善然寺よもやまばなし

横浜の浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
電話 045-741-2351
http://zennenji.com/

ダンボールの巻

2008-06-30 | Weblog
◎ 灯明は、み仏の智恵と慈悲をたたえるためにともします。野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

本日 13:30より蕎麦打ち教室開催です。
どうぞ どなたも歓迎します。

今年の梅雨は気温が高くなく 過ごしやすいですね~と昨日お参りにみえられた門徒さんに言いましたら

「いえいえ腰が痛み嫌な気温ですよ」とおっしゃる

あら~若々しいのに腰が悪いとは 知りませんでした・・・・

どうぞ無理をなさらず 時には 休憩をたっぷりとってのんびりお過ごしくださいね~

かく言う私も 今日は頭が重くちょっと寝たいな~と思っていましたが 捨てるはずのダンボールが裏ドアの靴置き棚にリサイクルできるかなと ふと思いつきました。

いつも散歩用シューズと散歩必需品の広告チラシが乱雑に・・・斜めに傾いて・・・

ダンボール工作の始まり始まり・・・

そこへ住職が現れ ちょっと貸して・・・カッターナイフでシャーシャーと切り

あっという間に完成 お上手なことすっきり良くなりました。

ついでに食品置き場も・・・いつの間にか頭の重いのも忘れて・・・


コメント

西むく侍の巻

2008-06-29 | Weblog
◎ リン(キン)は、読経の前後や中間に定められた作法で打ち鳴らす仏具です。したがっておつとめいがいは、むやみに打ち鳴らしてはならないものです。「打ち鳴らさないとお念仏が仏さまやご先祖に届かない」というのは間違いです。
お寺には リンやサハリの2種類があり シャーンという音が出るサハリは、底部を強く打ってしまうとひびが入ってつかえなくなるので注意してください。
野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より



 昨日の夕方6月も残り2日と言いながら

「お父さんは 小学校で30日の月と31日の月の覚え方 どう習った?」と住職に尋ねましたら

「西向く 侍だった」と私も同じです。

2 4 6 9 11
にしむく さむらい

所によって違うのでしょうか?

60代女性に聞きましたら(青森出身)・・・

握りこぶしの人差し指関節から1月 谷2月 中指関節3月・・小指関節7月 もう一度 小指関節8月でもどってくるそうです。
そして「西むくさむらい?なんですか?知らないわ~」ですって・・・

我が子はなんと習ったのか 聞いてないのですが・・・

握りこぶしの関節と谷で1月2月・・・また人差し指に戻り8月から数える方法もあるんですね~

侍はなぜ?11月?

十一と書いて 士 だから侍だそうです。

 お侍さんも殺生をせず西方浄土を思っていたんですね~

なんまんだぶ なんまんだぶ

明日は 6月30日月曜日13:30から蕎麦打ち教室です。

いつでも見物OK

写真の去年初めて咲いた紫陽花 今年は一輪も咲いていません。なぜ?でしょうか?

去年の写真です。
コメント (5)

お通夜での巻

2008-06-28 | Weblog
 ◎ お香は、できるだけよい香りのものを少量ずつ用いましょう。また、真宗では線香は立てません。   野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

昨夜 門徒さんのお通夜から帰った住職が 初めて会う家族と親戚の皆さんでしたが お経本を配り一緒にお勤めをしましょうとお通夜を始めたら お念仏の声が大きく すばらしいお通夜だったと話してくれました。

常日頃 お念仏を称える方はおられない様だが 一生懸命 皆で称えたようです。

家族や親戚のお通夜やお葬式で 久しく遠ざかっていたお寺とのご縁が始まります。

わからない事だらけと思います。

どうか 葬儀社さんに回答を求めず 仏事作法は 住職へ聞いてください。

お通夜 お葬式(真宗では告別式とはいいません)では 住職の入場と退場では住職に向かっての合掌礼拝はいりません。

阿弥陀さまへの合掌礼拝です。

お位牌は買わないで 過去帳(かこちょう)にしましょう・・・

お仏壇をもとめるときも・・・・

お墓を改めた時も・・・・・

なんでも聞いてくださいね~・・・・

写真は すいかずらです。
コメント

I川さん趣味の電気のこぎりの巻

2008-06-27 | Weblog
◎ お香は、誰れ彼れの差別なく、すみずみまで行き渡る、仏さまのお慈悲をあらわすものだとも言われます。   野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

昨日 世話人のI川さんが電気のこぎり持参で片付けにきてくださりました。

「外階段したの物置をいつか片付けにくるよ」と以前から気になっていたようです。

大型のどうにもこうにも 捨てるには?・・・はてさてどうして出せばいい???と思うのがいろいろあります。

折るには硬いし・・・

そんな金属のものも切り・・・・

すごいですね~

I川さんが片付けたのは 料理で言うところの千切り状態です。

きれいに切られ 長さが測ったように同じ 

ゴミ置き場に出しやすいように揃えて下さってありがたいこと。

綺麗さっぱり

まだまだ何度も来ますから・・と言い残し 

お忙しいなかすみませんね~

ありがとうございます

またのお越しおまちしています。
コメント

かーわいいぶたさんの巻

2008-06-26 | Weblog
今年も蚊の季節がきました。
先日 寝ていた豚さんを起こし早速働いてもらいました。
ぶーぶー文句も言わず モクモクと働き偉いもんです。
私もみならいまーす。
コメント

携帯電話の意外な使用法の巻

2008-06-25 | Weblog
◎ 真宗のお念仏は、となえることで何かを期待したり、願ったりする自力の念仏ではありません。よろこびと感謝のお念仏です。  野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

先日携帯電話の意外な使い方を聞きました。

・・・枕元に笛と携帯電話を置いて寝る話です。

地震や何かで電灯がつかなくても 懐中電灯代わりに携帯電話の明かりが頼りになるということ。
笛は もしも下敷きになった時の合図の為に。

そしてもう一つの使い方~

電車の中では使ってはいけませんが

満員電車の痴漢撃退に役に立つらしく・・・

年頃の女性は 痴漢に合ったとき その手をつかむ勇気はなくても 触られているところを手を後ろに回し 携帯の写真で撮る・・・証拠写真にもなるし チラつかせると痴漢防止にもなるそうです。

痴漢防止は 私には関係ないことですが・・・

携帯を充電し・・・備えよ 常に

写真は 昨年いただいた ウチョウランが冬を越し 初めて咲きました。

冬はダンボールの中で冬眠状態で過ごし 春になって箱からだしましたら 芽が出て・・・花が咲きました。

花は1cmにも満たない小さな小さな蘭です。かわいい・・・
コメント (2)

ハイビスカスのフラミンゴの巻

2008-06-24 | Weblog
 ◎ お経を拝読するというのは、この上もなく尊いことです。その尊いことをたいせつにするために、経本は、丁重にいたしましょう。野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

お経本やお念珠は畳や床(足で踏むところ)に 直に置かないように 置くところが無い場合は 袋に終うか扇子やハンカチを広げその上に置きましょうね。

お焼香へ出る時 見かける光景です 気をつけましょう。

蕎麦打ち教室の開催日

6月30日 13:30~蕎麦打ちです。
どうぞ 打ちたい方 どうぞ見物もOK・・
今回 新しい方が入会しました。

 玄関前のハイビスカスが花盛りです。

一度は寒さで枯れはて葉も付けす 銀杏の下にほぼ捨てられ気味に・・・

地植えにしてから2年 なんと復活したハイビスカスです。

信じられない~って感じです。

昨年晩秋 復活がわかってすぐ植木鉢に植え 会館の陽だまりに置きましたら 冬も咲いてくれました。

5月 もう寒くならないだろうと 植木鉢を外へ出し 運びやすい大きさに変え 肥料と土を新しく入れ替えました。

肥料が効いたようで 蕾が沢山つき 毎日咲いてます。

ハイビスカスのフラミンゴ種 

ほんとに中の花が垂れ下がり 片足立ちのフラミンゴのようです。

本日は4個の花が咲いています。



コメント

兵児帯の巻

2008-06-23 | Weblog
◎ 真宗では、「般若心経」は決して拝読しません。「般若心経」は自力の教えが説かれているからです。   野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

写真はNHK朝のドラマ「瞳」のタイトルバックの絵を掲載させていただきました。

おばあちゃんが腰紐で孫をおんぶしています。

懐かしい光景です。

今ではこのおんぶは見かけなくなりました。

私が子供の頃 子供のいる家では 兵児帯(へこおび)1本で赤ちゃんをおぶっていました。

考えてみると 1本でできる簡単なおんぶ用具ですね~

どのようにやっていたか ちょっと思い出してみたりして・・・

赤ちゃんのお尻には幅広く包み込め 背中から脇にクルクルと紐状にして・・・

前をバッテンにして結んでできあがり!

着物を着るお父さんがいなくなり 兵児帯が生活の中から無くなりましたね~・・・

今は おんぶ用のリックサック型や外国の1枚の布で抱く 第2の子宮という赤ちゃん袋が流行のようです。

時代と共に変りつつありますね~

ちなみに兵児帯は 西南戦争で西郷軍が洋服の上から刀を差すため 腰に兵児帯を巻いていたらしく 明治維新後 薩摩の文化が東京へ広まり 兵児帯が流行したそうです。
コメント

我が子に歓喜の巻

2008-06-22 | Weblog
 ◎ 「講堂」
   現在 講堂というと誰でも思い出すのが、学校の講堂です。しかし 講堂は本来、お寺の建物なのです。よくお寺の建物を七堂伽藍といいますが、これは金堂、講堂、塔、鐘楼、経蔵、僧坊、食堂の七つのお堂をいいます。
講堂は説法をするところ 仏法の講義をするお堂のことで、お経にも釈尊が講堂で仏法を説かれたことがしばしばでてきます。学校を思い出すのは 講義をする場所がお寺から学校に変ったためですね。  辻本敬順著 「仏教用語豆事典100」より


先日 我が子の言葉に 小踊りしたくなるような嬉しいことがありました。

万歳三唱をしたいような・・・

その時 ふとNHKの朝ドラのことを思い出しました。

おばあちゃんちの手作りのいなりずしを前に 孫がハンバーグが食べたいと我がままを言い それを受け入れる母親の言動です。

こんな親子いるのかな~?とばかばかしく見ていたはずの私ですが・・・・





成人したわが子の言葉に 小踊りしたくなるのは あのドラマの母親と結局は同じだと気づかされ・・・・

ドラマは大げさに作っていますが 

だいたい親は皆 我が子が好きなものを用意し 

我が子が学校へ行ってくれることを願い 

我が子の喜ぶ顔を気にしているんですね~

いくつになっても この考えは止められない止まらないと思います。


写真は 先日の寺族女性連盟の昼食に頂きました おむすび弁当です。

竹の皮に包まれ 手軽で美味しくいただきました。

コメント

耳かきセットの巻

2008-06-21 | Weblog
 ◎ 親鸞聖人の著述は『教行信証』『三帖和讃』が有名で、『歎異抄』は聖人のお言葉の「聞き書き」です。私たち門徒が、もっとも親しくおつとめする『正信偈』は、この『教行信証』のうちの「行巻」の最後のところにおさめられているもので、七つの言葉を一句とする七言・百二十句の漢詩です。これは『教行信証』のもっともかなめとなる内容をみじかくまとめたものです。  野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

 本日の蕎麦うち教室は中止となりました。後日 日程をお知らせします。

写真は 住職の上が筆箱 下が耳かきセット(爪きり・ヤスリ)入り

共に住職の七つ道具小物引き出し箱に並んで立っている

住職が 手を伸ばせば届くところに

先日住職は会議に出かけ 筆箱と思って開けたら耳かきセットだった・・・・と笑う

面白い 

入試の日でなくて良かったね~

住職が間違えることもあるんだ~

小学校1年生なら母親が 筆箱の中の鉛筆まで気をつけてあげるけどね~

歳をとると 妻が夫の筆箱が耳かきセットでないか これからは気をつけなさいということでしょうか?

がっはっは

どちらも 気持ちよくかけま~す。

お後が よろしいようで・・・・
コメント

荘厳と実践の巻

2008-06-20 | Weblog
昨日は 築地別院において 全国坊守・寺族女性連絡会の研修会でした。

2月に京都でも受講しました ご本山御用達の花新社長/水本先生から 仏華の活け方を受講しました。

先生の「仏華はお荘厳の一部です。」のお話から始まりました。

よかった~基本が解って・・・

ご本山のお花のこともうかがえ・・・・

各自に花瓶と花をご用意くださり いたれりつくせりの研修会でした。

基本のヒバを使っての活け方 そして花を入れて・・・

これからの夏には・・・・

先生のお人柄 優しさ 気持ちのこもる活け方が伝わってきます。

会場内には 京都から送られてきた全員分の花々が用意されてすごい量でした。

それを先生は一目で しおれている菊には 水切り 新聞紙で包み 新聞紙に水をかけ 深い水に浸け込む という作業を手間を惜しまず 全部の菊の気持ちになって準備をされていました。

前御門主さまがまだお元気な頃 ハワイ別院からストレッチア(極楽鳥花)の花を送られ ご本山の仏華に活けた思い出話 

御正忌の椿 500輪の細工のこと

あれこれと 興味深いお話でした。

貴重な時間でした。

ありがたいひと時を私ども沙羅のコーラスが仏教讃歌を4曲合い間に歌いました。

これも花を添えると申していいのでしょうか???

私も 新聞紙で包まれ 水に浸かったらシャキッとなるかも・・・・なりたい・・・

 沙羅のさらなる活動のために 会員を増やしたい一心ですが・・・・

尊い おみのりの一日でございました。

なんまんだぶ なんまんだぶ
コメント

水蓮の巻

2008-06-19 | Weblog
 ◎ 四十九日は 三月にまたがると「身に着く」・・・月の半ばからあとに死者が出ると、どうしても四十九日の法要は翌々月ということになります。たとえば、死去が八月の半ばすぎなら、四十九日は十月に入り このため中陰法要は、八月・九月・十月と、三月にわたることになります。この三月を「身着き」とこじつけて読み、忌み嫌う地方があります。だから法要の日程を切り上げるという話は、子供にも笑われそうな語呂あわせです。
野々村智剣著  「門徒もの知り帳」より

写真は 会館前の火鉢です。5年ほど前から 蓮の花がいつか咲くだろうと・・花屋で買った蓮根を植えていましたが 咲きません・・・何度も挑戦しましたが・・なぜか消えるんです 腐るといいましょうか・・・

蓮はあきらめました

大輪の蓮・・・大賀ハス 茶碗ハス 白っぽいハス などなど

育てるのはコツがいるようですね~

金魚と水蓮にしました。

住職が買ってきました 

買った時は 水蓮の葉は短く水のなかでしたが 2~3日でするすると伸び 水面に出ました。

綺麗な花を頼みます 
コメント

突撃となりの晩御飯の巻

2008-06-18 | Weblog
◎ 「他力本願」は、あなたまかせです。すべては仏の救いにまかせたまま。何もしない、のではなく「出来ない」自分に気づくのです。  野々村智剣著  「門徒もの知り帳」より

先日 弘明寺に「突撃となりの晩御飯」が本当に来たらしい。

放送されたらしく がっかりです。

何にがっかりって うちに来なかったこと・・・・本当に来たら困るんだが大きなしゃもじと師匠に会いたかったな~

そして 放送を見逃したこと・・・

「テレビに写るって知っているんじゃない?メニューが豪華だったよ~」と聞く

え~~~知らないと思うよ~

商店街を通る時 人だかりがしていたら 覗くことにしよう

昨日 人だかりがしているから 何々と覗くと・・・

リヤカーで売られている産直野菜とおばあちゃんに人だかりでした。

美味しそうな きゅうりと葱 じゃが芋を早速買いました。

写真は 水栽培のじゃがいもから蕾がでてきました。


コメント

どらやき湘南ボーイの巻

2008-06-17 | Weblog
 ◎ 真宗でいう「悪人」とは、たとえば今日の刑法に問われる罪をおかした犯罪者をさすのではありません。往生のために何ひとつ「善」をなすことができず、地獄へおちるタネばかりつくっているこの私のことにほかありません。野々村智剣著
「門徒もの知り帳」より

写真は 先日いただいたドラ焼きですが サーフボードの形でなかなか面白いです。

平塚の銘菓のようです。

湘南の辺りでは 自転車にサーフボードが横に乗る改造自転車があり 海岸近くで見かけます。

自転車のバランスをとるのが難しいのでしょうが・・・

波乗りのバランスのほうがもっと難しいのでしょうかね~

さっそく今日の3時は湘南ボーイのドラ焼きにしましょう・・・・

ただ今 お盆のご案内製作中です

7月13日 午前10:30~新盆法要(先日ご案内状を送りました)

一般は 14:00~盆法要です。
コメント

南無阿弥陀佛の飴の巻

2008-06-16 | Weblog
◎ 念仏者は神も見まもっておられると、よろこばれた宗祖・親鸞聖人のお言葉のとおり、いまさら日常のいちいちを神に祈願請求することはありません。したがって、お札もお守りも、いっさい無用なのです。 野々村智剣著 「門徒もの知り帳」より

写真は 築地別院にて 「上毛組 在京門徒のつどい」でいただきました 

お名号・南無阿弥陀佛の飴です。(特注・非売品)

どこを切っても金太郎の飴のごとく・・・

どこにいても お念仏をよろこぶ人生を歩みましょう。
コメント