鉄道模型とテルマエの部屋

懐かしい電車と模型と銭湯と

京成電鉄3290…開運号その10

2024-05-24 00:55:00 | 工作記録 津田沼第二工場


窓下の帯と「指定特急」のプレートは、キッチンさんのデカール。
帯は10年以上ジップロックに入れ冷暗所に保管してあったのですが、ほぼ劣化は認められず、高品質なのは流石です。
トイレ窓にカトーのAssyを嵌めました(ブルトレ用)開運号製作のきっかけはこのパーツに出会った時でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京成電鉄3290…開運号その9

2024-05-13 11:37:00 | 工作記録 津田沼第二工場


2月から作り始めて、ようやくここまで。
ある意味ワタシの趣味の原点と言える車輌だけに、慎重に進めております。
メーカー完成品ベースの工作は久しぶりで、戸惑うことも多々ありまして。

汚い話ですが、トイレ流し管。プラ角棒と0.8ミリ真鍮線の組み合わせ。大熊氏の作例を参考にしながらの作成です。

手前から三つ目の下回りに流し管が取り付けてあります。
床下機器全般はいつものクレオス#40ジャーマングレー、台車と車輪はこれも定番のクレオス#115。
車体は前面幌枠以外の金属部にいさみやのカラープライマーを筆塗りしたあと、クレオスサーフェイサー1200を塗りました。


引き続き車体にクレオス#318レドームを塗ったまではよかったのですが…

京成の実物研究の第一人者である稲葉克彦さんから「前面の水切りはファイヤーオレンジに塗り替えられた頃に取り付けられたんですよ」とのご教示。
ああ、勘違い!既に一色目を塗ったあとでしたが、慎重に削り落とし(写真右の状態)塗料をパテ代りに持ってよく乾燥させ、#800のペーパーで整形しました。

仕上げ終わりレドームで塗り直し、クレオス#79シャインレッドで下半分を吹いたところ。なんとかすっきり仕上がりましたかね。
帯が無いので新京成の様にも見えます。
3296のトイレ部分。もうひと頑張りかな。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スナップ写真のたのしみ

2024-05-09 00:44:00 | 写真のこととかカメラのこととか
中学の同級生と飲む機会が最近ちょくちょくありまして。中1の時のクラスメイトが小淵沢に越すというので、またしても神田で。
アキバからぷらっぷら歩いてきたら、中途半端に時間が余ったのでスナップ写真を。

光のよい季節は楽しいねぇ。

認めたくないのですが、街中写真はスマホカメラが最強ですね。



これがイチオシカット。オートでそのまま撮ったのと。

露出を切り詰めて撮ったのと。クルマへ色味の映り込みがイイなあ。





ポリバケツ。光と影と、斜めの線。
右の青い扉とのバランス。

その建物と、背景のビルとの対比。ちょっと平凡かな。





いやー、嬉しくなる光。







ヒカリを捉える悦楽。



















コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょうのテルマエ 荒川 藤の湯

2024-04-30 23:02:00 | 今日も銭湯、明日も銭湯。


最近7年振りにスマホを替えました。iPhone15。本当は13とか14でもよかったんだけど。
今までの8プラスがいろいろ不都合が生じてきてしょうがなくて。新しいのは動作にストレスがなくていいですね。

某日、町屋にて。美しい架線柱を眺めながら。

高架下の支柱。こちらもカッコイイねえ。


元ガソリンスタンドの建物を眺めながらぷらっぷら。

これもよくない?

川の流れのような道なりに夢中。





空き地の湿原。

この波板っぷりたまらん。

開いてたら入りたかった。

最高の看板やろ。

路地を流れる。



見つめる四つの眼。



ガラス修理は止めちゃったんかね…

このファザード!



長屋!

植物!

八百屋!

このファザードも素晴らしい。
銭湯かと思ったら計り屋さんだ。







和菓子をいただく。話し込む。

半分。

煮卵最高だった。店主さん「砂糖は全然使ってないんだよ」美味かったよ!

閉まってたけど、このイラスト。

メーテル。





昭和の酒屋。

小学生に話しかけられた「なんで撮ってるの」「カッコイイ建物だからよ!」



これは…赤いコスモ!しばたはつみの歌うMAZDA COSMO AP!いま観るとコンパクト。

お手製。

都電を眺めながらもう少し歩くと。

藤の湯さん到着。いや、混み合ってますね。
喜ばしい限り。

この日は緑茶湯。変わり湯が多くて楽しい。
成り立ちはオーソドックスな今どきの銭湯だけど、清掃も行き届いて気持ちいい。
お魚のタイル絵が可愛らしく、普段使いにしたい湯。

気持ちよかったです。ユッポくん、また来ますね。







コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京成電鉄3290 開運号その8

2024-04-19 23:35:00 | 工作記録 津田沼第二工場


TMS312号より。あの大熊重男さんも緑に塗られておりました、3295と3298のコンプレッサー。

中の方に伺ったところ、そこいらの緑のドラム缶の塗料を順番に塗っただけらしい。
クレオスの普通の緑を筆塗りで。


しかしちょいモールドが荒れてますね。

そこで当該部分をカットして、GMのCランナーに入ってたコンプレッサーに置き換え。
だいぶ先が見えて参りました。

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする