【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「愛の流刑地」:東京運輸支所前バス停付近の会話

2007-01-14 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

鮫洲の運転試験場、みんないちどはお世話になるところ。
18歳越えれば運転免許は取れるけど、免許を持ってりゃいいってもんじゃないよな、車の運転も恋の運転も。
恋の運転?なに、その、奇妙な表現。
文学的表現って言ってほしいね。
文学的表現?
いや、奇妙な文学的表現満載の「愛の流刑地」なんて映画を観ちゃったもんだから、ちょっと影響されたかな。
どこが奇妙な表現なのよ。凡人の思考を超えた崇高な文学的表現ばかりじゃない。寺島しのぶ演じる平凡な主婦が豊川悦司演じる作家の男と恋におぼれたあげく自分を殺させてしまうっていう、究極の愛の物語よ。
そうかなあ?あの流行作家の女を口説くときの歯の浮くようなセリフ。それにクラクラくる主婦を見てると、こっちまでクラクラくるぜ。
そういえば、あの場面であなたは口からポップコーン吹き出してたわね。
だって、いきなり方丈記の朗読だぜ。とにかく、この映画、噴飯もののセリフが多いから、ポップコーンは禁止だな。
そこまで言う?
まじめくさって「私は選ばれた殺人者なのです」なんて、少しは冷静になれよ、バカか、おまえは、って声かけたくなっちゃうぜ。
なに醒めたこと言ってるのよ。冷静になれないのが恋なんじゃないの。周囲が見えなくなるほど究極の恋に捕われた男女の話なんだから。
はいはい、そうかもね。でも、四十過ぎの大の大人がいくら恋に狂ったからって、社会性を放棄しちゃっちゃあ、子どもとおんなじだ。「愛は法廷で裁けない」なんてあたりまえじゃないか。それを裁くのが社会性ってもんじゃないか。そんなこともわからないで、恋の免許はあげられないね。
あのねえ、この映画はそういう風に現実とからめて考えちゃダメなの。大人のおとぎ話なんだから。バッカじゃないの、と思いながら、でも、そんなバカなこともやってみたいよね、と思いながら二時間主人公になったつもりで過ごせば十分なのよ。
やだよ、こんな話の主人公なんて。むしろ、この二人を冷静に眺めている第三者の視点で話を進めてくれれば、まだ観れたかもしれないな。
浅田美代子扮する友だちの視点とか?
余貴美子扮するバーのママとかね。法廷で見せる醒めた視線はいい線いってたぜ。ああいうまともなキャラクターの人物が恋を語れば、こんな俺でも納得しちゃうんだけどな。
法廷っていえば、母親が娘のことを気づかうシーンはよかったんじゃない?
富司純子と寺島しのぶの親子共演のシーンか。あそこだけだったな、情が感じられたのは。恋愛映画なのに、寺島しのぶと豊川悦司の間には情が感じられないんだよ。
情って何?あんなに「情交」してたじゃない。
違う、違う。そういうことをしていないときに、ふと見せる二人のつながり、っていうのかな。寺島しのぶと豊川悦司っていえば「やわらかい生活」の中で共演しているんだけど、あの映画の中ではいとこ同志の役でも、二人の間に情がかいまみえてたのに、なぜか、この映画では見えないんだよな。
そう?寺島しのぶってクセのある役が多いんだけど、恋に狂っていく普通の主婦の役をがんばってたじゃない。
普通の主婦の役?あれが普通の主婦かよ。普通の主婦どころか、血の通っていない、のっぺらぼーじゃないか。親密になるにつれ下着の色が変わっていくなんて、リアリティっていうのを勘違いしてない?
そうかしら。
あと、俳優として損しているのは、寺島しのぶの夫役の仲村トオル。あの法廷での動転ぶり。いくら妻を殺されたからって、有能なビジネスマンがあの動揺ぶりはないだろう。ただのバカじゃないか。
バカ、バカ、って、じゃあ、あなたはこの映画をどう見たの?
ちょっかい出した女に逆につきまとわれた男の話。
なんか昔、そんな映画あったわね。ああ、思い出した、「危険な情事」ていう女につきまとわれる男のアメリカ映画。あれと同じってこと?究極の愛に捕われた男女の美しい悲劇をそんな風にとらえるなんて、なんだか虚しい見方ね。
そうそう、映画の中で、この作家が書いた小説が「虚無と劣情」っていうんだけど、劣情にかられて観に行ったら、虚無な内容にポップコーンを吹き出しちゃったってところだな、この映画の感想を言えば。
「虚無と熱情」でしょ。
あれ、そうだっけ?
映画のタイトルは「愛の流刑地」。言わずもがなだけど渡辺淳一の素晴らしいベストセラー小説が原作なのよ。
俺は愛の流刑地には行けないな。
交通違反で流刑地に行くタイプよね、あなたは。一生、究極の恋はできないわね。
俺だってやだよ、「殺してくれ」なんて言う女と。
私はいいけど。豊川悦司となら。
かっこよければ何でもいいんだろ。
まあね。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前



コメント (12)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 「長い散歩」:勝島一丁目バ... | トップ | 「ディパーテッド」:都立高... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感。 (AnneMarie)
2007-01-14 12:21:11
いつもTBだけでお世話になっています、アンマリーといいます。よろしくお願いします。
浅田美代子さんや余貴美子さんの役の視点でっての同感です。
それならもっとおもしろかったかなーって思いました。
「究極の純愛」らしいですけど、全然純愛に感じられませんでした。純愛の結末があれってどうなんでしょ。。。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-14 14:10:32
■AnneMarieさんへ
いやあ、同感の方がいてくれて心強いです。第三者の視点で語ればトリュフォーの「隣の女」みたいな映画になったかもしれないと思うと残念です。
余貴美子扮するマダムの視点で語るのもいいと思いますが、映画の中で彼女が経験したと語る壮絶な恋の話も観てみたいですね。



TBありがとん! (スナッチャー)
2007-01-14 23:41:59
どうも!
一回でお腹いっぱい。


余貴美子さんファンなので、もっと
出演場面おおくしてほしかったかも。
そうそう、彼女はNHK職員と結婚とか
アッ!関係ないですね。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-15 20:00:03
■スナッチャーさんへ
一回でお腹いっぱいとは、言い得て妙ですね。濃い恋は、するのも観るのも一度で十分ですよね。
とくに余貴美子ファンではありませんが、今回一番得な役回りは彼女だったかも。
Unknown (Eureka)
2007-01-20 19:32:42
はじめまして。
TBいただきます。
原作は読んだものの映画はまだです。
バーのママですが、このママからの手紙が
ひきがねになって、菊爺解釈による「愛の流刑地」の意味が語られます・・<爆笑もの
いくら店の客だからって、こういうお客さんを
のぼせ上がらせてはね・・・

>普通の主婦どころか、血の通っていない、のっぺらぼーじゃないか

そう、原作はまさにそうなんです。
なぜか・・
良かったら遊びにきてください。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-20 22:27:34
■Eurekaさんへ
残念ながらまだ原作は読んでいません。
というか、映画が原作を越えた出来とは思えないし、かといって、原作が映画を越えた出来ともなかなか思えないんですが、いかがでしょうか。
こんにちは! (なぎさ)
2007-01-21 10:25:47
いつもお世話になっております なぎさと申します。
確か、記事UPしてからこちらへTBを送信したのですが弾かれてしまい、先ほども試みましたがやはりだめでした。
なぜでしょうね。
いつもはできるのに 残念です。
コメントだけ残させていただきます。

検事役のハセキョーと、弁護士役の陣内は、いささか合ってないように感じました。
同じ女性として観ても、この冬香には同情も共感もできなかったです。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-21 15:35:35
■なぎささんへ
TBできないなんてどうしたんでしょうね。でも、そんな中、コメントいただきありがとうございます。
男性とか女性とか関係なく、映画の出来次第で、共感できるものは共感できるし、共感できないものは共感できないのかもしれませんね。
はじめまして♪ (ルールー)
2007-02-03 11:31:31
TBありがとうございました。

>寺島しのぶと豊川悦司の間には情が感じられないんだよ。

そうそう、まるで体操のようでした。(^^;;;
2人の中に息苦しくなるような息遣いが感じられなかったのも、いまいちキュンと引き込まれなかった要因だったと思います。
血の通っていないのっぺらぼーだった冬香が最後に明かす真意には戦慄を覚えたものの、彼女のしたたかさとごう慢さと怖さしか感じられず、あれを純愛っていうのはどうなんだろう?という感じでした。
そんなに苦しいならひっそりと、家族の前からもトヨエツの前からも1人で消えればいいのに。(^^;;;
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-03 18:50:43
■ルールーさんへ
そうですね。ひとりでひっそり消えてくれれば少しは感情移入できたかもしれませんね。
でも消えちゃったら裁判もなかったわけで、そうするとこの映画の存在意義もなかったわけで・・・。
まー、なんというか、ひとことでいえば、そうなるかなあ・・・。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

「愛の流刑地」愛無き宣告が愛する人に死を懇願させた悲劇の事件 (オールマイティにコメンテート)
「愛の流刑地」(R-15指定)は渡辺淳一原作の恋愛小説で2004年11月から2006年1月まで日本経済新聞で掲載されて愛ルケブームを起こした作品を映画化したものである。「愛しているから殺した」という恋愛究極のテーマに賛否両論もあり、愛するからこ ...
愛の流刑地(日本) (映画でココロの筋トレ)
相変わらず原作を読んでませーん。 だけど、原作は渡辺淳一さんなので。。。エロイ? という予想で試写会に行ってきました。 「愛の流刑地」( → 公式HP  ) 出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、佐藤浩市、陣内孝則、津川雅彦 ...
愛の流刑地 (シュフのきまぐれシネマ)
愛の流刑地 (試写会)@TOHOシネマズ・六本木ヒルズ ? のっけから、おぉ!となってしまうよなシーンとトヨエツの脱ぎっぷりと見せっぷりの良さに吃驚 またかい?って思うくらいにやたらとまっぱで絡むので大サービスね。なんて思っちゃうくらいです ...
「愛の流刑地」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
2007年の初映画ネタです。 コマ東宝で昨日公開した「愛の流刑地」を観て来ました。 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、 究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。 “愛ルケ”現象を巻き起こした渡辺淳一原作の同名のベストセラーを ...
愛の流刑地 (2006) 125分 (極私的映画論+α)
 あのね・・・ 思わず笑っちゃう演出があちこちに(笑)  一つネタバレすれば・・・記事の一番最後に(笑)
感想/愛の流刑地(試写) (APRIL FOOLS)
日経新聞連載時、オジサマ~OLまでをとりこにしたという"愛ルケ"こと『愛の流刑地』1月13日公開。かつての流行作家・菊治は不倫相手である冬香が情事の最中に口にした「殺してください」という願いを聞き入れ、冬香を殺める。裁判で「愛しているから殺した」と証 ...
『愛の流刑地』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
「本当に愛しているなら、私を殺して」。夏の日の明け方、都内マンションの一室。女の声がする。声に誘われるように、男は女の首に手をかけた。何かが折れる鈍い音。そして女は息絶えた……。男は村尾菊治(45)。かつてはベストセラー作家として名を馳せたが、最 ...
★「愛の流刑地」 (スナフキン・レポート♪)
“愛ルケ”女性専用の上映 性描写に配慮して全国初 <ベストセラー小説を映画化した「愛の流刑地」の公開が13日始まり、大阪・難波のシネマコンプレックス「TOHOシネマズなんば」に女性専用シアターがお目見えした。配給元の東宝によると、全国公開の邦画で ...
映画:愛の流刑地 舞台挨拶・ティーチイン試写会 (駒吉の日記)
愛の流刑地 女性限定試写会(有楽町朝日ホール) 「わたしをめちゃくちゃにしてください」 あ、あぶな~!昨日「モンスター・ハウス」の試写会が当たってなければコレが今年最初の試写会になるところだった・・・ でも当選してよかった~(アメブロさん感 ...
愛の流刑地 (花ごよみ)
↑ 京都、上賀茂神社境内の  鎮守の森での幻想的なシーン。  東福寺(H17)の通天橋での  出会いのシーンもありました。 試写会で観ました。  原作は、渡辺淳一、 監督は「永遠の子」など  テレビドラマでおなじみの鶴橋康夫。 これがなんと映画監督第1 ...
【2007-6】愛の流刑地 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
私は選ばれた殺人者なのです・・・ もう、だれにもさわらせない
愛の流刑地 (5125年映画の旅)
小説家・村尾菊治は、愛人関係にあった女性・入江冬香を情事の果てに絞殺してしまう。自ら警察に通報し逮捕される村尾。警察の事情聴取の中、動機を問い詰められた村尾は、「彼女が殺してくれと懇願してきた。真剣に彼女を愛していたから殺した」と告白する。 ...
愛の流刑地 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
昨夜、映画『愛の流刑地』を観てきました♪ STORY:「本当に愛しているなら、わたしを殺して」夏の日の明け方。都内のマンション。女の声に誘われて、男は首に手をかけた―。映画の始まりは、男が女を殺害する場面で幕を開ける。男・村尾菊治は作家であり、専 ...
映画「愛の流刑地」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬香と菊治、オープニングでいきなり一糸まとわずのくんずほぐれつ、夫婦仲は既に壊れているとはいえ、お互いに子供もいる身なのに愛欲の炎に身を焦がす 男は村岡菊治(豊川悦司)、ベストセラー作家ながらもう何年も新作に手がつかない、女は入江冬香(寺島 ...
愛の流刑地 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  命を尽くしてあなたとイキます  
愛の流刑地 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  命を尽くしてあなたとイキます  
愛の流刑地 (八ちゃんの日常空間)
評価の分かれる映画でしょうか。失楽園を越えるのは難しいかも知れませんが、富司母娘の演技が二人の親子の縮図のように濃縮されていて、それだけでも見ごたえは十分です。狙っているとはいえ、見事なまでに花開いているといった感じです。
「愛の流刑地」映画館レビュー 僕は映画で感動した。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は今年はじまってまもないのにこんな映画に出会えて幸せだ。必然的に撮られ 、必然的に素晴らしいから、僕は必然的に感動したのだ。
『愛の流刑地』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『愛の流刑地』情報! 連載中から話題の渡辺文学、早くも映画化! 『愛しているなら、私を殺して』? 究極の愛の果てに 男と女が選んだ道とは… ★review★ 本作は、渡辺淳一の同名ベストセラー小説の映画化 映像化したのはTVドラマの演出家 ...
『祝☆封切り記念!?愛ルケについて想ふこと』 (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
先週の土曜日、ついに愛の流刑地が封切りとなりました。なんか、感慨深いものがあるんだよね、これには。というのも、去年の5月、まだブログを書き始めた頃に取り上げたのがこのネタ。実際に映画館に足を運んだ方々の感想を読み回っているんだけど今日はちょっと ...
愛の流刑地 (勝弘ブログ)
http://www.airuke-movie.com/index.htmlあなたは死ぬほど人を愛したこと有りますか?この映画の名台詞かもしれませんがそういう経験が無いのでorz(?)検事役の長谷川さんかなり怖いかも。ゆれる以降、裁判ネタの映画が
愛の流刑地 (ミオのブログ)
愛の流刑地『愛の流刑地』(あいのるけいち)は、渡辺淳一の長編小説。2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」朝刊に連載。2006年に幻冬舎から刊行された。略称は「愛ルケ(あいるけ)」。新聞掲載時の挿絵は小松久子が担当。かつては売...
映画『愛の流刑地』 (ルールーのお気に入り)
男が恋愛小説家だったからこそ成り立った物語のような気がする。。
『愛の流刑地』 (京の昼寝~♪)
もう、だれにもさわらせない     ■監督・脚本 鶴橋康夫■原作 渡辺淳一(「愛の流刑地」幻冬舎刊)■キャスト  豊川悦司、寺島しのぶ、富司純子、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、余貴美子、高島礼子、津川雅...
★「愛の流刑地」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の1本目。 日経新聞で連載されてた・・っていう官能?法廷サスペンスなの??。 経済新聞には縁もなく、小説も読まないので、もっぱら劇場の予告編から推察。
「愛の流刑地」を観る (紫@試写会マニア)
豊川悦司・寺島しのぶ主演、話題のR15指定映画、「愛の流刑地」を観て来ました。 今回は丸の内OL(!)限定(正しくはちらほら男性もいましたが・・・)の場内女性フェロモンむんむん(笑)の特別試写で、主演女優の寺島さんもご登壇、トークありの記念撮影あり、...
愛の流刑地 (きむきむのうーろん日記)
近所の映画館で、映画『愛の流刑地』をみてきました。 この作品は、昨年1月末まで日本経済新聞に連載されていた ものでして、私も毎日欠かさず読んでおりました。 そんなわけで、上映開始前から気になっていたこの作品の鑑賞が やっとかなったワケです。 私は映画...
『愛の流刑地』 (銅版画制作の日々)
もう、だれにもさわらせない 昨年「やわらかい生活」で共演した豊川悦司と寺島しのぶが再びコンビを組んだ、『愛の流刑地』を観てきました。日本経済新聞で連載された、渡辺淳一の小説だそうで、読者は経営者、サラリーマン、そしてOLの間で「朝の話題は愛ルケから」とい...
『愛の流刑地』 (Sweet* Days)
原作:渡辺淳一 CAST:豊川悦司、寺島しのぶ 他 STORY:小説家の村尾菊治(豊川悦司)は人妻の入江冬香と愛人関係にあった。ある朝村尾は、情事の果てに冬香の首に手を掛け殺してしまう・・・ 元々見る気は無かったんだけど、友人がえらく涙したった事で一応...
愛の流刑地 (夫婦でシネマ)
おそらく冬香にとって、母や妻としてより女としての自分の方が大切だったのでしょう。また愛する男性を殺人犯にしてまで、彼を一人占めしたかったのだと思われます。
愛の流刑地 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もう、だれにもさわらせない』  コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えた...