BAR Reload

大阪府門真市のBAR Reloadの新着ウイスキー情報を中心にマスターの休日の過ごし方などどうでもいい記事も多数ありです

少し前のリリースです

2019年01月10日 14時01分27秒 | ボウモア
はいこんにちは。
寒いですね。
週末には雪が降るかもらしいです。
成人式がございますので雪が降らんに越したことはないです。
成人式の頃って雪が降ってるイメージですね。
自分のは遠い昔の話です。




さてさてウイスキーのお話です。
とは言うてもまだ今年初のウイスキーはまだ入荷してません。
12月はリリースが多かったです。
年明けはまだ大きなリリースの案内は来てないような気がします。
まぁこれから来るでしょうけど。
ということで今回は少し前のリリースでやっと開栓したウイスキーのご紹介です。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓

ボウモア 2001 for信濃屋&CLUB QINGです。
去年の春くらいにリリースされた記憶です。
ボウモアが一本無くなってやっと開栓です。
まずはスペックから。
ボウモア 2001
15年熟成
リフィルバット熟成#1116
55.6%
アウトターン542本
ダグラスレインのオールドパティキュラーのボトリング。
信濃屋さんと香港のCLUB QINGのジョイントボトルです。
こんな感じです。






続きましてコピペです。
【香り】地下室、鉛筆、古木系のウッディネス。ヴィンテージの皮製品、カブ、潮風、焚き火、奥からメンソールの香り。
【味わい】口に含むと、海藻、タール、レモン、ライム、苦味の効いたオレンジリキュール、熟したグレープフルーツ、コーヒー、リコリス、海水、複雑でオイリーなボディ。
【フィニッシュ】フィニッシュは、非常に長く、パイナップル、パッションフルーツ等のトロピカルフルーツに古き良き時代のボウモアを感じさせます。
【コメント】スペックからは想像がつかない複雑な展開とボディ、熟成感は
オールドボトルにも似た陶酔感を感じさせるモンスター級の1本!。
こんな感じです。
僕も飲んできました。
鉛筆の芯、ビンテージのウッド
塩っけからの苦いオレンジ、甘いオレンジ、苦み。
南国フルーツの余韻と古木系のウッディ感。
00年代のボウモアですがしっかり複雑で素敵です。
リフィルですがシェリー&ボウモアのみんな好きな奴です。
おススメです。





今日は早くも10日です。
えべっさんですね。
福男は今年も走ったのでしょうか?
これでほんとにお正月も終わりです。
始まったばかりですが今年も早く感じるのは僕だけでしょうか?
今年もあっという間に暖かくなってあっという間に暑くなるでしょう。
そして枯葉が舞って寒くなるのです。
今年もあっという間でしょうが楽しい一年にします!
20日、名古屋のウイスキーラヴァーズにも遊びに行く予定です。
アウェー感満載でいてますのでお会いできましたらお声かけください。
それで少し救われるのです。
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!
コメント

今月のウイスキーフープ

2019年01月06日 15時56分09秒 | トミントール
はいこんにちは。
まだまだ正月気分が抜けてませんかね?
明日から仕事初めの方が多いと思います。
明日はしんどいんじゃないですかね?
何がしんどいかと言いますと目覚ましで起きるのがそもそもしんどい。
長期休暇の後は毎回そうでしょうけど、今回は休みが長い人が多かったから、しんどい人も多いでしょう。
僕はこんな仕事でございますのでほぼ目覚ましで起きない生活をしております。
ここは僕の仕事でいいところじゃないですかね。





さてさて今年一発目のウイスキーのご紹介です。
言うても去年末に入荷してまして去年末に開栓もしてましたが年末のドタバタに巻き込まれて今になってのご紹介です。
ということで本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

トミントール 1997 forウイスキーフープです。
リロードとしましても初のトミントール。
僕も正直あんまり飲んだことのない蒸溜所です。
まずはスペックから。
トミントール1997
20年
54.2%
バーボンホグスヘッド熟成
#3207
アウトターン288本
オフィシャルのボトリング。
こんな感じです。
トミントール史上初めてのPB商品だそうです。
まぁなかなかマイナーな蒸溜所なんで・・・(笑)





続きましてコピペです。
トップノート:バニラ香のあとに軽くスパイシー
ボディ:複数の香草と熟したフルーツ類
フィニッシュ:ほどよく長め、暖かさを感じる心地よい苦み。
柔らかく、繊細な味わいは最初のスターターとしてだけでなく、時間をかけて加水で広がる味と香りを楽しんでいただくのにもいい出来上がりになっ
ています。
こんな感じです。
僕も飲んでまいりました。
バニラ、バナナ、樽香、すべてが優しい香りです。
バニラ、甘いクッキー、ハーブ、
甘い香りが続きます。
こんな感じです。
優しい感じでスターターにいいと思います。
トミントールが初めてですので簡単に説明を。
トミントール蒸溜所はスペイサイド地区にありましてエイボン川の谷間に立ってます。
トミントールはゲール語で「納屋の形をした丘」。
1964年創業で蒸留器は2×2の4基。
ホワイト&マッカイとかフィンドレーターの原酒として使われてるそうです。
仕込み水はバラントアル山の泉だそうです。






今日は平成31年初めての日曜日です。
そうそう、もう皆様ご存知の第一日曜日です。
今年も第一日曜日営業していきますのでどうぞよろしくお願いします。
今年一発目は明日から仕事初めのあいにくの日程ですがお時間ございましたらお立ち寄りください。
まだ店にも行ってないのに静かそうな気配が漂ってます(笑)
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!
コメント

あけましておめでとうございます

2019年01月04日 15時44分24秒 | お店の事

皆様あけましておめでとうございます。
平成31年、2019年の幕がいよいよ開きました。
皆様年末年始はどのように過ごされましたか?
僕は近所なんですが実家に帰りましてゆっくり過ごしました。
実家に帰るとなんもしなくていいのです。
逆にすることが何もなくて退屈なところもあります。
そしてこたつという普段使わない暖房器具があるのです。
あれに入るとすぐ眠たくなって寝てしまうのです。
そして起きたら家族の寝る時間、普段寝る時間ではない僕は寝ることができず朝までうだうだ・・・。
毎年こんな感じです。
実家に帰ると時差ボケします。





さてさて今年の一発目もウイスキーのご紹介でもしようかなと思いましたがまだ正月気分も抜けませんので軽く雑談的なブログにします。
まずはリロードの営業日の案内から。
毎年同様なんですが年始は年に一度しかないので皆様覚えてないでしょうから改めてご案内します。
本日4日より営業開始いたします。
例年通り本日から通常営業スタートです。
なんか特別なこともなく通常通りです。
久しぶりに連休をいただきますと何曜日かわからなくなってますが今日は金曜日です。
ということは明後日の6日は日曜日です。
今年も第一日曜日は営業しようと思ってます。
ということで年始早々9連勤ですかね。
いつもは13連勤なので余裕でしょう!
まぁ年末に比べたら忙しくもないでしょうからのんびりやっていこうと思います。





まだお休みの方が多いのですかね?
いいなぁと思いますがそんなに休みをいただいたら社会復帰ができないような気がします。
貧乏性の僕は4連休くらいが丁度いいです。
なんかニュースなんかではUターンの混雑がみたいなこと言うてますが海外とか行ってる方は今日明日が多いでしょうね。
また楽しかったお正月のお話聞かせてください。
今年はカレンダーの関係で休み長い人多いです。






今年最大のイベントは平成から新元号へと変わる5月ですね。
イベント言うていいんかな・・・。
平成に変わった時僕は9歳でした。
小渕さんが新しい元号「平成」を掲げたシーンっていうのは覚えております。
新しい元号何になるんでしょうね。
なんか劇的に時代が変わるような気がします。
新しい年、新しい元号、実り多い時代にしたいです。
僕はウイスキーを中心にこれまで通り、これまで以上に進化していきたいと思います。
なにより、リロードを楽しいお店にしていきたいです。
皆様のお力添えが必要でございますので今年もよろしくお願いします。
ということで何のオチもないですがこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!

コメント

年末アイリッシュ

2018年12月30日 15時14分40秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
寒いですね。
年末らしい気候と言えば気候です。
皆様仕事もいったんお休みでお正月休みですかね。
今年はカレンダーの関係でお休みが長い人が多い気します。
羨ましい限りでございます。
実家に帰ったりどっか旅行に行く方も多いと思います。
また休みが終わりましたら楽しいお話をお聞かせください。






さてさてこんな月末、いや年末にもウイスキーのご紹介です。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

アイリッシュシングルモルト2001です。
まずはスペックから。
アイリッシュシングルモルト 2001
16年熟成
バーボンバレル熟成#3669
47.6%
名古屋の酒屋さん、知多繁さんのPB商品になってます。
こんな感じでしょうか。
相変わらず中身はわかりませんが2001蒸溜のシングルモルトということで二つに絞られると思います。
今年もアイリッシュウイスキーを多く紹介してまいりました。
今年最後のご紹介もアイリッシュウイスキー。
アイリッシュウイスキー普及委員会門真支部長としましては当然です。
メンバーは僕だけですけど(笑)
他の支部長もいませんけど・・・。






続きましてコピペです。
・・・ないですね。
無いのでボトルに書いてるテイスティングコメントをば。
英語表記なんですがカタカナで。
スウィート、オレンジ、蜂蜜、マスカット、熟した黄色い果実
スウィートでスムーズ、ソフト、オレンジオイル、梨、マスカット
スパイシー、白コショウ、メープル、グレープ、ビター
こんな感じです。
僕も飲んでまいりました。
オレンジとバニラ、クリームの香り。
オレンジとカスタード、胡椒の刺激、ショウガ
優しい甘さの余韻です。
こんな感じです。
アイリッシュらしいライト&スムーズの中にオレンジをはっきり感じます。
度数も高くないですしスモーキーなところもないので序盤にいいのではないでしょうか。
最近日本の酒屋さんもアイリッシュのPBを出してくれるようになりました。
少しづつアイリッシュも認知されてきたのではないでしょうか。
弊店におきましては僕がアイルランドに行ったということもあり、少しづつではありますが興味を持ったお客様が増えてきました。
僕の押し売りに付き合ってくれてくれる方も多くなりました。
そこからアイリッシュのいいところに気が付いてくれたらとおもいます。
来年も懲りずにアイリッシュの入荷が多くなると思います。
大きな心でお付き合いいただけましたらと思います。





いよいよ文末になりました。
きっと今回でこのブログの更新が年内最後になると思います。
今年もこのブログにお付き合いいただきましてありがとうございました。
なんかしょうもない軽いウイスキー紹介ブログでござますが気楽に読んでいただけたらと思います。
来年以降もゆるふわウイスキーブログを目指して更新していきますのでお付き合いいただけましたらと思います。
そして来年のこと言うてますが今日の30日はリロード最終営業日です。
普段しない最終日曜日の営業です。
大掃除に疲れたら、みんなで集まったら、ウイスキーが飲みたくなったら、僕に会いたくなったら遊びに来てください。
新年は4日金曜日より営業いたします。
6日、日曜日は第一日曜日です。
来年も第一日曜日営業する予定でございますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ということで今年はこのあたりで。
今年もお世話になりました。
皆様よいお年をお迎えください!
くれぐれもご自愛ください。
本日も門真でお待ちしております!



コメント

酸っぱいビール

2018年12月27日 14時07分48秒 | ビール
はいこんにちは。
更新の間隔が少し空きましてすいません。
年末でばたばたしてたような気がします。
おかげさまで充実の年末を過ごしております。
皆様も忘年会やクリスマスどうでしたか?
楽しい年末ももうすぐ終わります。
そして今年もいよいよ残り僅かです。
平成30年も終わりが見えてきました。
正月休みも長いみたいですので楽しいことばかりですね♪






さてさて少し間隔があいたおかげで何本かウイスキーも入荷しております。
しかしウイスキーより先に無くなりそうなので今回はビールのご紹介です。
本日ご紹介のビールはこちら↓↓↓↓↓

ブリュードッグクウェンチクウェイクです。
お久しぶりのビールの紹介ですね。
まずはスペックから。
ブリュードッグ クウェンチクウェイク
4.6%
スタイルはセッションサワーエールです。
IBU(苦味指数)10
OG(初期比重)1044
副原料にグレープフルーツとダンジェリンオレンジ
リロード初のサワービールです。
僕が習ったビールの教科書には酸っぱいビールはNGと書いてたような気がます。
時代は変わってサワービールなるものが2,3年前から流行ってるそうです。






続きましてコピペです。
グラスに注ぐと、カナリヤイエロー。グレープフルーツの白い皮やタンジェリンの甘くジューシーなアロマがふんわりと立ち上がります。
一口飲むと、軽快なカーボネーションとともにラムネやレモンジュースの爽やかな酸味が弾け、後からタンジェリンと干し草のようなホップの香り。
フィニッシュはビスケットや焼き立てのパイのようなモルトの味わいが優しく口に広がります。
香り・酸味・ボディが絶妙なバランスでマッチ!
丁度よい酸味でサワー初心者にもおすすめです。
僕も飲んでまいりました。
レモンやグレープフルーツのようなはっきりとした酸味のあるフルーツの香り。
甘みの少ないレモンスカッシュ、苦みのあるオレンジとグレープフルーツ。
若草の香りの後に香ばしい余韻。
ハッキリ酸っぱいです。
僕も始めて飲んだサワーエール。
びっくりですよ。
これがビールの最先端か思いました!
言うてもビールマニアの方からしたらサワーも今更感があるみたいです。
しかしこのサワーエール、どうやって酸味だしてるんでしょうか。
フルーツ由来か乳酸発酵でしょうね。
他のラインに間違って乳酸発酵入ったらえらいこっちゃですしね。
だれか詳しい方ご教授ください。
そしてお正月にでも調べときます。
暇やし(笑)
少しびっくりな味ですがスターターはもちろん途中のリフレッシュとしてもいいんじゃないですかね。






まだ更新する予定ですが一応年末年始の営業予定の案内を文末に。
年末は30日の日曜日(!)まで営業いたします。
年始は4日(金)より営業いたします。
6日(日)は第一日曜日ということで営業しますよ!
来年も第一日曜日は営業します。
ということで大晦日31日とお正月の三が日はお休みいただきます。
年内最終日はなんと日曜日営業です。
そんなにバタバタせんでしょう。
今日明日でお仕事納めの方が多いと思います。
帰省や旅行いろいろあると思いますがくれぐれも無理なさらずご自愛いただけましたらと思います。
年内最低もう一回は上げる予定です。
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!



コメント

クロード・モネってドイツ人?

2018年12月15日 16時00分04秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
忘年会シーズン真っただ中ですね。
皆様美味しい楽しいお酒たくさん飲んでますか?
昨日は今年の忘年会シーズンのピークの一つでしたかね。
弊店も賑やかな営業になりました。
楽しそうな皆様見てますと羨ましい限りです。
その分朝早くまで飲みまして僕も楽しい時間を過ごしました。
そのせいで少し遅い時間に更新します。
今日も少し早く出勤したいのでサッサっと行きます。






さてさて今日も懲りずにウイスキーですね。
年末にかけて多くの案内をいただいてましてそれのレスポンスが返ってくる時期です。
今回ご紹介のウイスキーも東京信濃屋さんのPB商品です。
本日ご紹介のウイスキーはこちら♪↓↓↓↓↓

アイリッシュシングルモルト1989ザンジバー×信濃屋 ジャポニズムです。
まずはスペックから。
アイリッシュシングルモルト 1989
2018年ボトリング。
約29年熟成。
平成元年の蒸溜ですね。
シェリーバット熟成。
43.7%
アウトターンは123本。
ザンジバーっていうのはドイツのレストランとかファッションのブランドです。
ジャポニズムっていうシリーズでクロード・モネの絵です。
金髪で着物って似合いそうで少し異質感を感じます。
モネはフランス人だと思います。
そして少し気になるのは度数が少し落ちてますのとアウトターンの少なさですね。
今年多くのアイリッシュウイスキーを紹介しましたが期待値高い目の89ビンテージです。






続きましてコピペです。
【香り】黒糖、ミントチョコレート、プラリーヌやアーモンドオイルの香り。
【味わい】口に含むと、熟した洋梨、パイナップル、キウイフルーツから煮込んだバナナ、苺のポッキーとスペアミント。
【フィニッシュ】フィニッシュは強烈なパッションフルーツ、パパイヤ、若いマンゴー、非常に長く続き、心地良いシェリーの甘さも感じる事ができる。
【コメント】圧倒的なトロピカルフルーツフレイバーと上品且つ繊細なシェリー樽熟成の奥行きのある熟成感が抜群の相性を見せたカテゴリーの枠を超えた1本!
信濃屋さんのしっかりテイスティングコメントです。
プラリーヌってなんでしょ?
プラレールやったら知ってます!
僕も飲んでまいりました。
甘く香ばしいシェリー香、陶酔感のあるトロピカルフルーツ。
パイナップル、キウイ、パッションフルーツ、ミント、開けたてのせいか少しピリッとしたチリのようなスパイス。
強烈なパッションフルーツと優しくほのかに香る桃。
開けたてでこの複雑さ。
まだまだこれから進化しそうな感じです。
少しいやかなりお値段しますが大変おススメです。
今年のご自身へのご褒美にぴったりです!






今日も忘年会の方多いのですかね?
今日は土曜日なので仕事より友人や家族との忘年会が多いんじゃないですかね。
飲みすぎ食べすぎには要注意ですよ。
そして毎年正月太りという言葉を聞きますがお正月前のこの時期に飲み食いが多くなってるのです。
一週間くらいでそんなに太らないですよ。
この時期食べすぎて正月明けからジムに通うってよく聞きます。
そして続かない・・・。
まさにこのブログのよう、いやまるで人生の縮図ではないか!
まぁそんなん言いながらおいしいもの食べておいしいお酒飲みたいですね。
美味しいお酒飲みたいならリロードへ!
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!
コメント

リバイバル最終章

2018年12月08日 14時53分17秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
昨晩から本格的に寒くなりました。
言うても12月に入ってますからこれくらい寒くても普通なんでしょう。
なんなんでしょうかね、急にじゃなくて徐々にっていうのは無理なですかね?
急に気温の変化が大きくなると体に堪えるのです。
いよいよ年末です。
皆様暖かくして体調崩さぬようにご自愛ください。





さてさて先月からティーリングのリバイバルシリーズを何本か紹介してまいりました。
今まで4本。
この4本はすべて少し前にリリースされたウイスキーでした。
そして今回そのリバイバルシリーズ最終章の第5弾のご紹介。
そしてそしてほんとに最近発売されたばかりの第5弾のご紹介をすぐできる喜びです。
ということで本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

ティーリングシングルモルト ザ・リバイバル第5弾ブランデーカスク&コニャックカスクフィニッシュです。
まずはスペックから。
ティーリングシングルモルト ザ・リバイバル第5弾 ブランデーカスク&コニャックカスクフィニッシュ 12年
46%
バーボン樽で12年熟成してブランデー&コニャックのカスクでフィニッシュ。
フィニッシュ期間は書いてませんね。
アウトターンは15000本。
こんな感じですね。





続きましてコピペです。
香りは焼いたアーモンドから搾りたてのブドウとシトラスフルーツへと変わる、味はクリーミーなハチミツ、フローラル、シナモン&レモンピール、フィニッシュはドライで長く焼いたアーモンドとウッド。
もう一つありました。
香りはグレープ&フローラル、バニラ&ハニー、ボディはソフトでバニリン、フローラルな甘さとマスカット、レモンピール、フィニッシュはややドライでビターに長く続きます。
こんな感じです。
僕も飲んでまいりました。
ブランデー樽由来なんでしょうかブランデーっぽい香り、クリームの挟んだウエハース、香ばしいナッツ。
バニラクリーム、ミルクチョコレート、蜂蜜、レモン。
香ばしい香り、ブランデーっぽい香りと甘い樽香。
こんな感じです。
よくテイスティングが難しいと言われます。
御覧の通り、三者三様でいろんなこと言うてます。
皆様思ったこと、感じたことを言うていただけましたらと思います。
そしてほかの人のコメントを参考程度に見るくらいでいいと思います。
甘い、フルーティー、スモーキー、香ばしいくらいでいいのです。
そのあと、どう甘いのか、どんなフルーツなのか、煙たいだけなのかヨウドあるのか、ナッツなのか麦なのか焦がした匂いなのか、あとから自分なりに分けれたらいいんじゃないでしょうか。
考えるのではなく感じるのです。
ブルース・リーもそう言うてました。
アチョー






昨晩は忘年会シーズン初日だったんじゃないでしょうか。
おかげさまで弊店も賑やかな営業ができました。
近年は忘年会なんかも減ってるそうですが年に一度くらいそんなに仲の良くない職場の人達と飲むのもいいんじゃないのかなと思うのです。
若い人たちの中にはなんで金払って楽しくない上司たちと飲まなあかんねんくらい思ってる人もいてるそうです。
家族や友人と飲んでるほうが楽しいじゃないか!
まぁそうなんですよ。
家族や友人のほうが気を使わなくて楽しいんですよ。
そんなんみんな知ってるんです!
上司の方は少しでも若い人たちに気を使わないように偉ぶらず、驕らず、自慢せず、そして何より楽しくです。
若手の人はどうにか楽しいとこ見つけてください(笑)
ちょっと前にネットニュースで見たんですがとっくりのお酌の仕方みたいなんあったじゃないですか。
注ぎ口みたいなとこから注いだらあかんみたいな奴、あったでしょ?
あんなんあるから若手が委縮するんですよ。
せっかく気を使ってお酌しとんのに注ぎ口から注ぐなとか、瓶ビールのラベルを上に向けろとかそんなんどうでもええやんと思うのです。
がたがた言わんとありがとういうてあなたも若手にお酌したらんかい!
なんなら上司のほうが積極的に若手にお酌したって下さいな。
ただ無理させて飲ませてはいけませんぜ旦那。
最近の若いもんは・・・とか言うてますがその若手を育てたのは今いる大人たちということを忘れてはいけないのです。
なんか時代が違うし年齢も違うし考え方が違うのは当然なんです。
それを否定せんと受け入れてみてはいかがでしょうか。
結局僕が何が言いたいかっていうたら僕も忘年会に行きたいってことです!
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!
コメント

マスカット

2018年12月07日 14時13分23秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
昨日更新しようと思ったらソフトバンクの通信障害で更新できませんでした。
あんなお仕事真っただ中の午後に通信障害、まじないっすよね。
せっかく更新しようと思ってたのに・・・。
そんなわけないやろと思ってるでしょ?
そんなわけないです(笑)
ただただいつものおさぼりさんです。
このおさぼり癖はいくつになったら治るのでしょうか。
不治の病の可能性が高いです・・・。
ドラゴンボール集めてシェンロンにお願いしようと思います。





さてさて今日も懲りずにウイスキーでございます。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

ティーリングシングルモルト ザ・リバイバル第4弾 マスカットフィニッシュです。
リバイバルの案内が第3弾のピノデシャラントで止まってました。
今回は第4弾、マスカットフィニッシュとなっております。
まずはスペックから。
ティーリングシングルモルト ザ・リバイバル 15年マスカットワインフィニッシュ
46%
バーボン樽で14年、マスカットワイン樽で1年後熟。
マスカットワイン?ってなりますよね。
基本的に甘口のワインに多く使われるブドウの品種です。
一口にマスカット言いましても食べるやつもワインのやつもいろいろあるのです。
モスカテルウッドフィニッシュとかよく聞きますでしょ?
あれですあれ。
ただ、マスカットで作ったワインはもちろんあるのですがポルトガルの酒精強化ワイン、モスカテルもあります。
多分今回はワインのほうの樽じゃないでしょうか。
知らんけど。
マスカット、ミュスカ、モスカート、モスカッテ、モスカテル、モスカテル・・・バンザーイ!バンザーイ!
こんな風に変わるのです。
嘘ですから。
アウトターンは10000本です。
嘘ついたらあかんスペックのところで嘘ばっかりついてますがこんな感じです。
虚構と真実が表裏一体、まさに現代の写し鏡のようです。






続きましてコピペです。
香りはマスカット、ローズ、オレンジピール、バニラ、ボディはソフトでフローラル、ピーチ、マスカットで甘くフルーティー、フィニッシュはビターでややドライに静かに長く続きます(インポーターコメント)
もう一個ありました。
香り:かすかなフローラル、桃、パイナップルとみかん。
味わい:熟したフルーツとスパイス、かすかにバニラとクリーム。
フィニッシュ:ドライでタンニンとウッドが長く続く。
僕も飲んでまいりました。
バニラ、マスカット、パイナップル
甘みと酸味のフルーツ、バニラ、蜂蜜、最後に優しいトロピカルが微かに。
フルーツと甘い白ワインのような樽香
こんな感じです。
しっかり白ワインのファクターがあると思います。
お値段もお手頃ですし加水ですが46%ありますので飲みごたえもございます。
おすすめです!







なんか年末にかけて酒屋さんの案内が多く来ております。
すべてに付き合うのは貧乏ローカルバーには不可能でございますが欲しいと思うものは買いたいなと思うのです。
なんかお金のこと気にせずウイスキーをポンポン買いたいです。
なんやかんや買ってますがこう見えていつもいろんなこと考えて買ってますの。
年末に高額ボトルの案内がどんどん来てます。
頑張ってお仕事しましょ(笑)
今日はご近所の大手家電メーカーのボーナス支給日だそうです。
僕は生まれてこのかたボーナスをいただいたことがないのです。
そんなかわいそうなリロードマスターもボーナス気分を味わいたい!
たくさんのお客様のご来店をお待ちしておりますよ♡
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!
コメント

ピートタイプのイチローさん

2018年12月02日 15時47分58秒 | ベンチャーウイスキー
はいこんにちは。
今日も穏やかなお天気です。
紅葉もそろそろ最後でしょうかね。
街はすっかり冬模様ですがまだまだ秋の気配も残っております。




さてさて今日も懲りずにウイスキーのお話です。
ものすごくお久しぶりに入荷しました蒸溜所のウイスキーの紹介になります。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

イチローズモルト 秩父 ザ・ピーテッド2018です。
すごくお久しぶりなイチローさん。
なかなか手に入りにくい状況が続いておりますイチローさん。
まずはスペックから。
イチローズモルト秩父ザ・ピーテッド2018
55.5%
ノンチルフィルター、ノンカラーリング。
アウトターンは11550本
かなりあると思うのですが買いたい人が買えないようです。
本品は、秩父蒸溜所で仕込ん だピーテッドタイプのシン グルモルトウイスキーです。
製麦作業でピート(泥炭)を使用して麦芽を乾燥させているために、スモーキーな個性の強い原酒になりました。
コピペより引っ張ってきましたが自家製麦してるやつですね。
いま日本で自家製麦してるのはここだけではないでしょうか?
もしかしたらどっかもしてるかもしれません。
ちょっと思いつかないです。
大手はもちろんしてません。
余市蒸溜所でフロアモルティング体験はさせていただきましたが使用してないとのことでした。
だいたいどこの蒸溜所もキルン塔はあるのですが飾りであったり使用してなかったりです。
こんな感じです。




続きましてコピペです。
重みのあるピート香と、その奥に香る完熟前のバナナの様な甘さと酸味。
バランスよく主張しあうスモーキーさと フルーティーさは、加水でさらに余韻を柔らかく響かせます。
こんな感じです。
すいませんまだ飲んでおりません。
開栓はしておりますのでお気軽にご注文いただけたらと思います。
お値段もプレミアム価格ではございませんし、お求めやすいです。
さっきも言うたんですが一万本もアウトターンあるのに何で買えない人がいるんでしょうかね。
海外にも出てるでしょうけど改めてウイスキー人気を感じます。
そして日本のウイスキーの人気の高さですよね・・・。
いつなったら落ち着くんでしょうかね。
秩父蒸溜所も増産体制に入ってきたそうなので少しは買いやすくなるかも・・・。
知らんけど・・・。







さぁさぁ今日は第一日曜日ですよ!
今年最後の第一日曜日です。
お時間ございましたらお立ちよりいただけたらうれしい限りでございます。
どうにかこうにか今年も第一日曜日の営業が続けられました。
心折れることなくできましたのは皆様のご来店のおかげでございます。
来年も一応、第一日曜日営業を続ける予定でございます。
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!


コメント

今月のウイスキーフープ

2018年12月01日 15時43分14秒 | グレンファークラス
はいこんにちは。
いよいよ12月に入りました。
平成最後の12月です。
最近盛んに「平成最後の」って耳にします。
平成最後の12月。
でもね言い換えれば平成30年最初の12月なんですよ。
言い方が違うだけで毎日毎日、最初で最後の一日を皆様過ごしているのです。
とは言え平成が終わるのは何か感慨深いものがあります。
平成の時代は他の時代に比べてどんな感じだったんでしょうか。
日本で言いますと災害は多かったでしょうが戦争はなかった。
半年後にはこのようなテレビ番組が多く放送される予感です。







さてさて月の初めの紹介としましては三か月ぶりになります。
ウイスキーフープからの新着情報が本日のご紹介。
本日ご紹介のウイスキーはこちら↓↓↓↓↓

グレンファークラス1994forウイスキーフープです。
まずはスペックから。
グレンファークラス1994
57.0%
シェリーホグスヘッド熟成
#3987
アウトターンは220本。
ウイスキーフープから毎年恒例のクリスマスラベルです。
こんな感じです。
94と言えば神戸のメインモルトさんの25周年ボトルが最近ありました。
あちらもすごかったのですがこちらもすごい予感。
94がいいビンテージの予感でございます。






続きましてコピペです。
ダークチョコレート、アーモンド、ラムレーズン、フルーツケーキ、上質なタンニン、アニス。
ウイスキーフープらしい簡潔なコメントです。
僕も飲んでまいりました。
上質なシェリー香、ハッキリとわかるカカオ成分の高いチョコレート、高級家具、ラムレーズン
酸味のあるチョコレート、ドライのナツメ、レーズン、ドライクランベリー。
チョコレートと優しい甘さのある樽香、ミント。
こんな感じでしょうか。
開けたていただきましたが結構複雑にテイストが拾えました。
この時期、暖かいお店で時間かけてゆっくり飲むのに最適な一本です。
まさに冬向けのモルトです。
少し高いですが非常におすすめです。
来年以降ファークラスの値上げが決まってるそうで今のうちに飲んどいたほうがいいと思います。
ウイスキーの値上がりが止まりませんねー。






ほんといよいよ12月。
毎年早いもんです。
皆様お酒を飲む機会が多くなると思いますがくれぐれもお気を付けください。
楽しくほどほどにです。
なんか言いたいけど個人情報をさらしてしましそうなんでやめときます(笑)
まぁあいつ記憶ないやろうけど・・・(笑)
そんなこんなで12月ですが明日は2日の日曜日です。
第一日曜日ですよ!
今年最後の第一日曜日営業でございます。
お時間ございましたらこのファークラスでも飲みに来ていただけたら感謝感激でございます。
ということでこのあたりで。
本日も門真でお待ちしております!



コメント