きみどりの窓

通りすがりに窓から覗いてみてください。

八高線+α

2017-06-22 | 散歩
先週の熊谷に続いて今週もまた埼玉県に。

同じ埼玉県ではありますが今回は小川町。

例によってお仕事前に周辺散歩です。


写真1. 高麗川行き(キハ110)

場所は小川町駅から600mほど高崎寄りの線路沿いです。

写真2. 高崎行き(キハ111)

同じ場所から下り列車を。
見慣れない塗色で何かと思ったら「八高線全線開通80周年記念」のリバイバルカラーなんだとか。
知りませんでした。
(「八高線全線開通80周年記念」イベント実施について | JR東日本八王子支社・高崎支社)

記念イベントは2014年でしたがリバイバルカラー車はまだ走っていたんですね。これはラッキー!


写真3. 寄居行き(東武8000系)

これも同じ場所で。
手前の線路がJR八高線です。

5分ほどの間に八高線の上下列車と東上線合わせて3本を撮れました。

ただしこの日の移動は鉄路ではなくクルマでしたので列車は見ただけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊谷にて

2017-06-18 | 散歩
気付けば前回投稿から1か月以上経ってしまいました。

この1か月間、いったい私は何をしていたのでしょう?
憶えてないなあ(笑)

そして先週、仕事で熊谷方面に行ってきました。
熊谷駅に降り立ち、少し時間があったので線路沿いに歩いて或る場所に。

写真1. バーボンクラブさん

熊谷駅(南口)から歩いて10分くらい。
秩父鉄道の廃車両を店舗に利用しているというので見に行ってみました。
右に見える貨車はワム80000でしょうか。

写真2. 別の角度から

もちろんお店は開店前。
そのまま通り過ぎて・・・

写真3. 上熊谷駅

バーボンクラブさんから歩いてすぐのところに秩父鉄道の上熊谷駅があります。
予定ではここから電車(秩父鉄道)に乗って羽生方面に行く予定だったのですが・・・

写真4. 運転抑止中@上熊谷駅

熊谷駅までは運転しているということでしたが、まだ時間もあったので歩いて熊谷駅まで戻ります。

写真5. 運転見合わせ@熊谷駅

熊谷駅で状況を尋ねると、運転再開は未定、羽生まで代行バスが運行中とのこと。
とりあえず秩鉄の乗車券を買って駅前で代行バスを待ちます。

10分ほど待ったものの、代行バスの熊谷駅到着までかなりの時間がかかるというので、こちらも時間の余裕がなくなってきたので結局タクシーで移動です。

写真6. 事故現場

タクシーでの移動中に見えた事故現場。
現場はソシオ流通センター~持田間。
フジテレビの中継車の向こうに5000系(旧東京都6000形)が見えます。
個人的には5000系がまだ走っていたんだということに驚きました。

仕事の時間には間に合いましたよ。

帰りの時間には秩父鉄道は平常運転に戻っていました。
そして熊谷駅まで戻りました。

写真7. 5000系

熊谷駅に戻ると5000系が。
「もしかして事故車?」かと思いましたが、事故車は5201番だったようですからこっちじゃないですね。

写真8. 6000系

上の写真の撮影後、すぐに5000系が移動しましたので、障害物なく撮影できました。

写真9. 友人と

熊谷駅前で地元の友人と久しぶりに再会。
上熊谷のバーボンクラブで、とも考えましたが帰宅のことを考え駅前の居酒屋で乾杯しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドクターイエローを撮る

2017-05-15 | 散歩
ふと思い立ってドクターイエロー(923系)を撮ってみることにしました。

ドクターイエローの運転日は公開されていないのですが、ネットの目撃情報等から推測して比較的自宅に近いポイントで待ってみました。

場所は先日、金網越しでの撮影練習をしたところ。
(金網越しの試し撮り * 新幹線 | きみどりの窓口)

まずは練習。

写真1. こだま640号

本当に運転本数が減ってしまった700系です。

今春のダイヤ改正から定期の「のぞみ」と「ひかり」はすべてN700系になってしまい、700系は臨時便と「こだま」の一部になりました。

写真2. 後追いで


時間はちょうどお昼頃なので太陽はほぼ真横からなので上りも下りも光線はまずまずです。

こだまが行って約10分後、この日の主役がやってきました。

写真3. 主役登場



写真4. 後追いで


東海道新幹線では2019年度末までに700系が姿を消すということで、旅客列車はもう一段のスピードアップされるものと思いますが、700系ベースのドクターイエローはどうなるんでしょうかねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パール富士@上野毛

2017-05-11 | 散歩
今朝はパール富士を狙いに上野毛に行ってみました。

写真1. 富士見橋

場所は東急大井町線に架かる跨線橋、その名も富士見橋。

この橋は上野毛駅の二子玉川駅寄りにあります。
上野毛駅から徒歩でも5分ほどの距離ですが、時間が時間なので移動はクルマで上野毛駅近くの駐車場に。

写真2. 到着時

月ははっきり見えますが肝心の富士山はどこ?状態。

写真3. その時

計算上、月が富士山頂にかかっているはずですが見えません。

地面に近いところほど霞んでいて月も霞んできています。

写真4. 望遠で見る

ズームレンズをテレ端にしてみると、かすかに富士山の影が見えました。

写真5. 大井町線と富士山

始発電車の時間になったので富士山をバックにと大井町線電車を狙ってみました。

富士山がかすかに見えているのが判りますか?
タイミングよく?写り込んだ鳥(カラス?)の右に富士山があるんですが・・・

写真6. 2番電車

富士山バックはあきらめて大井町線をもう1本。
9000形ですね。

これで引き上げて帰宅は朝6時でした(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回送はまかいじ・2017年春

2017-05-05 | 縁側
話しは昨日の中央線撮影行の前にさかのぼります。

横浜線で待合わせ場所に向かっていた友人から、新横浜で「はまかいじ(回送)」を見たとの連絡がありました。

従来、はまかいじの回送は横浜線を通らない運用なので、帰宅後調べてみると今季から初日(土曜日)の運転後、橋本駅で夜を過ごして翌日に備える運用に変わったようです。

なら今日も、ということで朝だけ繰り出してみました。

写真1. 富士山をバックに

今日の「はまかいじ」はB5編成でした。

これまでは後追いでしか撮れなかったのですが、正面から撮れるのはいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加