育毛の道案内人が綴る事実・現実
育毛のご相談者の薄毛の悩みを伺っていると、発毛・抜け毛で頭皮と心身を壊して毛を無くしている事実と現実があります。
 



昨日メールでご相談下さった方は、50歳代の方でした。 日本製のミノキシジル製剤を発売当初から使っていらっしゃったようです。 ミノキシジル製剤に関しては、発売当初から色々と問題が多かったのです。特に頭皮に炎症かうっ血の異常が見られることが多かったので、異常の出た人はすぐに止めるので、そんなにダメージを深くすることも少なかったようです。 とは言っても、生まれつき皮膚の弱い人には負担が大き過ぎで、す . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




男性型の薄毛の場合に、5αリアクターゼ2型の還元作用により、男性ホルモンがDHTと言う脱毛因子に変わると言う理論があります。 が、私が薄毛の原因が男性ホルモン=テストステロン=ジヒドロテストステロン(DHT)だとするには、疑問に感じています。原因の一つにはなるでしょうが、それだけに決めつけるのはとても危険です。それには理由はあります。 5αリアクターゼ2型は前頭部だけでなく、他の毛根にも存在 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、ご相談者の方から「ニュージーランドの先住民族は髪も綺麗で薄毛やハゲの人がないのを知っているか」と質問を受けました。 「やれやれ、インディアンが出てきたら、今度はニュージーランドかよ!」と思いました。 「まあ、日本人のように洗髪はしないでしょうし、自然の中で自然と共に生きていらっしゃいますから、薄毛やハゲとは無縁でしょうね。」と答えておきました。 それともう一つ 「それじゃ、あなたもニュ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日のご相談者も、皮脂の分泌が多いのが悪いと勘違いされているようでした。 多くの方が同じことを勘違いされています。皮脂の分泌が多いのが問題だと。 でも、本当は皮脂の分泌を増やしている要因が問題なのであって、皮脂の分泌が問題なのではありません。 そう言う意味では、男性ホルモンが皮脂の分泌を増やしますが、だからと言って、頭皮を綺麗にすることが男性ホルモンに対せるわけではないのです。 目的の違う市 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私へのご相談の中には、育毛サロンや美容室・理容店にて無料の育毛カウンセリングを受け、その際にマイクロスコープで頭皮の拡大画像を見せられて、「毛穴が詰まっている」とか、「皮脂の分泌が多くて汚れている」とか言われたと訴える人が時折いらっしゃいます。 そう言った人に限ってみると、昨日書いた皮脂の量の見分け方で、2日か3日で髪が脂っぽくなる程度の場合が多いのです。 誰でも1日経てば、頭皮は汚れているし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、ご相談を承っていると、 「頭皮が脂っぽいです」と言う人が非常に多い。 本当に皮脂の分泌が多くなっているのか、それともそれがその人の正常な皮脂の分泌なのか分からないことが多い。 中には、皮脂の分泌がゼロになっているのが正常だと思っている人がいるから恐ろしくなる。 皮脂の分泌がゼロなら「ガサガサで、かゆくて、フケがボロボロで、皮膚が割れてきて」普通に生活できなくなります。 こんな状態を求め . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




男性ホルモンを操るのは恐ろしい???かもしれません。 もともと私はホルモンを操るのには、反対していました。男性でも女性でも一緒です。 何故なら、現実にフィナステリドやピルを服用していて、体の調子を崩されている人のご相談を受ける場合が多くあったからです。 でも、こう言った情報がほとんど出てこずに、 ・「良い事ばかり」 ・「効果ばかり」 の情報だけが一人歩きしています。 人間の体は、いろいろな臓 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )