80分の1丁目16番地

ペーパースクラッチによる車両作りを中心に1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

169系「快速みすず」を仕立てる(5)

2024-04-19 01:11:25 | 中央東線方面
少しずつ塗装を始めました。屋根はタミヤのTS-67佐世保海軍工廠グレイ、ベンチレーターはAS-7ニュートラルグレイです。



ボディはサーフェーサーを軽く吹いて元の湘南色を消した後、下地色としてクレオスのNo.97灰色9号を吹きましたが、まだ足りないようなので(グレーの下にグレーが見える笑)もう1、2回吹き重ねようと思います。



クハ169はジャンパ栓収めが付くのを忘れていたので、外側のKE64のつもりでエンドウの#5809(車体側2連)と、内側のKE70のつもりでエコーのNo.2646(車体用B)を接着剤で取り付けました。ロストで出来はいいのですが、いかんせんオーバースケール気味で横にはみ出しています。。床下の栓受も元のモールドをカットしエンドウの#5822(床下側3連B)を取り付けてあります。



アドバンスブルーとリフレッシュグリーンは、こちらのポストで公開されている配合を参考に・・・というかモロそのまま拝借して配合しましたが、後者は気を許した隙にホワイトを入れ過ぎてしまいました。。ベースとなるターコイズグリーンはひと瓶丸ごと使ってしまっているので濃い方へ戻せないという・・・。塗ってみないと分かりませんが許容範囲かなぁという気はしています。



他には、懸案となっているフロントガラスのデフロスター除去にもチャレンジしてみました。



カッターで浮き出ているモールドを削り、#800→#1000→#1500の耐水ペーパーで磨いてから、最後にタミヤのコンパウンド(仕上げ目)で整えています。



結果は微妙。。一応向こう側が透けて見える程度には仕上がったのですが、周囲に磨ききれない部分が残ったのと、平面性があまりよろしくないのが余計に助長されたような感じになってしまいました。



しかも片側のガラスはうっかりカッターの刃で深めのキズをつけてしまっているので、そのリカバーも兼ねてもう少し研磨を続けてみようと思います。あと、手持ちの関係で耐水ペーパーが#1500までしか使えていないので、#2000を入手して、より細かな下地作りをする必要もありそうです。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飯田線(&大糸線)撮影と1人運転会(後編)

2024-04-17 01:51:57 | 運転会
鬼のような早起きのおかげで、ミッション1)飯田線撮影と2)高遠の桜を観る会wは楽しくクリア。お楽しみの舞台を南信から中信・安曇野へ移します。

駒ケ根I.C.から中央道、長野道経由を経由し、南アルプスに代わって現れた北アルプスの雄大な峰々にはやる心を押さえつつ安曇野I.C.をOUT。真っ先に立ち寄ったのは碌山美術館前に店舗を構える蕎麦処「寿々㐂」。人気のお店で今日も20分ぐらい待ちましたが、素朴にして美味な「天ざる蕎麦」を存分に楽しむことができました。



時刻は14時を少しまわったところ。今日は早めに宿へ入ってゆっくりする予定だったので、県民の皆さん御用達のスーパー・ツルヤへ立ち寄って食材を買い込み、安曇野から北アルプスを背にして東に見える小高い長峰山の山頂付近にある「天平の森」へ向けて車を走らせます。

こちらが本日の宿泊場所兼運転会場となる天平の森のコテージ。1週間前に急きょ思い立って予約したのですが、GW前の日曜泊という時節柄か、6棟あるうちの一番眺めが良いとされるNo.6を無事に押さえることができました。バリアフリー設計で広さも一番広いようです。365分の1泊だ許せ!笑



ほほ~♪♡



北アルプスに沈む夕日、眼下には安曇野のまち並み。絶好のロケーションです。



眺めの良いバスルームで軽くシャワーを浴び、車で3分ぐらいの場所にある展望台で暮れゆく安曇野のパノラマを鑑賞します。北アルプス残照、天頂には三日月。



コテージに戻ってからもしばらく夜景を楽しみます。



そして運転会準備。部屋のサイズが不明でしたが、R790のカント付きカーブと直線20数本、大型ポイント3基でほぼピッタリでした。



簡単な試運転ののち夕食。スーパーで買い物する時点ですでに高遠で歩いた疲れが出ていたので自炊は諦め、メインはトンカツ弁当に。まあ自炊したとしてもカレーなので五十歩百歩です 笑。しかし信州サーモンの刺身が手に入ったのは朗報で、醤油を忘れてきたことを悔やみつつ、塩とゴマドレッシングでサーモンサラダに仕立てたのでした。お供は安曇野の地ビール!



で、食後は運転会本番。今回は下見の意味もあってあまり多くの車両は持参しておらず、TOMIXの115系新長野色6両、同EF64 1000番台重連とコンテナ貨物、自作のアルプスの電車、KATOのC56といったラインナップです。まずは115系6連をエンドレスくーるくる♪



気が付くとカメムシが列車に向かってにじり寄っていきます。実はコテージ自体は快適だったのですが、カメムシが異常発生?していてカーテンや壁に十数匹がうごめいているというシュールな光景。1匹づつ捕まえては外に放り出していたのですがキリがないので“同居”を決めました。ちなみにこのカメ野郎、気付いた時にはちゃっかり115系に無賃乗車していました。。



そしてEF64 1000番台JR貨物更新色の重連です。付属パーツ未装着なので、この場で取り付けようと工具一式も持参したのですが、歩き疲れにカメムシ騒動、さらには久々に外をノーマスクで歩き回ったツケが来て花粉症がひどくなり、加えて酔いが回って睡魔到来・・・と、これでもかというくらいコンディション悪化が進んできたため戦意喪失。結局コンテナも繋げずに機関車だけク〜ルクルという情けない状況となりました。。



スイスの赤い電車、アッペンツェル鉄道の「ワルツ」もアルプスには似合うだろうと持参。こちらも前面周辺の未完成部分を工作しようと思っていたのですが未遂に終わりました。赤いものは苦手なのか、こちらにはカメ野郎のご乗車はありませんでした。



しかし、久々に運転したのですが、「走り」と「光り」は上々を通り越して異常レベルなのを再確認。普通のEN22+MPギヤですが完成品の3分の1ぐらいの目盛りでスタートし、室内灯は引き通し&キャパシタの効果もあって白色LEDが煌々と灯っています。作った当時はまだ知識がなく、チップLEDを今の倍ぐらい搭載していたので間引く必要がありそうです。



高原のポニーC56も買ってからあまり日の目を見ていなかったので伸び伸びと走行。今にして思えば怪しいサイトで購入し、案の定、ロッドが片方はずれた状態で送られてきたブツだったので足回りが心配でしたが、ゆるゆると安定して動く姿に安心しました。2軸貨車は数両持参したのですがこちらも試験走行に終始。多少の疲れはあったにせよ、人間、あまりに自由時間を手に入れると趣味さえも「どーでもええわ」ってなるんですね。コワイコワイ 笑



そんなわけで眠けもMaxに達したのでエンドレスの真ん中に布団を敷いて(笑)早めに就寝しました。


翌日は雲海の発生を期待したのですが、気象条件が揃わなかったようで、前日と同じような「ちょっとモヤがかかった晴天」となりました。朝日を浴びた北アルプスの山々が奇麗です。スイスの電車にも日本アルプスを見せたりしながら朝食。



ひときわ高く尖った山容を誇るのが常念岳。その山肌に「常念坊」と呼ばれるお坊さんが五合徳利を持った「雪形」が現れると、田植えや種まきなど農作業の準備にとりかかるとされています。この日はそのことをすっかり忘れており、帰ってから写真を確認したらしっかりありました!



部屋を片付けて午前9時半にチェックアウト。ちなみに料金は平日の基本料金8,800円+公益費220円の合計9,020円でしたが、このロケーション、スペースを独り占めしてこの値段ですからコスパは超最高!ということになります。暖房を使うと570円かかりますが、明け方冷えたものの暖房を必要とするほどではなかったので今回はかかりませんでした。オートキャンプ場などもあるので、興味ある方はこちらをご参照ください


さて、ミッション3)安曇野で蕎麦を食べる、4)北アルプスを見上げ、安曇野を見下ろすコテージに泊まって1人運転会をする・・・はまあまあクリア、
5)ついでになんらかの工作もする は見事玉砕しました。強い意思を持って今度こそ“アウトドア・モデリング”をやるゾ!と誓った朝でした。


