善然寺よもやまばなし

横浜の浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
電話 045-741-2351
http://zennenji.com/

お経の会の巻

2024-05-27 | Weblog

5月27日(月)

写真は昨日のお経の会

拍子木のようなのが「節柝(せったく)」

大谷派では音木(おんぎ)と呼ばれているようで各宗派で呼び方が違うようです。

唐木でできていて重く 黒檀のような黒っぽいのと紫檀なのか茶色っぽいのがあり大きさもそれぞれ違ってます。

音が大きくても甲高かったり 小さくてもキンキンに響くのもあります

6セットもあるのが不思議ですがと住職が言ってます。

使い分ける?

阿弥陀経の●区切りの頭で打ちながら読みながら・・・・

僧侶が鳴らすため私どもは触ったことがない 鳴らしたことがない初体験でした。

1定のリズムばかりではなくスタッカートのようなシンコペーションのような所がたまにあります。

築地本願寺など大きな法要などで節柝を打つ係は若手の下っ端かと思われがちですが 

ちゃんとお経が称えられ 

間違えなく打つ 

お経本を繰りながらすすめられることができないと大変難しいと住職が話されました。

なるほどですね~経験者語るですね

築地本願寺のご法要などで僧侶がお内陣に座られるときの どっち向きに回転する?

僧侶も迷う あるある話も住職は

門徒さんを座らせて説明くださりました。

へ~~~知らない世界

昨日は日曜日 

職人さんがいないので・・・・・燻製にチャレンジ

鶏肉は奇麗にできました。

次はカマンベールチーズと住職が希望するシュウマイとウインナーと明太子

作り置き食材として多めに作りましたがほとんど無くなってました。

葱 ゴボウ 茄子の揚げびたし

本日は中庭のペンキ塗り

まだまだ工事は続きます。

本日これにて

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

足場がとれましたの巻

2024-05-25 | Weblog

5月25日(土)足場がとれました。

スッキリとしました。

外壁のペンキは終わり雪止めの屋根工事もいつのまにやら終わっているようです。

第2弾の藤がみごとです。

1部だけではなく全体に咲いていることが足場がとれて判明しました。

今週の火曜日から木曜日まで解体作業でした。裏の足場がとれ表側が最後の足場あり本堂 

3日間解体の金属音に近隣の方々へご迷惑をおかけしました。

ザクロが花盛り

本堂裏からの景色も久しぶりに見られます。

高校の栗の花が満開です。

善然寺ビワが色づいてきました。

足場があると採りやすいと思っていましたが

残念 足場には薄いメッシュの幕が張られ 幕の外にビワがあり取るにとれない状態でした。

住職はサクランボを鳥に捕られたのでビワはそうはさせまいと大きなのを採っては食べています。

まだ酸味があるようです。

足場がなくなり気づくキササゲの花

これは永代経法要の時に仕入れたカラーの花ですがブライダル用らしく何とも言えない美しい色あいでした。

写真は「茄子の揚げびたし」です。

我が家の茄子の人気No1料理

ただ・・・茄子が油を吸って私の体に蓄積されていくのが難点

茄子を塩水につけると油が減らなくて吸わないし良いと書かれていて

早速一晩塩水に浸けてみました。

何時間で塩水を吸ってしまうのかは定かではありませんが

数時間はかかるとおもいます。

揚げるときに絞れば水がジャーっと出そうなくらい水を吸っていますが

周りだけ水滴を拭いて揚げ油に入れても ポンポンはじかずなるほど!でございました。

油もあまり減ってないような・・・・

これで体に蓄積しなければもっと良いです。

本日これにて

 

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

同時進行の巻

2024-05-21 | Weblog

5月21日(火)宗祖降誕会です。

写真は昨日の会館のガラスにフィルムが貼られています。

急遽お習字寺子屋は無しにさせていただきました。

雨降りが多く 工事の計画が大幅にずれ込んできています。

このガラスフィルムは

防犯・災害時に貼っていると良いそうです。

外の景色の見え方は今までと変わらないと聞いています。

昼休みに職人さんがいないときに会館へ入って

「ほ~~~なるほど今までと全く変らんわ~」とガラスをみたらまだ貼っていませんでした。

夕方完成したらしく見に行ったら

「ほ~~~~なるほど今までと全く変わらんわ~~」でした。

スマホの画面に貼るときですら空気が入ったりしますが

まったくそんなのないのです。本堂もです。

びっくりです。UV加工も施しているそうです。

へ~~~~泥棒もびっくりでしょうね~

そして長男の婚儀の司婚をお願いしている

世田谷の正法寺ご住職夫妻と

鎌倉組善行寺ご住職夫妻がお祝いにみえてくださりました。

2階のお座敷は物置き部屋にはなっていないのでなんとか座っていただけます。

孫も加わり集合写真

 

お忙しいなかをありがとうございました。

どうぞよろしくおねがいいたします。

本日は足場が解体されていってます。

部屋から部屋への物の大移動があっちでもこっちでも同時進行

 

最近門徒さんからいつ終わりますか?と聞かれます。

6月下旬には終わると思います。思いますが雨が・・・・・

 

そしていつかは物がキッチリ収まる?

誰が元通りにする?私?そんなことが頭のなかを駆け巡ってます。

大丈夫 住職も娘も一緒に・・・・

 

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久良岐公園にて採取の巻

2024-05-19 | Weblog

5月19日(日)本日は13:30より蕎麦打ち教室

14時より篳篥の練習日となってます。

興味のある方はお寺の門徒に限らず入会できます。

是非一度お試しあれ

雅楽に興味が出てときどき住職と吹いておられる方は別の会で先生方からご教示いただき来月の発表会では舞楽・蘭陵王を舞うまでになられたそうです。

素晴らしい行きたいです。

 

写真は昨日の本堂前の藤です。

不思議なことです。

もうすでに終わったはずですが

第2弾が咲き始めたのです。

まだまだ蕾が見えます。

不思議です。

サクランボもこのように2度できたらいいのにね~

下の孫はリュックに網を突っ込んでママと出かけていきました。

何処へ?

その間うえの孫は一人遊び

そして法事の合間に「あつおのぼうけん」(養護学級の子供が冒険にでる絵本)を読んであげると

午後、触発されたのか偶然なのかジージに探検してくると言って裏庭まで一人で回ったらしく

「ピンクのお花が綺麗」とジージに教えたらしくビックリ

足場で蚊帳の外状態に置かれていた石楠花に気付いてくれたらしく会館の前に移動

良かったです。気づいてくれて

まだまだ咲きそうです。

石楠花で~す。

職人さんが帰った後、毎日「今日はどこをやったのかね~」と住職と見て回ってます。

足場にはあがりませんが見える範囲で・・・・

ペンキの塗り方に「いい仕事してますね~」と言いたい

今までとは違うように感じます。仕事キッチリ 女性の職人さんが数名おられます。

高所でも平気なようです。

 

役員と外壁の色を決めるとき

「白ほどごまかせないからね~黒は色んな色を混ぜて作れるが・・・・」

なるほど

わたしも壁に顔を差し出したら綺麗に塗ってくれるのかしら?

数年どころか十数年は落ちない超美白メイク

久良岐公園で捕ったザリガニ

糸にサキイカをぶら下げると釣れるらしく孫たちのペットとなりました。

一生ザリガニの世話をすることが条件

数日・・・飼育箱がなく蓋のない器に入れていたら夜中に脱走をして隣の部屋の裏口のドアまで歩いて?はって?いったようです。

出口こちらを知っていたかのようにドアの前に潜んでいるところをジージに捕獲されました。

ダイソーにて求めた飼育箱に引っ越して平和に過ごしています。

脱皮はきれいにしています。

ジージがしきりに「野菜だけじゃ~可哀そう タンパク質は?」

娘曰く「脱皮した自分の抜け殻を食べてるから良さそうだけど」

殻はタンパク質?カルシウムじゃない?

バーバ思わず「ソフトシェルクラブみたい」と美味しい柔らかい蟹揚げ物を想像してました~

ジージが金魚のえさをあげると喜んでたそうです。

本日これにて

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

永代経のその後の巻

2024-05-16 | Weblog

5月16日(木)

写真は先だっての永代経法要の喚鐘が打てないことが開始前に判明

家の窓すべてに薄いビニールがラッピングされています。

係の役員さんは喚鐘のかわりに鏧(きん)を鳴らしたようです。

上の孫は長男の嫁に抱っこされ 下の孫はママに抱っこされご法話をお聴聞

孫たちは長男の嫁のKさんを綺麗な若いお友達と思っているようです。

若いのと綺麗なのが相まってより好きなようです。

お膝に乗せてもらえラッキーなのですが大きなあくびを時々します。

法話中で失礼なことを・・・・

すかざず横から手で口を塞ぐこと2回

法要終了直前 上の孫がピアノの下でほふく前進開始

静かにできるようになりましたがまだまだ要注意です。

 

お陰さまで永代経法要を終えホッとしたのも束の間

工事の現実に戻り

日々片付けに追われています。

今朝も雨が降ってました。

晴天つづきなら足場は無いらしいのですが

雨降りでまだまだ足場はあります

中庭にもまだ足場があります。

台所を本日は解体

今までありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。

しばらく孫が寝起きする部屋で食事をとることに

冷蔵庫が身近にないと不自由なため

会館の冷蔵庫を一人で動かしてみる

動くじゃん

泥棒が金庫を動かすのとちょっと似てる?

馬鹿力が出る

でも廊下の絨毯で止まる

丁度、通りかかった工事の方がひょひょいのひょいと一人で運ん

でくださるgood job

肝心な雨樋は出来上がっているらしいのですが

土砂降りにならないと玄関先にどう影響かがわからない

雨は降ってるが土砂降りまで至ってない

土砂降りだと、いままではナイアガラの滝のように玄関前に雨が落ちてきました・・・・ナイアガラには行ったことないけど

本日これにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

永代経法要の巻

2024-05-13 | Weblog

5月13日(月)昨日は永代経法要へようこそのお参りでした。

ご講師の見目麗しい大江宏玄先生は軽快なお話です。

気が抜けない部分もあって急に「坊守さん・・・・」と

話が飛んできます。

「え?そんなことありましたかね~」と記憶がない

住職にも話が吹っ飛んきました。

ぼ~~っと聞いとられん

いつのまにやら仏さまのお話にどっぷり浸ってました。

ありがとうございました。

お聴聞のカードが満点になった方々への表彰もありました。

 

お陰さまで石川へのチャリティーバザーも完売

役員の皆さまお世話になりました。

ありがとうございました。

本日これにて

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サクランボの巻

2024-05-08 | Weblog

5月8日(水)

雨が多く外壁工事が進まない 現場監督さんが嘆きます。

昨日、ゴールデンウイークが終わりましたがお天気が悪く外壁工事は中断

この足場でサクランボは、めだちませんが徐々に大きくふくらみ

色もほんのりついてました。

今年もとっても沢山採れそうでした。

が、ムクドリが食べに来たらしく・・・・

住職のすぐそばで(50cm)どうどうと食べているそうです。

種が軸に残っているのがあちこちにあります。

足場があるから見えにくいのに関係ないみたい。

私ども1つも食べてません。

孫が「なぜ小鳥はサクランボを食べに来るの?」と聞くのです。

甘い?

色はまだ紅くなんですけど・・・・

鳥さん孫と私の分はとっといてね~

本日これにて

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お磨きでしたの巻

2024-05-07 | Weblog

5月7日(火)先だって5日は仏具のおみがき日でした。

お忙しい中お集まりいただき有り難うございました。

お陰様でピッカピカになりました。

会館の金灯篭は洗ったことがなくちょっと外して薬品液に浸すことにしました。

何年ぶりなのでしょうかね~私どもは初めてです。

軽くて薄くて折れそうな金属です。

金灯篭といいますが材質が黄金ではありません

合金でございます

黄金ならね~磨く必要なしです

 

ほこりや煤で色もどす黒くなってますが

どこまでどうなるやら

ピッカピカのキンキラキンになる?

なりませんでした。

寄贈された山路寅次郎さんいつの頃のご門徒さんでしょうかね~

前坊守がいたら知っていると思います。

戦時中の金属供出から免れた仏具とお見受けします。

 

朝ドラの主人公 寅子でトモ子らしいのですが皆からトラちゃんと呼ばれているので

山路さんも寅ちゃんと同じですね~

これが精いっぱいでした。

でも埃もなくなり綺麗な姿となりました。

6角の透かし彫りの面は1枚ずつスライドして取り外せる仕組みでした。

役員さんが「いい仕事してますね~」とあちこち見入ってました。

大忙しのご門徒・南部直登さんは会社スタッフとおみがきに参加され

食事もされずレディオ湘南FMに出演されるらしく出発されました。夕方18時の番組 来週も出演されるようです。今はスマホで全国のラジオが聞けます。よろしければぜひ

お昼はカレーでした。娘作・・・カレーにはチキン・玉ねぎ・ホンシメジ

スパイス アート カレー 中辛

ハウス食品の顆粒が超美味しいです。

今まで作っていたカレーは、こんな味をつくるのにりんごやチョコレートなど様々な材料を入れて作っていましたがこれは溶けたらもう翌日のカレーのようなスパイシーでコクのある味わいが出来上がってます。感動です。

以前若いころ大分県中津市に「胡桃」喫茶店で食べたのがこんな味のカレーだったような気がします。

これは蒔田のライフに売られています。

どこにでもあると思います。

お陰様で永代経法要はピッカピカのお内陣となります。

有り難うございました。

私事ですが豊前から北九州の施設へ入所していた鬼木(苗字・おにき)の母が1日に亡くなりました。

91歳

2日3日と通夜葬儀に帰ってまいりました。

いつかこんな日がくると思いすっとんで帰る支度はしていたつもり

来月の長男の婚儀の準備も同時並行にして小物類 婚儀類は金の箱

葬儀類は黒い袋に詰めておきました。

そして我が家は只今、壁紙張替えで部屋の引っ越し 大方付けの真っ最中

隣の部屋へすべて荷物は移動 荷物の上にまた荷物を置く状態

姉からの連絡に今まで準備したのがどこへやら

娘に手伝ってもらい荷造りをして新幹線へ飛び乗りました。

徳山のコンビナートあたり

瀬戸内の島々も遠くにみえてのどかな風景に心が慰められました。

2013年6月29日門信徒会で豊前へいき住職の実家・浄福寺や母が待つ実家へも皆で行ったことが懐かしいです。

実家の庭の手入れに精魂こめていた母も懐かしく思い出します。

お浄土で腰をのばしてのんびりしてほしいです。

 

そして今までお世話になったみなさまへお礼申し上げます。

有り難うございました。

本日これにて

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地本願寺へお参りしましたの巻

2024-04-29 | Weblog

4月29日(祝・月)

写真は昨日の築地本願寺 親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要へ参拝しました。

12名の参拝に右端・長男も加わって撮りました。

好天気に恵まれたご法要も本日にて円成を迎えます。

初日と翌日は前御門主さま 3カ目からは御門主さまご親修のご法要でした。

庭儀から厳かに始まり850年に新しく作られた譜でのお正信偈のおまいりでき良かったと思いました。

つぎは50年後

前回の誕生800年のご法要は1974年でした。

そのご法要は誕生800年を縮めて「たんぱち」と(業界で)称されてます。

今回は「たん何?」といわれるのでしょうか?

お斉弁当も美味しくいただきました。

お祝いの御膳なのですね

塩小豆のご飯・・・親鸞様が大好きだったと言い伝えられている小豆

鴨ロースやエビの煮物もお好きだったのでしょうね~と関東でお過ごしになられた親鸞様

きっと鴨も食べていたことでしょうね~

解散後・・・紫水の喫茶店にてお抹茶マカロンアイスなるのをいただいてほっと一息

マカロンアイスなど初めてです。

築地本願寺へ個人懇志には築地本願寺オリジナル ガチャポンがありました。

団体参拝者には無し回したかったです~ガチャポン

上記3枚は孫たちが29日・本日参拝

写メールが届きましたので掲載します

まだ帰って来ていません

帰りの京急上大岡駅に

「帰ってきた あぶない刑事」の宣伝でしょう改札口に展示 レパードがありました。

住職は懐かしいね~と見ていました。

3日の「ザよこはまパレード 開港記念みなと祭」に舘ひろしと柴田恭兵も最後にパレードにでると宣伝されています。

賑やか間違いなしでしょうね~

本日これにて

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花盛りの巻

2024-04-25 | Weblog

4月25日(木)

久しぶりに晴れて暑くなるようです。

ご門徒さんがご法事にみえられて

「3月お寺の彼岸会のあとコロナにまたなってね~2度目だよ~○○商店街の店主はコロナで同じ頃亡くなられてね~・・・」

亡くなられた方はお気の毒です

ご門徒さんはお元気になられてましたがコロナはまだまだ潜んでいるようで怖いです。

手洗い消毒はしっかりしなければと思います。

藤が満開となりました。

工事の足場があるため気づかない

今日は晴れるので藤の花の香りがただようと思います。

モッコウバラも花盛り

これも足場に遮られ誰も取りにも行けない状態

孫達が種まきして育ったキンセンカが咲き始めました。

綺麗です。

歩道にはツツジが満開

鎌倉街道の南小学校前はピンクが延々と続きます。

晴れたので散歩に行けたら・・・・

本日これにて

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コンサートを終えての巻

2024-04-21 | Weblog

4月21日(日)

写真は築地本願寺御本堂

音御堂スペシャル at築地本願寺 2024 - YouTube

この日のために練習してまいりました。

平田聖子先生のご指導とこのために作られたご和讃の曲も素晴らしかったです。

第3部のゲスト 国府台女子学院(本願寺派宗門校:千葉)の歌に感動しました。

涙があふれる歌の響でした。

NHKコンクールで金賞受賞の放送を見ましたが

実際に見ると「さすが!」この歌声はどうやって作られる?

「瑠璃色の地球」の歌が特に感動しました。

是非YouTubeでお楽しみ下さい。

行く電車内にて品川神社のツツジが咲き始めています。

てっぺんに鯉のぼりがつるされています。

火曜日まだ桜があります。

善然寺の藤が咲き始めています。

足場があるためゆっくりながめられないのですが

町会の前世話人さんへ藤の花をお裾分け

うまく水揚げするとよいのですが・・・

我が家の春の味

柿の葉の天ぷら

筍の豚肉巻揚げ

食べやすく切って揚げました。

春ならではの味は楽しまないとあっという間に過ぎ去っていきます。

筍の先の柔らかい部分は年寄りが優先的に食べて子供の頃は食べられなかった思い出があります。

この年になり優先的に食べられます。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音御堂スペシャルの巻

2024-04-19 | Weblog
本日13時より築地本願寺にて
親鸞聖人御誕生850年.立教開宗800年慶讚法要記念行事として『音御堂スペシャルat築地本願寺2024』があります。
入場無料 YouTube配信もあります。
私は寺族女性合唱団、沙羅で団体発表1番目に歌います。
本日は頑張ります。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイスは1日1個の巻

2024-04-16 | Weblog

4月16日(火)

写真は14日法話会のご講師:小柴先生のご法話です。

先生は江戸っ子のような語りにひかれます。

改修工事中のためでしょうかお参りが少なく法話会はないと思われたのかしら?

そんな気をもむ日でした。

御法座や法話会はいつも通りにお勤めしますので是非ご予定ください。

筍ご飯が女子役員さんのお陰でささっとできました。

豊洲市場から鹿児島産筍4本を背負って帰ったあの筍のご飯です。

山椒の葉は善然寺産です。

大きくなりすぎるのが残念な山椒です。

法話会終了後は役員さんが門信徒総会資料・会費振込用紙や永代経法要ご案内などの発送作業をしあげてくださり任務完了の一日でした。

お陰さまでひとつひとつが終わっていきます。

本日のブログを書くときに久しぶりにアカウントの確認から入力となり

手こずりました。

顔認証もスマホでやらないと・・・結果 顔認証は低いとでました。

顔認証のどこが低い?

どうしたら高い顔認証になるのでしょう?

どこにでもありがちな顔ということ?

鼻は低いけど・・・・

整形が良いってこと?

顔認証が低くてもパソコンが開きブログへと入れました。

1年に1度のことならよいのですが・・・・

 

写真の風船は下の孫が弘明寺公園のイベントでもらったらしく

保育園から帰るやいなや誇らしげに見せてくれました。

一人ずつ皆にくれたらしくさぞ大喜びの散歩だったと思います。

 

時々下の孫はバーバも同罪にしたいのか

「アイスを食べるからバーバのぶんもあげる」と気を利かせ私にもアイスを持ってきてくれる

アイスは1日1個と決まっているが・・・・守れないのが下の孫

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

法話会ですの巻

2024-04-14 | Weblog

4月14日(日)

本日は13時30分から法話会です。

どうぞ皆さまお参り下さい。

ご講師は小柴隆幸師です。

写真は12日のみなとみらいの桜並木

今年は遅かったので丁度見頃のようです。

12日は坊守会でした。天気予報と違って小雨が降り慌てましたがなんとか濡れずに帰りました。

本日はこれにて

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チューリップの巻

2024-04-12 | Weblog

4月12日(金)

サカタのタネにて求めたチューリップがお見事

ユリ科のチューリップもバラと同じく花びら全体が青色の花がなく開発に力を注いでいるそうです。

香りはウコンのような埃っぽいことから和名は「ウッコンコウ」と名付けられているそうです。

牧野植物図鑑には1,970年頃まで「ボタンユリ」と名付けられていたそうです。

 

最近は香りの良い品種も作られているそうです。

球根を大きくするには開花2日目で花を切り取るそうです。

タネからの栽培では5年かかって開花するそうです。

映画女優の「オードリー・ヘップバーン」という名の薄桃色のバラと純白のチューリップがあるようです。見てみたいです。

本日これにて

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする