育毛の道案内人が綴る事実・現実
育毛のご相談者の薄毛の悩みを伺っていると、発毛・抜け毛で頭皮と心身を壊して毛を無くしている事実と現実があります。
 



【2010年~2015年頃】日本の皮膚科学会が「男性型脱毛症診療ガイドライン」内で、フィナステリドとミノキシジルが一番効果が望めて、副作用も少ないとして推奨したことと爆笑問題のTVCMが評判になっていたことが相まって、ご相談者のほとんどがフィナステリドとミノキシジルの経験者になりました。 この当時はまだ何とかなるかもしれないと思いながらケアのお手伝いをしていましたが、やはりこの2つの医薬品の経験 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【2005年~2010年頃】この頃はまだ飲む育毛剤フィナステリドの飲用者は少なかったです。ただTVの特集でフィナステリドの紹介があったこともあり、処方してくれる病院に通っている人のご相談者がチラホラと増えてきました。 最初はなかなかフィナステリド処方量は増えなかったようですが、爆笑問題のCMが始まってからと皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」にてフィナステリドとミノキシジルの塗布 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【2005年頃】この頃、飲む育毛剤としてフィナステリドが日本でも認可されました。飲むだけで簡単に育毛の治療ができるので、15年間で薬を飲む人が激増したと言えます。 現在は、薬を飲んでいた経験者もしくは飲んでいる人は、ご相談者の8割くらいです。 まぁ、それだけ日本人は薬が好きなのでしょう。 それと現在の世の中の風潮がハマっているとも言えますね。 「手軽に、簡単に、安価に」治療をしたい人にとっては . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )