育毛の道案内人が綴る事実・現実
育毛のご相談者の薄毛の悩みを伺っていると、発毛・抜け毛で頭皮と心身を壊して毛を無くしている事実と現実があります。
 



弊社にご相談にお越しになる方・LINEやメール・オンライン・電話でご相談下さる方のうち、8割くらい、もしかすると9割くらいは、育毛に失敗している人です。 育毛に失敗している人が多いから、どうして失敗したのか?その失敗を取り戻すにはどうしたら良いのか?失敗しないようにするにはどうしたら良いのか?これらを1999年(平成11年)から23年の年月をかけて実践現場の中で学んできました。 実践現場の中で学ん . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




頭皮が痒く(かゆく)なると、それは異常だからとケアを止めてしまう人が多いですが、本当に痒く(かゆく)感じるのが異常なんでしょうか? 23年以上育毛相談を承り・育毛方法の指導していて感じるのは、頭皮に痒み(かゆみ)が出て然るべきじゃないの?って感じることが多いです。それが改善する時のサインであったりするのです。 皮膚が痒く(かゆく)感じるはどんな時? あなたの皮膚が痒く感じるのはどんな時でしょうか? . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週メールでご相談下さった方からの質問ですね。 毛が細いとか薄毛で悩んでいると、ついつい効果のある育毛剤を探します。すると、どの育毛剤のホームページや広告を見ても、なんかすごい効果がありそうで、効果のある育毛剤を使えば何とかなりそうに思えてしまいますよね。 そりゃまぁ、Facebookの広告でよく見ますけど、すごい効果を訴えているものばかりだったです。 育毛剤を売りたい人ばかり 効果のある育毛剤を . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前号の最後の部分で「抜け毛が増えたり減ったりしながら、薄毛は進行しますし、毛が増えるものなのです。毛は抜けながら薄くなるので、抜け毛ばかりが気になってしまうものです。これは仕方がないかな?」と記述したかと思います。 でもこの書き方は少々甘かったように感じています。仕方がないで済ませていたら、いくら経っても薄毛を治せる人は減りませんし、薄毛人口が増えるだけになります。 緑の黒髪だった日本女性 ひと昔 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




抜け毛の増減で良し悪しをみていると大抵失敗するのは、抜ける毛は成長期を終えた毛だからですね。 すでに寿命を終えた毛の増減をみたところで、それが良いのか悪いのかの判断がつきません。その上総本数を維持する毛の生え替わり=抜け毛の本数も個体差が激しいからですね。 毛は常に抜けて生まれ替わっている 薄毛になる前には、この毛の生まれ替わり=生え替わりに必ず異常が出ています。 通常は、本来の太さ・本来の固さ・ . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




どんな人にも抜け毛はあるものですよね。「いや、抜け毛が無くて生えてくるだけの人がいるものだ」とおっしゃる人はいないでしょう。 ところが、いざ自分が薄毛になると抜け毛が減ることや無くなることを願う人が増えるのです。 抜け毛の本数は個人差が激しい 抜け毛が多いとか少ないとか言っても、その本数は個人差がとても激しく、1日20本しか抜けなくても「多いと感じる人」もいれば「少ないと感じる人」もいます。 だか . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




育毛相談WEB・サイトへのご相談者のうち、男性は9割がたフィナステリドを飲み・半分くらいはミノキシジルタブレットを飲んでいます。 女性のご相談者の場合、5年ほど前まではミノキシジルタブレットを飲んでいる人は5割くらいいましたが、最近では3割くらいに減りました。その代わり増えたのが美容院での育毛のケアを受けている女性です。 フィナステリドを飲んだ人の感想 私が育毛の仕事をしているのを知っている友人が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回は、「発毛させて」「抜け毛を減らして」毛を無くしている人のご相談者ばかりになっている旨記述しました。 これが世間一般的に言われる常識になっていて本当にそれで毛が増えるなら、ミノキシジル系育毛剤は認可されて23年、フィナステリドが認可されて17年、これだけの年月が経っているのですから、男性の薄毛やハゲが減りウイッグメーカーや増毛サービスは縮小しているはず。 治せない薄毛・ハゲの人だけが増えている . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回は私が育毛相談を仕事にするきっかけについて記述しました。それが「常識的に言われる効果的な育毛方法っておかしいでしょ!」と言う事でした。 今も常識的に言われている育毛方法がほとんどです。その常識に沿って取り組んで、最初は良いが、良い状態が継続せずに育毛に失敗しているご相談者ばかりなのですね。 育毛方法の効果の出方を間違っている 一般の方の毛が増える効果をどう思っているのか?を聞けば、育毛方法の効 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このブログを書いている育毛の道案内人である山田が、なぜ育毛相談を仕事としたのか?を今回はお知らせしたいと思います。その理由が分かれば、どれだけ現在の育毛の常識がおかしいのかが分かると思います。 育毛とは全く関係のない業界にいた 今でこそ、育毛相談の現場で仕事に携わり23年の実績と名乗っていますが、どんな人とも同じで初心者の時期がありました。それが1999年(平成11年)ですね。 当時は、起業して3 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




抜け毛の本数では良い悪いの判断が出来ないのは、薄毛になる前に抜け毛が減っていることが多いからも言うことができます。 まぁ、多くの人は「毛が抜けるから薄毛になるとかハゲになる」と思っているでしょうから、薄毛になる前に抜け毛が減っているのは良いことだと思い、異常な状態だとは思わないのが普通でしょうね。 カラーをする時でも、抜け毛が増えないかどうかを気にされる女性が多いことからも、そう言えると思います。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




抜け毛の本数にも個体差があり、抜け毛の本数が多ければ悪いとか抜け毛の本数が少なければ良いと言うものではないのです。 中には抜け毛が多いのが良い人もいれば、抜け毛が少ないのが悪い人もいて、ご自身の抜け毛に関するタイプを分かっていないと失敗します。 抜け毛の本数の個体差 前回は頭皮の固さ柔らかさには個体差があり、ご自分のタイプに合わない頭皮のマッサージ法でおかしな頭皮(ブヨブヨ・ズルズル・手の甲)にし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




育毛のご相談を受けるに際し、「あなたのタイプを知らないと駄目ですよ。」「あなたのタイプを知ることが先ですよ。」としつこいくらいに訴えるのには理由があります。 育毛のタイプ・個体差は変えられない よく言われることに、「薄毛の人は頭皮が固い。毛の多い人は頭皮が柔らかい。だから、毛の多い人と同じように頭皮を柔らかくすると毛が増えて薄毛が治る。」と言うもの。 実に本当のように思いますし、私自身育毛相談と言 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毛はどのように育って生えてくるかをご存じですか?たいていの人はご存じだと思いますが、念の為と言うか、このブログやメールマガジンを記述し、ご相談者の方に回答を書く際の基本的なことなので振り返りたいと思います。 なぜそんなことを言われるのか?なぜそんなことを書いているのか?がよく分かると思います。 毛が育つのに絶対必要なこと 人の体のことを知っていれば当たり前のことです。それは「血行・血流が良いこと」 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




飲む育毛剤として日本でも2005年に認可され、皮膚科や美容外科を中心に処方されています。AGAクリニックと言う病院も異常に増えているので、このBLOGを読んでいる人の中にはフィナステリドを飲んでいるか飲んだ経験のある人が多いかと思います。 フィナステリドが認可されて17年も経つのですね。薄毛やハゲの人が減ったのかな? フィナステリドのディスカウント 私の記憶に間違いがなければ、2005年頃はフィナ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