯人の目星はつきます)

 

慎吾ちゃん…と呼ぶのはもうおこがましい。

今までこち亀や忍者ハットリくんのようにキャラもの映画のイメージしかなかったけれど、この映画では全く違っていました。

張りのない体形、どっちつかずの態度、でもどこか色気と愛嬌があるので、間際でみんな手を差し伸べたくなる。

そのギリギリのところ、あるタイミングでギャンブルにのめりこんでしまう瞬間を上手く切り取っていました。

 

あの事務所は今まで賞レースは敢えて辞退していたかと思いますが、これからは記録に残る演技を見せてほしいです。

その第一歩になれば…

コメント

「中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer」 6/16横須賀・6/20横浜

2019-06-25 | ライブ
中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer
【出演】中川晃教 / 園田涼(ピアノ) / 稲本渡(クラリネット) / 細谷公三香(チェロ)

6/16(日)14:00 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット E列 
6/20(木)19:00 横浜みなとみらいホール 小ホール 12列
 
 
(衣装や曲の細かいこともネタバレしています。あと会場違いかもしれないこともあるかも)
 
 
神奈川県内は制覇しなくちゃね。
2日とも衣装はカジュアルで、青のシャツコートの中は黒のシャツ+パンツ。
横浜では長いスカーフをマフラー風にかけてて、ピアノに座るときに長い裾をばさーーーっとしてから煽ってから座ってました。
蝶ネクタイのフォーマルパターンもシャツコートのカジュアルパターンも、プリンス仕様。
 
【横須賀ベイサイドポケット】
 
横須賀駅からヴェルニー公園を通って行きました。お天気がよくて海からの風が気持ちよかったです。
 
 
あっきーは前乗りで横須賀にお泊りしていたようです。
前の晩は雷がすごくって、落雷の音を「米軍基地で何かの演習か?」と思ったそうです。海岸沿いは雷も強いよね。
 
この日は前から2列目の良席!
ピアノの側に立つことが多くて、目線がバシバシ飛んでくる!
(私の前に明らかに「今日初めて中川さんを知りました」という老婦人が座っていたのでそこをロックオンだったんですけど)
MCで「客席見えないです」と言ってましたが、ある程度は見えているよね…だから目線飛ばすんだよね…
ともかく幸せでした。やっぱり距離って大事。
 
最初は少し緊張気味に見えましたが、MC自由タイムに入るととてもリラックス。
小さな会場の音の響きをひとつひとつ確かめるように、実に丁寧に歌を紡いておりました。
 
笑っちゃったのが、アンコール「見上げてごらん」をマイクレスで歌う前。
マイクスタンドを後ろに置き、すすっと前に出て会場を見渡しながら一息つく。
そんなあっきーを身じろぎひとつせずじっと見つめる私たち。
(ああ最後の曲を歌うのよね…)
(会場の響きを確かめているのよね…)
(あっもう歌うのね…)
(もうすぐだわ…)
(いよいよね…)
(ゴクリ…)
 
あっきー「とかいって何もやんなかったりしたら大変だよねー?」
 
会場中がハラホロヒレハレでした。腰が抜けた。というか腰を折って笑い転げた。
あの緊張を返せぇぇ!
 
 
 
【横浜みなとみらいホール 小ホール】
 
 
 
 
会場ロビーから外を眺める。
みなとみらい地区の一等地にある「みなとみらいホール」、大ホールは行ったことがありますが小ホールは初めてでした。
「ヨーロッパの貴族たちのサロンを思わせる親密な空間」と謳われる通り、とてもラグジュアリーな雰囲気。
椅子の座り心地がふかふかで、座るとなんだか貴族になったような…あまりに気持ちよくて途中で意識飛びました☆
 
ツアー18公演中この日は6公演め。
セトリ前半のMCは台本に沿っていますが、後半になると自由度が増してきました。
チェロやクラリネットの楽器を紹介しつつ、メンバーにも少しずつ絡んできます。
「チェロという楽器を表現するとどんな感じですか、ちょっと弾いてみて」…みたいなムチャブリ。
(見てるこちらは慣れてるけど…)
チェロの音はなんだか人間の声と似ているよね、というような話をしながらチェロの一音と声を合わせる。
倍音?のような響きが聴こえてきて、ふたつの音色が溶けるようでした。
 
「ではピアノはどんな音がするのかみなさんに紹介してください」と園田さんに振る。
なにかフレーズ弾いてくれるのかなーと思ってたら、鍵盤ではなく蓋をコンコンと叩いて音を出してました!
弦を直接上からピンピン弾いて「♪ピンポーン」とか(怒られますよーと恐縮してました)
 
私にとっても3公演めですが、新曲もそろそろ慣れてきました。
「粒子」(米へんに立つと書いて粒子です、と説明)は「素粒子」がモチーフ。
わたしたち人間も光も空間も「粒子」でできているんです…という解説もあるのですが、
「オレのハイトーンを聴けぇぇぇ!!!!」的なフレーズが畳みかけるように続いていて、今回一番の「謎曲」です(=大好きです)。
セトリの後半をオリジナル曲のみにしてますが、この「粒子」→「Family」の流れがサイコー!
 
神奈川県民として、横須賀と横浜のホールをチョイスしてくれたことが本当に嬉しかったです。
両ホールとも海沿いにあり、行き帰りも気持ちよくお散歩することができました。
コメント

「海獣の子供」

2019-06-22 | 映画
自分の気持ちをうまく言葉にできない中学生の琉花は、夏休みの初日に部活でトラブルを起こし、居場所がなくなってしまう。彼女が父親が働く水族館を訪ねると、ジュゴンに育てられたという不思議な少年・海とその兄・空と出会い、彼らを通じて見たことのない世界に触れる。同じころ、海の生き物たちが日本へ移動し始めるなど、地球上でさまざまな異変が始まる。

「万人受けしない難解映画」と聞いてましたが、地元の名所が多く出てくるらしいので義務的な気持ちで鑑賞。
新江の島水族館…ではなく、江の倉水族館の入り口、デッキ、大水槽、イルカショーのプール、
見事な再現度でした。
でも寸分違いなく、はありません。似ているようで全く違う「えのすい」。

前半の青春ストーリーはなんなく楽しめました。
3人でボートで沖に出たあたりから、…現実味が全くなくなって、文字通り「煙に巻かれる」。
なんだけど、置いてきぼりではないんだよね。
深海、宇宙、細胞、これらが混然一体となって圧倒的な圧力で押し寄せる。
逃げられない感覚があって自分ももがき苦しみました。
細胞の卵割を大きく見せるあたりは自分の子宮がうずくような。

誰にも感情移入できないし、そもそも感情移入できないようなキャラ設定?
「海」の石橋陽彩くんは大人と子供のはざまの声色。
芦田愛菜さん(愛菜ちゃんではなく)は説得力がありました。吾郎さんも。
爽快感が得られるわけではないけど、映画館でしか味わえない感動をもらえました。
コメント

これからのあっきー予定を考える【6月中旬】

2019-06-17 | 日記
New Windツアー真っ最中ですね。
列島を縦横無尽に飛び回る日程を見ていると、日本の交通網の優秀さに改めて驚きます。
8月半ばまでライブが続き、そのあとお稽古を経て「怪人と探偵」が10月上旬まで。
となると11月がなんとなく時間ある感じですかね…(自分のスケジュール帳も凝視)

そして2020年4月の新作ミュージカルも発表されました。
世界史苦手なわたしは、今の今まで「チェーザレ」ではなく「チェザーレ」だと思ってました!
粗筋読んでいるといつの間にか眠くなってしまう「歴史恐怖症」な私がついてゆけるのかどうか、
それよりも「怪人と探偵」の予習をするべきかどうか、
そして4月本番ということはサイゴンには出ないということかどうか!
あれこれ心配な毎日です…


【2019年6月からの予定】

コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer
6月8日(土) (大阪・いづみホール)
6月9日(日) (広島・県民文化センター)
6月14日(金) (東京・大田区民センター アプリコ大ホール)
6月15日(土) (栃木・岩舟文化会館 コスモスホール)
6月16日(日) (神奈川・ヨコスカ・ベイサイド・ポケット) 
6月19日(水) (神奈川・横浜みなとみらいホール小ホール)追加公演
6月20日(木) (神奈川・横浜みなとみらいホール小ホール)
6月22日(土) (滋賀・栗東芸術文化会館 さきら大ホール)
6月23日(日) (仙台・東北大学百周年記念会館川内萩ホール)
6月29日(土) (愛知・電気文化会館 ザ・コンサートホール)
6月30日(日) (福岡・春日市ふれあい文化センタースプリングホール)

7月6日(土) (山形・山形テルサ テルサホール)
7月7日(日) (東京・紀尾井ホール)
7月9日(火) (東京・紀尾井ホール)追加公演
7月10日(水) (埼玉・川口総合文化センター・リリア音楽ホール)
7月14日(日) (京都・ロームシアター京都 サウスホール)
7月15日(月祝) (兵庫・神戸新聞 松方ホール)

7月17日(水) 三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra“ミュージカルを Swing しよう”ゲスト出演(BLUE NOTE NAGOYA)
7月18日(木)~20日(土) 三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra“ミュージカルを Swing しよう”ゲスト出演(BLUE NOTE TOKYO)

8月10日(金)11日(日)Brand New Musical Concert 2019(東京オペラシティ コンサートホール)

9月14日(土)~29日(日) ミュージカル「怪人と探偵」 (KAAT 神奈川芸術劇場)
10月3日(木)~6日(日) ミュージカル「怪人と探偵」 (兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール)

【2020年】

1月8日(水)~30日(木) ミュージカル「フランケンシュタイン」(日生劇場)
2月14日(金)~16日(日) ミュージカル「フランケンシュタイン」(愛知県芸術劇場 大ホール)
2月20日(木)~24日(月) ミュージカル「フランケンシュタイン」(梅田芸術劇場メインホール)

4月 ミュージカル「チェーザレ〜破壊の創造者〜」(明治座)
コメント