次なるミッション6)として、池田町にある大雪渓酒造さんへ向かいます。県道大町明科線に面し、工場に隣接して直売店舗「花紋大雪渓」があります。蔵の見学などもできるようですが、残念ながらあまり時間がないので気になったお酒を2本だけ購入。ポイントカードを勧められましたが、「将来移住したら作ってくださいw」と、後ろ髪を引かれつつ店を後に。



店舗前のバス停を見ると「酒屋前」と書いてあります。これはネコバス🐈が来ますね、たぶん。



最後のミッション7)は大糸線または篠ノ井線の列車を撮る、でしたが、結局というかやっぱりというか大糸線へ向かうことにして、まずは安曇沓掛〜信濃常盤間のスポットへ向かい、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳などをバックに上り5232M・E127系2連を撮影。北アルプスのさらに北部となるこれらの山々はさらに残雪も多く映えます。



続いて信濃常盤〜南大町間の貝原踏切近くへ場所を移し、西南方向へカメラを向けて下り列車を撮ります。まずは5231M信濃大町行のE127系100番台2連。後方は餓鬼岳と思われますが詳しい方HELP求ム!



そしてやって来ました下り5M、E353系「あずさ」。これが撮りたかった!!



この「あずさ」で今回の旅のプログラムはすべて終了。ミッションは工作を除いてすべてクリアしたので、急ごしらえにしては満足度の高い旅となりました。今回はあくまでパイロット・プログラム、すなわち下見であります。近いうちに、今度こそ小鳥のさえずりを、渓流の音を聴きながら工作に励むという酔狂な旅を実現したいと思いつつ、こちらの戦利品を燃料にブログを書き終えたところです。



ということで皆さまお付き合いいただきありがとうございました。次回は「快速みすず」に戻る予定です。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飯田線撮影と1人運転会(前編)

2024-04-16 03:20:53 | 信州全般方面
ここ最近、年度が明けてヒマになったら1週間くらい貸別荘か何かにこもって模型作りと運転三昧の日々を過ごすぞ!!と、声には出さずにひそかに練っていたプランをこのたび実行に移しました。ただし、諸般の事情により1週間の日程は1泊に、貸別荘はふつうのコテージになりましたが。。。

今回のミッションはこんな感じです。
1)最近、動静が微妙になってきた飯田線の213系5000番台を撮る
2)高遠の桜を観る
3)安曇野で蕎麦を食べる
4)北アルプスを見上げ、安曇野を見下ろすコテージに泊まって1人運転会をする
5)ついでになんらかの工作もする
6)いつもDMをいただく大雪渓酒造さんで酒を購入
7)時間があれば大糸線か篠ノ井線を撮影する

結論から言うと、5)以外はすべてミッション・クリアしました。👏
以下、写真とともに「大人の道楽」の一端をご紹介します。

飯田線列車を効率よく撮ろうとすると朝以外にありません。1泊分の着替えとユニトラック一式、それに愛車の「ルノー・ライト10」(自転車)を車に積んで都内の自宅を午前2時半に出発。途中2回の休憩を入れて、「道の駅・花の里いいじま」に5時40頃到着しました。ここで小休止ののち9時頃までの間に、飯田線の七久保駅付近から伊那市駅付近まで移動しながら上下合わせて10本の列車を狙います。



ちなみに自転車ですが、時間があればどこかでサイクリングでもしようかとも思いつつ、メインは撮影地直近で車が停められない場合の“ラストワンマイル”の足として使うことを想定して積んだものです。結局、今回出番はありませんでしたが、以前、E353系の「特急信州」を撮りに行ったときは諏訪湖でいい仕事をしてくれました。

まずは肩慣らし。七久保駅南側の開けた場所で、朝日に映える南アルプスをバックに、213系5000番台の上り528M豊橋行を撮影。七久保駅周辺では北側のカーブが「お立ち台」として有名ですが、今回は2ドアクロスシートの優雅なデザインを強調するため、なるべく側面からの構図を狙うことにしたものです。ただ、ちょっと真横すぎるので工夫の余地アリといった感じです。



ちなみに213系の運用はネットで検索してもよく分からなかったので、列車番号を打って画像検索し、「ほぼほぼ213系が現れたら213系ww」という怪しいやり方で事前に調べておきました。それによると10本中6本撮れるはずだったのですが・・・。


続いてやって来たのはJR東日本の211系3000番台3連、1日1往復の「快速みすず」であります。169系でもヘッドマークを出している訳でもありませんが、同名の列車がまだ残っているというのは製作のモチベーションアップにつながります。



列車が七久保駅ホームに吸い込まれるのを見届けつつ、車を次の目的地に向けて出発させます。ローカル線の朝は割と忙しい(笑)。次なる撮影場所は伊那本郷駅の北方約300mにある本郷第四踏切。ここで上り1500Mを迎え撃ちします。


やって来たのは373系!特急「伊那路」の送り込みとして天竜峡まで運転される普通列車で、実は「乗り特列車」としてそのスジの方々には有名なんだとか。今回の撮影では珍しく「撮り鉄構図」になってます。



せっかくなので振り返ってもうワンショット。



予定ではこのあとすぐに中田切川橋梁へ移動するつもりだったのですが、伊那本郷駅の桜が奇麗だったので、次の上下2本はここで撮ることに変更しました。桜と下り211M上諏訪行(313系)の車掌さん。ここは下りホームが独立していて踏切脇の階段から入るようになっていて、踏切脇でうろうろ写真を撮ってたら「乗りますか?」と聞かれてしまった、、、気を遣わせてしまいスミマセン。。



続いて、飯島駅で211Mと交換してきた1502M天竜峡行が本郷第四踏切を通過して入線。目論見通り213系5000番台でした。ヨシヨシ♪



もう少し撮りようがあるでしょうに・・・的な感じですが、次の桜のシーズンには居ないかも知れないのでとにかく桜との絡みを記録。



2連窓と転換クロスシートが並ぶ独特のフォルム。かつてクモハ43・52などが活躍した飯田線にはマッチしているのではないでしょうか。



そしてやっと定番撮影スポットの登場、田切〜伊那福岡駅間の中田切川に架かる橋梁です。まずは上り202M(213系)の後追い。桜を入れようとすると構図が難しく、ベストは河原からの見上げるショットでしょう。



続いて313系3連の下り213Mがゆっくりと鉄橋を渡っていきます。



次の列車まで約30分あるので車へ戻って軽く朝食。くるみパンと残り物の唐揚げ、ゆで玉子などを保冷剤とともに保冷もどきバッグに入れて持ってきたのですが、折からのポカポカ陽気で既に限界の様相を呈していたので急いで平らげました。


で、撮影ポジションへ戻って待つこと数分。やってきた下り1415Mは予想した213系ではなく313系の2連でした。これはこれでカワイイ。



最後に下り2201M(213系)の後追いを撮ってここは引き上げることに。今日初めて同業者さんを見かけましたが河原へ降りて行かれました。やはり迫力あるショットは見上げる構図ですね。



予定ではもう1本、下り1501Mという列車をどこかでとらえてから高遠の桜を観に行くことにしていたのですが、さすがに9時を回ると駐車場も混んでくるだろうし・・・ということで諦め半分で車をスタート。しかし、いや、せっかく来たんだからミッションは完遂すべき、という天の声に押され、あまり構図はよろしくありませんが下島〜伊那市間の小黒川橋梁にて最後の撮影を敢行したのであります。最後まで真横にこだわった撮影でした。笑



時間も9時をだいぶ回ってしまったので急ぎ車を高遠城址へ向けて進めます。はじめは問題なくスイスイ走ったのですが、残り2、3キロの地点から渋滞しはじめ、やっとのことで臨時の無料駐車場へ停めたのが10時半近く。



天気も良く、桜もちょうど満開から散り始めのタイミングで誠にグッドタイミング。噂には聞いていたものの、そのボリュームと美しさに魅了されました。



列車を桜に代えて中央アルプスを再び愛でます。絶景かな絶景かな。しかし河原べりにある臨時駐車場から高遠城址までの往復は普段運動不足の体にダイレクトパンチ!これが後々の旅程に影響を与えることになるとは・・・。



つづく

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

169系「快速みすず」を仕立てる(4)

2024-04-12 06:29:33 | 中央東線方面
パンタのPS23化に伴い避雷器と配管がパンタ前位へ移動しているので、元のモールドはすべて削除したうえで新たにエンドウの避雷器を取り付け、φ0.3真鍮線で配管を表現しました。パンタもIMON製あたりに交換したいところですが、TOMIX製のストックが1基あるので、当面はそれを使うべく取付穴を存置しています。この穴にそのままTOMIXパンタの取付ツメが入ります。



スノープラウは頂き物のモアの真鍮製パーツ(電車用No.2111[カツミ規格])があったので、ちょっと線が細めな感じですが採用。右がクモハ用のパワトラ式DT32、左がクハ用のTR69ですが、それぞれの構造に合わせて元のステーを適宜カットし、プラ板でサポートすることでうまくセットできました。ただしパワトラの方は筐体にヘタにタップを立てられないのでゴム系接着剤でベタづけです。



下回りをマットブラックで塗装。トイレタンクはTOMIX製で、これも内側を削るなどの若干の加工でカプラー脇のスリットに差し込むことができます。“カトミックス”の親和性は想像以上です。笑



塗装してからクモハのジャンパ栓を交換していないことに気付き、元の2連のモールドを削ってエンドウの3連を取り付けました。カプラーポケットが張り出しているため床板側はあまり削ることができず、硬いロストパーツを縦に横にカットするのにひと苦労。。



シートはリクライニングに改造されているため、とりあえず元のボックスシートを抜き取った状態の床上パーツをはめておきます。シートは定番?のTOMIX485系普通車用を確保してありますが、構造上シートバックの背丈が低いという難点があるのと、シートピッチが違うので1列ずつバラして取り付けないといけない・・・とハードルだらけなので使うかどうか悩み中。



前面は製作途上の写真を何回か出していますがこれが完成形。手すりは一番小さいもの4か所にオリジナルパーツを用いた以外はφ0.4真鍮線で置き換えました。



要部が出来上がってきたのでクモハ169だけ仮組み!!



165系のシールドビームは好きじゃないけど169系なら許せてしまうのなぁぜなぁぜ? ま、169系だからというよりも新長野色との親和性ということなのでしょう。つまりは「見慣れた顔」。 ちなみにデフロスターの除去にまだ踏み出せていません。どうしますかねぇ。。



発煙筒は元パーツの流用で、新たに列車無線アンテナとホイッスルカバーを取り付け。どちらもジャンクBOXからサルベージしたものでメーカー不詳。



トイレタンクはこんな感じで取り付け。ちょっと下過ぎかも知れないので完成までにチェックしておきましょう。。



スノープラウも現物合わせでアバウトに組み付けた割には、乗務員ステップにも支障せずいい感じです。



ハイ。ということで完成へ向けて引き続き進めていきたいと思います!


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

169系「快速みすず」を仕立てる(3)

2024-04-07 03:23:38 | 中央東線方面
「快速みすず」を仕上げていきましょう。

169系は冷房準備車で登場しているので新製冷房車相当のベンチレーター配置になっています。KATO製品の改造冷房車と比べると、クモハとクハは2列目と3列目の位置が後位にズレ、モハはセンター配置ではなくサイド2列配置に変わっています。この改造はすでに何度かこのブログでもご紹介していますが、一応簡単に触れておきます。


移転するベンチレーターの台座を削ってパテを盛ったところ。左端は新製時から冷房を搭載したサハ165用でこちらは無加工です。



モハ168は「後年PS23化された」とされていて、それがいつなのか分からないので、あわよくばPS16のままでいけるかと思ったのですが、どうやら「かもしか」時代の写真や動画を見ると既にPS23化されているようなので、避雷器をパンタ前方に移設して配管も変える必要がありそうです。



下からでちょっと見にくいですが、避雷器と幕板まで伸びるアース線です。

(坂城駅のモハ168-1保存車)


避雷器取付用の突起、台座、配管をすべて削りました。



不要な穴を埋めてパテ整形し、新しい位置にベンチレーター取付用の穴を開け直したところ。



モハ168の集中クーラーの位置が微妙で、少し非パンタ側(下の写真の左側)へ移動する必要があるかのように見えますが、パンタ側(右側)の位置はだいたい合っており、要は「クーラーが小さめ」なのではないかとの疑惑があります。1、2ミリ動かすのも面倒なのでこのままにします。


(上:実車=モハ168-1 下:模型)


とりあえずモハだけベンチレーターを仮置き。これではまだ165系の新製冷房車改造でしかないので先は長い。まだまだ頑張らないと!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする