80分の1丁目16番地

ペーパースクラッチによる車両作りを中心に1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

PLUMで作る南武線209系(1)

2022-12-03 23:27:16 | 中央東線周辺
走行化についてだいたい“あたり”がついたので本格着工したいと思います。

ここ3日間(短か!w)いろいろ勉強して、まずターゲット編成を決めました。
南武線には209系が5編成在籍していたとのこと。編成番号はナハ1、32、52~54。

このうちナハ1編成は川崎製で、妻面のリブ露出や窓Rが大きいなど、キット(東急/新津製がプロトタイプとされる)とはデザインが異なるので却下。
また、ナハ52~54編成は京浜東北・根岸線からの転入組ですが、いわゆる機器更新車でVVVF装置などの形態が異なるのでこれも却下。
結局、残ったナハ32編成一択となりました。実はこの編成、南武線に新製配置されたもので京浜東北・根岸線は走ったことがないそうですが、一部修正が必要そうではあるものの、機器未更新のためほぼキットのまま組めると踏んでこれに決めました。
方向幕のLED化とシングルアームパンタへの換装がなされた晩年の姿とします。
番号は次のようになります。

↑川崎
クハ209-68
モハ209-135
モハ208-135(M)
モハ209-136
モハ208-136
クハ208-68
↓立川


次に走行化の方針です。
動力車はメーカー推奨の天賞堂コアレスパワートラックではなく当鉄道標準のEN-22モーター+MPギヤ方式とし、プラ製6連で軽いため動力車は編成中1両(モハ208-135)とします。台車は日光のDT61を使用。市販のMP床板は幅が広いのとボギーセンター間が長いので32mm幅の真鍮板から自作します。なお31.5mmまで削る必要あり。

その他のトレーラー車は前回の投稿で試行錯誤したとおり、キットの台車にカツミのピボット軸受を埋め込み金属車輪を装着します。ただ、やはりボルスターの狭幅改造はリスクが多いのと手間がかかるのでやめにして、軸受メタルの埋込み深さを調整することでそのまま組むことにしました。まずはその方法から。


軸受メタルの埋込み深さを一定にするため、t=0.8mmのプラ板(0.5+0.3mmの貼り重ね)の小片に瞬着を少量つけて軸受の穴に落とし込みます。



さらにメタル軸受の底にも瞬着を少量つけて穴に落とし込み、並行に注意してしっかり押し込めば完成。



ボルスターの組み立てにはIMONのM2.0×2Mビスとt=0.25のファイバーワッシャーを使用します。



ボルスター取付け穴に前回同様2mmのタップを切り、ワッシャーとビスで固定します。車輪は日光製。このとき限界まで締め上げず1/2回転ぐらい戻したぐらいの位置にするとしっかりピボットの先端で受けるようになります。



最初、台車枠と車輪のすき間が開きすぎていてガニマタ感が強かったのでボルスターの幅を縮めてみたわけですが、結局「シンプルイズベスト」とも言うべき方法に落ち着きました。



続いて下回りを組んでいきます。床下機器、ステップ、スカートなどを接着しました。方向があるので注意が必要です。説明書にあるとおり中間車はステップがある方向を揃えるようにして管理します。なお、あいている部分は動力車のモハ208-135で、床板から自製するため別建てで組み立てることにします。



クハ209と208の床下機器です。南武線はATCを導入していないのでATC機器箱をカットしたほか、実車写真を参考に一部の機器の位置を変更しています。若干不足する機器もあるので手持ち品を追加してそれらしくまとめる予定。



カットしたATC機器箱です。実はさらっと書いていますが、ここへたどりつくまで実車写真(ネットのですが)と見比べながら大いに迷って時間を浪費してしまいました。南武線が非ATC路線であるという基本的な情報とこのハコがATC機器箱であること、この2つが全く頭に入っていませんでした。いやー上級者向けキットは手強いですねぇ。(不勉強なだけやろw)



モハ209(上)と208(下)の2-4位側。VVVF装置にメッシュ表現がなくちょっと残念な感じですが、今回はなるべく素組みでいきたいので追加表現はしないことにします。また、モハはクハほどに実車との差異はみられないため機器の移動や追加もなしです。



同じく反対の1-3位側。メンテナンス時のパンタへのダメージを避けるためパン無しのモハ208を動力車にしたのですが、これだと“実車に無い床下機器”がもろに見えそうですね。まあモハ209でもあまり変わらないので、その面ではパワトラの威力は絶大です。



クハは連結を想定しないためカプラーはキットの密連を使用し、胴受、スカート、ステップとともに接着しています。



中間のカプラーはエンドウのドローバーを使用。車端部に貼るカプラー取付板?を貼らずに床板へダイレクトに取り付けることで胴受との共存を図りました。胴受にはジャンパ栓が一体でモールドされているので省略したくなかった・・・というセコイ理由です。笑 ただ、クハのみならず他のT車を含めて車重が軽く集電に不安があるため、中間部はすべてIMONの通電カプラーに変更するかも知れません。



と、いろいろありましたが下回りはなんとかまとまりそうです。上回りはまだ屋根板をランナーから切り離しただけ。一体成型済みのボディが「ここまで出来てるんだから早くしろ」と攻め立てるので明日にでも塗装しようと思います。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PLUM209系を組む前に

2022-11-28 01:57:08 | 中央東線周辺
PLUMの209系プラキットが我が家にもやって来ました。京浜東北フル編成は気力、体力、財力ともに厳しいなぁ・・・という謎の臆病風に吹かれて、中央線と接点があり、かつ、短編成(6両)でまとまる南武線の2200番代に白羽の矢が立ちました。実車は209系0番代を種車にして改造されたとのことなので、京浜東北色のクハ2両セットと、中間車2両セット×2を購入。



Twitterでは先週のうちからメーカー直送分を受け取った人たちの開封報告や組立報告が乱舞していて人気の高さがうかがえますが、当方でははやる心を抑えて、“ある検証”を行ってから組み立てに取り掛かろうと思います。

その検証とはオリジナルの走行化改造です。このキットは天賞堂のT-Evolution用走行化パーツキットがそのまま組み込めるような設計になっているのですが、φ10.5車輪とカツミの軸受メタルの手持ちがそこそこあるので、これらを使って走行化できるのかを検証してみようと思います。


黒で成形された台車・車輪関係ランナーパーツを開封します。まず目についたのがこのぶっとい車軸。これは何を意味するのか・・・!? いや、ひょっとして。。



そうです。台車の軸受部分には太い穴が開ていてカツミのピボット軸受がすっぽりピッタリ入りました。実は私誤解していて、走行化パーツキットというと台車枠の内側に金属フレームが入るものだとばかり思っていたら、天賞堂のそれは軸受をはめ込んで集電シューを取り付けるだけの構造で、私がやろうとしていたオリジナル走行化と大差ないものだと分かりました。軸受のサイズも両者で同じだったということになります。そして写真はボルスター取付ネジ穴をタッピングしているところ。



はい、このように金属台車のビスを使って組み立てることができました。



プロポーションも悪くないです。できれば波打車輪にしたいところですが、手持ち品の消化という命題があるので我慢ガマン・・・。



・・・と、ここまでは順調だったのですが、どうみても台車枠の幅が広すぎてすぐ車輪がはずれてしまいます。そもそもピボットの先端で荷重を受けていないのでなんちゃってピボット軸になってしまっています。ちなみに車輪は日光のピボット車輪、すなわちカツミ/エンドウ規格より軸長が長いにも関わらずコレではちょっと問題アリです。



対応策をいろいろ考えてみましたが、オリジナルパーツを活かして乗り切るにはコレしかない・・・ということで、ボルスターの幅を縮めることにしました。パーツは所定数しか入っていないので大博打です。全体で約1mm縮めることにして、両サイドをそれぞれ糸鋸の幅+αだけ縮めます。



ボルスターの上面と下面に添え木ならぬ添えプラ板を当ててガチガチに接着してしまいます。左が無加工、右がカットして幅を縮めたものです。



ちなみに“添えプラ板”にはランナーについているタグ?部分をカットして使用。というのも、最初このキットの材質が分からずABSだと思ってABS用接着剤で貼ったらポロリ。どうやら普通のプラ(スチロール)のようなので、今後つぎはぎが必要な場合は手持ちのプラ板を使うことにします。笑



ということで、ボルスターの幅を縮めた2組目の台車は、念のため軸受も奥まで押し込まずに少し浮かせた状態で止めておきました。



ところがいざ組んでみると今度は縮め過ぎた~!



軸受を奥まで押し込んでもダメなので、奥の手(でもないが・・・笑)、日光より短軸のカツミ車輪に交換しました。



とりあえず満足のいく一品が完成。なんとか量産できそうです。



巷ではT-Evo用の走行化キットが軒並み売り切れみたいですね。品番69001というのが廃番になって後継機種待ちというタイミングの悪さもあるようです。今回はカツミの軸受メタルでも走行化は可能という内容ですが、ボルスターの改造も伴いますので、もしチャレンジされる方は自己責任でお願いします。



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お座敷運転会2022秋

2022-11-27 11:23:42 | 運転会
昨日はお座敷運転会でした。

準備したキハ181系特急「しなの」が無事にデビュー。前夜に思い立って、まだ編成仕立て中の12系+20系の急行「ちくま」も並べて中央西線の雰囲気を楽しみました。



ナハネフ23は、バックサインが今年の“あけおめ投稿”に使った「謹賀」「新年」のままなのに気づいたものの、貼り換えるのも面倒なのでひと足早い新年のご挨拶運行となりました。とりあえず来月は「メリー」「クリスマス」からの「行く年」「来る年」仕様にして、年明けには本来の「EXPRESS」「急行」表示に仕立てたいと思います。



KATOの初代165系「アルプス」にTOMIXのクモニ83をつないだ夜行415M/414M風です。付属編成を併結しないシンプルな「アルプス」も身軽でいいですね。新宿方のクモハ165のカプラーをTNに交換してTOMIXとつなげるようにしてあります。床板側のモールドをいくつか削るとそのまま取り付けられるので便利ですが、その代わりKATO密連には戻せません。笑



2010年頃を想定したEH200牽引の中央東線2083レです。前方に19D/20Dコンテナを満載したコキ104、その後ろにTrancyの20ftコンテナが載るコキ106が3両、そして一番後ろにコキ50000が2両という多彩な編成。Trancyが各車2個ずつしか載っていないのは中身が粉体ですごく重量があるからだそうです。外見は普通のドライコンテナですが、インナー・バッグを張り込んだバルクコンテナになっているんですね。



EH200を撮りに来たらカシオペアと60Hz帯の付いた「ゆのくに」も撮れちゃったー・・・的なw 模型撮り鉄は楽しい。



今回はユニトラックを大幅に強化して臨みました。従来品より123mm長い369mm直線を5パック20本購入して従来品を置き換えることにより畳や敷居の凹凸の影響を軽減。さらに、R1606とR1546の大半径レール(これは前回から投入)で実感的な線形も実現しました。コレすごくいいですよ。写真のように流れるような編成美が得られます。



ということでご参加の皆様お疲れさまでした。T部長も会場の手配と運営ありがとうございました。


さーて、次はこちらを愛でるといたしますか♪


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ディーゼル特急「しなの」発車準備完了

2022-11-25 01:16:55 | 中央西線方面
キハ181系ディーゼル特急「しなの」(エンドウ)の編成仕立てが終わりました。

番号は1971年頃の名ナコ所属車から次のように選びました。塩尻駅が移転前で、名古屋から松本、長野方面への列車が方向転換していた頃です。
↑塩尻
①キハ181-21
②キハ180-44
③キハ180-21
④キハ181-24
⑤キハ180-48(M)
⑥キハ180-43
⑦キサシ180-12
⑧キロ180-12
⑨キハ180-57(M)
⑩キハ181-22
↓名古屋・長野

主な仕立作業は次のとおりです。
ア)インレタ(市販)、サボ・方向幕・ヘッドサイン(自作)の貼り付け
イ)ワイパー、乗務員ステップの取り付け
ウ)4号車(キハ181)の運転台側カプラーの交換(ケーディー→ACEカプラー)
エ)10号車(キハ181)のシートの方向転換
オ)MPギヤ内部、軸受のグリスアップ

ウ)のカプラー交換ですが、元々4号車となるキハ181の運転台側にはケーディーカプラーが付いていました。増結編成の3号車とつなぐためには3号車をケーディー化するか4号車をACE化する必要がありましたが、ドローバーほど見栄えが変態wっぽくなくケーディーのようなガタもないことから、4号車のキハ181の方をACEカプラーに換装することにしました。



普通は、元のカプラーを外したらACEカプラーを取付座に差し込んでネジで固定するだけのカンタンなお仕事ですが、キハ181の運転台側は別パーツ化されたスカート取付用床板?となっていてカプラー取付座が低く、そのままでは差し込めないため、床板とカプラー本体の両方を1/2ずつカットしてカプラーが差し込めるように加工しました。



こんな感じでACEカプラーに交換できました。



見た目もそう違和感なく、まずまずです。



すべて連結して記念撮影。このあと動力車のグリスアップと慣らし運転を行い、運転会へ向けた準備の完了としました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ディーゼル特急「しなの」の火入れ

2022-11-21 01:36:32 | 中央西線方面
この週末はスイスの電車を仕上げなければ・・・と思いながら、やっぱり違うものに手を出してしまいました。

エンドウのキハ181系10両です。友人の形見シリーズで、これも譲り受けてから長らく手付かずになっていたもの。こんどの運転会で走らせようかと思い、1971年頃を想定した中央西線のディーゼル特急「しなの」に仕立てるべく“火入れ”(付属品の取り付けやインレタ貼りなど)を行いました。



製造が2004年といささか古いので付属のインレタは使わず、くろま屋のメタル銀インレタ(No.2003)を使いました。シブく1とか2とかヒトケタ番号を付けたかったのですが、この製品は量産車をプロトタイプにしているとのことで、20番代とか40番代の大きな番号になったのはチト残念。



編成は基本7両、増結3両の10両で、基本編成にはキロとキサシが組み込まれます。動力車は2両で、増結だけで走ることはないので両方とも基本の方に組み込んであります。3両入る先頭車(キハ181)のうち名古屋方の1両だけはシートの向きを転換しました。車体を開けたついでに、写真用紙にプリントした「しなの」のヘッドマークを入れてあります。ちなみに灯火類は電球なので、せめてヘッドマークだけでも白色LEDに交換したいところです。



側面方向幕と種別、愛称、号車札はすべてPCで自作したものを入れましたが、状況が分かる実車写真が見つからなかったので、一般的な特急、急行のサイン類に準じたデザインで作ってあります。そして今回も迷ったのが列車種別と列車名(愛称)サボの順番です。以前勉強したとおり、「基準駅に近い方が種別、遠い方が愛称」という規定に従うならば中央線の基準駅は東京駅で、これは恐らく東線でも西線でも同じはずなのですが・・・。



いろいろネットを徘徊してみると、例えば381系の「しなの」あたりはどうも逆になっているようにも見え自信がもてません。結局、客車時代の急行「きそ」の鮮明な写真が見つかり原則通りであることが確認できたので、愛称板はすべて名古屋寄に入れることにしたのですが、このように中間のキハ180ではすべて非デッキ側にきてしまうので本当にそれで良かったのかどうかモヤモヤしています。。



ユーザー取付となる金属パーツはワイパーと乗務員ステップです。ワイパーはいいとして乗務員ステップがクセモノで、そのまま付けると見事に台車に当たってしまいます。まさかこのまま取り付けてディスプレイモデルというわけにもいきますまい。



当たるといっても台車先端についている円筒形の出っ張り(この時代セラジェットは無いのでフランジ塗油器用の油壷か何か??)と当たる程度なので、乗務員ステップの片側を首の皮1枚くらいまでカットしてクリアランスを確保しました。台車側も削れば完璧ですが、デザインが損なわれてしまうのを嫌ってステップだけにとどめました。



おかげでこのくらいは回転するようになりました。恐らく当たってはいるのでしょうが、台車と床板が完全に絶縁されているのか、ショートはしないようです。



ちょっと試行錯誤が多くてまだ半分以上の車両が手付かずで残ってしまいました。今週は水曜にも休みがあるのでなんとか挽回して運転会に間に合わせたいところ。いやあそれにしても181系気動車は重厚でかっこいいですね。大馬力エンジンの咆哮が蘇ってきます。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする